<< #07:バリ島 霜月-師走 ... #05:バリ島 霜月-師走 ... >>
#06:バリ島 霜月-師走 2013
【6日目】:'13/11/11(月)058.gif Amed Day-05 / さらば Amed! いざ Padangbaiへ!


e0168736_17253900.jpge0168736_17254417.jpg

am.07:00 荷造りに手間取り やや遅い起床! ( ´O`)( ´O`)ゞファーァ
am.08:00 MaMa Cafe(宿のレストラン)で Amed(アメッド)最後の朝食!
2種のカット・フルーツ、 コピ・スス(ミルク入りコーヒー)、ピサン・ジャッフル(バナナ入り焼きサンド)!
姉サマは 最後まで ブブルアヤム(鶏粥)! だって 旨いンだもん~♪053.gif  by 姉サマ




■Jemelukで ラスト・マーメイド!

ヤンクンが迎えに来るのは am.11:00~30分の予定!
'09年以来世話になってる ドライバーを生業とするバリ人の友人で 家族ぐるみのお付合い!)
バリ島中部のウブドから 約2時間弱! 遅れてくるコトも往々にして考えられる為
次のゲストやスタッフの為にも フツーなら とっとと、部屋を空けるべきなのだが
最後に ひと泳ぎしたら どうですか?」と、主のM氏のお気遣いに どっぷり甘え
詰めたばかりのセットと生乾きの水着を引っ張り出し 最後のマーメイド! ヾ(*ΦωΦ)(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ!

e0168736_17443774.jpg
最後のマーメイドは  ゆっくり楽しもうと、シャッターを押すのはやめて
全てに感謝しながら 海に身を任せるコトにした
フワフワ~((((~´∀`)(~´∀`)~ユラユラ~

e0168736_18134477.jpg
Om Swastyastu! 
ありがとう Amed(アメッド)! ありがとう Jemeluk(ジュムルック)の海!
勿論 母サマにも! 多謝!
そして いつの日か また逢おう!
(T-T)人(T-T)

で、Amed (アメッド)の我が的感想なンぞ!
極々一部しか知るコトの出来なかった我々が 語るにはおこがましいが… 云っちゃいます!
Amed は 小さな漁村といわれているが 想像していたよりも 遥かに広かった!
しかも 素朴で長閑なだけに 夜は 真っ暗だし… 起伏はあるし… 徒歩で周るのは 大変!
荒れ山が目立つし… ビーチも ゴロゴロの石浜(砂浜もあるらしい…)だし… 物価も安くはなし…
勿論 エリア選びで その印象は大きく変わるとは思うが 南部のリゾート・エリアのような利便性や
華やかさを求める方には すぐに飽きてしまうかもしれない
が、Gunung Agung(アグン山)の眺望がこれまた素晴らしく
何よりも 美しい海が残る 貴重な場所だと思う
又、今回世話になった宿も経済的で 思っていた以上に快適だった
主のダブル・M氏夫妻も気さくな方達で スタッフも 朝食の時以外は 殆ど接点がなかったけど
(売上げにならン客で スンマセン!) 程好い距離感で 我々的には 丁度イイ按配だったワケで
なにがなンでも また来なくちゃ!と、思った プチ滞在でした!


e0168736_16182917.jpge0168736_16183499.jpg
(左):レセプションを兼ねる 宿のレストランのMaMa Cafe
(右): MaMa Diveのお魚イラスト! M氏が描いたのだろうか? 可愛いやネ! 053.gif
Tシャツとかあったら 欲しいかも~♪ なンて あったりして… (^^;)(^^;)ゞ

am.11:10頃 「お迎えが来たよ~!」と、スタッフに 起された! (°д°)(°д°)ハァ?
イヤナニ! つい ベットの上で ゴロゴロしていたら 転寝なンぞしちゃったようです ハイ!
ん~なワケで 最後は 挨拶もそこそこに バタバタのチェックアウト! 短い間でしたが お世話になりました!
また来年にでも 訪れるコトが出来たら 別のポイントに 連れていて下さいましネ! <(_ _*)(_ _*)>

Galang kangin Bungalows

ちなみに M氏 海の清掃活動にも 日々取り組んでいらっしゃいます! p(・∩・)q
物凄いスピードで発展するバリ島! 観光客だからと、ただ甘んじているだけではなく
島内では処理出来ない 乾電池や剃刀・スプレー缶等のゴミは 持って帰るようにしなくちゃネ!
あ、吸殻の投げ捨ても (--)b゛チチチッ! 火事の原因にもなるし フィルターは 自然界に還るコトはなく
生き物達にも悪影響を及ぼすからネ!


■旨々のイカン・バカール!

Galang kangin Bungalowsを後に 向かうは 次なる滞在先のPatangbai(パタンバイ)!
一緒に来るはずだった イストゥリ(奥サン)は どうしても仕事が抜けられず
今回は プトゥ(息子)とマデちゃん(第2子)たちも お留守番らしい… (TдT)(TдT)
が、仕事と家事に追われるイストゥリに代わって 子守りをしているヤンクンにとっては
束の間の休息のようだ! (´o`)=3 ヾ(°∇°*)(°∇°*) オイオイ

折角なので たまには違う処で お昼ごはんを食べようと 向かったのは 南下するコト 約30分!
場所は  Tirta Gangga(テルタガンガ)の近くになるのかしらん?
通り沿いに構える ローカルスタイルイカン・バカール(焼魚)のお店!
なンでも 1度、Bossに連れて来てもらったコトがあるそうで 旨いが 少々値が張るとのコトで
彼は恐縮していたが 3人とも 魚好きなンで… ┌(;・_・)┘(((=・o・)(=・o・)ノ ゴーゴー

e0168736_19493934.jpge0168736_19494436.jpg
(左):ローカルスタイルといっても 立派な店構え… w(゚ー゚;)(゚ー゚;)w ワオッ!!
(右):店内には 大きな生簀があり 注文毎にすくい上げて 調理するらしい…?
すんませんが 店名… 忘れちゃいました!)

客層も 確かにローカルではあるも なぜか警察官やお役人さんが目立つ… (^^;)(^^;)(^^;)ゞ
彼は メニューを見るなり ∑(=゚ω゚=;) 高っ!? 自分は食べてきたからと、遠慮!
ある程度値段はすると思っていたが 全て Boss任せだったので そこまで高いと思わなかったらしい
確かに ローカルにしては高いが バケット(定食)で 48.000Rp(418円/税ナシ)と、ギリで 許容範囲!
と、いうコトで 彼の分も 勝手に注文ヨ! (・o・)ノ ハーイ! 店員サン~♪
彼は 僅かなガソリン代しか受取らないので 送迎代の代わりに 食事を奢らせてもらっている)

e0168736_20092786.jpg
K◎&ヤンクンが注文した グラミ(淡水魚)のイカン・バカール
魚もデカイが 皿もデカく 付合せの野菜も ナシ・プティ(白飯)も てんこ盛り!
新鮮なンで 淡水魚独特の臭みもなく 肉厚で ホクホク!
こと 自家製のサンバル(辛味調味料)が 旨い!
文句なしに 星★★★★4つ! Ye--d(゚∀゚)(゚∀゚)b--s!! 

e0168736_20093313.jpg
ひとり逆らって 姉サマが注文したのは 同じくグラミイカン・ゴレン(揚げ魚)!
骨まで バリバリ食べれちゃうのだが やっぱり シンプルに焼いた方が イイかもネ!
こちらは 星★★★3つ!


e0168736_23064181.jpge0168736_23064634.jpg
が、 ヤンクンは 到着日に渡し損ねた お土産写真の整理に The 真剣!
時折 かわえぇ(子供達)~♪053.gif と、ひとり 呟いては 細く笑んでおりましたヨ! (´艸`)

で、このお店! 一応ローカルスタイルなので 手を使って食しますのヨ!
サンバルで 爪が染まるンで 事前の爪切り必須! (--)b゛
でで、食べ終えた後は お決まりの作法?があるようでして…
残りは全て(敷紙と皿を除き) 生簀の中に 放り込む!

躊躇していると 後ろに要らした 警察官が こーやるンだと、見本を見せる!
群がる 生簀のお魚さんは サンバル塗れなワケでして…

しかも 共喰いじゃん!ヾ(゚Д゚;)(゚Д゚;)ノ

やっちゃいましたけどネ! (〃∇〃)(〃∇〃)ゝエヘヘ


■PANTAI BIAS TUGELで まったり!

途中 White sand berchこと 通称:P.P.P(ネシア語:パンタイ・パーシル・プティの略)を通過する
P.P.Pは '09年の解禁渡バリ時に 訪れて以来 お気に入りの穴場のビーチで
'11年と'12年には 彼らと共に訪れたコトがあり 彼らも すっかりお気に入りだ!
が、Chandidas(チャンディダサ)の漁師:W・ワヤンらと疎遠になってからは
行く機会もなくなり 気になっていたコトもあり 折角なので 寄ってくかい?と、訊ねるも
行きたいけど 思い出のビーチだから 家族が一緒の時にするヨ!」と、遠慮する
その代わり 「今日は 君達を送り届けたら Padangbaiで釣りをするヨ!053.gif
と、瞳を輝かせる 自他共に認める Memancing Gila(釣りバカの意)のヤンクンであった!
毎度のコトではあるも イストゥリ(奥サン)に叱られても 知らんゾ! ┐(-。ー;)(-。ー;)┌

e0168736_00020570.jpge0168736_00021424.jpg
Patangbai(パタンバイ)を目前に Upacara(ウパチャラ:儀礼祭)渋滞にハマってしまった
Upacara優先のバリ島! 終わるまでは 通行止めである
が、様子を見て来た 前のドライバーさん曰く Ngaben(ガベン:火葬儀式)だと云う
輪廻転生を信じる バリ島の人々は この儀式によって人生が終結すると考えられている為
日本の葬式とは異なり 人生最大のセレモニーとして お祭りのように 賑やかに行われ
大きなNgabenだと ツアー組まれるコトもあり 勿論、小規模でも マナーを守れば 見学は可能だ
がが、この通りは 道幅が狭く とても駐車するスペースなンぞはなく
残念ながら 通りすがりに 車の中から ちらりと、眺めるだけ… (。・ω・)(。・ω・)ノ゙

e0168736_00473648.jpg


Pm.14:20頃 Padangbaiに 到着!
宿は ワンパターンのPuri Rai Hotel(プリ・ライ・ホテル)!
まぁ 今更 変えるワケにも イカンもんで…
(^^;)(^^;)ゞ

宿の詳細は… 過去の旅録を参照ってコトで!


マネージャーの面々は Upacara(ウパチャラ)に参加とのコトで(先程のNgabenと、思われる)
客室係り担当のBoss@Mr.マデと ミミー@Mr.マデが 出迎えてくれた!
アサインされた部屋は 307号室! いつものげん担ぎ部屋は 毎年この時期の訪れている
ツーリング・グループの通称:Mr.ハレー御一行様が占めており NGだったのヨ~~! (TдT)(TдT)
もっとも 彼らは 半年以上も前から Bookingしているワケで しゃーないやネ!

ちなみに この時点でのPuri Rai Hotel最新情報は… すばり 値上がりしました!
イヤナニ! 近年、地味~に 増改築しており 全客室に AC(アアコン)設置完了!
つまり スタンダート・Fan・Roomが AC・Roomに 大変身!

しかも AC以外の設備は変わらず お値段は 550.000Rp~ Up!時期価格変動)
他の客室も一部改装され 大幅にUpし '13年末からは 客室料金を改正するとのコトである!

しかも×2、予想していた通り 団体客の受入れをはじめたようで 既に4分の3は埋まっていた!
我々は 幸いにも マネジャーのMr.クトゥら計らいで これまで なンとか泊まるコトが出来たが
次訪れる時は 無理だろうなぁ… 予算的に! (;-_-)(;-_-) =3 フゥ

ちなみに 交渉後の客質料については トラブル防止の為は 記載は省略致しますゎ!

e0168736_01504964.jpge0168736_01505534.jpg
で、友人から聞いたんだけど… 」と、Memancing Gila(釣りバカの意)のヤンクンが 
PadangbaiP.P.Pこと "PANTAI BIAS TUGEL"(パンタイ・ビアス・トゥガル)に 行くというので
道案内がてら 一緒にお供するコトにした!
なにせ サバイバルな砕石&牛糞ロード! 車が可哀相なので バパに頼んで 牛小屋の前に置かせてもらった
ビーチの簡易ワルン! 通称:Warung グラパの女主:グラバ・イブのお父さん!)

http://katcat.exblog.jp/21122522 ← Padangbaiのビーチについては 過去の旅録参照ネ!

でで、まずは 生絞りのマンゴー・ジュースで 乾杯! d(゚∀゚)(゚∀゚)b
前回 訪れたコトが つい昨日のコトのようにも思えるし また 姉妹一緒に来れるなンて
しつこいようだけど… (T-T)人(T-T) ウルウルウル!

e0168736_02132146.jpge0168736_02132587.jpg
これから 釣りをするヤンクンは ウンウンしたくなると困るからと、グラパ・イブに いただいた
Welcome・チョコを あんぐり! 甘い物は苦手だと云っていたくせに まんざらでもなく
その姿は まるで プトゥに 瓜二つ! ( ̄w ̄)( ̄w ̄)

e0168736_02230757.jpge0168736_02231105.jpg
早速 準備に取り掛かる 自他共に認める Memancing Gila(釣りバカの意)のヤンクン

e0168736_02231787.jpge0168736_02232289.jpg
大した道具もないのに 器用に仕掛けを作る
が、肝心の釣り腕前は 自他共に認める 下手くそなのだよネ! ( ̄w ̄)( ̄w ̄)

e0168736_02290755.jpg


頑張ってはいるようですが (ズーム)
釣れないようで… (^^;)(^^;)ゞ

ちなみに 後ろの建物は 建設途中で
頓挫したのだけど 某国人が買ったとかで
一部 新しくなっている
OPENしたら 最悪かも! (ノ_-;)(ノ_-;)



e0168736_02363238.jpge0168736_02364154.jpg
e0168736_02365999.jpge0168736_02370397.jpg
グラパ・イブの息子くん! この日は客も少なく お手伝いの合間に ナンパか?(ズーム)
あれれ~ん ふられちゃったん? ひとり 砂の上で… (((_Δ_)))

e0168736_02422144.jpg
ワンコが 遊びに来たヨ! (´I `*))ノ” ワン!

e0168736_02422598.jpg
おや! 遊んでくれるのかい?

e0168736_02423197.jpg
この後 押し倒されました!
U(^ェ^)U バフバフ!!!  ((((ノ_ _)(ノ_ _)ノ
あ、あそんでくれて ありがとう!


e0168736_02442512.jpge0168736_02443075.jpg
小魚だけど 4匹 Get! 彼にしては 上出来! スープにすると、旨いぞうだ!
痛まないように 内臓等を処理して 海水で洗う! 釣りは下手くそだけど そーいうコトは 上手!

e0168736_02443581.jpge0168736_02443935.jpg
(左):Pm.18:00 そろそろ お帰りの時間! 我々のWarungの片付けを手伝い!
(右):鼻歌交じりで 釣り道具を片付ける ヤンクン! 釣れたコトが 相当うれしいようだ!
これで 今日は イストゥリ(奥サン)に 叱られなくて済むやネ! ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪


■待っていた Boss!

我々を宿に送り届けると ヤンクンは 「スープ作るぞ!」と、上機嫌で帰っていった!
さて 晩飯は どうしようか? イカン・バカールで 満足したせいか 不思議と、腹が減っていない
挨拶がてら トコ・スンダリで 何か適当に仕入れようと 土産を持って 外に出ると
中国系インドネシア人が営む雑貨店で 主は ボッタクリバァーサン@影のパタンバイBossと呼ばれる情報通!)
客室係り担当のBoss@Mr.マデが 家族と一緒に 待っていた!
しかも 我々が 出掛けたコトに気付かず ずっと、待っていたらしい… ∑(゚ロ゚;)(゚ロ゚;) エェーーーッ!?

実は 今回宿泊する 307号室は 彼の受持ちではなく 出来れば 慣れ親しんだ彼にお願いしたいと
マネージャーのMr.クトゥに 我がままなンぞ申し付けていたのだが やはり その辺は スタッフ側の事情もあり
結果 無理だったのだが 自分が指名を受けたコトが うれしかったと、お礼を云いたかったのだそうだ
全てに措いて ゆる~いPuri Rai Hotelのスタッフであるが 彼は勿論のコト 皆イイ人たちなンだよネ!
だから リピートしちゃうンだよネ! こちらこそ ありがとう! <(_ _*)(_ _*)>

まずは マルコ爺Jl.セガラでアートショップを営むアーティスト兼坊サマ!)と通称:トコ・マリンに ご挨拶!
ダイビングショップ併設の雑貨&貸本屋で AQUA(アクア/水)を買うなら ココと決めている)
イブ・スンダリからは 早々に 水をいただいてしまった!
買ったばかりだったンだけど… (^^;)(^^;)ゞ イヤイヤ! ありがたいです!

愛娘のエイ(長女)は 別の処でバイト中! エニ(次女)は 友達と外出中!(チェチェ)
フランス人在住者のCeCe(チェチェ)夫妻は 奥方の故郷(ロンボク島)に 里帰り中とのコトで
その他もろもろ 明日 改めて挨拶するコトにした

http://katcat.exblog.jp/21202863 ← Patangbaiの面々については 過去の旅録参照ネ!

宿に戻り やっぱ 落着くよネ… と、コーヒー063.gif なンざ入れて 一息つくも…
あ、やばッ! 生乾きの水着がーーーッ!
と、慌てて 投げっぱなしの荷を解く 間抜けなK◎姉妹でありました! (; ̄y ̄)(; ̄y ̄) クサッ!


【この日の出費/2人分】 10.000Rp(ルピー)≒87円で 算出!

・心付(アメッド) - 部屋係り 5.000Rp(43.5円)
・心付(プリ・ライ) - 部屋係り(荷物)/10.000Rp×2名=20.000Rp(174円)
・昼飯(ヤンクンお勧め店) - イカン・バカール定食×3、テ・アイス×3杯、お替り飯=163.000Rp(1.418円)
・ドリンク(ワルン・グラパ)) - 生絞りマンゴー・ジュース/8.000Rp×2杯=16.000Rp(139円)
・買物(トコ・スンダリ) - コピ×2種、パン、ラーメン、カップ・ラーメン、冷テー=25.000Rp(217.5円)
・買物(トコ・マリン) - 水(アクア)/3.000R×2本、クルプッ×2袋=8.000Rp(664円)!


[PR]
by 2121katcat | 2014-02-03 22:16 | 2013-バリ島#2nd | Comments(0)
< << #07:バリ島 霜月-師走 ... #05:バリ島 霜月-師走 ... >>