<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
#12:インドネシア・マレーシア'0906~07
■12日目 '09/06/19(金) ウブド3日目/甘ったるいマカン・パギ!


e0168736_213148.jpge0168736_21311942.jpge0168736_2131379.jpg
朝 シャワーを浴びていると 朝食用のパンを切らしたとかで 市場に行こうと、ニョマンが騒いでいた
急ぎ着替えて 外に出ると すでに 彼の姿はなく 姉までもが消えていた(寝巻きのまま)
どーやら 拉致されたようだ  せっかちなヤツめ!>ニョ

で、拉致犯の戦利品は ↑の品々! ありがたいが 朝っぱらから 胃がもたれるじゃねぇーか!
しかも 姉は 市場に着くなり エス・チャンドル(汁ありかき氷)を食わされたらしい … (苦笑)

More
[PR]
by 2121katcat | 2010-10-25 21:28 | 2009-バリ島・マレーシア | Comments(0)
#11:インドネシア・マレーシア'0906~07
■11日目 '09/06/18(木) ウブド2日目の朝!


e0168736_13202066.jpgカチン!と、小さな物音で 眼が覚めた
時刻は 午前7時 …
スタッフが テーブルを整え ポットを交換していた
起こして すまなんだと、頭を下げる スタッフ …
彼の名は Mr カデ!
ニョマンより 先輩のスタッフらしく 日本語が堪能だ

折角なので あつあつのお湯で コピ・タイム!
緑の濃い ウブドの朝は マイナスイオンに満ちてる
波音がないのは 寂しいが 鳥のさえずりも 悪くはない!

が、あと1時間もすれば 最新式の大型観光バスが
ゆらゆらと その巨体を揺らしながら行き交い
小さな山間の町は 観光客と排気ガスに染まるだろう
25年程前から バリ島を撮り続けてきた知人が
活動の拠点をジャワ島に移したと、聞いた
この町は … この島は これからも どんどん変わってゆくことだろう
が、バリの人々の中に根付く 信仰心がある限り 本質的なものは 変わらないと、思う(願望)
↑ ブラジャール(勉強)中の姉様!

More
[PR]
by 2121katcat | 2010-10-24 13:15 | 2009-バリ島・マレーシア | Comments(0)
#10:インドネシア・マレーシア'0906~07
■10日目 '09/06/17(水) パタンバイ最後の朝!


e0168736_14301763.jpg
連ちゃんで食べた チーズトマト・ジャッフル!
決して 激ウマっとは云えないまでも
見納め 食べ納めになるのだと、思うと
妙に 哀しいじゃねーか!(涙)

えっ! んーなもん 珍しくもねぇー?
何処でも喰えるってか?
ちちっ! わかってねなぁ~! おめーさん!
雰囲気というか 気分とでもいいましょうか
給仕の学生さんたちは かわいいし~♪
マネジャーをはじめ スタッフは 親切だし~♪!
決して 高級リゾートホテルでは味わえない 半端な空気感がたまらんのだよ!
えっ! 余計に わからんてか? 放っといて下さい 自己満足ですからーーっ! あはは … (汗)


More
[PR]
by 2121katcat | 2010-10-12 14:33 | 2009-バリ島・マレーシア | Comments(0)
#09:インドネシア・マレーシア'0906~07
■9日目 '09/06/16(火) パタンバイ4日目/海の男!


e0168736_1221387.jpg

この日は 朝から風が強く 海は荒れ模様!
スノーケルは 中止にした方が無難かと
ボス・ワヤンにコールをするも 応答ありませ~ん!
恐らく 準備の真っ最中 …?(汗)

取り合えず 待ち合わせのブルーラグーンに向うと
工事をしていた上半身裸体のあんちゃんに
「今日は 波が高いから 泳ぐのは危ないよ!」
と、忠告を賜った うんだ うんだ! ごもっともで!

が、何度コールしても 応答せんのだよ!
こっちに向かっているんだよ! 絶対に!(涙)
と、噂をすれば なんとやら! 岩の陰から ルンバ ルンバ号が現れた!
小さなジュクンは 大波 小波に揉まれて まるで 洗濯機の中で 揉みくちゃになる小枝!

が、ザッパーーン! ズッザザザザァーー! と、これまた 見事な舵捌きで 瞬く間に ビーチin!
同時に ギャラリーから ウオオォーーッ!と、歓声があがり 拍手が舞った!
すげーっ! すげーっ! さすがは 海の男! 感動だよ! マジで 感動!!
例えるなら スキー! 滑走姿勢から 一気に エッジを立て 雪煙をあげて止まる あの感じである!

で、わざわざ 隣町から来てもらって すまんなんだが 今日は 中止にしませんこと?
「ノームロブレム! この程度の波は 問題ないさ! ぐっわははっ~!」と、いうことで
再び湧き上がる歓声を背に 出航したのである 顔面白波を受け 浸水した水を汲み出しながら!(汗)

ちなみに Wワヤンらの携帯は 何重にもビニールに包まれ ジュクンの上柱に結ばれていた
これでは コールにしても気付かないはずだ
もっとも 彼らのことだから 気付いたとしても 迎えに着たに違いないだろうけどねぇ!(苦笑)


More
[PR]
by 2121katcat | 2010-10-11 13:59 | 2009-バリ島・マレーシア | Comments(0)
<