<< #26:バリ島&マレーシア ... #24:バリ島&マレーシア ... >>
#25:バリ島&マレーシア 無水月-文月 2013
【25日目】:'13/07/03(水) Perhentian(プルフンティアン島) Day-03 / シューケリング #02+03


e0168736_00043918.jpg
この日は 午前中(朝)と午後の2回も シュノーケリング・トリップに 行っちゃもんネ~♪
ちなみに 黄色星印と赤星印が この日のポイント!
白星☆印は 前日行った シュノーケル・ポイントで 黒星★印は 自力で行ったポイント!
Mapは "Tuna Bay Island Resort"サンからお借りしました!)




am.06:00 余りの寒さに 眼が覚めた! ココはホントに マレーシアなンか? ((>_<))((>_<))
am.07:00 秘密兵器(携帯コイル湯沸し器)で湯を沸かし 食パンとコーヒー&スープで 朝ゴハン!
am.07:40 宿を出発! サバイバルなジャングル・ロードを抜け ミニ・スーパーへ!
am.08:00 シュノーケル・トリップに 出発! 
この日のポイントは D・LagoonBudu Long Beachタートル・ビーチタートル・ポイントの計4ポイント!
勿論 船頭は 前日と同じ Mr.ハンサー
ちなみに 出発が早いのは 朝の方が魚影が濃く 人が少ないからと、フッシャーマンらしい彼の配慮!

が、ガソリン入れ忘れちゃったヨ~!」と、慌てる フッシャーマンらしからぬ 我が船頭!
なンでも 給油するには 対岸(クチル島)のフッシャーマン・ビレッジまで行かねばならず
すぐ戻ってくるからネ~」と、云われたが 折角なンで 乗船させてもらい
フッシャーマン・ビレッジをプチ・見学するコトにした! (=・o・)(=・o・)ノ ゴーゴー
防水パック in 安い防水カメラなンで 曇りや水滴、腕のワルさによるボケや歪みは ご容赦ネ!)

e0168736_00584852.jpge0168736_00585442.jpg
約5分程で フッシャーマン・ビレッジに 到着! 学校、警察、教師や職員の寮まであるそうで
ビレッジ内を巡る 見学ツアーもあるらしいっすヨ!

で、給油所はといえば 着岸したすぐ傍の小屋で ドラムカンから ボリ・タンクに入れるだけ!
マレーシアは ガソリンが日本より安いイメージがあるも 1ℓ/2RM弱(約60円)!
同年9月以降には 10%強値上げしたというから いずこも頭の痛い話である! (;-_-) =3 フゥ

e0168736_13294265.jpge0168736_13294804.jpg

プチ・見学(給油)を終え改めて 出発進行!(=・o・)ノ (=・o・)(=・o・)ノ ゴーゴー
クチル島に沿って ボートを進めるコト 約10分!
最初のポイントは "D.Lagoon"なる クチル島最北端にある 約100m程の小さな入り江で
ビーチから 比較的離れた場所から ボートエントリー!
時間が早いせいか 水温は 冷たそう...  ちゅーか 冷たかったっス! (^^;)(^^;)ゞ

e0168736_14010323.jpge0168736_14010787.jpg
でで、チャポンと、可愛く? 飛び込むなり 結構な白濁り…
意外に深いし 適度な砂地と 珊瑚の形状が… なンか出そうじゃねぇ? と、その瞬間!

ヒイィィィ-!!! ヾ(゚Д゚)ノヾ(゚Д゚)ノ ゴマモンガラ!
しかーも! 4匹ッ!(即効 ダッシュしたので 画像はありません!)

ゴマモンガラは 岩場の破壊王とも 海の暴れん坊とも称される モンガラカワハギ科の凶暴大物魚で
ちなみに フツーに シュノーケリングしている分には 襲わないとは言われてはいるも
YouTubeで ググってみると フツーに 襲われていマス! (;△;)(;△;)

e0168736_14450662.jpge0168736_14451398.jpg
が、Nemoサンたちのお家があったりもして ご機嫌~♪ 結構な大所帯のようですヨ!

e0168736_14491805.jpge0168736_15025541.jpg
ゴツゴツとして 荒々しい印象を受けるも 所々に美しい砂地が広がり 魚影も豊富!
光が射し 透明度が戻れば さぞ楽しいコトだろう!

e0168736_15043984.jpge0168736_15142523.jpg
e0168736_15044457.jpge0168736_15150581.jpg
少し陽が射しただけで ご覧の通り! 先程のNemoハウスも 大好きなナマコちゃんも バッチリ!

e0168736_15172579.jpge0168736_15173028.jpg
e0168736_15173629.jpge0168736_15174145.jpg
e0168736_15423133.jpg




この入り江には 安宿が1軒だけあって
その隠れ家的な雰囲気から
エコ派のツーリスから人気を集めているようだ!
電気の利用制限アリ! 1泊/20RM~)
e0168736_15502414.jpg
e0168736_15501704.jpg
この宿では 海亀の保護活動を行っている! かわぇぇ~♪  (〃∇〃)(〃∇〃)

e0168736_15545721.jpge0168736_15550482.jpg
で、次に向かったポイントは Budu Long Beach
クチル島で 一番賑やか&人気のある ロング・ビーチの北側といった方がわかりやすいかもネ!
こちらも やや沖からのボートエンリーで 岬に沿って ビーチへと泳ぐ! ~((((~´∀`)(~´∀`)~

e0168736_16174306.jpg
やや深し 砂地で 白濁りしているも 小魚の群れが見事! \(>▽<)(>▽<)/

e0168736_16361987.jpg
ビーチに向かって泳ぎ進めてゆくと 広い砂地が広がり 別の世界が広がっている

e0168736_16275212.jpge0168736_16275979.jpg
e0168736_16314929.jpge0168736_16315525.jpg
たこサン! 発見! (☆。☆)(☆。☆) キラーン!!

e0168736_16332759.jpge0168736_16333257.jpg
e0168736_16342643.jpge0168736_16343187.jpg
e0168736_16241349.jpg
ココは ココで イージーだし なかなか良かったデス! v( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)v

e0168736_16451723.jpg
次に向かったのは ブサール島側に位置する タートル・ビーチ
が、船頭のMr.ハンサーの機転で? やや離れた場所から ボートエントリー!
潮流れがあり 白濁りはあるものの 運が良ければ 海亀サンと遭遇出来るらしい!

e0168736_16572422.jpge0168736_16572815.jpg
予想以上に 流れが強く 海亀サンを発見出来なかったけど 珊瑚が見事だった!

e0168736_17040157.jpge0168736_17040655.jpg
e0168736_17041087.jpge0168736_17041670.jpg
水滴&曇りで お見苦しい限りであるが タートル・ビーチに上陸して まず驚いたのは 海の色!
海中とは まるで別もん!  ウオォォ-!! w(゚o゚*)(゚o゚*)w
そして ビーチは 海亀サンの孵化場となっていて ちゃ~んと、柵で保護されている

で、ココには 島民だけの秘密の場所があると、案内してくれた!
そこは 澄んだ真水が湧き出ている小川で マンディー(水浴)は勿論のコトだが 飲めるらしい!
早速 我々も試してみたが… w(◎0◎)(◎0◎)w マジで 真水!
が、それが 冷たいのなンのって… 歯に沁みるぜヨ! ヘ(゚曲、゚;)ノ

e0168736_17501381.jpg



タートル・ベイを離れ 次は タートル・ポイントへ!
少し離れただけで この色の違い!
同じ海域でも 光の加減や反射物、
水深や流れで 色が異なってくる
海って 不思議で 偉大だよネ!
e0168736_18004983.jpg
と、いきなり 海亀サン~♪ かなりの大物だヨン! ヾ(≧▽≦)(≧▽≦)ノ
休息中? お食事中? 邪魔しちゃ可哀相なンで 海面から静かに ウォッチング!
昨日のコとは やや甲羅の形状が違うよーで 別のコかしらん?
あぁ~ マジで 幸せ! 海亀サン ありがとうネ!053.gif  

e0168736_18205601.jpge0168736_18210106.jpg
そろそろ お昼! 名残惜しいが お腹も空いたし お開きの時間!
が、Bookingしてくれたお礼に 昼食をご馳走したいと、再び フッシャーマン・ビレッジへ!
なンでも 彼の娘サンが Warung(簡易食堂)を営んでいるそうだ!
お言葉に甘えて ご馳走になりやぁ~すぅ! (-人-)(-人-)

で、向かった 娘サンのWarungは 簡素ながらも 海に面した抜群のロケーション!
でで、ご馳走になったのは 昨日 食べ損ねた ロティ・チャナイ(カレーソース付インド風クレープ)!
テ・タリッ(泡立てミルク紅茶)、ラクサ(ココナッツ風味のカレー麺)の王道マレーシア・フード3種!
勿論 Non Taxのローカル価格!
イヤイヤ! 満足! 写真を撮り忘れるほど 夢中で食べてしまったヨ! (´o`)(´o`)=3

e0168736_19392711.jpg
お孫サンたち!

e0168736_19355800.jpg
ブサかわいいかも~♪ (´艸`)(´艸`)

e0168736_19360528.jpg





← 2日間お世話になった 船頭:Mr.ハンサー

美味しいお昼ゴハンと素敵な思ひ出を
ありがとう~! <(_ _*)(_ _*)>
e0168736_18211805.jpg
クチル島を離れる時 ピカリーーンと、南国らしい強い光線が射した!
この島に来て 最高にキレイだった瞬間!
海がキレイだから 一度はおいでヨ! プルフンティアン島!
その噂は ホントであった! Ye--d(゚∀゚)(゚∀゚)b--s!!


e0168736_19594339.jpge0168736_19595248.jpg
(左):宿のレセプション兼レストランの入口で 左手が ツアー・カウンター!
(右):レストラン側のプライベート・ビーチ! Jetty(船着場)の先が ★★★星のPerhentian Island Resor
白砂のプライベート・ビーチを持ち シュノーケリング・ポイントになっているそうだ
宿まで送ってもらったが まだ陽も高く 行ってないし 暇だし~って、ことで… (((=・o・)(=・o・)ノ ゴー!

e0168736_20000390.jpge0168736_20004180.jpg
e0168736_20004778.jpge0168736_20005389.jpg
が、宿のツアー・カウンターの近くには 何気ぇ~に 看板がございまして… ヘイヘイ ヘ( ̄∇ ̄ ) カモォーン!
Pm.14:30本来は14:00!)から ボートが出るよ~ん♪」と、甘いお誘いが!
前日と同じ 3ポイント(シャーク、コーラル、タートル)+αを巡る シュノーケル・トリップで 他のゲストと雑混ではあるが
その分安く 1名/30RM(1.500円/機材別途)!
明日は コタバルに戻るので これが最後のチャンス! 行っちゃいませう!と、参加するコトにした!

e0168736_20424350.jpge0168736_20423732.jpg
出発まで まだ30分あるので 一旦、部屋に戻ると… 屋根の上で お猿サンが 大運動会!
結構 自由気まま… ちゅーか やりたい放題!
頼むから 我々の部屋(上)で 暴れないでネ!と、小さく祈って… (((((^^;)ノ
何度も云っちゃうけど ゴキお猿サンは 超苦手! (TдT)

e0168736_21031313.jpg
Pm.14:50 ゲストの遅刻で 予定の時刻より20分遅れて 本日2度目のトリップに 出発!
要因となったゲスト(オージー3人組)は 酒呑んでて 集合時間を間違えたとのコト! ┐(-。ー;)(-。ー;)┌

参加者は 問題のオージー3名、マレー系女子3名、某国人女性1名と、我々を含む 計9名であるも
オージー2名は ボートが出るなり 酔いが回ったのか? 最後までボートの上!
マレー系女子も 少しトライしたが 泳げないらしく やはりボートの上で 結局泳いだのは 4名である

で、透明度は 一瞬イイ感じになるも 相変わらずの白濁り状態!
コースも前日と同じだし なによりも カメラのバッテリー残量が気になり 大事な一瞬に備えて キープ!
ゆえに 2度目のトリップ画像は 殆どありませ~んので あしからず! m(_ _)m

e0168736_21304535.jpge0168736_21312237.jpg
が、最初のシャーク・ポイントで 早くもシャッター・チャンス!
一斉に魚の群れが向かってくるので 何かあるゾ!と、眼を光らした その瞬間! (☆。☆) キラーン!!
シャーク様よ~ん!
がが、わかるかしらん? わからんよネ… 全然撮れてないし… (><)
ががが、その後も 確認出来ただけで 4匹のシャーク様が ご来遊!
が×4、でかいンですけど 本当に 襲わないのでしょうか? マジで ビビリます! (ノ><)ノ ヒィ
で、この後は コーラルタートル・ベイと続くのだが 午後になって 益々濁り激しく 画像は 割愛ネ!

e0168736_22032462.jpge0168736_22033047.jpg
が、最後のタートル・ポイントで 海亀サン! かなりの遭遇率だよネ!ヾ(≧▽≦)(≧▽≦)ノ
で、海亀サンは 呼吸の為に 数十分置きに 海面へと浮上する! まさに その瞬間なのだが…

e0168736_22161347.jpge0168736_22162013.jpg
(左):浮上待たずして 飛び込み 追い掛け回す 某国人おひとりサマ女(30後半らしい)!
慌てて後を追い制止するも 海亀サンは ラリラリと、遠くに逃げてしまった… (;-_-) =3 フゥ
(右):数分後 体長50cm程の海亀サンが浮上するも 1度ならず2度目の反則!
追い掛け回すわ! タッチするわ! 掴むわ! やりたい放題の某国人おひとりサマ女!
これには さすがに キレてしまった! ゴルァァアーー!!ヽ(゚Д゚)(゚Д゚)ノ

e0168736_22461349.jpg
船頭の機転で 10分の延長となり 再び海亀サンを見るコトが出来た!
体長1mほどの海亀サンで おそらく 最初に ラリラリしたコかと思われる 

で、他のゲストからも顰蹙を買った 中国人おひとりさサマ女子は… ( -"-)(-"-;)
大人しく? ボートの上で お留守番の刑!
お陰で ゆっくりと、挨拶するコトが出来たヨ!

e0168736_22461980.jpg
ありがとう! またいつか あえるとイイね!
Jumpa lagi~! (。・ω・)(。・ω・)ノ゙

そして 我々のシュノーケル・タイムも これで終わるコトになる
イヤイヤ! また 帰りたくないの… ρ(。 。、 )(。 。、 ) イジイジ…


で、プルフンティアン島の感想は?
そうさネ… 東海岸の島は カパス&グミア島、ラントゥンガ島しか行ったコトがないので 甲乙つけがたいが
流れも穏やかで 泳ぎやすいし なによりも 海亀サンとの遭遇率の高さには 驚いた!
ただ 乾季らしからぬ陽気で 朝晩は雨が降って寒いし 水温は上がらず 透明度もイマイチだったし
次々とツアー・ボートが押し寄せ 過密気味なのが やや気になるところである!
宿泊施設は 100RM前後の宿であれば 大差はないと思うが エリア選びで 印象が違ってくるかと思う
また ゲストの大半が欧米人のせいか 島内で働く人たちは こなれているし 気さくな印象を受けた
飲食は 島価格なので 割高のは仕方がないが 宿泊代が もう少し抑えられれば 次もアリかな?
今回宿泊した Coral View Island Resortは やっぱ高いしネ!
ウン! でも また来るヨ! 海亀サンに逢う為に ガンバリます! p(・∩・)q

e0168736_01340871.jpge0168736_01341540.jpg
最後の晩餐は やはり必殺ワンパターンの"Water Colours Restaurant"へ!
マレーシア・コピ/4Rm、ガイラン炒め/9Rm、トムヤム・スープ/9Rm、ナシ・プティ/2Rm…
注文 も これまたワンパータンで 明朗会計! v( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)v

食後は ビーチで 流れ星鑑賞会!
やっぱ 海は イイやねぇ~と、思いに耽るも… ヤベッ! 荷物まとめなきゃ!
と、毎度のコトながら バタバタと、小ぜわしい夜となったK◎姉妹であった!ヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ


【 この日の出費/2人分 】 ※1RM≒30円で 算出!
・シュノーケル・トリップ - 4ポイント+α(貸切):1名/60RM×2人=120RM(3.600円)
・シュノーケル・トリップ - 3ポイント+α(雑混):1名/30RM×2人=60RM(1.800円)
・晩飯(WCR) - コピ/4RM×2、ガラン炒め/9RM、トムヤム・スープ/9RM、ナシ・プティ/2RM×2=30RM(900円

旅もイヨイヨ終盤!  明日は コタバルに戻るよ~ん!



[PR]
by 2121katcat | 2013-12-20 02:00 | 2013-バリ島・マレーシア | Comments(0)
< << #26:バリ島&マレーシア ... #24:バリ島&マレーシア ... >>