<< #28:バリ島 霜月-師走 ... #25:バリ島 霜月-師走 ... >>
#27:バリ島 霜月-師走 2012
【27日目】:'12/11/27(火) サヌール Day-03 / Denpasar(デンパサール)へ Go! 巨大市場が待っている!


e0168736_1211890.jpg
am.06:00 起床! 別段用もないのに なぜか早起きしてしまった K◎姉妹! (´O`)(´O`)ゞファーァ
am.07:00 手持ち無沙汰なのよネ… ってコトで 1Fのブラッセリー・レストラン(朝食会場)で 早めの朝食!
まずは 前菜のサラダで 胃袋を慣らしてから がっつり!v( ̄ー ̄)v( ̄ー ̄)v
で、別に どーでもイイ話ですが 超低血圧のアタクシ!
以前は 朝食なンて 絶対に食えねぇー派だったンですが お歳を増すコトに 食欲が増しまして
我ながら驚いておりますヨ! ウオォォーーッ! щ(゚ロ゚щ) アタクシって 凄いじゃん!



で、この日は 何をしようかと… 
そうだ! DPSに行こう!」と、どこぞの旅系CMのようなセリフで オンリーおふたりサマの満場一致!
DPSデンパサール(Denpasar)とは… バリ州の州都で 政治や経済、商業の中心地であり
また 「北の市場」という名の通り 大型スーパーや 巨大市場、夜市、金や布問屋街等など
庶民の生活に密着した活気溢れるエリアといわれ 「買物なら DPS!」と、誰もが口を揃えていうのだから
こりゃ行くっきゃないしょ! 買物に! (((=・o・)(=・o・)ノ ゴーゴー

で、サヌールからDPS中心部までは 車で約10~20分!
サヌールの北端に位置する 我々の宿からは 10分位ではなかろうかの近距離であり
早速 宿前の通りで 暇そうにしていた ベモ(ミニバンを改造した乗合バス)の運チャンに 料金を交渉!
サヌール内移動の相場が 1人/1.500~5.000Rpであるコトを考えると 5.000Rp(42円)!
貸切でも 10.000Rp(84円)が妥当か?
それ以上になれば 断然 TAXIの面倒がなくてイイ!(初乗り運賃:5.000Rp、以後1km毎:4.500Rp)
が、なかなか首を縦に振ってはくれない! 宿から出てくるところ バッチリ 見られているワケで
SPPに泊まるくらいなら もっと払えるだろってワケである! (^^;)(^^;)ゞ
がが、TAXIの運チャンが 「オレ 買物に行くンだが Matahariまでなら 乗せてくゾ!
と、いうことで 2名/10.000Rpで 便乗させてもらうコトになった
勿論 念の為 車のナンバーを 必死に暗記し 宿の警備員に コレに乗るヨ~と、猛アピール!
で、Matahari(マタハリ)って どこヨ? (゚_。)? ヾ(°∇°*) オイオイ

でで、この旅録を記すにあたって ちょいと、ググってみたところ Matahari (マタハリ)は
インドネシアのチェーンデパートで 日本でいう 高島屋 or 三越クラスの高級デパートらしいっす!
周辺には DFSギャラリア(免税店)をはじめ 大型スーパーやデパートが集まっているので
体力・気力・予算があれば はしごも楽しいかもネ! d(´▽`)(´▽`)b

ちなみに コチラが Denpasar Map

e0168736_12403888.jpge0168736_12404866.jpg
チャチャっと、見学して 地下のフードコートで マンゴージュース飲んで トイレ拝借して
高級デパートとは無縁の非セレブな我々は そそくさと、移動!
(左):炎天下の中 簡易マップを手に ひたすら歩いた Jl. Diponegoro(ディポエゴロ通り)!
(右):ボデコン・ファッションに身を包む マネキンガールズ! 夜のお仕事服なンでしょうか…  (^^;)(^^;)ゞ

e0168736_12564725.jpge0168736_12565523.jpg
デンパサールは 都会的な一面を見せながらも ローカルな匂いが プンプンとする
が、車やバイクが飛び出してくるし 段差はあるし 歩道は 穴ぼこだらけで アホ面してると、(((((ノ゚⊿゚)ノ アゥ

e0168736_12574793.jpge0168736_12575517.jpg
(左):ちょっと気になったトコ(雑貨店)兼ワルン(食堂)!
(右):Hotel Pendawa(ペンダナ)がある Jl. Hasanudin(ハサヌディン)との三叉路の交差点!
一見 フツーの交差点であるも ロータリー式で 交通量も激しく デンジャラス! ヒイィィィ!!!ヾ(゚Д゚)(゚Д゚)ノ

e0168736_131459.jpg
交差点を渡り 更に北へ進めは
布問屋街のJl.Sulawesi(シラウェシ通り)!
クバヤやサロンを買うなら ココといわれるほどで
ちょろっと見るだけでも その種類の多さに
クラクラ、眩暈が… ヘ(◎0◎;)ノ
ちなみに Jl. Hasanudin(ハサヌディン)の西側は
キンキンキラキラ 金の問屋街デス!
()() キラーン!

が、このJl.Sulawesi(シラウェシ通り)! ただでさえ道幅が狭いのに 路肩に並ぶバイクの数が すごっ! 
通路はあるにはあるも 段差があるしー 商品が溢れてるしー マネキンが倒れてくるしー
物売りサンは居るしー オヤジが ノンクロン座り込んで雑談)してるしー オバちゃん 飯食ってるしー
店も人も密集して 暑苦しいしー いかんせん歩きずらくて 買物どころじゃないっすヨ! マジ!
それに DPS名物頂戴オバさんらしき 人影も チラホラと…
いわゆる 詐欺師のような輩で アレやコレやと、親切を装い 後でガイド料を請求するらしいのだが
彼女らの獲物を物色する瞳は まさに ハンター! (д¬。) ジーーーッ!
話すと長くなるので また別の機会にレポートするネ!

■市場でのお上手な買物の仕方?

e0168736_1475198.jpg
24時間眠らない? Pasar Badung(パサール・バドゥン)!

頂戴オバさんらの餌食にならンうちに とっとと、クバヤ生地の購入を諦め Pasar Badung(バドゥン市場)へ!
4階建ての立派なビルヂング式の市場で 場外市場を含くめると その規模は バリ島一番!
なンでも '11年には 敷地内の一部を整備して建てられた 駐車場も完成し 益々熱気 ムンムン!

e0168736_14334854.jpg
← ビックリするわヨ!と、不適な笑みを浮べる 姉サマ!
白い矢印が 市場の有料:WC(トイレ)!

まだまだ トイレ事情の悪い バリ島!
例え有料でも 見つけたら 利用するようにしている
中に入って…  Σ(゚д゚;) ヌオォーー!?
オヤジ(トイレ番)が 涅槃ポーズで TV視聴!
まぁ 別段珍しくもないコトですけど… (^^;)ゞ

使用料:1.000Rp(8.4円)!
手桶式(紙ナシ)であるも きちんと、掃除されており
無問題でございました!
e0168736_1455777.jpge0168736_14551522.jpg
早速 市場内に突入するも さすがは 都会の市場! 客引き合戦が 凄い!
また 撮影NGの方も多く 「堪忍やでぇ~ 」と、釘を刺されたりもする ナゼ関西弁? (^^;)(^^;)ゞ

e0168736_14553158.jpge0168736_14553736.jpg
ひとえに マンゴーといっても その種類は 実に豊富で パパイヤかと見間違えるような大物も揃っている
値段を聞きながら 物色していると、アガン(行商人)と思しき イブイブ(ご婦人)たちが
場内は高い!ウチの方が 安いわヨ!」と、耳打ちしてゆく
で、一番誠実そうな? イブから オノレの顔程もある巨大マンゴーを 2kg/10.000Rp(84円)で お買上!
パタンバイの市場で 1kg/6.000~8.000Rpだったので イイ買物だったと、思う

お次は 2階の乾物売場を物色! 
ココでも イブブイたちの売り子魂は 素晴らしいモノで 例えば "クサンバ産の塩"が欲しいといえば
ウチは幾らだ! ワタシなら幾らにするわヨ!」と、ヤイのヤイのと、意見が飛び交い 逆競り状態!
正直 やかましくて ウザイのだが ウロウロ 探し回って交渉せずとも ただ腕組しているだけで 
値段が下がってゆくが 面白い! 勝手に!
で、狙いを定めるは ヤレヤレ ┐(-。ー;)┌ コレ以下は ムリ!と、逆競りを脱落する イブ
近年 人気高まる 貴重な天然塩が イージー&安価に手に入るハズがないからだ!(タブン)
渡りバリ前に ググッたところ 産地販売相場価格:1kg/3.000~5.000Rp)
でで、味見をさせてもらうと 1kg/2.000Rpまで下がったソレとは 明らかに 粒も甘みも違うし
パッケージ(袋)の質も異なるコトから 脱落イブが提示した 1kg/4.000Rpのブツを お買上!
但し、本物のクサンバ産であるかは 不明! まぁ アメド産でも イイんだけどネ!
後は 同じく腕組しながら アラビカ豆(コーヒー):2Kg/80.000Rp(672円)に 黒胡椒とサフランをGet!

e0168736_16153848.jpg

← 香辛料屋のイブ!
ブレちゃって ごめんネ… m(_ _*)m

サフランは 紛い物(紅花らしいっス)も多く
混ぜて嵩増しするコトもあるので
要注意と、教えてくれた!
ちなみに 彼女から購入したサフランは
30g/15.000Rp(126円)!
はてさて 本物か?
はたまた お得だったのか? (・・*)(・・*)ゞ


e0168736_16311222.jpg
巨大な雑貨市場 Pasar Kembasari(パサール・クンバサリ)!
e0168736_16312616.jpg
Pasar Badung(バドゥン市場)横の川を挟んだ 迷子知らずのロケーション!

Pasar Kembasari(パサール・クンバサリ)は 雑貨問屋が所狭しと軒を連ねる 巨大な雑貨市場で
別名:パサール・オレオレ(土産物市場)とも呼ばれる お土産パラダスな市場である
'07念5月に起きた火災で 一部改修が行われ 更にパワーアップ?

e0168736_1763271.jpge0168736_1764140.jpg
(左):メイン通りのJl. Gajah Mada(ガジャ・マタ通り)から望む門! 一応 ぐるりと、一回り!
(左):4階建てのビルヂィングには バリ島雑貨だけではなく 日用品やワルン(食堂)もありマス!
で、事前に仕入れた情報によれば この巨大雑貨市場を ひたすら奥へ 奥へと進入してゆくと
地元華僑(中国系インドネシア人)の方々が ワザワザ 足を運んで来なさるという
中華系Warung(ワルン:食堂)が ひっそ~りと、姿を現すそうな! その名も Honey(ハニー)!
が、休みらしい… 残念無念! ワザワザ 足を運んで来たのに… (TдT)(TдT)

がが、ウロウロした甲斐あって 「バディック買うなら AINDRへ行きな! アタシもソコで仕入れてンのヨ!
と、雑貨問屋の主? イブ・ニョマンなるご婦人から 怪しくも ナイスな情報をGet!
もっとも 何でもコミッションのバリ島! そこには 当然、紹介料が発生するワケで その紹介料も
我々が買うであろう商品の代金に上乗せされるワケなのだが それでも市価より安く買えればOKかと!
ががが、その前に やっぱ飯である! 腹が減っては戦はできねぇーし やらないしー!

e0168736_23133779.jpge0168736_23134515.jpg
ウロウロと、飯処を探して 彷徨い歩いていると 「乗るかい?」と、ベモ(ミニバンの乗合バス)のドアが開く!
まだ 乗らンって 飯食ってねぇーし! ┌(;・_・)(;・_・)┘

e0168736_23151248.jpg
飯屋ではないも ちょっと気になった菓子問屋!
入れ替り立ち代り バンバン 大人買い!
お兄さんのマンタTシャツも 気なるンですけど… (¬д¬。)(¬д¬。) ジーーーッ 

e0168736_2324693.jpge0168736_23241449.jpg
ようやく お眼鏡に適ったWarungを発見! 間口は狭いが 奥行きがあって イイ感じのくたびれ具合!
ナシチャンプル(ぶっかけ飯)の専門店らしく レース生地で囲ったショーケスに オカズが並んでいた
「安い?」
ウン! 安いぞ! 旨いぞ!
ならばと、各自異なるオカズを4種類ほど盛合せてもらい テ・ボトル(激甘瓶入り紅茶)×3本を入れて
26.000Rp(218円)! 安いし 旨いし 大当たり~の星★★★☆ 3つ半!(´▽`)(´▽`)=b
サンバル(自家製の辛味調味料)が もう少し辛かったら 星4つだったかもネ

で、腹も膨れたところで 再び川を渡り 戦闘開始! 戦わないけどー!
先程 紹介された "AINDR"は Pasar Badung(バドゥン市場)の場外市場近くにあった
主にバティック(ろうけつ染めの布)を扱っており 布問屋だけあって 種類も在庫も豊富である
一応 イブ・ニョマンの名を告げ 気合を入れて 物色! ()() キラーン!

でで、掘り出し物を発見! 色飛びや染めムラなどのB級品が 超リズナボー!
バティック・ソロ (王族・貴族仕様の正統派といわれるバテッィク)が 25.000~100.000Rp!
憧れのバティック・トゥリス手描き)が 100.000~150.000Rp!オォォ-!! w(゚o゚*)(゚o゚*)w 
めん玉凝らさなくちゃ解らないし 個人で使用する分には 全然無問題な品である!
当然 買うしょ! イヤ~ マジで イイ店紹介してもらったヨ! v( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)v
ちなみに 小売単位ではデスカウント不可とのコトであるも 大人買いなら 交渉の余地アリだとか!

e0168736_020182.jpge0168736_0204028.jpg
ホクホクと、戦利品を抱え 場内のプラ(寺院)に 感謝のご挨拶!
工事中らしく また、サロン(腰布)を巻いていないので 中には入れないのが 残念である
あっ! あるじゃん! 戦利品(布)! (^^;)(^^;)ゞ 

■ベモの料金の謎!

e0168736_028651.jpge0168736_0281460.jpg
(左・右):Jl. Gajah Mada(ガジャ・マタ通り:途中で名前が変りマス)途中のロータリー!
デンパサールには 幾つかのベモ・ステーション(ミニバンを改造した乗合バスの発着所)があるも
サヌール行の発着所は  Pasar Kereneng(パサール・クレネン)らしい!
簡易地図によれば さして遠くもなく(実際に歩くと ソコソコの距離!) テケテケと、歩く!

e0168736_11563419.jpge0168736_1156428.jpg
(左・右):ロータリに並ンでいた巨大なワヤン・クリのオブジェ!
Wayang Kulit:インドネシアのジャワ島やバリ島で行われている影絵芝居の操り人形)

e0168736_1550880.jpge0168736_15501960.jpg
(左):ププタン(行進)広場に建つ インドネシア独立闘争を記念碑!
デンパサールのランドマーク的な公園で 1906年のオランダ侵攻の際、立ち向かう自決の行進を記念した碑)
(右):広場東面には ジャガッナタ寺院! バリ島の最高神:サンヒャン・ウィディが祀られている

e0168736_1644734.jpge0168736_1645418.jpg
e0168736_1652819.jpge0168736_166920.jpg
(左):教会なンぞもあったりします
(右):郵便ポスト!

e0168736_167778.jpge0168736_1671928.jpg
小さな休憩を挟みながら 20分位は歩いただろうか… 景色も どこか庶民的になってくる
(右):バクソ(団子入りスープ)を売る カキリマ(移動式屋台)!

e0168736_16145139.jpg


人の流れに沿って 適当な路地を左折し
Pasar Kereneng(パサール・クレネン) に到着!
正確には 市場のいっちゃん端っこのようだ

で、後で知ったのだが この市場はDPSで 一番大きな夜市が開かれる市場だそうで
つまり DPSで一番というコトは バリ島一番のB級グルメ・スポットになるワケでして
南部リゾートエリアから近いコトもあり ツアーが組まれる程の人気らしいデス! エッ!∑(=゚ω゚=;)(=゚ω゚=;) マジ!?

e0168736_1622556.jpge0168736_1623851.jpg
そンな旨いコトになっているとも知らずに お疲れモードだった我々は とっとと、ベモに乗り込んだ
サーヌル行は 緑色のベモに乗るべし!)

e0168736_16314612.jpge0168736_16315461.jpg
(左):ベモの中から見た フレンドリー… ちゅーか 怠慢な? おまわりさん!
どこから来たンだ? 何人だ? 在住なンか? 学生か? 結婚は? 子供は? etc… 
出発までの間 ずーと、話しかけられた! 相当暇らしい… (^^;)(^^;)ゞ

で、程なくして 4人揃い出発となった! 途中から乗り込んだ方を含め 計6人であった!
我々の言い値は 市場 KFC(ケンタッキー)周辺まで 1人/5.000Rp(42円)!
運チャンも ひとつ返事でOKだったコトからも 平均的な他所者価格と解釈するも…
やはり気になるのは ずばり 料金! 支払いの瞬間に 眼が離せない! (¬д¬。)(¬д¬。) ジーーーッ
だって 先に下車したイブイブ(ご婦人)方が 渡したのは 皆サン 5.000Rpなンだよネ…
しかも 後から乗車し その位歩けヨ!と、いうくらい近距離で下車したイブさえも 5.000Rp
でで、途中からは 我々だけの貸切状態となり ひょっとしたら 50.000Rp請求されるかも…
と、ドキドキしながら 5.000Rpを渡すと フツーに受取って 黒煙を撒き散らしながら 走り去って行った!

よく解らんが この路線は 均一料金なのか? 疑ったオノレが 恥ずかしい… m(_ _)(_ _)m スマン!
が、ひとつ得たコトは ローカルの方々が 5.000Rpなのだから 他所者の我々が 例え多く請求されても
それが ある程度までの金額であれば 目くじら立てずに 払うべきであるということである
でも ローカルの方々と同じ料金で乗れたワケで やっぱり うれしいです! ハイ! (´艸`)(´艸`) ウフッ!

ちなみに ベモは ルート上であれば どこでも乗り降り自由である
貸切の場合なら 交渉次第で若干の融通が利くコトもあるようだ
但し、どこそこホテルまで~と、云ってしまうと 料金が高くなるコトもあるかもしれないので
ホテル名は避けるのが無難? と、思いマス!
あくまでも少ない経験からの個人的意見なンで あしからず!)

で、この日の晩飯は またもや片道1時間を掛けて パサール・シンドゥのセンゴール(夜市)!
ボリューミーなナシゴレン(バリ風炒飯)を がっつり食した後は 場内の出店で
スタンダートなブロカット生地(正装用上着:クバヤのレース生地)を 3着分/150.000Rpで Get!
DPSに比べれば 品数は劣るが 値段は マズマズなンじゃないでしょうかネ? ウヒャ!
でで、勿論 この夜は DPSでGetしたバティックブロカット生地を広げて ファッションショー!
次回 逃避行が叶った際には クバヤ新調しちゃうもんね~と、夢が膨らンだ夜となりました! ウヒャ!


【この日の出費/2人分】

・車代(TAXI) - DPS:2名/10.000Rp(84円)
・飲物(マタハリ・デパート) - マンゴージュース:15.000Rp×2杯=30.000(252円)
・買物(バドゥン) - 巨大マンゴー:2kg/10.000Rp(84円)
・買物(バドゥン) - クサンバ産塩ー:1kg/4.000Rp(37円)、サフラン:30g/15.000Rp(126円)
            アラビカ豆(コーヒー):2Kg/80.000Rp(672円)、胡椒:500g/15.000Rp(126円)
・昼飯(市場裏) - ナシチャンプル、テ・ボトル×3本=26.000Rp(218円)
・買物(布問屋:AINDR) - バティック・ソロ&トゥリス 計11枚/450.000Rp(3.780円)
・飲物(コンビニ) - 冷テ(大パック)=8.000Rp(67円)
・ベモ - クレネン市場 - KFC 2名/10.000Rp(84円)
・晩飯(サンゴール) - ナシゴレン、テ・ボトル=30.000Ro(120円)


[PR]
by 2121katcat | 2013-09-11 13:44 | 2012-バリ島#2nd | Comments(2)
Commented at 2014-08-20 23:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 2121katcat at 2014-08-21 12:16
頂戴オバさん>鍵コメ様~♪
足跡 ありがとうございます!
ヤバッ! すっかり レポートするのを忘れておりました!
気になりますか? 頂戴オバさん!
記憶が かなり怪しくなっておりますが 出来るだけ 早くにレポートさせていただきます!
ありがとうございました!
< << #28:バリ島 霜月-師走 ... #25:バリ島 霜月-師走 ... >>