<< #19:バリ島 霜月-師走 ... #16:バリ島 霜月-師走 ... >>
#18:バリ島 霜月-師走 2012
【18日目】:'12/11/18(日) パタンバイ Day-12 / ヤンクン一家とご機嫌斜めな釣り大会&理由!


e0168736_15552353.jpge0168736_15552741.jpg

am.07:00 起床! この日は ヤンクン一家と パタンバイで釣りをするコトになっていた
'09年以来、無償で送迎をしてくれている 頑固で律儀なバリ友!)
am.08.00 宿のレストランで ワンパターンのフルコースを食す!
am.09.30 ヤンクンからSMSありし 渋滞の為 到着が遅れるとのコト! am.10:0011:00

が、それは方便で ドランバー業を生業とする 几帳面な彼が 渋滞を理由に遅れるなととは考えにくく
恐らく 息子のプトゥが原因だろう
彼は妹が誕生したコトで怪獣と化し 目下、悩みの種になっているからだ

が、困ったコトに ジュクン(バリのトラディショナルボート)の出発は am.10:30
と、そこに 船頭のMr.コマンからSMSありし am.10:30 pm.14:00に変更して欲しいとのコト!

彼は 実にナイス・ガイなのだが 唯一の難点は 時間の変更があるコトだ!
宿が併設するダイビングショップ現在閉店)&レストラン(各ツアー会社休憩所)の下請けをしている為
客が入れば そちらを優先しなくてはならないからだ

がが、そンなコトもあろうかと、予めプランを立てていたので 無問題(のナズだった… )
※当初の予定:ジュクンに乗って釣り → ブルーラグンに移動(ワルンで食事) → ブルーラグン・ビーチで釣り!
それを逆にするだけだもんネ! v( ̄ー ̄)v( ̄ー ̄)v

で、スシは… いってらっしゃい~ 部屋で待ってるワン!  (*・ェ・)ノ~~ (^^;)(^^;)ゞ
客室内のペットの持込は応相談で ゲージ利用とのコト! スシの場合は特別に許可を得ていマス!)




e0168736_17315226.jpg
左から プトゥ(ヤンクンの息子)アナ・バルー(初対面の従兄)
アナ・ブサール(プトゥのお守役として大活躍の従兄)アディ(プトゥと半年違いの従弟)


am.10:40 予定よりも20分早く 待合せ場所(桟橋前の駐車場)に向うと… オォォ-!! w(゚o゚*)(゚o゚*)w
やっぱり 着てたヨ! ヤンクン一家!
彼は単に几帳面なだけではなく 我々を待たせまいと、気遣う男なのである!
こと プトゥにおいては 超低血圧で 寝起きが悪く まず1時間は エンジンが掛からないしネ!

で、今回は 育児、家事、仕事に多忙なイストゥリ(ヤンクンの妻)に代わってお守役を務める
アナ・ブサール(インドネシア語:大きな子供)の他 大の釣好きだという 従兄と叔父サン(初対面)が一緒である
が、ヤンクン曰く 彼らは 単なるついでで その辺で勝手に釣りをするから 気にしないでくれという
でもさ 折角来たンだから 一緒に楽しもうヨ! って、コトで 参加するコトになった!

がが、問題は ココから! 前回のトリップで ヤンクンと船頭のMr.コマンは すでに面識があり
今回のプランにおいても 時間の変更があるかもしれないと、予め説明をしておいたのだが
何があっても 我々の約束を優先する 律儀なヤンクン
時間の変更は仕方がないにしても 先の予約よりも 後者が優先となるコトが どうしても解せないらしく
先にブルーラグーンに行こうと提案するも イヤッ! 桟橋でイイ!と、すごぶる機嫌が悪い… ( ̄‥ ̄)=3 フン 
こんな彼を見るのは ハジメて… (^^;)(^^;)ゞ

e0168736_19432584.jpge0168736_19432968.jpg
結局 ギラギラ 太陽照りつける桟橋の先で 地味~に 釣りをするコトになった
ちなみに (右):キャップの白服が 叔父サン!
とても控えめな方で 自分と息子が参加したコトを 終始気にしていた
安い防水カメラなンで 乗船に備えて防水パック使用中につき 画質の悪さはご容赦ネ!)

e0168736_19495621.jpge0168736_19504100.jpg
嬉々と、声をあげる アディアナ・ブサール
山間のウブド! こと 初パタンバイのアナ・ブサールアナ・バルーは 大喜びである! 

e0168736_2002793.jpge0168736_2003032.jpg
(左):あっちの方が釣れるかなぁ… by アナ・バルー!と、勝手に想像!
(右):カメラに気付き 驚き はにかむ! (〃∇〃)ゝエヘヘ

ふと、叔父サンたち以外 帽子をかぶっていないコトに気付き イブ・ニョマン(物売りサン)の元に走った
事情を説明すると 丁度、子供用の帽子が 3つ売残っているからと、持っていきなと、持たせてくれた

e0168736_20185712.jpge0168736_2019169.jpg
ヤンクンが被っている白い小さな帽子は プトゥの白いTシャツに合せて被せてあげた帽子!
白よりも 黒がスキらしい… 子供って 正直だから キライよ! (ーー;)ゞ
そンなことも知ってか知らずか ようやく準備に取り掛かる まだご機嫌斜め中のヤンクン

e0168736_2029245.jpge0168736_2029537.jpg
黒をGetしたアディは ご満悦のようだ! 男は やっぱ黒だヨ! 黒!と、は云っておりませんケド!

e0168736_203303.jpge0168736_20344937.jpg
深々と、頭を下げ 誰よりも 笑みを浮かべたのは アナ・ブサールだった!
残念ながら その表情を撮り損ねてしまったけど その様子を嬉しそうに眺めていた叔父サンを パチリ!
が、真っ暗じゃん 顔… (→o←)

e0168736_20471970.jpge0168736_20473369.jpg
3人とも なかなかの腕前! ガンガン 調子もあがってきたよだ!

e0168736_20482338.jpge0168736_20483220.jpg
ホラホラ! また釣れたヨ!と、よろこぶ プトゥ
が、肝心のパパ・ヤンクンにヒットなく ぐずりはじめる プトゥであった! (-ε-) チッ!

e0168736_2054257.jpg

自他共に認める(呆れる)
マンチン・ギラ(釣りバカ)のヤンクンであるも
早々に竿を下ろしてしまった!
さて どうしたものか…
では 昼飯にしようと、ブルーラグンのワルンを勧めるも
高いから No!
プトゥが 客に迷惑を掛けるから No!
遠いから No!(徒歩デ約15分)
駐車場があるといっても パーキング代取られるから No!
彼が こンなに頑固者だとはネ…
プトゥに勝る 駄々っ子じゃん! ┐(-。ー;)(-。ー;)┌ ヤレヤレ

結局 Warung JAW(ムスリム経営の食堂)で ブンクス(テークアウト)するコトで納得し ダッシュ!≡≡ヘ(*--)ノ
姉が昼飯を調達に 海岸通りを走っている間 やはり 話題は Mr.コマンのことになった
彼は 自分がどうこうというよりも 我々が邪険にされたものと、勘違いし 憤りを感じているようだった
だから それはね… と、説明したくとも 自分の語学力では 彼を納得させるコトが出来なかったが
我々を大事に思ってくれている 彼の気持ちが うれしかった! (〃∇〃)ゝエヘッ

e0168736_2161720.jpg
見てヨ! この不機嫌そうな彼の表情! (-"-;)

e0168736_23133943.jpg

彼は 叔父サンたちの分は要らない!
自分も子供と食べるから
3人分でイイといっていたが
さすがは 姉サマ! きっちり人数分を調達!
遠慮する 叔父サンたちを呼び
桟橋横のバレ(東小屋)を借りて食べた
皆 腹を空かしていたようで
あっという間に 平らげていたヨ! v( ̄ー ̄)v

が、一向に機嫌が直らない ヤンクンだけは 口に合わなかったのか… ?
後で食べるからと、包みを戻し バックに収めていた ε-(ーдー)(ーдー)ハァ

e0168736_2332519.jpg
Pm.13:00 戻って来た!と、Mr.コマンから SMSありし 予定より1時間も早く 乗れるコトになった!
彼は客を降ろしたばかりで 休憩も取っていなかったが 子供達の為に 気遣ってくれたようだ
が、アナ・ブサールは 初のジュクンを楽しみにしながらも 乗船するコトが叶わなかった
Mr.コマンは 叔父サンを含め 全員乗れるといってくれたが コレ幸いと、甘んじるヤンクンではなく
「当初の約束は4人だ! 約束は約束だ! カッチャンたちに これ以上迷惑は掛けられない!」と、拒んだ為
年上であるアナ・ブサールは 従弟の為に その席を譲り 叔父サンと残ったのである
従弟たち思いの彼に感心すると同時に ひょっとしたら Mr.コマンに対してのあてつけ?
と、思いながらも 改めて真面目な人(融通が利かないともいう)なンだと 感心した! (〃0〃)(〃0〃)

e0168736_11219.jpg


ポイントに着くなり 連続キャッチ!
ヤッター! (  ̄▽)爻(▽ ̄ ) ヤッター! 
e0168736_0432783.jpg
ご機嫌麗しく 不機嫌大魔王は どこ吹く風か?
嬉々と、はしゃぐ ヤンクン改め ガキオヤジ! ( ̄w ̄)( ̄w ̄)


e0168736_12396.jpge0168736_125433.jpg
e0168736_134032.jpge0168736_135276.jpg
e0168736_1172035.jpge0168736_1173368.jpg
e0168736_1175611.jpg

Mr.コマンとは 気が合うようで… すっかり リラックスする プトゥ

e0168736_1181534.jpg
コマン! おしっこ!」  オォォ-!! w(゚o゚*)(゚o゚*)w
う、うらやましいゾ! 海ション!!

e0168736_1183658.jpg

はじめは緊張気味だった アナ・バルーも 満足してくれたようだ
楽しい? ウンウンと、何度も頷いていた


e0168736_125750.jpg


ぎこちなかった ヤンクンMr.コマン
なンとか誤解が解けたようだ!
一時は どうなることかと 気を揉んだが
終わりよければ すべてよし!
v( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)v

更に うれしかったのは Mr.コマンが 当初の約束時間より 1時間も延長してくれたうえに
前回の借りがある!と、代金を受取らなかったことだ
が、それはソレで これはコレなワケで すでに 延長してくれたコトで 借りは帳消しだ!
ありがたく気持ちだけ頂戴し 約束の代金を払った
そして この時 改めてヤンクンMr.コマンの人柄を確信すると同時に 彼らが親交を深めるコトで
互いのビジネスに繋げればイイなぁ~と、思ったのだった

e0168736_12485114.jpg
イヤイヤ! まだ帰りたくないよ~~! (><*)(><*)(><*)ノ

e0168736_13235681.jpge0168736_13231684.jpg
Pm.16:30頃 彼らは まだ元気に泳ぐ魚を嬉しそうに抱え "叔父サン"の運転で ウブドへと帰って行った
夕食に誘ってみたのだが 家族に新鮮な魚を早く食べさせたいと、云っていた
久しぶりだもんネ! 釣れたの! ( ̄w ̄)( ̄w ̄)
アナ・ブサールくん! 次回は絶対に乗ろうネ!

e0168736_13491579.jpg
宿に戻ると 仕事を終えたスタッフ(一部)が プールに集まっていた! 折角なので パチリ!
左から うんちくん@Mr.カデサシさん@Mr.マデニコニコおじさん@Mr.ワヤン、新人のバルーくん
ちなみに 3番目のニコニコおじさんは 宿の専属マッサージ師:Mr.ゴットハンド@Wayan GEJORの長女の婿サン!

e0168736_13495891.jpg

先輩方の手前 グラス片手に 遠慮がちに加わったのは アナ@Mr.コマン
彼は 年下+Mr.ゴットハンドの息子(アナ:インドネシア語で子供の意)であるコトから そう呼ばれているが
高校も卒業したようだし そろそろ呼び名を変えないと、マズいかしらん? (・・*)(・・*)ゞ


e0168736_14214667.jpge0168736_14215678.jpg
(左):アナ@Mr.コマン! (右):バルーくん! 先輩が席を外せば ご覧の通り!

e0168736_14233150.jpg

おどける うんちくん@Mr.カデ
最初に うんちを踏んじゃったトコを バッチリ、目撃しちゃったもんで そー呼んでいるが
これでも 立派に妻子ある身である! ( ̄w ̄)( ̄w ̄)

e0168736_14294557.jpg
この日は 日曜日! 夕方になると 時々スタッフの家族が遊びにやってくる
プールが使えるのは この宿に勤めるスタッフの特権のようだ
ちなみに このご婦人が Mr.ゴットハンドの長女であり ニコニコおじさん@Mr.ワヤンの奥方である

e0168736_1435113.jpg
サシさん@Mr.マデの息子サンもやって来たヨ!
サシさん@Mr.マデは かなり教育熱心で この子の妹と、空手を習わせている他
外国語を学ばせる為に 好んでゲストの子供達と遊ばせている
ある意味 とっても羨ましい環境だと思う

e0168736_1442214.jpge0168736_1442308.jpg
が、やっぱり 子供はローカル同士の方が よろしいようで…
がが、ココは ボクが先に遊んでいたんだじょー!と、オチビちゃんに やり込められる
だから 空手習わしたのかしらん? (ノ_-;)(ノ_-;)


■ヤンクンが不機嫌だった本当の理由!

夜、ヤンクンから SMSが何通となく届いた
「アナタ達は ワタシ達の大切な家族デス… 」 との、書き出しではじまったソレには
昼間の礼とお詫びが いつになく 丁寧な言葉で綴られていた
Mr.コマンのコト… 帽子のコト… 家族だけではなく 叔父サンたちまで気遣ってくれたコト…
そして 体調が優れず 失礼な態度を取ってしまった自分が 情けなくて 恥ずかしい…
と、詫びていた

ちょっと、気になったので 訊ねてみると… 
なンでも 我々渡バリする数日前に 彼は デンバサールの病院で検査を受けたそうだ
正確な病名を理解するコトは出来なかったが 察するに ストレスによる胃潰瘍ではないかと思われる
痛みは勿論のこと 全てがはじめてのコトだけに 緊張と不安で 泣いてしまったそうだ
彼の不可解な態度も 時間の変更も 叔父サンを連れて来たコトも 運転を任せたのも 全てがリンクした
具合が悪いンだったら 無理するなちゅーの! ゴルァァアーー!!ヽ(゚Д゚)(゚Д゚)ノ

で、もしも 胃潰瘍であれば 現在では手術するコトなく 薬で治療をするコトが可能ではあるが
保険制度のないバリ島では 医療費は とてつもなく高額で 医者にかかるようなコトは滅多になく
例えかかったとしても 治療が長引く場合は 家財を売ったり 親戚や銀行に借金をするコトになる為
治る病であっても ロクな治療もせず 亡くなる者も居れば 思い余って 自ら命を絶つ者も居るという
亡くなったイブ・マデのコトが 脳裏を過ぎった

「薬は?」との問いに 彼は 処方薬をもらったと、いっていたが おそらく 既に飲み切ったであろう
彼と彼の家族が心配だった
が、同時に 彼に限って… と、思いながらも 別の意味の不安を感じたのは確かだった
アナタは 我々に援助を望んでいますか?」と、SMSを送ってみた
誤解しないで下さい! もしも ワタシの話で不快にさせたのであれば 深く謝罪します… 」

それは SMSでの会話ではあるが その活字に嘘は感じられなかった
もし 彼が援助を求めるような人間ならば 今日まで無償で送迎するハズもなく
そもそも 検査のコトしても 自分が訊ねるまで 彼は一言も話さなかったワケで…
少しでも 彼を疑ったコトに 激しく後悔し 明け方まで寝付くことが出来なかった
自分は なンて嫌なニンゲンなンだろう…  (;-_-) =3 フゥ


【この日の出費/2人分】

・昼飯(ワルン・ジャワ) - ナシチャンプル、ナシゴレン:各4(8人分)=80.000Rp(672円)
・買物(トコ・スンダリ) - 飲物等(8人分)=16.000Rp(134円)
・ジュクン(Mr.コマン) - 2.5h(1hはオマケ):6名/100.000Rp(840円)
・買物:夜(トコ・スンダリ) -ジュース(冷テー)/8.000Rp(67円)


[PR]
by 2121katcat | 2013-09-07 21:04 | 2012-バリ島#2nd | Comments(0)
< << #19:バリ島 霜月-師走 ... #16:バリ島 霜月-師走 ... >>