<< #12:バリ島 霜月-師走 ... #10:バリ島 霜月-師走 ... >>
#11:バリ島 霜月-師走 2012
【11日目】:'12/11/11(日) パタンバイ Day-5 / ハイハイ! 今日もてんこ盛り!


e0168736_10493367.jpge0168736_10493695.jpg
am.07:00 起床! まだフルーツ(頂き物)が消化し切れず この日もパサール(市場)には行かなかった
am.08:00 宿のレストランで ものぐさワンパターンのフルコースを食す
飽きないですか? ハイ! 飽きません! 毎日ソースが微妙に違うもんで!
右画は 神様へのお供え物! デザート付のフルコースである う~ん 旨そう! (・・*)(・・*)



■ミツバチさんが…

e0168736_11313461.jpge0168736_11313122.jpg
この日は Bloo Lagoon(ブルーラグーン)に行くことにした
そこは パタンバイの隠れ家的ビーチとして知られる(全然隠れ家的じゃないけど… ) 小さな入り江で
ビーチが一望出来る2軒のワルン(食堂)があり 潮目がよければ シュノーケリングを楽しむことが出来る
場所は Jl.シラユッティ(北東側の海岸通り)を北に進み 二股左手の小高い丘を登る
小さな看板と駐車場を目印に 急階段を下りきれば 満面の笑みでマッサージ&物売りサン方が迎えてくれる
また 更に左手の丘を進めば Bloo Lagoon Village(ブルーラグーン・ビレッジ)!
客室25室のビラタイプのリゾートホテルで 静かにリゾート気分を満喫した方には お勧めのようですゾ!

で、途中 まどろむ おととのアンチュン(行商の金魚売り)を 発見! 才ォォ-!!w(゚o゚*)(゚o゚*)w
どこぞから来たのやら ビニール袋に マタハリ(太陽)光線… ややぐったり気味のおととたち…
大丈夫なンすかね… (^^;)(^^;)ゞ

e0168736_1218229.jpge0168736_12182623.jpg
まだ午前中だというのに 猛烈な暑さ! かよわい?我々は 丘越えを断念し 宿のプールへ逆戻り!
が、誰も居ませ~ん! ?(゚_。)(゚_。)?
実は この日 ゲストの1人が蜂に刺され スタッフの面々は 蜂の巣駆除に大わらわ!
小さな巣を取り除いたものの 蜂の数が見合わず 更に調べてゆくと、屋根下に巨大な巣!
ゲストは 客室への非難を余儀なくされ 当然プールは使用禁止である

煙で燻しながら 殺虫剤の二丁拳銃で格闘すること1時間余り!
もがく蜂たちは 水を求めプールへダイブする! その数からも いかに巣が大きいかが窺い知れる
が、蜂は 近年減少の傾向にあるミツバチさん!
スタッフの誰もが かわいそうに… と、溜息をこぼしていた (;-_-)(;-_-)(;-_-)(;-_-) =3 フゥ

そして 大変なのは ココから!
プールに浮かぶ 大量の亡骸のお片付けがあるワケで 我々もお手伝い… と、いうか 半ば強制的?
これが ホントの虫の知らせか? あのぉ~ 我々も一応ゲストなンですけど… (^^;)(^^;)ゞ

e0168736_1253728.jpg
Pm.14:00(正確には15分前) お茶の時間だよ~と、スシ(宿のセキュリティー主任)が やって来た!
でかしたぞ! 掃除道具をザビ(プール係のスタッフ)に譲り お先に!≡≡≡ヘ(*--)(*--)ノ 失礼~!

e0168736_12593767.jpg
この日のお茶請けは 黒米ともち米を
ココナッツミルクと椰子砂糖で煮込んだ
バリ風ぜんざいのブブルインジン
通りには 様々な小食を売る
アンチュン(行商人)が居るので便利だ
1人前づつ ビニール袋に入れてくれる

e0168736_12531052.jpg
スシも一緒に Minum kopi di pantai(ビーチで珈琲ブレイク)!
彼女のお茶請けは ワンコ用のクッキー! こンなこともあろうかと 用意してきたのさ! ( ̄ー ̄)v
e0168736_13172861.jpg
Jl.シラユッティ(北東側の海岸通り)を行く 巡礼者の列!
余り知られてはいないが パタンバイの北端(ブルーラグーンの近く)には 通り名の由来になった
シラユッティ寺院(Pura Silayukti)がある
バリ島の6大寺院の一つとして数えられる ウルワトゥ寺院ゴア・ラワ寺院を建立をはじめ
11世紀にカースト制度を導入たことでも知られる 高僧:ウンプ・クトゥラン(Empu Kuturan)が
建立したと伝わるヒンドゥー教聖地の1つで 毎日多くの巡礼者が訪れている
また 5月に行われるオダラン(寺の創立記念際)をはじめ 大きな儀礼が行われるときは
列を成す車の赤いテールランプの光の帯が丘を染め その数に驚かされるほどである
e0168736_13533244.jpg
e0168736_13533633.jpg
e0168736_13534122.jpg
e0168736_13534797.jpg
颯爽と歩く 巡礼者の方々! 正装姿も然ることならが その姿勢の良さが素晴らしいやネ!
カメ首猫背のアタクシ… 見習わねば! p(・∩・)q

■ささやかな願いとマルコ爺のソト・アヤム!

Pm.15:00 マルコ爺のショップに向った
Jl.セガラでアートショップを営むアーティスト兼マンクー:坊サマで 初パタンバイから世話になっている1人!)
彼と彼の行き着けのワルン(食堂)で 遅めのランチを共にする約束をしていたのが…
我々の姿を見るなり ちょっと待ってて~と、バイクに跨り ヨロヨロと、行ってしまった! ?(゚⊿゚)(゚⊿゚)ヘェ?

と、軒先で簡易トコ(雑貨店)を営むご夫婦が 頼みがあると、真剣な面持ち!
なんでも 1枚でいいから 写真を撮って欲しいとのことだ
勿論 がってんだ! 腕もカメラも悪いけど… (→o←)
e0168736_15195539.jpg
普段は 半身裸の大将ルックのバパであるも Tシャツを着込み 緊張気味でポーズ!
e0168736_1526976.jpg
e0168736_1526202.jpg
イイ表情ですよ おふたりさん!
写真は 次のお土産… と、思ったのだが 帰国後 直ぐにカードサイズにプリントして送った
無事に届いているだろうか? なにぜ バリ島の郵便事情は すこぶる悪い! ┐(-。ー;)┌
e0168736_15352892.jpg
ちょうど 息子サンとお孫サンが おふたりを迎えに来たので 記念に パチリ!

e0168736_1540223.jpg

おふたりの商いは 日没前に終了!
いつもの半身スタイルに戻り お片付け!
また 明日お逢いしましょう

e0168736_15512172.jpg
バパと入れ違いに マルコ爺が戻って来た
なンと ブンクス(テイクアウトの意)してきたらしい
理由は オレの彼女!
なーンて 噂になったら 困るだろうとのこと!
そんなコトはないと思うが やっぱイイ人だネ! (´艸`)(´艸`)

ヘイヘイ ヘ( ̄∇ ̄ ) カモォーン! と、着いてゆくと
ショップの裏に 家がッ! イブがッ! どうやら ご夫婦の家らしい…
じゃー バパは 単なるお出掛けか?
イヤハヤ! これまで 全く気付かなンだヨ! (^^;)(^^;)ゞ
e0168736_1544636.jpg
中庭を拝借し マルコ爺がブンクスしてくれた ソト・アヤム(チキンスープ)を食す!
具沢山で スパイシーなカリー風味のスープが 食欲を誘う ウマウマな一品であった
しかも ミネラルまで 全てマルコ爺のおごり!
最近 ちっとも売上に貢献していないのに なンだか 申し訳ないなぁ… (。-_-。)(。-_-。)
e0168736_12412341.jpg
パバの弟さんだったかなぁ… 作業中に どーも お邪魔しました!
e0168736_12413439.jpg
いつでも遊びに来てネ!と、やさしいイブ! 忙しいのに お邪魔さまでした! <(_ _*)(_ _*)> 
e0168736_12401679.jpg
最後に マルコ爺をパチリ! 一応拘りのポーズらしいデス!
彼を見ていると どこか じー(亡き父)の面影がダブる 別段似ているワケではないのが…
じーって どンな人だったのだろう じーのことを殆ど知らない自分… 
ファザコンなンだなぁ… と、今更ながら想うのでした
マルコ爺! ご馳走様でした! そして いつも ホントにありがとう! m(_ _)(_ _)m suksema!

■スシとケーキ!

Pm.19:00 さて晩飯! ものぐさワンパターンの我々は この日も Warung JAW(ムスリム経営の食堂)へ!
が、困ったことに スシが テケテケと、付いてくる… ε≡ (・x・) ┌(;・_・)(;・_・)┘
イヤナニ! 普段もメイン通りの手前まではエスコートしてくれるのだが この日はなぜか 一向に戻る気配がなく
とうとう Warung JAWまで来てしまった! (→o←)(→o←)
もっとも バリ島のワンコは 飼犬だろーが ぶっ放し状態なワケで 村中が彼女の縄張りのようなモノである
がが、JAWのあるメイン通りの先端は ロンボク島行のフェリーターミナルで 大型トラックの往来激しく デンジャラス!
ががが、頑固なスシ! 車が来ても 我が道をゆく! やめてーっ! 心臓が縮む! (ノ><)(ノ><)ノ ヒィ

e0168736_14495575.jpge0168736_1450825.jpg
どちらがエスコートしているンだか? 怪しいジャポネーゼ2人と1匹!
結局 JAWを諦め トコ・スンダリで ロールパンをGet!
カクカクシカジカ… これは傑作だと イブ・スンダリが笑う! ヾ(≧▽≦)ノ ヾ(°∇°*) オイオイ 笑いすぎだちゅーの!
雑貨店を営む中国系インドネシア人の店主で ボッタクリバァーサン@影のパタンバイBossと呼ばれる情報通!)
でも ケーキをいただいてしまった!
デンバサールに住む親戚が作ったモノで 夕方届いたばかりだそーだ! \(≧▽≦)(≧▽≦)/ アザッーす!
そうそう よーやく エイエニの両名(娘)に逢えたよ~ん♪

と、いうことで この日の晩飯は ロールパンと チャティダサのコンビニでGet(土産用)した アスパラガス・スープ
そして デザートは ケーキ! Σ(゚д゚;)(゚д゚;) ヌオォーー!? 6.000Rpとは ロールパンよりも 高っ!

e0168736_165754100.jpg
ヒロシ… で、はなく スシです!
ドアを開けた途端に するりんと、進入です  (ノ_-;)
彼女は ホントに賢いコで 基本、出入り自由の身であるも
客室に入ることはなかった
テラスまでなら 叱られないことを心得ているのだろう
鳴きもしなければ 粗相をすることもなく
また サブマネージャーのMr.マデの飼犬兼セキュリティー主任!
充分に腹を満たしているので おねだりするこもなく
ただ じっと、その場で寝ているだけだ
歳を重ねた彼女… 安息の場を求めているのかもネ!
が、やっぱり 客室は ダメダメ! <( ̄^ ̄)>
よーく 彼女に言い聞かせ いつものように ドアの外で寝てもらった (。-_-。)(。-_-。) 許せ! 


【この日の出費/2人分】

・オヤツ(アンチュン) - ブブルインジン/3.000Rp×3人前=9.000Rp(76円)
・晩飯(トコスンダリ) - ロールパン:1袋 5.000Rp(42円)


[PR]
by 2121katcat | 2013-05-10 15:57 | 2012-バリ島#2nd | Comments(0)
< << #12:バリ島 霜月-師走 ... #10:バリ島 霜月-師走 ... >>