<< #05:バリ島 霜月-師走 ... #03:バリ島 霜月-師走 ... >>
#04:バリ島 霜月-師走 2013
【4日目】:'13/11/09(土)058.gif Amed Day-03 / Jemelukで マーメイド2 & I am a Boss! & 真っ暗デス!


e0168736_16594993.jpg
e0168736_16592986.jpg



am.07:00 起床!
am.08:00 宿のレストランで 朝食!
この時期は 暇だと、おっしゃっていたが
数組のゲストが いらっしゃる模様!(さすが!)
こンな時は 同じメニューの方が よかろうと
K◎姉妹仲良く揃って ブブル・アヤム(鶏粥)を注文!
胃袋に やさしく 身体が 温まってイイやネ!
エンド、うれしいコトに この日のフルーツは
スイカパパイヤの2種盛り! \(>▽<)(>▽<)/ ヤッター!




■今日もJemelukで マーメイド!

e0168736_17175948.jpge0168736_17180437.jpg
朝後は 勿論 Galang kangin Bungalowsハウス・リーフこと Jemeluk(ジュムルック)で
自力マーメイド(シューノケリング)!
部屋から 僅か1分弱で フワフワ~((((~´∀`)(~´∀`)~ユラユラ~ パラダイス!
防水パック in 安い防水カメラなンで 曇りや水滴、腕のワルさによるボケや歪みは ご容赦ネ!)

e0168736_17304628.jpge0168736_17305043.jpg
e0168736_17322024.jpge0168736_17322871.jpg
e0168736_17332690.jpge0168736_17333240.jpg
e0168736_17362079.jpge0168736_17363954.jpg
この日は 場所によって やや流れを感じるも 適度な緊張感が持てて イイ感じ!

e0168736_17403315.jpge0168736_17403899.jpg
生簀の周りには お魚サンが いっぱい! \(>▽<)(>▽<)/

e0168736_17422441.jpg
通称:シマシマキイロくん(コショウダイの仲間?)! 好きなのよねン! ヾ(≧▽≦)ノ

e0168736_17483018.jpg
e0168736_17483576.jpg
ササムロっていうンですかい? イイ按配の大きさで 旨そうなお魚サン! ヾ(ーー )ォィ


e0168736_17553426.jpge0168736_17553840.jpg
で、下手くそな画像ばかりを見せびらかすのもネ… ってコトで この辺りで割愛し
長いコト一緒に遊んでくれた ツバメウオくんたちを ご紹介!
イヤナニ! 海底オブジェの周りには 数匹のツバメウオが じーっと、浮遊しているのだが
妙に なつっこい! ヘイヘイ ヘ( ̄∇ ̄ ) カモォーン!と、手招きしていた あら 不思議!
マジで 着ちゃったンすヨ! w (=゚ω゚=)(=゚ω゚=) w

e0168736_18091064.jpg
e0168736_18165319.jpg
e0168736_18165813.jpg
e0168736_18170919.jpg
間近で対面すると、結構 大きかったりもする! オォォ-!! w(゚o゚*)(゚o゚*)w

e0168736_18175798.jpge0168736_18175819.jpg
e0168736_18191345.jpge0168736_18191997.jpg
e0168736_18200213.jpge0168736_18200900.jpg
e0168736_18204915.jpge0168736_18205355.jpg
(右):真正面から見ると ユニークなお面! ( ̄w ̄)( ̄w ̄)

e0168736_18232088.jpg
なつっこいのは イイのだけど 時計を見たら もう30分…
物好きというか 案外、しつこい質のようだ!
でも むちゃくちゃ楽しかった!
遊んでくれて ありがとうネ! (((^^;)(^^;)ノ マ、マタネ!


e0168736_18370477.jpge0168736_18370827.jpg
お昼になって ダイバーさんや シュノーケラーさんが 増えてきた(画像は一部)!
珊瑚に乗ったり 蹴っ飛ばしたり むやみに 触るのは どうかと思う場面が チラホラと…
もっとも 初心者を脱せない我々も 偉そうなコトは 云えンのだが… (^^;)(^^;)ゞ

e0168736_18345073.jpge0168736_18345589.jpg
通称:ゴマちゃん(ゴマモンガラ)の姿も チラホラと… w(゚ー゚;)(゚ー゚;)w ワオッ!!
岩場の破壊王とも 海の暴れん坊とも称される モンガラカワハギ科の凶暴大物魚)
丁度退け時ということで お昼ごはんにしませう! ┌(;・_・)(;・_・)┘


■プチ・じゃらん!

e0168736_21252888.jpg
昨日Getしたパンで 軽めの昼食後は お土産を持って ビーチ沿いに ポイント移動!
バリ島最高峰の聖なる山 Gunung Agung(アグン山)も バッチリ!


e0168736_21245396.jpge0168736_21250852.jpg
(左):当初 宿泊予定だった Kembali Beach Bungalows! イイじゃん! w(゚o゚*)(゚o゚*)w
キャンセルしたのに 最後まで 親切だった オランダ人のオーナー夫妻
着たら 是非 寄ってネ!」と、おっしゃっていただいたので ご挨拶に伺ったのだが
あいにく 留守で お逢いするコトは叶わなかったが とても ステキなお宿でした! d(゚∀゚)(゚∀゚)b
防水パックを装着した後なンで 色の差や歪みは ご容赦ネ!)

(右):眼の前のリーフで 数人の欧米人が シュノーケリング! 早速 我々も お邪魔します!

e0168736_22062000.jpge0168736_22062453.jpg
引潮だったのかしらん? マーメイドになるには 浅すぎて 怖い! (((((ノ゚⊿゚)(ノ゚⊿゚)ノ アゥ
やっぱ Galang kangin Bungalowsハウス・リーフの方が イイやネ…
と、30分程で 退散しやした! ┌(;・_・)(;・_・)┘


■ I am a Boss!

e0168736_22160313.jpg
仲良くなった 物売りの(左):マデちゃんと(右):ニョマンちゃん(タブン)?
逆光になっちゃって ごめんネ! m(_ _)m
撮影したのは Kembali Beach Bungalowsの前!
宿の主:M氏でさえ 知らぬ顔だと、おっしゃっていたので 遠くから来ているようだ


長閑なAmed(アメッド)であるが この辺りの土地は 農業には適しておらず
漁業と塩田が頼りの貧しい地域でもあり 南部程でもないが 物売りをする子供達がいる
彼らは 見るからに チープな品物を片手に 「買ってくれろ!」と、ノートや端切れを見せる
それには 様々国の言葉で 値段と共に 「私たちを学校に行かせて下さい!」等と、綴られている
嘘か真か知る由もないが なかなかの策だと、感心する
が、ガラム(塩)が入った小さな籠が 1つ/100.000Rp(870円)!
去年('12年11月) はじめて この地に プチ・お邪魔した時は 1つ/10.000Rp(87円)だった
フツーに買えば ガラム:1kg/5.000Rp~なワケで ぼったくり過ぎだろうと、閉口! ┐(-。ー;)┌ 
がが、この辺りの子は まだスレておらず 1度断れば すぐに立ち去ってしまう
ちゅーか 我々は 殆ど相手にされなかった! 非セレブであるコトが バレてるん? (^^;)(^^;)ゞ

勿論 既に英語が達者で やり手の子供も居るのだが 少し話をしていると わらわらと、集まって来ては
商売も忘れて 単純な石積み遊びを 嬉々と興じる姿は やはり まだまだ子供である

リーダー格と思われる少女に 「あなたが Boss?」と、訊ねると、彼女は 大きく頷き!
I am a Boss!<( ̄^ ̄)>
そして そこに居た皆が 「I am a Boss! I am a Boss!」と、胸を張って 笑った!
確かに 云われてみれば 彼らは 個人事業主というか ひとりひとりが Bossである!
が×3、リーダー格の少女は 本当のBossは イブ(お母サン)だと、続けた
売れるまでは 家にも帰れないし ご飯も食べさせてはもらえず 遊ぶコトも出来ない
例え売れても 売上げは イブに渡さなければならず 家屋の修理代の足しにするというが
一向に家屋が改善される気配はなく 屋根も壁も穴が開いたままなのだそうだ
だから イブと決めた金額よりも高く売れれば ノートが買えるし いつか学校にも行ける…
と、尻に穴の開いたパンツを 恥ずかしそうに押えながら云っていた
嘘か真か? あながち嘘ではないように思えた

そンな子供達の中で こと気になったが ↑画(右):のニョマンちゃん!
いかにも奥手で 昨日も遅くまで ひとり ビーチを行ったり来たりしていた

この日 他の子たちは 早々に収穫があったようで 次々と、海へと飛び込んだ
だが まだ収穫がなく 幼い↑画(左):マデちゃんの面倒を見なくてはないらない彼女は
羨ましそうに 仲間達を眺めていた しかも 彼女は 泳げないのだそうだ! (゚⊿゚)(゚⊿゚)ヘェ?
正しくは 泳ぎたくとも 泳ぎを覚える(遊ぶ)時間がないワケで…
海の近くで育っても 泳げるとは限らないというコトに ハタと、気付き 複雑な気持ちになった!
だからといって 売上げに協力したくとも 彼女の手に まともな品はなく
また 一時的な感情で 欲しくもない品に金を出すのも どうかと、悩んだ

彼女が 「泳がないの?」と、訊ねるので 一緒に泳ぐかと、訊ね返すと、瞳を輝かせて頷いた
もしも イブに怒られたら… その時は 一緒に叱られればイイさ!
が×4、案の定、マデちゃんも 「泳ぎたい!」と、言い出した
いくら浅瀬でも さすがに 2人の金槌を操るのは しんどいしワケでして…
MaMa Diveから マスクとライフジャケットを借りるコトにした!
たかったンじゃないでしょうネ?」と、M氏が心配して下さったが 100%我々のお節介であり
彼女なら 大丈夫!と、根拠のない自信もあったのだが 他の子供達も含め 後々癖になっても困るので
我々なりに 超特別だと、説いたつもりなのだが やっぱり マズかったかなぁ…
ちゅーか そもそも 我々の乏しい語学力で 通じてるンかい? ウゥゥ… (ノ_-;)(ノ_-;)

でもネ! 彼女! ホントに 嬉しそうだったヨ!
はじめは 怖がっていたけど ライフジャケットのお陰で 身体が浮くと、もう夢中! \(≧▽≦)/
商売が上手くいって 遊べる時間が出来ると イイやネ!
が、薄利多売! 高いと、売れないゾ! (--)b
彼女に通じたのかは解らないが それでも ウンウンと、頷き 手を合せる姿が いとおしかったです!


■真っ暗です!

e0168736_01111678.jpg
夕方のJemeluk(ジュムルック)湾!


子供達と遊んでいて すっかり出遅れてしまった 晩飯調達!
レストランでも… と、ココロが揺れたが 予定外の散財で 贅沢は禁物!
陽が落ちないうちに ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)(*--)ノ

e0168736_01230138.jpge0168736_01230923.jpg
(左):赤い鳥居が 妙に気になったお宿!
(右):Amedの神様に 今日1日の感謝ヲ! (-人-)(-人-)

e0168736_01263301.jpg
雲の帽子をかぶった Gunung Agung(アグン山)を背に 夕陽が沈む!
とっても 神秘的で… (T-T)人(T-T) ウルウル


e0168736_01352237.jpge0168736_01352690.jpg
やたらと 欧米人で賑わっていた Warung Bobo Joli Vue
脇を抜けて ビーチに下りると う~ん 納得!
ここのレストランは Gunung Agung(アグン山)を一望しながら 食事が楽しめるようだ!

e0168736_01515575.jpge0168736_01520432.jpg
e0168736_01531924.jpge0168736_01532880.jpg
e0168736_01541734.jpge0168736_01542397.jpg
e0168736_01550983.jpge0168736_01551562.jpg
そのままビーチ沿いを歩くコトにした! 昔ながらの揚げ浜式塩田が続く!

e0168736_02054624.jpg
角刈りになった Gunung Agung(アグン山)とPenjor(ペンジョール)!
七夕飾りにも似たPenjorは Gunung Agungをシンボル化したものなのだそうだ
ココでは 自然と信仰が混ざり合い 生活のあらゆる場面に息づいている

e0168736_02060016.jpg
ゆるやかなカーブを描いて しなるPenjorは 本当に美しく
ついつい 見入ってしまう! (°ρ°)(°ρ°) ボーッ!

e0168736_02055443.jpg
小さな三日月じー(亡きチチ)と交信中!
が、夕陽が落ちた途端に 一気に暗くなる!
行けるンか? ありつけるンか? 帰れるンか? ヘ( ̄  ̄;ヘ)( ̄  ̄;ヘ)))


e0168736_02132481.jpge0168736_02133166.jpg
(左):Penjor=民家=ローカル・Warungありしと、凸凹道へ折れる
(右):ようやく ありつた 茹で卵入りのバクソ(団子入り春雨スープ)!

凸凹道を進んだ先は ビンゴ! 昨日 ナシチャンプルを買ったWarungの近くで
交差点には ナシチャンプルの屋台とバクソ売りのカキリマが商い中!
ナシチャンプルは 1包/5.000Rp(43.5円)と、値段も手頃で 順番待ちの人気店!
勿論 即決! サンバル多めネ!と、注文を入れ 包んでもらっている間に バクソを食す!
で、お姉チャンが これまた親切で 自分が座っていた椅子を貸してくれた! <(_ _*)(_ _*)>


e0168736_02460144.jpg
Pm.19:00頃のGunung Agung(アグン山)! 真っ暗です!


帰路は 悩んで末に 途中まで ビーチ沿いを歩くコトにした
イヤナニ! 道路には 電灯などはなく 塩田が続いている為 マジで 真っ暗!
その割りには 車やバイクが ガンガン、飛ばしているンで 恐怖! (ノ><)(ノ><)ノ ヒィ
ならば 同じ暗がりでも ビーチ沿いの方が チラホラと、宿やレストランがあるので マシと判断した次第!
が、アタクシ! 鳥目でして… 落ちたり 躓いたり  踏んずけたり… (((((ノ゚⊿゚)ノ アゥ 
恐るべし Amed! マジで 真っ暗です! 夕方以降の外出は くれぐれも ご注意ヲ

e0168736_12562144.jpg


← 上手く撮れなかったが
K◎的新記録の辛さを誇る
ナシチャンプル
マジで 激辛! ヾ((( ゚<<< 炎炎炎炎炎
が、もう1度 食べたいかも!
んーなワケで 途中、水を買って(高かったゎ!) 宿に戻ったのは Pm.20:00!
勿論 この日も よくん泳いで たくさん 緊張しながら 歩いて…
食後 ベットに転がった途端に… ドタッ (ノ_ _) (ノ_ _)ノ 記憶がなくなったK◎姉妹でした!
あ、でも ちゃんと ちゃんと、片付けはしましたヨ! (・o・)(・o・)ノ ハーイ!!


【この日の出費/2人分】 10.000Rp(ルピー)≒87円で 算出!

・シュノーケルSet(ママ・ダイブ) - マスク、ライフベスト×2組=120.000Rp(1.044円)
・晩飯(カキリマ) - バクソ/5.000Rp×2碗=10.000Rp(87円)
・晩飯 - 激辛ナシチャンプル/5.000Rp×2包=10.000Rp(87円)
・買物(塩田) - ガラム/2kg+オマケ=14.000Rp(122円)
・買物(トコ) - 水(アクア)/5.000Rp×2本、昼食用ロールパン/9.000Rp=19.000Rp(165円)


[PR]
by 2121katcat | 2014-02-03 22:14 | 2013-バリ島#2nd | Comments(4)
Commented at 2014-07-28 00:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2121katcat at 2014-07-28 14:56
Amed>鍵コメさ~ん♪
ありがとうございます!
むちゃくちゃ気持ち良かったっすヨ! じぇひっ!
参考になれば 幸いです!(^^)v
Commented by enjoy_sealife at 2015-09-29 07:45
記事を拝見しておりますと、謎が解けてきます♪
AW100をお持ちの理由は、こんなところにあったのですね(多分^^)
バリ島、出発されるまでの過程にもホッこりしてしまいましたが、
到着されてからも色んなドラマがあったようで。04#まででこのボリューム(笑)

地元の方との交流って部分、自然体な感じ。食べ物も、チャレンジしてみたい。
海外に行くと、つい財布の紐が緩みがち…なのですが、踏みとどまる姿も
さすがだな~と思いました。続きも楽しみです((o(´∀`)o))
Commented by K◎ at 2015-09-29 12:40 x
2013>シュウイチ様~♪
あやや... こンなところまで... あざぁーすぅ!
タコ踊りに 腹踊り Wで よろこびの舞を踊ってしまいました!

海は 好きなのですが 持病ありし マリンスポーツはNGと、長年 医者に止められていましたが
ひょんなコトから シュノーケルを体験し ハマってしまいました!
意外に 大丈夫なもので これまでの時間が なンだったのだぁー!
とはいえ 泳ぎも得意ではないし 行水の域を超えられませんが!(苦笑)
が、それとは別としても 防水カメラは 自分のようなガザツな者には ありがたいものです
雨は勿論、多少手荒に扱っても 大丈夫なンで!
但し、AW100は レンズに欠陥があって 歪みがあるンですよね...
まぁ どうせ 下手糞なので あまり関係ないのですが
それでも ニコンのレンズにしては ショボイかも!
あーでも 色やリックスが気に入っていてます!

解読... ご苦労されたコトと、思います
イヤナニ! 自分でさえ 殆ど読み返すコトもないもんで...(汗)

感じたコト! 考えたコト! 伝えたいコト!
なかなか うまく言葉にするコトが出来ません
が、こンな風に 感じて下さり 丁寧な感想を寄せてもらえると、うれしいです!
自分を含め 姉にとっても 単なる逃避行ではなく
大げさにいえば ある意味 生きがいのようなものを感じられる
貴重な時間でもあるのですよね!
本当に うれしいです!
がが、まともに 解読しちゃうと、大変なので ほどほどにね!
本当に ありがとうございます! ウヒャヒャ!
< << #05:バリ島 霜月-師走 ... #03:バリ島 霜月-師走 ... >>