<< #08:バリ島&マレーシア ... #06:バリ島&マレーシア ... >>
#07:バリ島&マレーシア 無水月-文月 2013
【'13/06/09(日)-24(月)】: ドタバタ珍道中/前半:インドネシア・バリ島 端折り編.#07-出逢いと別れ.3


e0168736_11175699.jpg
笑顔で迎えてくれた 素晴らしきバリ島の人たち! 
まだまだ ご紹介していない方々が 居りマス! 勿論 ニャンコやワンコたちもネ! \(>▽<)(>▽<)/



【Semua orang! Mr.Komang

e0168736_11275981.jpge0168736_1128892.jpg
(左):もう お馴染みっすネ! パタンバイの若き船頭:Mr.コマン
(右):わざわざ 挨拶しに訪ねてきてくれた 息子サンたち! (Photo by 友人)
今回も お世話になりっぱなし! もう彼らナシでは 非セレブのマーメード・トリップは ありえましぇん!

【Semua orang! Keluarga Buah ibu

e0168736_1138332.jpge0168736_11384261.jpg
(左):初訪パタンバイから 世話になっている 青果屋台の美人サン&息子クン
(右):スアミ(夫)! 以前は ぐうたら亭主であったが 今は 頑張ってマス! p(・∩・)q

e0168736_11502714.jpge0168736_11503450.jpg
(左):ドライバーに変身中のスアミと ナビゲーターの娘サン
   近場なら ベモミニバンを改造した乗合バス)と変わらぬ手間賃で 送迎なンぞ! <(_ _*)(_ _*)>
(右):寝ちゃいました… (_ _) ..zz

e0168736_11572034.jpge0168736_11572668.jpg
知り合った当時は まだお腹の中だった息子クンも すっかり 大きくなりました!
どーりで シワが増えるハズだよネ… 時の流れって 残酷! (^^;)(^^;)ゞ

【Semua orang! Pepaya Ibu

e0168736_1213371.jpge0168736_1245693.jpg
同じく 初訪時から世話になっている 通称:パパイヤ・イブ! 無口で シャイなご婦人だ!
商いの場を 村の中心部から やや離れた場所に移してからは 足を運ぶ回数が減ってしまったが
行く度に あたたかく迎え 大サービスしまくる お人よしサンでもある! <(_ _*)(_ _*)>

e0168736_0594591.jpge0168736_1214492.jpg
(左):笑うと、かわいいンだよネ! (´艸`)(´艸`)  
(右):パパイヤ・イブの叔父サン… だったと、思いマス! (^^;)(^^;)ゞ 

e0168736_125713.jpg
← リジャック待ちの近所のお嬢さんたち!
バリ風フルーツサラダ)

【Semua orang! Ibu Nyoman Suci

e0168736_1357081.jpge0168736_1284294.jpg
e0168736_123613.jpge0168736_13582650.jpg
e0168736_13592878.jpge0168736_13593819.jpg
イブ・ニョマン! 正式なお名前は Nyoman Suci(ニョマン・スチ)!
Suci(スチ)は インドネシア語で 純潔・・純真・神聖を意味し その名の通り とてもピュアな人で
毎日 ココでお茶しましょう!」と、彼女の一言から ビーチでの珈琲ブレイクが 日課となった
今回も お茶だけではなく 昼飯用のお弁当まで ご馳走になりっぱなしだった!
その腕前は なかなかのモノで 現在は ビーチで物売りをしているも 以前は 村内の宿の勤めており
宿が閉鎖されるまでは 厨房で 得意の料理の腕を揮っていたそうだ! d(´▽`)(´▽`)b

ちなみに 彼女は バリ島北東部に位置する アンナプラ出身で つまり お嫁サン組!
PADANGBAI BEACH IN(宿)に勤める カデちゃんや イブ・コマン(Mr.コマンの奥サン)も同郷である!

e0168736_13594926.jpge0168736_140351.jpg
新しい家族が増えたというので 彼女の自宅を訪ねた!
白くて 小さなワンコ! まだ慣れていないせいか 怖がって 家の一角から出てこないのだそうだ!
毛足が長くて 虹の橋を渡った 虹子姉サマの相棒)に ちょっとだけ 似ていた! (´I `*))ノ” ワン!


【Semua orang! Mr.Jro Mangku I Wayan Bengkek

e0168736_15301889.jpge0168736_15304050.jpg
通称:マルコ爺! Jl.セガラでアートショップを営む タンパクシリン出身のアーティスト兼Mangku(マンクー:坊サマ)!
やはり 初訪時から世話になっている方で 何かあると、アゥゥアワワワワ!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オョョョョョ!! 
と、まるで 本当の父のように あれやこれやと 世話を焼いてくれる
いつも 晩飯後は 彼の店に寄り 通りに長イスを引っ張り出し たわいもないおしゃべりをするのが
日課となっていたが 今回は 余り話せず m(_ _)(_ _)m スマン!

e0168736_15395346.jpge0168736_1540320.jpg
画像を確認して喜ぶ マルコ爺! 意外に お茶目な方なンですゎ! (´艸`)(´艸`)

e0168736_15433847.jpge0168736_15435158.jpg
e0168736_1545185.jpge0168736_1545102.jpg
(右):店の軒先で 煙草屋を営む バパインドネシア語:男性の称呼)! 物静かで やさしい方である!
古い方なので 基本的に写真は NGであるも 前回、1枚だけ撮って欲しいと頼まれ
ポストカードにして送ったところ 無事に届いたとのコトで ホッと、一安心!(バリは郵便事情が悪い)
写真のお礼にと 冷たいジュースをご馳走になったうえに ミネラルのお土産までいただいてしまった!
が、残念なコトに 今回 イブのお姿は カメラに収めるコトが出来ず… (T-T)(T-T)

http://katcat.exblog.jp/20465880/  ← 前回の旅録:バパ&イブ!


【Semua orang! keluarga Sundari

e0168736_1683569.jpge0168736_1684716.jpg
(左):スンダリ家の面々! お茶目なバパ、次女のエニちゃんイブ・スンダリ、長女:エイちゃん
   折角の家族写真なのに 暗いし ボケちゃって m(_ _)(_ _)m お許しヲ!
(左):遊びに来た ニャンコ! 他に2匹居たのだが カメラの起動が間に合わず NG!

スンダリ家は 村のメイン通りで 雑貨店を営む 中国系インドネシア人の一家で バパは ムスリムである!
ロンボク島出身で イブ・スンダリが幼少の頃 今は亡き父と この地に渡り 水売りからはじまり
店を構えるまでになったとか! 日中は DPS(デンパサール)から 通いで叔母夫婦も店に立っているが
実際に経営しているのは イブ・スンダリで ぼったくりバァーサンとのあだ名もあるが かなりの情報通で
影のパタンバイ・ボスとも呼ばれおり 毎回、感謝しきれないほど 世話になっている! (-人-)(-人-) 謝々!

http://katcat.exblog.jp/19084343  ← 過去の旅録:スンダリ家の諸情!
http://katcat.exblog.jp/19117826← 過去の旅録:スンダリ家の儀礼!


【Semua orang! Monsieur.CeCe & Madame.CeCe

e0168736_1353364.jpge0168736_1313627.jpg
(左):Monsieur.CeCe(チェチェ)! フランス人在住者で この界隈では 有名人! 呑み助なのヨ!
(右):奥方のMadame.CeCe! ロンボク島出身のインドネシア人(ムスリム)で とっても セクシー! (・。-☆)

e0168736_1345132.jpge0168736_1345877.jpg
ヾ(´3`)ノシ⌒chu♪ 少しは 酔ってるケド… これが フツー!

おふたりは 一見、フレンドリーであるも 色々な意味で 警戒心が強く 気難しい人だと、聞かされていたが
なぜか いつも好意的で 宿代が勿体ない! ウチに泊まりなさい!と、誘ってくれる
今回は 再訪を歓迎しに わざわざ宿まで 足を運んでくれたのには 驚いた! w(゚o゚*)(゚o゚*)w 

e0168736_1455910.jpge0168736_1322980.jpg
(左):ビーチに お茶の出前デス! おふたりに お茶をご馳走になってしまった! <(_ _*)(_ _*)> 
(右):イブ・ニョマンとも仲良しサン! 皆で Minum kopi di pantai(ビーチで珈琲ブレイク)! 
勿論 呑み助のMonsieur.CeCeは ビンタン(ビール)!

e0168736_1422795.jpg
e0168736_143014.jpg
ちなみに フランス語は無論のコト 英語もインドネシア語も解さない我々との会話は 身振り手振り!
そもそも 普段から酔っ払っている? Monsieur.CeCeは 何語を発しているのかさえ 不明!
それでも 不思議と盛り上がるのは 呑み助同士のテレパシーなンか? Ψ( ̄∀ ̄))( ̄∀ ̄)Ψ ウヒャヒャ!
マダムは ムスリムなので 呑みません!)


【Semua orang! Mr.Arema

e0168736_15234710.jpge0168736_15235413.jpg
初訪時から世話になっている カキリマ(移動式屋台)の店主:Mr.Arema! アルマ? アリマ? アレマ?
"アルマ"と、聞こえるし 否定されるコトもないンで そう呼ばせていただいている
この村には 数人のマス(店主の名称)が流しているが 彼のバクソ肉団子入りスープ)が お気に入り!
べらぼうに 旨いってワケではないが やっぱり人柄かしらん?
揚げワンタンをサービスしてくれるし これに ナシ・プティ(白飯)で 立派なディナーさ! v( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)v


【Semua orang! keluarga GEJOR

e0168736_2349260.jpge0168736_23491257.jpg
(左):プール係の通称:ザビくんマッサージ師:Mr.ゴットハンドの子息)と 今年誕生した 第一子(♂)!
   見に来て~と、お誘いを受け お姿拝見! w(゚o゚*)(゚o゚*)w ソックリじゃん!
(右):彼の奥サン! 美人でしょう! なかなかのしっかり者で 早くも尻に敷いちゃってマス!

e0168736_0162043.jpge0168736_0161046.jpg
(左):Mr.ゴットハンドこと Mr.Wayan GEJORイブも とても嬉しそうだったヨ!
(右):ザビ夫妻! 流産の危機を乗り越え 無事の出産! 改めて オメ \(>▽<)(>▽<)/ オメ!
が、パパになったのだから お仕事の方も もう少し頑張ろうよネ! p(・∩・)(・∩・)q

【Semua orang! Ibu Ibu Pasar

e0168736_0412581.jpge0168736_0421698.jpg
(左):ジャジョー売りのイブ!(バリ語:菓子全般/インドネシア語:ジャジャン)
  この方も 初訪時からの顔見知りで 少し痩せたけど 元気そうでなによりである!
(右):ガラム(塩)売りのイブ! 100g+オマケで 5.000Rp(50円)!
  海水天日塩として有名なクサンバ産らしいが… まぁ フツーに旨いンで 信じてマス! (-人-)(-人-)

【Semua orang! Ibu Ibu Pedagang Keliling

e0168736_8344456.jpge0168736_8335810.jpg
(左):アンチュン、プダガン・クリリンと、呼ばれる 物売り(行商人)のイブイブたち!(撮影NGの方も居るので一部)
(右):通称:ウブド・イブ! 流暢な英語を話し 物腰の柔らかな上品なご婦人である!

離島行の船が発着する パタンバイ! 宿に併設レストランは ツアーの待機所&休憩所になっているので
彼女らは 船の発着に合せて 方々から集まり 一日中 村を流しながら 手持ちの僅かな品で商っている
こと ウブド・イブは バリ島中央部のウブドから ベモ(乗合のミニバン)を 3回も乗り継いでやって来る
観光客の多いウブドの方が よっぽど稼げると思うのだが 今や原宿の如し ウブド
昔ながらの民芸品を売り歩く 彼女らに 足を止めてくれる観光客は居ないのだという
無論 それは ココでも同じであるが 店が少ない分 稀に 当たるコトがあるそうで
最初の頃は 我々も声を掛けられたが キリがないので ココでの買物は イブ・ニョマンと決めている
彼女たちも そのコトを承知しているので 商いを迫るコトはなく それでも いつも 気さくに挨拶してくれる
それが どれほど うれしいコトか! 買わないと、(▼⊿▼) チッ!と、舌打ちする 小洒落た店の店員!
ちっとは見習えよ!と、いいたくもなる! <( ̄^ ̄)( ̄^ ̄)>

e0168736_1464366.jpg

← こちらのイブに ヤシ油をいただいた!
売り物ではなく 私物!
しかも 自家製!  (´▽`)(´▽`)=b


【Semua orang! Toko Marin

e0168736_11151799.jpg

通称:トコ・マリン

← 座っているのが 店主のバパ
弟サンと そっくりなので 間違えマス!
(^^;)(^^;)ゞ

マリンは ダイビングショップ併設の雑貨&貸本屋で AQUA(アクア)を買うなら ココと決めている
1本/3.000Rp(30円)! 表示もありし 適正価格! しかも イブが 美人で 繊細で 正直者!
一度 つり銭を間違えたコトがあり もう2度と来てくれないかも… と、眠れなかったンだとか!
次の日 伺うと、涙を滲ませ それはそれは うれしそうだった!
が、なぜか 毎回 おしゃべりに夢中になり 撮り忘れてしまうンだよネ… (T-T)(T-T)

ちなみに バリ島でAQUAといえば ミネラルウォーター全般のコトであるも 実は 商標名!
他にも様々なメーカーの物が売られているが 中にはフツーの水道水が詰められていることもあるそうで
マルコ爺曰く 買う(飲む)なら AQUAがイイとのことで 以来 言いつけを守っている! (・o・)(・o・)ノ ハーイ!

【Semua orang! Toko Gang

e0168736_1254781.jpg

← ガン(小路)で サテ屋を営む イブ&娘サン

お目当ては サテ・リリッ魚のツミレの串焼)!
1本/1.000Rp(10円)!
やや塩味(エンミ)が強いも ロントンと呼ばれる
米を蒸した団子飯に合せると イイ按配!
勿論 068.gifとの相性も (´▽`)(´▽`)=b

e0168736_12233773.jpge0168736_12234910.jpg
いつも 必ず 1本余分に包んでくれる イブ! しかも そーっと、さり気なく!
移動日 挨拶に訪れると 「あとで 食べなさい!」と、ありったけのリリッを包み 持たせてくれた!
うれし涙で 余計に塩味が 強くなるじゃんネ! (>_<。)(>_<。)    

【Semua orang! Ibu Laundry

e0168736_12522010.jpge0168736_125228100.jpg
今年 新しい家族が誕生した ランドリー屋のイブ
実は 偶然にも 宿のレディース・Miss.コマン・オピのお母さんだったのよネ! ∑(=゚ω゚=;) マジ!?

e0168736_12545237.jpge0168736_12545913.jpg
行く度に 「見て! 見て! ハンサムでしょう?」と、うれしそうだ!
ちなみに 彼女のランドリーは サテ屋の並び! クイックリー(翌日)仕上げで 1kg/10.000Rp(100円)!
但し、乾燥機ではなく アイロン掛けの強引乾燥なンで 化学繊維は 要注意! (TдT)(TдT) テカテカよ!

e0168736_139193.jpge0168736_13215872.jpg
span style="color:rgb(255,0,255);">娘サン! つまり Miss.コマン・オピの妹!
つい先頃まで 鼻水垂らして 走り回っていたが 最近は お洒落に夢中なンだとか!
それにしても 美脚だよネ! (・・*)(・・*)ゞ

e0168736_1324798.jpge0168736_13255484.jpg
雑貨屋を兼ねている ランドリー屋には 子供たちも集まってくる!

e0168736_13274490.jpge0168736_13275013.jpg
誰が誰だか解らんが キミたち くれぐれも (▼⊿▼) チッ!と、舌打ちするような大人にはなってくれるなヨ!

e0168736_1330610.jpge0168736_1330134.jpg
(右):オレンジ色のお召し物が若々しい Enam(6)さんは お祖父ちゃん!
嘗て 大きな客船の船員として 世界中を航海し ニホンにも来たコトがあり 日本の歌を唄ってくれた!

【Semua orang! Mr.Mario

e0168736_13532437.jpge0168736_1353328.jpg
紳出奇没のMr.マリオ! どこぞのボンボンで かなりの確立で遭遇する!
決して 悪い奴ではないのだが 言動が 粘っこくて ちょっと、苦手! (((((^^;)(^^;) スマン!


【Semua orang! Mr.Pelukis

e0168736_1591470.jpg

← 通称:バビ・チャンプル屋のお兄ちゃん!
本業は 画家サン!
店には 彼の作品が飾られている
なかなか売れなくて… と、ボヤいていたが
丁寧で やさしいタッチの画だ!
成功するとイイよネ! p(・∩・)(・∩・)q


【Semua orang! Cat & Dog

e0168736_1457680.jpg

← いつも世話になっている
Warung JAWAムスリム食堂)のニャンコ!
店主のSODIA夫妻は 最後に…
と、思っていたら 入れ違いで 帰郷!
(TдT)(TдT)  

e0168736_14563570.jpge0168736_1582589.jpg
e0168736_1511537.jpg

← ヒイィィィ!!!ヾ(゚Д゚)ノ 死んでるゥーッ!
Non! Non! Non!
寝ているだけなンだけど
なにも こンなトコで 寝なくとも… と、思う!
(´o`)(´o`)=3 フゥ


皆、ステキな笑顔をありがとう! <(_ _*)><(_ _*)>



ざっくり 端折り編.#08-出逢いと別れ.4へ continues…


[PR]
by 2121katcat | 2013-10-27 11:13 | 2013-バリ島・マレーシア | Comments(0)
< << #08:バリ島&マレーシア ... #06:バリ島&マレーシア ... >>