<< #15:バリ島 霜月-師走 ... #13:バリ島 霜月-師走 ... >>
#14:バリ島 霜月-師走 2012
【14日目】:'12/11/14(水) パタンバイ Day-8 / アクアのご縁!& グラパ! そして お見送り!


e0168736_179990.jpge0168736_1792395.jpg
am.06:00 起床!
チャチャと、顔を洗って 海岸通りを散歩しながら パサール(市場)へ! (((=・o・)(=・o・)ノ ゴーゴー!
(左):干潮の時 海は違った一面を覗かせてくれる
潮の満ち引きが人の生命に深い関係があるのは 潮と呼吸が同じリズムで刻まれているからだと思う
(右):通称:マリン! ダイビングショップ併設の雑貨&貸本屋で AQUA(アクア)を買うなら ココと決めている
ちなみに バリ島でAQUAといえば ミネラルウォーター全般のコトであるも 実は 商標名!
他にも様々なメーカーの物が売られているが 中にはフツーの水道水が詰められていることもあるそうで
マルコ爺曰く 買う(飲む)なら AQUAがイイとのことで 以来 言いつけを守っている
Jl.セガラでアートショップを営むアーティスト兼坊サマで 初パタナバイから世話になっている方のひとり!)
で、なンで ココで? 大抵は値札が無く 相手によって 金額も様々であるも マリンには表示があり
金額も相応であったことから ご縁となりつづいている
しかも イブが 美人! ( ̄w ̄)( ̄w ̄) 053.gif 勿論 開店前なので 居ませんケド!



e0168736_13121647.jpg

← パサール通り!

モスク、郵便局、プラ(寺)…
ホワイト&ブラックの2つのビーチへ行くのも
この道を通ることになる
小さな居ながらも 村の大事な台所!
勿論 他所モンの我々にも
フルーツ調達の貴重な場所っす!
のっけから フルーツのいただき物が続き ようやくパサールに訪れることが出来た
もっとも 行こうと思えば行けるのだが どーも 面倒でね… お年頃のせいか? (^^;)(^^;)ゞ
で、美人サン一家に やっと、ご挨拶することが出来たヨ!
二人の子供たちと ダーリンも一緒! 最近は 真面目に働いているようだ! ( ̄w ̄)( ̄w ̄)
初訪パタンバイから世話になっている 青果屋台を営む一家で ダーリンは少々ぐうたらサン!)
マンゴー:2kg/12.000Rpと サラ(スネークフルーツ):1kg/8.000RpをGet!
そして ふたりから オレンジを大量にいただいてしまった! \(≧▽≦)(≧▽≦)/
いつでに カキルマ(移動式屋台)で 昼飯用に サテ・イカンサテ・バビをGet!
サテ・バビは少々お高めで 各4本:計8本/10.000Rp(84円)だった
本当は もっとゆっくり周りたかったのだが イヤナニ! スシ(宿のワンコ)が一緒なンんで…
ε≡ (・ェ・) ┌(;・_・)(;・_・)┘ ハイハイ! 急いで戻りませう!

e0168736_14255690.jpge0168736_14255910.jpg
am.08:00 宿のレストランで いつものようーに ワンパターンのフルコース!
一足先に 朝食を済ましたスシは 足元で待機! 早く お部屋に行こうワン! (・ェ・)

e0168736_14304471.jpge0168736_14305439.jpg
(左):部屋に戻るなり 当たり前のようーに寛ぐ スシ
勿論 客室内は出入り禁止であるが Boss(担当部屋係り)の配慮で 特別公認!
吼えない! 鳴かない! 粗相しない! ただ ひたすら寝ているだけなンで… ( ̄b ̄) シーーッ!!

この日は 夕方から イブ・マデ(サブマネージャーのMr.マデの母上)のお見送りの儀式が行われるので
シュノーケリングの予定をキャンセルし それまで宿で過ごすことにした

普段から ゆるゆる~なお仕事っプリのスタッフも 団体客がアウトしたコトで 更に緩みっぱなしなので
空き部屋を見学させてもらうことにした
(右);ファミリールーム! 公式レート:Fan・2Wベット(Max:大人4名):1泊/600.000Rp~(5.040円~)

こと気になっていたのが この宿の最高カテゴリーになる プライベートガーデンヴィラ!
専用の割れ門が 差別化を見せ付ける2つのヴィラは ファミリーや新婚さん、カップルに人気の部屋である
AC、2ベットルームのキッチン付で 公式レート:1泊/1.250.000Rp(10500円)!
が、敷地内の一番奥にあり 子供向けの設備などはないので 小さなお子さん連れには不向きといえる
しかも お隣に 新婚サン or カップルが入ると 精神衛生上よろしくないかと思われマス!
又、1部屋のみの利用も可能で その場合の宿泊費は 650.~700.000Rp(5.460~5.880円)!
がが、テラスやガーデン、キッチンなどは共有となるので ワザワザ この部屋にする価値がないかと、思いマス!
e0168736_1521224.jpg
で、客室内の写真は… ばっちーり 撮り忘れました! いかにも アタクシらしい 痛恨のミス! (ノ_-;)
がが、案内してくれた ミミガーくん(※我々の担当部屋係のひとり)は しかと、撮りましたヨ!
色々見学させてくれて ありがとうネ! <(_ _*)(_ _*)>

e0168736_1535102.jpge0168736_15351472.jpg
ミミガーくんが グラパ(椰子の実)を採ってくれた! オォォ-!! w(゚o゚*)(゚o゚*)w 身軽じゃっ!
ナタで切り込みを入れて 飲み口を作る! これが実に手早く器用である
ストロー? 要らんって 要らん 無問題! このままイッキに (*~ρ~) プハァ~! 酒じゃないちゅーの!ww

e0168736_11372369.jpge0168736_11372842.jpg
大自然の恵みを飲み干した後は 実を割り 実の表皮で作ったスプーンで こそぎ落としながら
ズルズルと、コプラ(果肉)をいただく!
若いモノは プルプルと、やわらかく 実が熟すほど固く 固くなった果肉を摩り下ろせば ココナッツフレークとなる
オイルにもなるし 殻だって 食器や工芸品、燃料と、余すところが無く 自然がくれた 最高の贈り物だ
ココナッツって ホントに凄いやネ!
さすがに 3つ目は食べられそうにもないので 明日のオヤツにするヨ!
どーも どーも ご馳走さまでした! <(_ _*)(_ _*)>

e0168736_22162974.jpg
ひときわ存在感を放つ 神獣:バロン(森の王)!

イブ・ニョマン(ビーチの物売り)が不在につき Minum kopi di pantai(ビーチで珈琲ブレイク)は お預け!
グラパで 腹が膨れているので 丁度よかったかもネ!
食欲大魔神のK◎姉妹にしては 珍しく 昼飯も食わなかったし… 緊張か? (^^;)(^^;)ゞ

e0168736_11373471.jpge0168736_11373713.jpg
Pm.15:00 Mr.ゴットハンド@Wayan GEJOR(宿の専属マッサージ師) 参上!
やっと スシも起きたことだし 緊張ほぐしに ひと揉み お願いしま~すと、姉サマ!
スシも マッサージするかい? ヘイヘイ ヘ( ̄∇ ̄ ) カモォーン!

■お見送り!

人生最大のセレモニーといわれる バリ島の葬儀!
バリ島の人々の人生は ガベン(火葬儀礼)と呼ばれる壮大な儀式によって終結する
が、バリ・ヒンドゥー教の儀式の中 最も費用が掛かるだけに 一般的には 費用が工面出来るまで
一旦、村の共同墓地に仮埋葬し その日を待つのだそうだ
埋葬期間は当然経済力によって異なるが 十年以上掛かってしまうことも珍しくはないそうで
近年は 何年か毎に合同でガベンを行うようになってきたそうだ
とはいえ 仮埋葬するまでにも一連の儀式があり この日行われるのは 日本のお通夜にあたるようだ

Pm.17:30頃 故人のお宅を訪ねると 近親者やバンジャール(バリ特有の村組織)の人たちを
はじめとする たくさんの人たちが集まっていた
方々から 「Terima kasih(アリガトウ)! silahkan(ドウゾ)!」と、お声が掛かる
中に入ると イブ・マデは 白い布に包まれ バレ・アグンと呼ばれる儀式用の建物に安置された
想像していたよりも大きな方だった
まさか このような形でお逢いすることになろうとは 誰が想像したであろうか…
対応に追われながらも 気丈に振舞う Mr.マデ… 握り締めた彼の手が 僅かに震えていた

e0168736_07517.jpg
村の共同墓地に向う葬列… お言葉に甘え 我々も参列させていただいた
e0168736_045456.jpg
墓地に着くと 再びマンクー(僧侶)による祈りが捧げられた
村の共同墓地は Jl.シラユッティ(北東の海岸通り)沿いにあり 海を臨むよい場所だ
通称:観光客エリアとも呼ばれており そこが墓地であることに気づかない人も少なくはないだろう
「お祭り? なんの集まり?」 カメラを手にした観光客が 代わる代わる訊ねてきた
鈴の音が 観光客のざわめきを割るかのように鳴り響き なんともいえずシュールであった
e0168736_0515286.jpg
彼らの持つ精神世界は興味深く また異教徒にも寛大だ
が、こんな時 どこまで踏み込んでよいものか悩んでしまう
所詮 我々も観光客のひとりにすぎないワケで 邪魔にならぬよう傍で祈りを捧げさせていただいた
墓地への立ち入りは 寺院と同じく正装が必要です)
e0168736_052836.jpg
30分程で儀式が終了した 写真を撮ればよかったのに… と、村人が笑う (^^;)(^^;)ゞ
数日後に また墓地に集まるとのことだ
貴重な体験をありがとうございました
イブ・マデのご冥福をココロよりお祈り致します そして どうか彼と彼の家族と この村の人々をお守り下さい

■晩御飯デス!

e0168736_1111845.jpge0168736_1113056.jpg
スシが宿の門の前で待っていた
どうせ また付いて来てしまうので 晩飯はブンクス(テークアウト)にすることにした
(左):昼間食べ損ねた2種類のサテ!
(右):カキリマ Mr:マルマ(移動式屋台)でブンクスした激辛バクソ(団子入りスープ)に
Warung JAW(ムスリム経営の食堂)で調達した ナシ・プティ(白飯)を浸す
見た目は悪いが 旨いのだヨ! コレがっ! v( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)v

スシには ナシ・プティと 洗って辛味を抜いたサテ・バビ(豚肉の串焼き)をお裾分け!
彼女にとっても この日は特別だ! 代わりに ちゃんと、お祈りしてきたからネ!
ちなみに スシのゴハンは許可を得て 決められた場所であげています
彼女は ホカホカの白飯がスキらしいデス!オカワリ!(・ェ・) ワンワン!


【この日の出費/2人分】

・果実(パサール) - マンゴー:2kg/12.000Rp(100円)と サラ(スネークフルーツ):1kg/8.000Rp(67円)
昼食改め 晩飯(カキルマ) - サテ・イカン・サテ・バビ:計8本/10.000Rp(84円)
・晩飯(ワルン・ジャワ) - ナシ・プティ:3人分/5.000Rp(42円)
・晩飯(カキルマ Mr.アルマ) - バクソ:2人分/10.000Rp(84円)
・チップ - 部屋見学/5.000Rp(42円)
・マッサージ(ゴット・ハンド) - 1h/100.000Rp(840円)
・香典(イブ・マデ) - 100.000Rp(840円)


[PR]
by 2121katcat | 2013-09-07 21:02 | 2012-バリ島#2nd | Comments(0)
< << #15:バリ島 霜月-師走 ... #13:バリ島 霜月-師走 ... >>