<< #24:バリ島&マレーシア ... #22:バリ島&マレーシア ... >>
#23:バリ島&マレーシア 無水月-文月 2013
【23日目】:'13/07/01(月) Perhentian(プルフンティアン島)へ Go Go!


e0168736_23000339.jpg
いよいよ プルフンティアン島(Perhentian)に向けて 出発だ!
プルフンティアン島は トレガンヌ州の北端に位置する クアラ・ブスッ(Kuala Besut)の20Km沖合いに
浮かぶ珊瑚礁の島で 東西に隣り合った大小2つの島から成り立つリゾート島だ
西側のSmall Island@クチル島は ローカルエリア&バック・パッカー・パラダイス!
東側のBig Island@ブサール島は 全体的に落着いた雰囲気で 海亀の上陸ポイントがあるとのコト!
両島には ボートTAXIで 簡単に行き来するコトが出来るそうだが 亀サン好き&アダルティな我々としては
勿論のロンロン! 後者っすヨ! と、いうことで ブサール島に宿泊するコトにした

が、宿探しで まさかの大苦戦! (*。*)(*。*)
この島の宿泊施設は お手軽価格で 予約ナシでも確保しやすいとのコトだが 4軒当たって 撃沈!
しかーも 意外に高くって イイ感じの宿は 既に埋まっているので 予約は必須のようだ
但し、宿によっては クレジートカード不可なので ボート乗場周辺の現地代理店を通すとイイだろう
手数料:3%~ パッケージが主流で フルボード・パッケージ(送迎・食・ツアー含)なら 個人手配より お得…?  

で、結局 空室のあった "Coral View Island Resort"なる 2つ星★★のリゾートに 荷を解くコトに!
勿論 一番安いスタンダート・FAN・ルームに 素泊まりっス! (^^;)(^^;)ゞ

【 プルフンティアン島へのアクセス 】
クアラルンプール(プトラ・バスターミナル)より クアラ・ブスッ行の高速バスで 約9~10時間!
クアラ・トレガヌ(Kuala Terengganu city or Airport)から 車で約1時間半(106Km/90Rm)!
コタバル(Kota Bharu city or Airport)から 車で約1時間(70km/35~60Rm)!
 (公共バス:Jertihで乗換/96番)
・ボートの発着所:クアラ・ブスッ(Kuala Besut)から スピードボート(往復:70RM)/約30~40分!
東海岸は 11月~3月頃までは モンスン・シーズンの為 殆どの宿が クローズしマス! (_ _) ..zz




では 出発! イヤ! その前に やっぱ 朝飯しょ! ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)(*--)ノ
、向かったのは RESTORAN KAMPAN! 通称:イチロウ店ではなく…
その手前の九龍茶餐室(カオルーン・クダイ・コピ)!
イヤナニ! イチロウ店には 雲呑麺(ワンタンメン)が ないもンで… (^^;)(^^;)ゞ

e0168736_16303296.jpge0168736_16304542.jpg
(左):普洱茶(プーアール/ポーレイ)で 洗杯(広東語:サンプイ:茶で食器を洗う)の儀式ごっこを堪能!
(右):雲呑麺麺/3.50RM(105円)! 雲呑は4つしかナイも 麺の量が多くて イイかも~♪
九龍茶餐室(カオルーン・クダイ・コピ)! その名の通り 本場香港の如し賑わいで 雰囲気もよく
次もあり的な茶餐室だったヨ! v( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)v

e0168736_23261120.jpge0168736_23260247.jpg
ぷらぷらしながら 宿に戻る! トライショー(人力車) またの名を ベチャも 現役!

e0168736_23372861.jpge0168736_23373608.jpg
e0168736_23374771.jpge0168736_23375275.jpg
(右):レセプションから見下ろす 宿の出入口!
この高さと傾斜のお陰で 出入りには苦労するも セキュリティー対策になるのだよネ! v( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)v

e0168736_23444291.jpg



さらば "Hotel Kenangan"
しばしの別れ!
また すぐに 戻ってくるからネ!
で、クアラ・ブスッ(Kuala Besut:プルフンティアン島行のボートの発着所)までは バスを予定していたが
Jertihでの乗換が面倒になり 白タク(宿のスタッフ)をお願いするも 交代のスタッフが遅れるとのコトで
結局 TAXIで行くコトになってしまった!
しかーも 手配してくれたは 親切過ぎるコトに 新車のAC・ワゴン車で 片道:50Rm(≒30円:1.500円)!
Non AC車なら 35Rm(1.050円)なのに~~~! (T△T)(T△T)

Tok Bali & Kuala Besut!

e0168736_17242165.jpg





← この日の移動図!






コタバル(Kuala Besut)市内から クアラ・ブスッ(Kuala Besut)までは 車で約1時間!
地図上では 海岸線と平行して走っているのだが 海は見えず 眠気を誘う程 殺風景な風景が続く

が、TAXIと船業者が結託し 別の船着場(Tok Bali:トク・バリ)に連れて行かれちゃうヨ!
との噂もありし 眼が離せない! (¬¬)(¬¬)....ジィーーーッ!
安く行けるなら それもアリかと思うのだが 殆ど変わらない上に 船は漁船らしいデス!
ただ 唯一の救いは 目的地には運んでくれるらしいので ある意味良心的?

がが、眼に飛び込んでくるのは Tok Bariの文字ばかり… ま、まさか… (゚ロ゚屮)(゚ロ゚屮)
ががが、なンらなく フツーに通過に 拍子抜け! (゚゚;)(゚゚;) この緊張感は なンだったのだ?

e0168736_18430479.jpg
e0168736_18431116.jpg












無事に? クアラ・ブスッ(Kuala Besut)に 到着! 運チャン! 一瞬でも疑って ゴメンネ!
(右):"Coral View Island Resort"のオフィス! この一角に 各宿のオフィスや旅行会社が集中している
オフィスで簡単な手続きを済ませ 一緒に頼んでいた ボートチケットをもらった
支払いは チェックアウト時でイイらしいく 島内でオンラインのカード清算出来るなンざ ある意味驚きである
ついでに ルーム・リクエスをするも 現場スタッフが振り分けているので 限りなく難しいとのコトであった

e0168736_19201944.jpge0168736_19202864.jpge0168736_19202405.jpg
e0168736_19125893.jpg
e0168736_19014446.jpg
e0168736_19015704.jpg
ボートの出発時間まで 周辺を散策! 公園ありし Warung(食堂)やトイレもあり よさ気な感じ!

e0168736_15414252.jpg


← オフィス前のバス・ステーション!

帰りのバスを確認していると
先程の運チャンが 帰りも迎えに来るとのコト!
が、予算オーバーなンだよネ…
と、渋っていると 50→ 40RMに オマケ!
で、面倒なンで お願いするコトにした
がが、果たして ホントに来るだろうか?


e0168736_15480440.jpge0168736_15481266.jpg
そろそろ時間なので 一旦オフィスへ! イギリスから来たファミリーさんと一緒のようだ!
簡単な挨拶を交わし 船着場へと向かった
荷物は 専用のスタッフがリヤカーで運んでくれたが すぐ近くなンで 無駄な気もするが…
Jetty船着場)入口で 海洋保全料:1名/5RM(150円)を払う
島周辺は海洋公園に指定されているので 別途必須!)

e0168736_16163127.jpge0168736_16162681.jpg
e0168736_16163643.jpge0168736_16164238.jpg
ボートの出発時刻は Pm 12:30であるも 点検&給油で 20~30分程遅れるとのコト!
Jani Melayu(時間通りにならないの意)! これぞ マレーシア! ハイハイ! 業に従いませう!ヽ( ´O`)ゞファーァ

e0168736_16324014.jpg
e0168736_16324860.jpge0168736_16325658.jpg
e0168736_16345061.jpg
e0168736_16345522.jpge0168736_16350074.jpg









Pm 01:00 ようやく 出発! ボートは さして大きくもなく 総勢12名と、過密気味…
で、これが 猛烈に かっ飛ばす!  ウオォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w ウオォォーーー!
5分も経たないうちに 約半数以上の乗客が ギブアップ… ヘ(x_x;)(x_x;)(x_x;)
でで、イイ感じに岸が見えたところで プチ・停泊! どこかに アローと、電話をかける 船頭サン!
と、岸から 落葉のような小船が どんぶらこ! つまり 乗り換えろってコトらしい…
ででで、これが意外に大変でして 最後に乗移ったアタクシは... 股裂きの刑に~~~!  (ノ゚ο゚)ノイヤ~ン! 


Coralview Island Resort

出発から約35分程で 宿前のビーチに到着! 所要時間&コースは 乗客の数や行先で変わるようだ
が、股裂きの刑に続き 今度は 半身浴状態の上陸! 当然 チェックインは 濡れたまンまっス!
がが、ココで うれしいサプライズ! オフィスのミセス曰く リクエストは 限りなく難しいとのコトであったが
オフィスより 伝言を承っておりマス!」と、リクエスト通り 明るくて 眺めの良い部屋を用意してくれた!
下記Mapの印が 我々の部屋!)

e0168736_17164468.jpg
一応 2つのプライベート・ビーチを持つ Coralview Island Resort
客室は 傾斜を利用して建っており 当然、ビーチ寄りが 格上になるも 木が影となり やや暗い!
が、我々に用意されたNo.769は 敷地の中間&中腹なので 出入りは面倒なのだが
その分 明るくて 風も抜けるし 海が見えたのには 驚いた! 一番安くても シー・ビューよ♪
がが、別の意味でも 驚きがっ! 突出すように設けられたテラスは 思ったよりも高さがあり
敷き板の隙間から 下が丸見えでして… 結構 こ、こわいっス! w(゚ー゚;)w

e0168736_16542593.jpg
e0168736_16543199.jpg
e0168736_16543795.jpge0168736_16544684.jpge0168736_16551852.jpge0168736_16553503.jpge0168736_16555090.jpge0168736_16551238.jpge0168736_16555727.jpge0168736_16560483.jpge0168736_16560910.jpge0168736_16561385.jpg
島内では 中級クラスのお宿と呼ばれてはいるも 全体的に2つ星★★リゾートなりの素朴な感じ!
客室内は 約6畳程のスペースに シングル・ベットを2つを無理やり詰め込んだ感じであるも
天井が高く テラスが広いので それほど窮屈な印象はしなかった
バスルームも かなり狭いが それなりにキレイだったし お湯は出ないが 水量、排水共に 無問題!
証明は 全体的にムーディーライトなンで 読書には不向きかも!
ACは無いが 冷蔵庫とアメニティ&トイレット・ペーパー、毎日のルームクリーニングがあるのは ありがたいかも!
が、それでも お値段だけは 立派なリゾート・プライス!
ゆえに 我々のお財布事情では 完全オーバーで 3泊が限界でした… (〃´o`)(〃´o`)=3 フゥ

Coralview Island Resort 】:Standart Fan Room No,769(素泊り) 1泊(2名/)140RM
・Fan(扇風機)、シングルベット2台、トイレ、水シャワー、冷蔵庫、アメニティ、フリーコンセント2箇所有
・ルームクリーニグは 午後1時~3時の間に行われるようだ

e0168736_18215671.jpg
Pm.15:00 まだ陽が高いので ちょろり 周辺を散策なンぞ!(Map参照!)

e0168736_18325909.jpge0168736_18330435.jpg
(左・右):宿前のビーチ!
プルフンティアン島は 兎に角 海がキレイ~!
と、訊いていたが 天候のせいもあってか 正直 こンなもんか… 的な印象だったが
陽が差し込んでくると… 訂正! 訂正! 今の発言は 取り消しマス! (; ̄з ̄)(; ̄з ̄)~♪

e0168736_22090573.jpge0168736_22092172.jpg
(左):Water Colours Restaurant ! 
上のMapには載っていないが 我が宿の2件先?にある "Watercolours Resort & Dive Centre"に
併設するレストランで 滞在中の胃袋を満たすコトになるも この時は まだ偵察…
なにせ 島内の物価は 破格! (◎_◎;)(◎_◎;)

e0168736_22385730.jpg
e0168736_22391014.jpg















(左):ツナ・ベイに向かう 秘密の入口… ココから サバイバルな山越えが 待ち構えている!
ちなみに ココに来るまでに 数件の宿&レストランを チラ見するも 内容と価格は見合っていない
まぁ リゾート島なンで 仕方がないっすネ!

e0168736_22505339.jpg
e0168736_22510348.jpg











サバイバルな山越えをするコト 約15分! 高台に建つ "COZY CHALET"に 到着!
海岸線沿いに歩いて行けないのが難点ではあるが 蚊と戦いながら山越えした甲斐があってもんヨ!

e0168736_22512039.jpge0168736_22512978.jpg
かなり イイ感じ! 当初は このエリアを狙っていたが どこもフルブッキングなのも 頷ける! ウン!

e0168736_23100016.jpge0168736_23102147.jpg
(左):小さなスーパー?  帰りに ミネラルとパンを調達!
(右):すぐ脇は シー・TAXIやツアー・ボートが停泊する 小さなJetty(船着場)!

e0168736_23150839.jpge0168736_23150077.jpg
明日のシュノーケリングに備え 値段をチェック! ((φ(-ω-)カキカキ

e0168736_23200781.jpge0168736_23201752.jpg
(左):一番人気の"Tuna Bay Island Resort" 既に 数ヶ月前から フルブッキングらしいっス!
(右):専用のJetty(船着場)も 立派!

e0168736_23254369.jpge0168736_23255832.jpg
イイところに イイ感じのWarungを発見!

e0168736_23303778.jpge0168736_23304627.jpg
コピ・スス、テ・スス共に 3RM(150円)と、価格も良心的! d( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)b
食事も出来るらしく 我が宿に近ければ 大助かりなのだが 朝晩の山越えは… デンジャラス!

e0168736_23335870.jpge0168736_23335191.jpg
お値段チェック! 相場は どこも大体同じようだ! ((φ(-ω-)カキカキ

e0168736_00042039.jpge0168736_00042763.jpg
すぐ傍には ミュージアムなンぞもあったりする

e0168736_00081699.jpg
e0168736_00083579.jpg
(左):立地的にも ズバリな Abdul Chalet! が、ココも欧米人客で フルブッキング!
(右):各ビーチ間は ボードウォーク(コンクリート製の遊歩道)で繋がっている

e0168736_00172509.jpge0168736_00173240.jpg
なンかイイ感じ! 題して 姉サマと海!

e0168736_00193867.jpge0168736_00194678.jpg
e0168736_00195469.jpge0168736_00200290.jpg
このリアル感が伝わらないが かなりスゲーことに! 漁船が一斉に 漁に出発ぜよ! p( `o´ )q オォー!

e0168736_00251901.jpge0168736_00254146.jpg
e0168736_00255663.jpge0168736_00254872.jpg
Pm.16:30 大まかに 先端まで到達!
周辺は キャンプ場になっていて 数人のグループが キャンプの準備をしていた
なンでも コーラルガーデンなる シュノーケル・ポントらしいく 少し泳いでみたが なかなかの透明度! 
明日への期待が膨らみ 途中のミニ・スーパーで シュノーケル・トリップを予約した!

e0168736_00381076.jpge0168736_00375532.jpg
Pm.17:30 宿に リターン! ゆっくり 散策して2時間半! なかなかイイ運動になったヨ!

e0168736_00412134.jpge0168736_00411332.jpg
折角なので 宿の反対側のプライベート・ビーチを覗いてみた!
こちらは 白砂から一変して 珊瑚のビーチ! 歩くと カラン カランと、イイ音がする
少し泳ぎたかったが 我々のチープルームは 水シャワーなンで これ以上遅くなると ヤバイんで ガマンの子!

e0168736_00463706.jpge0168736_00464527.jpg
部屋に戻ると 眼の前に お猿サンがっ!!!
ア、アタクシ… ゴキとお猿サンが 超が付くほど 苦手なンっすヨ! ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
が、余りに面白いルックスをしていらっしゃるので へっぴり腰で ズーーーーム!

e0168736_00555458.jpge0168736_00560449.jpg
Pm.21:32 晩飯! 宿のレストランも覗いてみたが お高いので… 
先程リサーチした Water Colours Restaurantへ!
なかなか繁盛店のようで ほぼ満席であるが マレーシアにしては 店員サンが テキパキとしていて
すぐに 席を用意してくれた!
マレーシア・コピ/4Rm、ガラン炒め/9Rm、トムヤム・スープ/9Rm、ナシ・プティ/2Rm…
本土に比べたら高いが Non TAXだし 島内の物価からすると 良心的である
勿論 お味の方も おいしゅございましたゎ! d( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)b

e0168736_01190513.jpge0168736_01191320.jpg
夜は かなりの引潮で 底の珊瑚や岩が剥き出し ボートTAXIも 苦戦していたヨ!
クチル島は 手軽なレストランが集まっているので 夜間でもボートTAXIが運行している)

e0168736_01191911.jpge0168736_01192563.jpg
(左):宿に戻って 記念撮影! 海洋保全料の支払いチケット!
(右):ミニ・スーパーでもらった チュッパチャップス(棒付キャンディー)!
さてさて 明日は 待望のシュノーケルだ! どンな出逢いがあるか 楽しみ~! (>▽<)(>▽<)


【この日の出費/2人分】:※1RM≒30円で 算出!

・朝食(九龍) ワンタン麺/3.5RM×2、テ・チナ・ポット/5RM=12RM(360円)
・宿(TAXI手配チップ) ー 1RM(30円)
・TAXI コタバル市内~クアラ・ブスッ間/50RM(1.500円)
・海洋保全料 5RM×2人=10RM(300円)
・お茶代(ビーチ) 3RM×2人=6RM(180円)
・買物(ミニ・スーパー) 食パン/3RM、ミネラル/3RM=6RM(180円)
・晩飯(WCR) コピ/4RM×2、ガラン炒め/9RM、トムヤム・スープ/9RM、ナシ・プティ/2RM×2=30RM(900円)


[PR]
by 2121katcat | 2013-12-11 15:16 | 2013-バリ島・マレーシア | Comments(0)
< << #24:バリ島&マレーシア ... #22:バリ島&マレーシア ... >>