<< #22:バリ島 霜月-師走 ... #20:バリ島 霜月-師走 ... >>
#21:バリ島 霜月-師走 2013/Padangbai編!
【21日目】:'13/11/26(火)058.gif057.gif Padangbai Day-16 / ラスト・Day & 感謝デス! & Odalanの前日!


e0168736_16394566.jpg
e0168736_16395050.jpg
早朝、JL.セガラの水溜りで 水浴びを楽しむ アルヒ隊!
こンな長閑な光景を見れるのも 後僅かと思うと、寂しいやネ… (。-_-。)(。-_-。)





e0168736_16440268.jpge0168736_16440905.jpg
am.06:30 久しぶりに パサール(市場)に 向かった!
今回は いつになく いただき物が多く 足を向ける回数も少なかった
おそらく マンゴーだけでも 軽く 10kg以上は 胃袋に納めたのではないだろうか...
それでも まだ食い足らン!と、のたまうK◎姉妹! (〃∇〃)(〃∇〃)ゝエヘヘ

e0168736_16595798.jpg
イブ・ライ
初訪パタンバイから世話になっている青果屋台の美人サン!)
彼女のブースで 明日、迎えに来る ヤンクン一家の為に 特大のマンゴーを3kg買った!
彼は 送迎代を受取らないので せめてものお礼の気持ちである
'09年以来世話になってる友人で ドライバーを生業とするも あるコトから無償で送迎をしてくれている)

ちなみに Patangbai(パタンバイ)は 離島からの玄関口でもあるので マンゴーの種類も多くて 安い!
ウブド(バリ島中央部)で暮す彼たちも 安っ!と、驚いているくらいである
プトゥ(ヤンクンの息子)の大好物なンだよネ! 053.gif

e0168736_17265524.jpg
明日の朝は 挨拶に来れそうにもないから 一足お先に ご挨拶!
スアミ(旦那様)と子供達にも宜しくネ! (>0<)(>0<)ノ~~


e0168736_17341058.jpge0168736_17341441.jpg
(左):ちょっと~ あんたら 買っていきなさいよ~! (¬д¬)ノ  by 通称:ターバン・イブ
こちらのダガン(Dagang:行商人)のイブも 初訪時からの顔見知り! 頭上のタオルがトレードマーク!
(右):じゃ、オマケしてくれろ? しゃーないなぁ~と、云いながらも オマケしてくれた!
口は悪いが イイ方なのよネ! どうぞ達者でネ! <(_ _*)(_ _*)>
が、仲間(隣のイブ)が 上等なマンゴーを持っていると、ちゃっかり セールスなンぞ!
差し出されたそれは イブ・ライの品より 更に デカっ! w(゚o゚*)(゚o゚*)w
一体 どこで これ程のブツが育つのだろうか? バリ島マンゴー奥深し!
1kg/6.000Rp(53円)にしてくれるというので 自分達用に 2kg買う事にした!
残念ながら こちらのイブは 写真はNGだったので 画像はありません
他に 茶菓子を幾つか買い 宿に戻った

e0168736_18012869.jpg



am.08:00 朝食!
勿論 ワンパターンのフルコース!
サンバル&ケチャップのお絵描きも
アタクシが描くと… (→0←)
e0168736_18025510.jpg
サブマネージャーのMr.マデ! ど、どうしたンだい? その前髪はッ!
まるで ガキオヤジじゃん! ( ̄w ̄)( ̄w ̄)
イヤイヤ! 話したいことは そンなことではないのだが 言葉足らず…
しゃーないので 感謝の念力を送ってみました! (ノ・_・)(ノ・_・)‥‥…━━━━━(゚_。)?


で、奇しくも 明日からの3日間 大きなウパチャラ(Upacara:儀礼祭)が あるそうだ!
なンでも 村の北東の丘にある シラユッティ寺院(Pura Silayukti)のオダラン(Odalan:寺院祭礼)らしい…
シラユッティ寺院といえば ヒンドゥー教の聖地の一つであり こと賑やかに行われるとのことだ
明日は 移動だっていうのに なンてこと~~~! щ(゚ロ゚; щ)(゚ロ゚;щ)

しかも この日は 前夜祭として 夕方から ムラスティ(Melasti:ご神体の浄化儀礼)を行い 市も立つそうだ
しかも×2 本番となる明日は am.11:00から 通行止め!
勿論 宿の送迎も例外ではなく その間は スタッフもバイク通勤NGとなる! ∑(=゚ω゚=;)(=゚ω゚=;) ヤバッす!?
ヤンクンに 連絡しなくちゃ~~~!062.gif
ちゅーか そーいうスケジュールって もっと早くに 教えてくれたらイイのに~と、思う!
もっとも 観光向けではないので 仕方がないのかもネ… (^^;)(^^;)ゞ
と、いうことで 明日の挨拶は 無理だということで 急いで ご挨拶周り!
ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)(*--)ノ イソゲーーッ!
画像の方は キリがなンで割愛するネ! ちゅーか 写り込んでいる自分が 余りにも不細工すぎて… )


e0168736_11343587.jpg
宿の専属マッサージ師! Mr.ゴットハンドこと Mr.Wayan GEJOR
お歳は召しておられるが その名の通り 腕前は… 神の手デス! モミ щ(・o・)(・o・)щ モミ
この日は 予約があり 早めの出勤!
最後に 一発マッサージと、思っていたのだが オダランの関係で 午後には帰るとのことだった
イヤナニ! 値上げしてからは 気軽に頼めなくなってしまったのよネ…
おそらく 明日は 逢えないだろう
握手を交わし 別れを告げた! (T-T)(T-T)人(T-T)

e0168736_11453661.jpge0168736_11454137.jpg
ジュプン(Jupun:フランジパニ/プルメリア)!  甘い香りがする バリ島のシンボル的な花である
我々が イブ・ニョマン@Suci(スチ)の為に 集めていると知り スタッフが集めておいてくれた
皆も集めているのに… 人(_ _*)(_ _*)

e0168736_17593884.jpge0168736_17594443.jpg
(左):イブ・スンダリからいただいた 通称:冷てーと パサールで買ったジャジョー
(右):同じく イブ・スンダリからいただいた チョコ・アイス! 人(_ _*)(_ _*)
雑貨店を営む中国系インドネシア人の店主! ボッタクリバァーサン@影のパタンバイ・Bossと呼ばれる情報通!)


■感謝です!

e0168736_11502478.jpg
一通り挨拶を済ませ 午後は イブ・ニョマン@Suci(スチ)や行商のイブイブたちと
おしゃべりをしながら Pantai Padangbai(メイン・ビーチ)で過ごすことにした
メイン・ビーチとはいえ 船の出入りが激しく 遊泳には不向きであるも 眺めているだけで 幸せだ!
おっと、その前に ゴミ拾い! 割れたビンや竹串なども危険ではあるが
プラスチックほど 海に不似合いな物はない!
これが 結構な量で しんどいンですゎ! (;´ρ`)(;´ρ`)

e0168736_11592499.jpg
ワンコたちも 仲良く水遊び! (´I `*))ノ” バフバフ!

e0168736_11594599.jpg
駆けっこだって! ε≡ ヾ(*・ェ・)


e0168736_12091471.jpge0168736_12091829.jpg
e0168736_12093825.jpge0168736_12094304.jpg
宿のセキュリティー主任兼マデ家の飼犬:スシ(♀)! ヾ(*・ェ・) ワン!
高齢の彼女は 水遊びや駆けっこではなく マッサージ! あ~ん! もっと!

あの忌まわしい事件以来  スアミスシのダーリン)のことが ずーっと、気になっていた
到着後 すぐにでも訊ねたかったが 怖くて 訊くことが出来なかった
この日の朝 Boss@Mr.マデ(担当客室係)に訊ねると、彼は 一瞬、分からなかった
すると、Mr.ニョマン(年配組の中堅客室係)が 「Mati(死んだ)!」と、口を挟んだ
Bossは 慌てて ヌサドゥア南東部の超高級リゾート・エリア)で 元気にしているといったが
おそらく Mr.ニョマンがいったことが 真実ではないだろうか…
Bossは あの時のように 我々を気遣い やさしい噓をついたのだと思う
どこかで 解ってはいたが 知らない方がイイこともあるのだと、痛感しないではいなれなかった

バルー・スアミスシのNewダーリン)の姿も見掛けない…
短命なバリ島の犬達の中で スシは 今日を生きている
己の生を全うして欲しい… ただただ そう願った! (-人-)(-人-)


e0168736_12522135.jpg
ダガン(Dagang:行商人)のイブ
残念ながら 仲間のウブド・イブエンジョイ・イブには 逢えなかった… (。-_-。)(。-_-。)

e0168736_12563660.jpg



それぞれが 持ち寄った物で
最後のMakan siang & Minum kopi di pantai!
ビーチでランチ&珈琲ブレイク)

← カプチーノ063.gif は マダムからの差し入れ!
茶菓子は パサール(市場)で買った
ジャジョー(バリ語:伝統菓子)!
e0168736_13011278.jpge0168736_13011758.jpg
こちらの2種も パサールで買った ジャジョー! 素朴な甘さで 旨っ!
健康維持の為 カロリー・コントロールしているマダムも 気に入ってくれたようで… w(☆。☆)w セボーン!!
昼飯のサテは… 撮らない前に 胃袋の中へ! (〃∇〃)ゝエヘヘ


e0168736_13263060.jpg
煙草を燻らす その姿が かっこえぇ~!


あらためて ご紹介しますが 彼女の名は マダム・マルティーヌMadame・Marytine)!
数ヶ月置きに渡バリしている アジア好きのバイタリティー溢れる フランス人のご婦人である!
ちょっと、頑固なところもあり 周りからは変り者と呼ばれ はじめてお逢いした時は
どこでも 誰にでも フランス語で押し通すものだから ある意味 すげーッと、感心しながら見ていたのだが
決して傲慢なのではなく(少し我侭だけど) 騙されたりしない為の彼女なりの防御策らしく
自分のスタイルを崩すコトはないが アジアの文化や習慣を尊重し 信用した相手には 微妙な英語で話してくれる
又、僅かな年金で暮らす彼女は ユーロの強さに肖っても リゾート・ライフを満喫するだけの余裕などはなく
滞在費を捻出する為に 格安航空券を駆使し 空港で寝泊りしながら 2~3日掛けて来るのだそうだ
それでも 母国に居るよりは 遥かに幸せだと、ひとり 渡バリを続けている

その彼女が 少し前に このビーチで発作を起し 遊泳中に溺れ 偶然居合わせたイブ・ニョマン@Suci
助けたことから 今では ニョマン宅に 身を寄せている(半分だけ)!
もっとも 全員が しどろもどろ! イマジネーション&フィーリングなワケで…
会話が成立しているかは 微妙であるが 少なくとも 自分は 楽しい時間が共有できたと、思っている


e0168736_13161733.jpg
おふたりとも 本当に ありがとうございました!
<(_ _*)(_ _*)>


■Odalanの前日!

明日から開催される シラユッティ寺院(Pura Silayukti)のオダラン(Odalan:寺院祭礼)の為に
Pm.16:00から ムラスティ(Melasti:ご神体の浄化儀礼)が行われるというので 見学することに!


e0168736_13561801.jpg
御神体を海へ運ぶ前に スンバヤン(Sembahyan:お祈り)が行われる
あいにくの雨となるも 中止されることはないようだ
画像では 解りづらいが 通りはTの字になっており 画像右手に続く通りの端まで
供物と人で埋まっている! w(゚ー゚;)(゚ー゚;)w ワオッ!!

e0168736_14321308.jpg
どンどン増えてゆくので 我々は どこぞに腰を下ろそうか…  キョロ(゚.゚*)(*゚.゚)キョロ

e0168736_14345540.jpg
あっ! イブ・コマン(船頭:コマンの奥サン) 発見! w(゚o゚*)(゚o゚*)w

e0168736_14401558.jpg
まだ 挨拶をしていなかったので ナイス・タイミング!
色々お世話になりました! <(_ _*)(_ _*)>
個人を特定出来るブツが写っているので 一部修正! Photo by 姉サマ!)
ちなみに これら儀式の費用は ンガヤー(Ngayah)と呼ばれる
村人の奉仕活動や寄付で行われおり
バリの人たちは 本当に 大変だ!
そーなのヨ! by イブ・コマン! (;-_-) =3 フゥ

e0168736_14445060.jpge0168736_14444589.jpg
ここまでが長かった! 一時的に 小雨になるも 待つこと 軽く40分!
よーやく 先頭集団の旗持ち隊が動き出し 御神体が姿を現した!


e0168736_15041684.jpg
奉納の舞、供物の祈祷... そして 誰もが 濡れたアスファルトに跪き
全員で マントラを唱え スンバヤン開始!
独特の作法を持ち チリリーン チリリーンと、鈴の音に合せて祈りを捧げる
Patangbai(パタンバイ)最後のスンバヤン
電源を切り 村人たちの幸と 残り少ない旅の安全を祈った! (-人-)(-人-)

e0168736_15125686.jpg




← あ、うんちくん!\(>▽<)(>▽<)/
宿のプール係)
マンクー(僧侶・祭司)から ティルタ(聖水)と ビジョ(お米)をいただいている間に
御神体は すでに 海岸線へ! イブ・コマンの姿も いずこやら! (;・ェ・)(;・ェ・)ノ ハヤッ!

e0168736_15203493.jpg
客室係のサシさん@Mr.コマン親子と従兄(左)!


サシさん曰く この後 激しい雨になるであろうとのこと!
ここまで参加すれば 上等!(実際に そンなイイ方ではありませんが!)
本降りになる前に 早く宿に戻った方がイイと云われ 悩む我々… o(´^`)(´^`)o ウー

そうさ! これが最後ではなく また チャンスがあるってことなンだ!
と、どこまでも オノレに ポジディブ&ヘタレなK◎姉妹!
結局 列を離れ 宿に戻ることにした


e0168736_15223938.jpg
が、バクソ(Bakso:肉団子入り春雨スープ)売りのカキリマ(移動式屋台)が出ていたので
ついつい… 引き寄せられてしまった
だって 食べたかったンだも~んと、好奇心より 食欲が勝るK◎姉妹であった!
(〃∇〃)(〃∇〃)ゝエヘヘ

e0168736_15374038.jpge0168736_15374585.jpg
(左):ヤン・プダス(辛く)ネ!
(右):サービスしておいたよ~ん♪と、若き店主! 屋台名は「Corl」と、いうらしいです!

e0168736_15503051.jpg
嘗てのWarung JAWA(ムスリムが経営する食堂)を彷彿させる でかい肉団子…
ではなく 中身は ゆで卵であった! (^^;)(^^;)ゞ
味は やや未熟であるも さつま揚げ?も入って 5.000Rp(43.5円)と、良心的であった!
いつの間にか 雨も上がっているし 今から 合流しちゃう?

e0168736_16292920.jpge0168736_16293417.jpg
途中 ジェティ(Jetty:桟橋)の近くで タジェン(バリ語:Tajen)と呼ばれる 闘鶏をやっていた!
正確には 予備練習になるのかしらん?
タジュンは オダラン(Odalan:寺院祭礼)初日の開催に先駆けて行われる 儀式の1つで
鶏の足に刃物を付けて闘わせ 流れた血で 悪霊を慰めるのだそうだが
又、同時に それは 殿方衆の楽しみでもあり 大金が掛けられる
中には 身上を潰してしまう人も居るとか 居ないとか?
以前 ウブドの外れで カランガン(Kalangan)と呼ばれる闘鶏場の近くを通り掛ったことがあったが
そりゃ~ 凄い人で 車が通れなかったくらいっすヨ! オォ-!! w(゚o゚*)(゚o゚*)w
ちなみに 法律的に 賭け事の類はNGであるも 宗教的な意味合いを持つ闘鶏は許されているそうだ
が、女性の参加はNGなンだとか… (-ε-)(-ε-) ブー
怖いけど ちょっとは 観たいのに… オカマさんだって云えば OKかしらん? ヾ(°∇°*) オイオイ


e0168736_17191095.jpg
本番前に 大丈夫なン? (^^;)(^^;)ゞ


宿の門を潜った途端に サシさんの云う通り 激しいスコール! w(゚ー゚;)(゚ー゚;)w ワオッ!!
通りは 瞬く間に雨水で溢れ 寺院から戻ってくる人達は 皆ずぶ濡れだった
Boss@Mr.マデが 熱いコーヒーを入れてくれた!

夜、イブ・スンダリ(※中国系インドネシア人の雑貨店の主)に呼ばれ 再度、挨拶に伺うと
土産に米を持って行けと、10Kgもの米袋を担いで 現れた! ∑(゚ロ゚;)(゚ロ゚;) エェーーーッ!?
涙が出る程うれしかったが Air Asiaの超過金徴収が… まぁ そンなことは 問題ではないのだが
次に来た時の為に 食わせてくれろ!と、気持ちだけいただいた! 人(_ _*)(_ _*) 謝々!

マルコ爺の店は 既に閉まっていた
それでも 店で寝泊りしているので 気配はあるも 灯りはこぼれていなかった
どっかに お出掛けでもしたのだろうか?

晩飯は 食べ切れなかった いただき物を ありがたく消化しながら 残りの荷物を詰めるも
暫く来れないと、思うと たまらくなり なかなか捗らなかった… (。-_-。)(。-_-。)
と、船頭:Mr.コマンから SMS!
オレには 挨拶もしないで 行くのかよーッ!ヽ(゚Д゚)ノ
えっ! そーだったっけか?
その後も なンやかんやと、SMSが続く… おそらく 前夜祭で 酒を呑んだのだろう
ゴルァァアーー!!ヽ(゚Д゚)ノと、イブ・コマンの怒鳴る声が聞こえる
彼らの家は 我々の部屋の真後なのだよネ! ( ̄w ̄)( ̄w ̄)

んーなワケで Padangbai(パタンバイ)最後の夜は 毎度のことながら バタバタっす!
もう 荷物詰めるの面倒臭い~~~! ヾ(ーー )ォィ

逃避行も いよいよ終盤! 明日は サヌール(Sanur)に移動っす!  気合だ! 気合! p(・∩・)q


【この日の出費/2人分】 ※10.000Rp(ルピー)≒87円で 算出!

・買物(パサール・イブ・ライ) - 特大マンゴー/7.000Rp×3kg=21.000Rp(183円)
・買物(パサール・ダガン) - 超特大マンゴー/6.000Rp×2kg=12.000Rp(104円)
・買物(パサール・ターバン・イブ) - ジャジョー/3種6個=2.000Rp(174円)
・買物(パサール・ジャジョー・イブ) - ジャジョー/2種4個=4.000Rp(35円)
・間食(カキルマ・Corl) - バクソ/5.000Rp×2碗=10.000Rp(87円)


[PR]
by 2121katcat | 2014-03-25 19:06 | 2013-バリ島#2nd | Comments(0)
< << #22:バリ島 霜月-師走 ... #20:バリ島 霜月-師走 ... >>