<< #23:バリ島 霜月-師走 ... #20:バリ島 霜月-師走 ... >>
#21:バリ島 霜月-師走 2012
【21日目】:'12/11/21(水) パタンバイ Day-15 / シュノーケリング7nd @Nusa Penida & マルコ爺のI・B!


e0168736_19372248.jpg
バリ島最高峰:聖なるアグン山を背に ポーズをキメる 船頭:Mr.コマン! ( ̄ー ̄)v

am.05:00 起床! この日は 初のペニタ島で シュノーケリング! 053.gif
まずは 秘密の小道具(携帯用コイルヒーター)で湯を沸かし アッチチなコーヒーで 脳ミソに点火!
am.07:00 NEMO(ニモ)号に乗込み パタンバイ(宿前のビーチ)を出発!
彼が 朝食代わりにと、数種類のジャジョー(バリの菓子)を用意してくれていた!
まだ ほんのりと暖かく どれもフワグワ~ モチモチで 旨っ!
折角なので それらを先に平らげ PAO(※昨夜買った"99"包子)は 休憩の時に食べるコトにした



■Nusa Penida!

ペニタ島(Nusa Penida)は バリ島東南に浮かぶ 離島3兄弟(レンボガン、チュニガン、ペニタ)の1つで
数日前に訪れた レンボガン島(Nusa Lembongan)同様 周辺海域は 潮流が発生している為
常に透明度がよく 人気のダイビング&シュノーケルポイントになっている
が、離島3兄弟の中では 最も大きな島でありながら 殆ど開発されておらず 宿泊施設等はないそうだ
又、嘗ては この島も1つの王国であったが クルンクン王国(※バリ8王国の1つ)との戦いに敗れた後は
流刑地として使われていたという歴史がある他、アグン山(聖なる山)と対峙する位置にあり
石灰質の痩せた土地であることから 悪霊が棲む場所とみなされていたようだ
バリ伝統舞踊:バロン・ランドゥン(Barong Landoeng)のモデルとなった魔物の住処ともいわており
バリ本島から 悪霊払いの為に訪れる参拝客も多いのだそうだ
そーいえば ミミガー@Mr.マデ(クラパを取ってくれたスタッフ)も つい先日 この島に参拝に行くといっていた

e0168736_21502140.jpg( e0168736_21503122.jpg
(左):最初のポイント! 浅瀬では海草の養殖が行われており 島の貴重な収入源となっているそうだ
(右):次のポイント! 矢印は プラ(寺院)!
安い防水カメラなンで防水パック使用につき 曇りや水滴、腕のワルさによるボケや歪みは ご容赦ネ!)

ペニタ島には 幾つものポイントがあるようだが 基本的には Mr.コマンに任せている
彼は その日の風や潮の流れを読み 細かくコースを指示してくれるので はじめてのポイントでも安心だ
基本的には フワフワ~((((~´∀`)(~´∀`)~ユラユラ~ ドリフトシュノーケリング!
流れに身を委ねていれば 彼が後を追い 時に 巧みに舵を操り 先回りしながら コースを描いてくれる
ポイント名は えぇーと… 色々と説明してくれているウチに ゴチャゴチャになってしまったが
おそらく SDというポイントと Sampalan(サンパラン)かと思われる
後者は 島の寺院の1つ Pura Dalem Ped(プラ・ダラム・ペット)があることから
別名:PED(ペット)とも呼ばれているそうだ

e0168736_020333.jpge0168736_020246.jpg
折角の透明度も マタハリビーム(太陽光線)なくしては望めない!
晴れてはいるものの 上空はやや荒れているようで 頻繁に覆いかぶさる雲で 光が遮られてしまうのだ

e0168736_0324468.jpge0168736_032525.jpg
マタハリビーム(太陽光線)058.gifが届けば ご覧の通り! 実際は もっと キレイ! マジ!
が、スマン! 色々撮ってはいるのだが いかんせん ブレブレ ボケボケ… 眩暈がッ! ヘ((゜o。))ノ
全ては流れのせいってコトにして ずばっと省いて 後半へ!

e0168736_0361280.jpg
Σ(゚д゚;)(゚д゚;) ヌオォーー! ゴマモンガラ(モンガラカワハギ科)
ダイバー泣かせの岩場の破壊王とも 海の暴れん坊とも称されている 凶暴魚サン!)
でも スキ! (〃∇〃) 053.gif

e0168736_0421295.jpg
e0168736_161999.jpg
e0168736_0425724.jpg
あ、旨そうな タバサン! 結構 大物! (★)(★) キラーン!

e0168736_0501744.jpg
ウォォ-!! w(゚o゚*)w(゚o゚*)w ギョギョギョの群れが!

e0168736_12233.jpg
デカイ! 速い! 旨そう!

e0168736_123745.jpge0168736_12452.jpg
e0168736_154865.jpg
e0168736_165898.jpg
e0168736_17515.jpg
う、うつくしすぎる!
なンなンだろう 言葉に出来ない程 感動してしまった! (*゚o゚*)(*゚o゚*)~゚ ボー

e0168736_1133382.jpg
この日 3匹目にして 辛うじてブレずに撮れた ゴマモンガラ! (´艸`) ウフッ!

e0168736_1132548.jpg
噛み付かないでくれて ありがとう~! ヾ(≧▽≦)(≧▽≦)ノ

e0168736_1254658.jpg
チョコチョコと、休憩を挟みながら たっぷり 3時間も堪能させていただきました!
その割りには 画像が少ないやネ… なとど 突っ込まないように!
Mr.コマン! 本当に ありがとうネ! <(_ _*)><(_ _*)>

ちなみに レンボカン島より ペニタ島の方が スキかも~!と、姉妹仲良く意見が一致!
なンか 醍醐味があるちゅーか! 泳いだ感があるンだよネ! v( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)v


■マルコ爺のイカンバカール!

Am.11:30 宿に到着!
Pm.12:30 イブ・ニョマン(ビーチの物売りサン)とビーチで 昼飯&珈琲ブレイク!
昼飯は な~んと、彼女が お手製のランチBoxを用意してくれていた!
ありがたいっス! 旨いっス! マジで マジで <(_ _*)><(_ _*)> トゥリマカシ!

午後は 馬(敷地奥)プールで まったり!
途中 オージーの若いカップルさんが 1時間ほど プールでダイビングの実技講習!
と、いっても 講習を受けているのは 彼氏だけで 暇を持て余す彼女を交えて カキピーを食す
Wow! Yummy! w(゚o゚*)w
派手なリアクションをありがとう! 日本には 寿司以外にも 旨いモンが あるんっすヨ! d( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)b

Pm.19:00 スシ(ワンコ)と一緒に 晩飯調達! ε≡ (*・ェ・) ┌(*・・)(*・・)┘
途中 マルコ爺Jl.セガラでアートショップを営むアーティスト兼坊サマ)に挨拶をして 姉サマが煙草を補充!
この日 Warung JAW(ムスリム経営の食堂)は休みだったので 向かいのWarungで 晩飯を調達し
トコ・スンダリ中国系インドネシア人経営の雑貨店)で ビンタン(ビール)と菓子を買った
この頃になると スシも 心得たようで 店先で チョコンと、腰を落とし待っている
でもネ! メイン通りだけに 交通量が激しく やっぱ落ち着かないのよネ… ハラハラ (゚ロ゚;))((;゚ロ゚) ドキドキ

復路 マルコ爺の小さなアートショップの前を通ると コッチャコイ ヘ( ̄∇ ̄ ) カモォーン!
なンでも 新鮮な魚を手に入れたので 焼いてくれるというのだ! ∑(=゚ω゚=;)(=゚ω゚=;) マジ!? マジ!?

e0168736_10255913.jpge0168736_1026775.jpg
店を抜けると 直ぐにガン(小道)へと通じていて その一角が炊事場となっている
と、いっても それは ガロン缶等を利用したお手製の炉があるだけの 簡単なモノであるが
単身、店で寝起きする彼には 十分だという
勿論 電気なンぞなく 懐中電灯を照らしながらの作業であるも 慣れた手付きで 瞬く間にさばいてゆく

e0168736_10514458.jpge0168736_10515299.jpg
燃料は 勿論 大自然の恵み! 椰子の実の殻である
魚1匹なら 1つから 1つ半! 適当な大きさに裂いて 火を起こす
やさしい煙であるが 近所迷惑にならンかぇ?
ココには そンなコトで 文句云うヤツなど居らんと、ウヒャヒャヒャと、笑う!

e0168736_10542926.jpg

← 網もマルコ爺のお手製だ!

最初にさばいた魚(↑画)は 自分用で
我々には デカい魚を焼いてくれた
半身だけでも2人分は… あるネ!


自分も手伝ってみたが 火加減が難しく  Smoke Gets In Your Eyes! (-"-;) クゥ~
そして じっくり 且つ、忙しく 団扇を仰ぐこと 約30分で イカンバカール(焼魚)の完成だ!
その間も 大人しく店先で待っていた スシ! ( ´O`)ゞファーァ
冷めないうちに 早く持って帰れ! 残ったら犬にあげなさい!と、背中を押されて 宿に戻った
勿論 お代は要らぬと、いう
煙も染みたが 彼のやさしさが 何よりもココロに染みた! <(。-_-。)(。-_-。)>

e0168736_10543663.jpge0168736_11185662.jpg
(左):マルコ爺のイカン・バカール! 新鮮焼き立て 汗と涙で 塩加減もバッチリ! 激ウマっ!
(右):別Warungのナシチャンプル! こちらも ウマっ! (´▽`)=b

半身は スシスアミ(スシの夫)に プレゼント!
小骨を抜き 白飯に混ぜて スアミが待つパンタンイ(ビーチ)に向かい 皆で食べた
彼は スシの夫として公認されているも 敷地内に入るコトは許されていないので とても嬉しそうだった
月下のディナー! 本当に 最高の夜だったヨ! ワン ヾ(*・ェ・) (´I `*))ノ” ワンワン!

P.s 夜、Mr.コマンからSMSありし 明日の夕方 自宅で魚をご馳走するとのこと!
とても 嬉しかったが 明日は 夕方からウパチャラ(儀礼)だ!
楽団として舞台を飾る Mr.クトゥ(マネージャー)との約束もあり 低調に詫びて 別の機会にしていただいた
折角のお誘いなのに m(_ _)(_ _)m スマン!


【この日の出費/2人分】

・シューケリングツアー(Mr.コマン) - ペニタ島:2名/350.000Rp(2.940円)
・昼飯(別ワルン) - ナシチャンプル、ナシ・プティ 25.000Rp(210円)
・買物(トコ・スンダリ) - ビンタン(大瓶)、その他=34.000Rp(286円)
・買物(マルコ爺店のババ) - 煙草(姉サマ)×5箱=64.000Rp(538円)


[PR]
by 2121katcat | 2013-09-07 21:08 | 2012-バリ島#2nd | Comments(0)
< << #23:バリ島 霜月-師走 ... #20:バリ島 霜月-師走 ... >>