<< #19:バリ島 霜月-師走 ... #16:バリ島 霜月-師走 ... >>
#17:バリ島 霜月-師走 2012
【17日目】:'12/11/17(土) パタンバイ Day-11 / Kuburan:2 & 謎のMadu!


朝食を頬張っていると、やや慌てた様子で 半正装姿Boss(担当部屋係)が鍵を届けにやってきた
余程急いで掃除をしたのだろう ウダン(正装用の頭布)を巻いた額から 大粒の汗が流れていた
今日は いつもより早いやネ… 何か用事でもあるンかネ…
そーいえば Mr.クトゥ(マネージャー)が 朝から居ないなンて 珍しいやネ… 
Mr.マデ(サブマネージャー)は まだ出勤出来ないンかなぁ…
んっ? 正装… ? ∑(゚Д゚;)∑(゚Д゚;) ハッ!

そうなンデス! この日は イブ・マデこと Mr.マデの母上様のお別れの儀式:其の2であった!
すっかり忘れていたが 14日に行われた仮葬儀の後 後日墓地に集まるって云ってたンだよネ…
いや~ん! 云ってくれればイイのに~! ワンワン ε≡ (*・ェ・) ダッシュ!≡≡≡ヘ(;・_・)(;・_・)ノ

e0168736_1550209.jpge0168736_15502349.jpg
(左):村の共同墓地の入口!
(右):我々の後を追っては来たものの ココでイイの… と、ばかりに 座り込んでしまった スシ
スシは 宿のセキュリティー主任としての印象が強いも マデ家の一員である
誰かが 彼女の名を呼んだが それでも 墓地の中に入ろうとはしなかった
怒られるから? イヤ! 家族の死を理解しているだと、思う… (。-_-。)(。-_-。)




e0168736_1923328.jpg
儀式は まさに はじまろうとしていた
近くにいた人の話によると、はじめは親族だけで行うのだそうだ
と、いうことは Mr.クトゥ(マネージャー)とBoss(担当部屋係)は Mr.マデ(サブマネージャー)と親戚なワケで…
大抵の職場が縁故関係と、云われているだけに 決して不思議ではないも… w(◎◎)(◎◎)w

で、ついでに この儀式は なンていうのかと、訊ねてみたところ Kuburan(クブラン)との回答!
Kuburan(クブラン)とは インドネシア語で お墓の意なワケで… まンまなのネ… (^^;)(^^;)ゞ
でで、遅れてきたご親族の方(タブン)に 中へどうぞと、お声を掛けていただいたのだが
急ぎゆえ 正装もしないし 手土産もないし… 観光客だし… はっきりと、誘われていたワケではもないし… 
何よりも スシが離れず 心細げだし… でも お祈りしたいし…
と、いうワケで スシと一緒に 入口から手を合わさせていただくことにした
e0168736_1951828.jpg
余りにも豆粒なので ズーム!
チリリーン チリリーン! マンクー(僧侶)が奏でる鈴の音に合わせて祈る
チリリーン チリリーン! ピーンと、身もココロも引き締まる
e0168736_1951490.jpg
左寄りの白い服の方が マンクー(僧侶)!
ひとり ひとりに ティルタ(聖水)を降り掛け 約20分程で儀式が終わった
e0168736_2028474.jpg
儀式の後は 墓地内のバレ(東小屋)で 会食!
Mr.マデ娘サンをはじめ 数人の男衆が我々に気付き コイコイ ヘ( ̄∇ ̄ ) カモォーン!と、お誘い受けたが
親族じゃないのに 申し訳ないし… スシも居るし… そもそも 正装じゃないから 墓地に入れないし…
と、お気持ちだけ頂戴したのだが ホレホレ 食いねぇーと、サテ(鶏の串焼き)を持って来てくれた!
ワザワザ 入口マデ… <(_ _*)><(_ _*)> アリガトウゴザイマス!

e0168736_20481663.jpge0168736_20481985.jpg
わざわざ 来てくれて ありがとう!」と、ポーズを決めてくれた おふたりサン!
(左):帰国後も親しくさせていただいている マネージャーのMr.クトゥ
(右):毎回、我々の部屋を担当してくれる 元プール係のボスこと Boss@Mr.マデ!(意外に繊細なのヨ!)

ちなみに 本儀式の場でないときは サパリクバヤなどの上着は着用せず 半正装でイイそうだ
女性は サロン(腰布)&スレンダン(腰帯)!
男性は サロン&ウダン(頭に巻く布:寺や本儀式の場合は白系が良しとされる)!

にしても まさか 偶然にも お気に入りのおふたりサンが 親戚だったとはネ…
って、ことは Bossが担当になったのは 偶然じゃなかったってコトかい?
まぁ なンにせよ ホントにイイ人たちなンで 良かったヨ! v( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)v

e0168736_0161164.jpg

で、Mr.マデといえば…
この後も バンジャール(村組織)の方々や
知人らが訪れるとのコトで 大忙しであった!
p(・∩・)(・∩・)q ガンバよ!
もしも 数年後に行われる ガンベ(火葬儀礼/本葬儀)に 訪れるコトが出来るのであれば
その時は きちんと正装して参加させていただきたいと思います
その為にも 頑張らないとネ! p(・∩・)(・∩・)q  と、改めて誓いを立てるK◎姉妹でした!

e0168736_0312097.jpge0168736_0312334.jpg
(左):入口に用意されていた お清め用のティルタ(聖水)!
さて我々も お清めのティルタをいただき 宿に戻りませう! ワンワン ε≡ (*・ェ・) (((=・o・)(=・o・)ノ

e0168736_0383535.jpg
交代で墓地に向う為 順番待ちのスタッフ!

宿に戻ると スタッフに 何やら呪文の如し 不思議な言葉で迎えられた! しかも 口を揃えて!

アナタ ハ~ うんにゃら~ かんにゃら~ うんにゃら~ マドゥ~♪」 (゚_。)(゚_。)エッ?
アナタ ハ~ うんにゃら~ かんにゃら~ うんにゃら~ マドゥ~♪」 (゚⊿゚)(゚⊿゚)ヘェ?
アナタ ハ~ うんにゃら~ かんにゃら~ うんにゃら~ マドゥ~♪」 (°д°)(°д°)ハァ? 

理解出来たのは 最初の"アナタ ハ~" と、ナゼか日本語!
そして 最後の"マドゥ" だけである
"マドゥ~"は Madu(マドゥ:ハチミツの意)?と、訊ねると これまた口を揃えて そうだという
紙にスペルを書いてくれと云っても 全員で プールの女神像を指差し 笑うだけ…
どうも 墓地に行ったコトが関係しているようで 決して悪口ではないとは云っていたが 未だ意味不明だ
はちみつが なンだって? ゴルァァアーー!!ヽ(゚Д゚)(゚Д゚)ノ 意味教えろちゅーの!

■スンバヤン!

e0168736_11573590.jpg
昼飯の調達へと、宿を出ると 桟橋並びの村のプラ(寺院)前で スンバヤン(お祈り)が行われていた
訊くところによれば Nusa Penida(ヌサ・ペニタ:本島の南東部に浮かぶ小島の1つ)から来たそうだ
その理由は 説明してくれたが 不明… イヤナニ! 個人的に言葉の問題が… (^^;)(^^;)ゞ
e0168736_12144599.jpg
上下白の正装をしている方が マンクー(僧侶・祭司・)、或いはその奥方や助手である
マントラを唱えているのは 女性のマンクーである(中央ピンクの傘下)!
e0168736_122117.jpg
マンクーの動きに合せ ピンクの傘も移動する 傘を差す助手は大変そうだ!
e0168736_12221542.jpg
無事 スンバヤン(お祈り)が 終わったようです!
e0168736_12223619.jpg
とっとと、帰り支度… 呆気ないというか… ある意味 潔いというか… (^^;)(^^;)
e0168736_1223040.jpg
e0168736_12231139.jpg
e0168736_1223208.jpg
かなりの人数なので 3台のパブリックボートに別れて乗船するも 既に船内は 押し競饅頭状態!
定員オーバーによる転覆事故も少なくはないようで… (ノ_-;)(-_-;)
e0168736_12233553.jpg
普段の静けさを取り戻した 村のプラ(寺院)前! にたび手を合せ サテ屋に ダッシュ!≡≡ヘ(*--)(*--)ノ

e0168736_16554110.jpge0168736_1655486.jpg
お気に入りのガン(小道)のサテ屋)サン!
早朝から仕込はじめ am.09:00頃に焼き上がるも 昼過ぎには売切れてしまう
この日は サテリリ(魚のツミレの串焼き)の他に イカンペペス(魚の蒸し焼き)を包んでもらった
e0168736_1701496.jpg
「一番大きな魚にしておいたわヨ! ウチのは夜までもつからネ!」と、イブ
いつも ありがとう! \(>▽<)(>▽<)/

e0168736_17132829.jpge0168736_17134450.jpg
その足で パンタイ(ビーチ)に向かい イブ・ニョマン(いつも茶をご馳走してくれるビーチの物売りサン)と
匂いに誘われたのか? スシ(宿のセキュリティー主任)&スアミ(スシの旦那:画像右)も加わり
Minum kopi di pantai(ビーチで珈琲ブレイク)ならぬ 早めの昼飯!
皆で食べると 旨さ倍増! (*・ェ・)(*・ェ・) (´▽`)(´▽`)(´▽`)=b

e0168736_17252961.jpge0168736_17253782.jpg
デザートは ジャジョー(バリ語:バリ島の伝統菓子)! いつも彼女が用意してくれる
栗、カッチャン(ピーナッツ)、クルプック・クリット・アヤム(鶏皮)、ドーナッツもどきに
ピンク色の網状の物は 揚げた米粉の麺のような物で サクサクと、歯応えがよく ほんのりと甘い!
バリ島には まだまだ知らない菓子が いっぱいだ!

e0168736_1121242.jpg


午後は プールで まったり!
夕方になると レストラン係のレディースたちが
お供え用の花を摘みにやってくる
お供えには 落ちた花は使えず
毎日 こうして摘んでいる
長い竹は 高い枝から花を摘む道具で
花を摘みやすいように 先が割れている

e0168736_112134100.jpg
(左):チャンティックと (右):ケロちゃん
はじめて彼女たちに逢ったときは まだ高校生で 制服姿が初々しかったが 今では立派なお嬢サンだ!
どーりで 歳をとるハズだよネ… >オノレラ! (;-_-)(;-_-) =3 フゥ
e0168736_11464574.jpg
あれれ~ん! どこぞの子かと、思いきや プール係のボスに昇格した うんちくん@Mr.カデのお子サン!
e0168736_11512577.jpg
特にあらたまった挨拶もないが 家族を紹介するコトに 特別な意味があるのだそうだ
e0168736_1153529.jpg
折角なので 家族の肖像なンぞ! 画像右上が うんちくん@Mr.カデ
ツツツーーッ!と、やって来て 子供を抱き上げ加わる 先輩スタッフのサシさん@Mr.マデ
バリの人って 意外に写真スキかも! ( ̄w ̄)( ̄w ̄)
に、しても この宿って マデさんが多いやネ… 
e0168736_12104825.jpg
Pm.19:30 晩飯を補充すべく宿を出る
途中 桟橋前の駐車場で 水揚げされたばかりの魚に ギョギョ! w(゚o゚*)(゚o゚*)w デカッ!!
軽く1mは超える大物である

e0168736_12164996.jpg


← この日の晩飯!
イカンペペス(魚の蒸し焼き)と
サテリリ(魚のツミレの串焼き)!
見た目(撮り方)は悪いが
味は 折り紙つきだ!
定期パトロール以外 殆どの時間を共に過ごすようになった スシ(※宿のセキュリティー主任@マデ家の飼犬)!
元々知名度が高いだけに 我々もすっかり有名人である
だからといって 食堂や店に彼女を連れてゆくワケにも行かず 又、小さな村といえど 危険な場所もある
で、そンなコトもあるかと、昼飯のサテを 予め別に包んでもらっていたので ナシプティ(白飯)だけ追加!
この頃になると いつも顔を出す マルコ爺イブ・スンダリ(雑貨店の主)も心得たもので
スシが一緒の時は 早く戻れと、背中を押してくれる
ゆっくり話が出来ないコトは いささか不満ではあるも 心配性で老婆(爺)心の強いおふたりさん!
スシが一緒なら 悪い虫が付かないと、ある意味安心のようだ
でで、この日は イブ・スンダリが わざわざ ココまで来たのだからと、アイスを3つくれた!
もちろん 1つは スシにである! その気持ちがうれしいやネ! (*・ェ・*) ワンワン!

明日は 我らのソピール・バグース! ヤンクン一家と釣りだ!
(※’09年以来世話になってる ドライバーを生業とする 在ウブドの友人一家!)
が、几帳面&ギラ・マンチン(釣りバカ)な彼にしては珍しく Pm.22:00を周っても連絡がこない…
ドースルヨ? ( -"-) (-"-;) ワスレテルンカ?


【この日の出費/2人分】

・昼飯(ガンのサテ屋) - サテリリ:10本、イカンペペス(大)×2=15.000Rp(126円)
・晩飯(ワルン・シJAW) - ナシプティ:3人分=10.000Rp(84円)
・買物(トコ・マリン) - アクア(ミネラル):3.000×2本=6.000Rp(50円)
・買物(トコ・スンダリ) - 明日用の子供達のオヤツ:菓子パン、菓子、ジュース等=25.000Rp(210円)


[PR]
by 2121katcat | 2013-09-07 21:04 | 2012-バリ島#2nd | Comments(0)
< << #19:バリ島 霜月-師走 ... #16:バリ島 霜月-師走 ... >>