<< #10:バリ島 霜月-師走 ... #08:バリ島 霜月-師走 ... >>
#09:バリ島 霜月-師走 2012
【9日目】:'12/12/09(金) パタンバイ Day-3 / なにかと小忙しい1日?


e0168736_14292577.jpge0168736_1429288.jpg
am.07:00 起床!
am.08:00 宿のレストランで朝食!
コピ・スス(ミルク入コーヒー)、フルーツサラダ、フルーツMIXジュース、チーズ&エッグサンド!
残念ながら 姉サマお気に入りのヨーグルトは無くなってしまったが レストラン係のレディースたちの計らいで
いつものセットが食せるだけでも感謝しないとネ! (〃∇〃)(〃∇〃)ゝドーモドーモ!
現在ビュッフェ式に変わり サンド&生ジュースは別オーダーになりマス!)



食後 Mr.コマンとシュノーケリングの打合せ! 
彼は ひょんなことから知り合った パタンバイの若き船頭で 値段も良心的だが 何よりも人柄がイイ!
この時も 再訪と土産のお礼にと、2kgものマンゴーを持ってきてくれた! w(゚o゚*)(゚o゚*)w
あ、別に物につられたワケじゃないっすヨ! 予算や時間的など 色々考えたうえで
これまで世話になったきたW・ワヤン(※チャンティダサの漁師:ボス・ワヤン&ガイド・ワヤン)にはすまなンだが
彼にも事情を話したうえで 前回からパタンバイ滞在中は Mr.コマンにお願いすることになった次第!

が、彼は 宿に併設するダイバーズショッフの下請けをしており 仕事が入ると、そちらが優先される
ココは バリ島屈指のダイビング&シュノーケルポイントでもあるが 殆どが南部リゾートからのツアー客で
個人で拾える客は極端に少なく 運よく客を掴んでも 時間の変更で キャンセルされてしまうのだという
それゆえに 例え僅かな手間賃であっても 生活してゆく為には 従わずにはいられないようだ
実際、この時も 明日の午前とした約束が 午後へと変更を余儀なくされた
まぁ 安心したまえ Mr.コマン! 我々は 暇だ! <( ̄^ ̄)( ̄^ ̄)> ナゼニ威張る?>オノレら!

e0168736_16343841.jpge0168736_1634412.jpg
部屋に戻ると フランジパニ(別名:プルメリア)のイイ香り!
画像は これっぽっちだけど… あっちも こっちも 花塗れ!
こと ベットの上が凄いコト! まるで 新婚さん いらっしゃ~い! (〃∇〃)(〃∇〃)
担当部屋係りのBossミミガーくんのナイスな演出に 感謝!

■パパイヤ・イブとクエ・ラピス・クススと謎の紳士:Mr.マデ!

e0168736_16515648.jpge0168736_1652079.jpg
am.09:30 宿のセキュリティー主任:スシ(ワンコ)に見送られて 昼飯の調達!
イヤナニ! 最近、サテリリ(魚のツミレの串焼き)屋を発見しまして この時間に出来上がるンですゎ!
ランドリー並びにある小さな店で 昼前には売切れてしまうンですヨ! ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)(*--)ノ 

無事に サテリリ、他をGetし パパイヤ・イブのトコ(↑のペパーミントグリーンの店)に向う
初パタンバイから世話になっている方で 最初にパパイヤを買ったコトから パパイヤ・イブと呼んでいる)
イヤナニ! 昨日 チャンティダサに行くのが遅くなり 帰りにBemoが無くなるーと、心配していたもんで
無事に戻って来たよ~んと、ご報告兼オヤツの調達!

到着すると、売ってーと、ご近所のイブイブ(ご婦人方)が ジャジョー(バリ語:菓子)を持って来店!
いわゆる 菓子の委託販売ってヤツか?
折角なので 出来立てのクエ・ラピス・ククスを賞味! 
クエ・ラピス・ククスとは 米粉をココナッツミルクで練り 色付けして生地を層にして蒸した伝統菓子で
起源は不明であるが マレーシアやシンガポールなどでも食されている
ネーミングも クエ(菓子)・ラピス(層)、ククス(蒸す)と、単純明解で 味も食感もういろうに似ている
2片/10.000Rp(84円)! やっぱり 出来立ては 旨いやネ! d(´▽`)(´▽`)b

で、ココに来ると かなりの確率で現れる 謎の紳士:Mr.マデ
そして 必ずといっていいほど ロコ(タバコ)を勧められる
お近づきの挨拶といった意味合いなのか これまでにも 年配の方から勧められることが多々とあった
現在自分は 非喫煙者であるが この場合は ありがたくいただくことにしているのだが
久しぶりの煙の味に クラクラと、軽い眩暈を覚えた (×。×)y~~~

でで、話は 彼の愚痴に! なんでも 隣地に住む某国の在住者が 近年家を新築してから
日当たりが悪くなったうえに 風の流れが変わり 悪い気が漂うになったそうだ
文句を云うにも この地で商いする家の主に なんらかの形で世話になっている村人も少なくはなく
ゴトヨロン(相互扶助の精神)は ヤツらには通用しない!
金も力もない者は ただひたすら我慢するしかないのだと、嘆いていた ε-(ーдー)ハァ
恐らく 我々が通りすがりの旅行者だから 話しやすかったのだろう
一通り愚痴をこぼした彼は すっきりしたのか 笑顔で去っていった! (^^;)(^^;)ゞ

e0168736_1853584.jpg
帰り際 お孫さんと娘婿サンがやって来た! Senang bertemu Anda(ハジメマシテ)~!
e0168736_1864144.jpg
体格のよい娘婿サン! 大きなパパイヤ・イブが小さく見える! (´艸`)(´艸`)
ちなみに この時 娘サンも居たのだが シューケスの裏で 熟睡中でした! (_ _) ..zz 

e0168736_18134633.jpg

そして またまた たくさんのプレゼント!
払ったのは 委託のクエ・ラプス・クスス
3ヶ/10.000Rp(84円)の2種の豆だけ!
なんだか 申し訳ないな…
m(_ _)(_ _)m
e0168736_18214196.jpge0168736_18213516.jpg
左:敷地の奥から見た宿の入口! '09年にはじめて訪れた時には 大きな門が見えていたが
木々の成長は驚くほどに早く 建物さえも辛うじて見えるだけだ! でも 素敵だよネ!
右:305号室のテラスから望むお池プール! 夕方は欧米人ゲストとスタッフのお子ちゃまたちで賑わうも
真昼間はゲストの姿もなく 貸切率が高い!

パパイヤ・イブのところで すっかりご馳走になってしまったので お腹パンパン!
昼飯用に買ったサテリリは お茶の時間に食べるコトにして プール! プール!
今期は雨が降らず 暑いといっていたが マジで暑い! プールの水も なまぬるぅ~! (^^;)(^^;)

e0168736_184993.jpg
pm.14:00 Minum kopi di pantai(ビーチで珈琲ブレイク)!
午後2時になったら 一緒にお茶を飲みながら おしゃべりしましょう!
そう提案したのは イブ・ニョマン(ビーチの物売り)だった
彼女が湯とコーヒー(粉)を用意してくれているので 我々は菓子やフルーツを持参する
はじめは 時間の枠付けに 行動が制限されてしまいそうで抵抗を感じたが 慣れるとクセになる!
海を眺めながら 味わうコーヒーの味は 格別だ!
また 彼女にとってもメリットがあるようで 我々非セレブ相手では 大した売上げにもならないが
我々が居るコトで 他の観光客も安心するのか 売上げに貢献しちゃうコトもあるンですゎ!
ちょっと恩返し! 出来ていればうれしいです! ハイ!

e0168736_18491350.jpg
あれれ~ん お休み中のようで! いびきかいてますヨ! (_ _) ..zz 
連日の熱帯夜で 寝不足だと、誰も云うように 彼女も眠りが浅いのだろう
が、彼女もまた 姉サマと同じように 内臓型冷え性なンで 潮風を浴びての熟睡は危険!
ゆえに かわいそうだけど 起こしちゃいました! 白雪姫Kissで! ( ̄3 ̄) ブチュ~!

e0168736_18492164.jpg
なんとも中途半端な一葉で ご免なさいヨ!
← 朝 ガンで買った
サテリリ(魚のツミレの串焼き)と
イカンペペス(魚の葉包焼き)!
白い三角のブツは クスス
餅米を編んだ竹の葉で包み蒸したモノで
見た目以上に 腹が膨れる一品である
時間が経ってるけど 大丈夫なん? ハイハイ 無問題!
バナナや竹の葉の殺菌、抗菌、防腐効果で 痛みにくく この時間になっても美味しく食すコトが出来る
もしも 葉色が変わったら 危険の合図と、母に教わったが 事実、変色すると、危険な匂いが プゥ~ん!
嘗ては 日本でも生活の中で使われていたが 先人の知恵って凄いやネ! エコだしネ!
彼女も昼飯のタイミングを逃したらしく みんなで 美味しく ガツガツいただきました!  ( ̄ー ̄)v

e0168736_18492681.jpge0168736_2117438.jpg
デザートは パパイヤ・イブからいただいた パイナップル
才ォォ-!!w(゚o゚*)(゚o゚*)w 斜めにカットを施した お洒落切りだ!
勿論 食べ頃で おいしゅうございました! お腹いっぱいだヨ!(((_Δ_))) ゴロン

■ゆる~いスタッフ&馬プールでマッサージ!

e0168736_21374869.jpg
Pm.16:00 ランドリー屋へ Go!
イヤナニ! 普段は 滅多に利用しないのだが
チャンティダサ滞在中は 連日のゴキ騒動で
殆ど洗濯出来なかったもンで…
サテリリ屋の並びにある 小さなランドリーだが
仕上がりもよく 値段も安い!
移動する前に もう一度お世話になるかもネ!
ちなみに バリのランドリーは ガンガン アイロンを使うので
お洒落着やナイロン系の物を出す時は
Non アイロンの一言を忘れずに!
e0168736_2153252.jpg
帰り道で テケテケ道行く 仔ワンコ発見! かわゆす! (´艸`)(´艸`) どこぞに行くん?
e0168736_21533688.jpg
(-ε-) チッ! 付いてくンなよー!と、云ったかどうかは定かじゃありません! ( ̄∇ ̄*)( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
e0168736_2215652.jpg
正装に身を包んだイブイブ(ご婦人方)! 素敵だったンで 記念に撮らせていただきました!
それぞれの個性が出ていて う~ん ブラボー!
あ、ヤバッ! 急いでも戻らないと 約束の時間が! ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)(*--)ノ 
e0168736_22102534.jpg
宿に戻ると スタッフがお供え物用の花摘みをしていた
花摘みは 主に若いスタッフの仕事で 自然に落ちた花は お供え物用には使えないそうだ
が、落ちた花だって無駄にはしません! 乾燥させ 香水などの原料として売るのだそうで
スタッフは 仕事もそっちのけで 集めている まさしく神の恵みだネ!
ちなみに 棒で花を突いているのが 担当部屋係のひとり ミミガーくん
e0168736_2211070.jpg
レストラン係のレディース(現在5名在籍)! チャンティック&ケロちゃん
'09年の初パタンバイ時には まだあどけなさの残る学生だったけど すっかりレディーになりました
が、我々は急降下で劣化中… 変よネ? 永遠の19歳なのに! (;-_-)(;-_-) =3 フゥ
e0168736_22112495.jpg
近年加わった新人のバルーくん&ニコニコおじさん(宿の専属マッサージ師:Mr.ゴット・ハンド@GEJOR一族!)
e0168736_22115864.jpg
右の男子は Mr.バロンの亡き後 人事異動でプール係のボスに昇格した ウンチくん(ウンチ踏んだンで!)
ゆる~いスタッフの中では 唯一向上心が強いタイプかも!
が、それもそのハズ! この若さで すでに2人のお子さんのパパなンっすヨ! (^^;)(^^;)ゞ

e0168736_23101698.jpge0168736_2385240.jpg
Pm.16:30 馬プール(敷地奥)で Wayan GEJOR@Mr.ゴットハンド(宿の専属マッサージ師)のマッサージ!
前日のフルーツにつづき サテバビ(豚肉の串焼き)をいただいてしまった
左:袋に齧ったような穴が開いているのは 一口だけちょうだいと、彼が味見をしたもンで! ( ̄w ̄)
高齢で 足も眼もだいぶ悪くなっているが 腕はまだまだ健在でした!
’12年11月時点の料金は 1h/100.000Rp(840円)!

右:花摘みをさぼる チャンティック&ケロちゃん! 携帯に夢中なのは いずこも変わりがないようだ
どーよ! このゆる~いお仕事っぷり!
ちゅーか! 我々はゲストとして扱われていないってことか? ヾ(°∇°*)(°∇°*)オイオイ

■ギンギンです!

e0168736_23471376.jpg
P.m 19:00 晩飯!
Warung JAW(ムスリム食堂)で
大盛チャプチャイ(バリ風八宝菜)を食す
インドネシア料理は 中華の流れを汲んでいるが
ジャワスタイルは トマトベースなので 汁がい!
が、さっぱりとしていて 白飯が進むンだよネ!
\(>▽<)(>▽<)/ ウマッ!
e0168736_23472337.jpg
Warung JAWの店主夫妻!
写真を撮ろうと云ったら Σ(゚□゚(゚□゚*) エッ!! もう帰るの?と、驚かれてしまった
いつも 移動日前に撮らせていただいているので 勘違いしたようだ! ( ̄∇ ̄*)ゞスマンセン!

食後は トコ・スンダリに寄り イブ・スンダリに ご挨拶!
顔を出さないと心配するもンで! ついでに 午後茶用のコピ(コーヒー)とスス(ミルク)を買った
エイエニの両名(イブ・スンダリの娘)は この日も留守… 夜遊びはイカんぞ! <( ̄^ ̄)>
雑貨店を営む中国系インドネシア人の店主で ボッタクリバァーサン@影のパタンバイBossと呼ばれる情報通!)

そして またいつもように マルコ爺Jl.セガラでアートショップを営むアーティスト兼マンクー(坊サマ)!)と
少しおしゃべりをしてから宿に戻ると スシ(宿のセキュリティー主任のワンコ)が出迎えてくれた!
また今夜も しっかりガードしてくれるようだ <(_ _*)(_ _*)> アザーッス!

遅くに SMSが2通届いた! 1通目は クバヤ・イブ(チャンティダサの仕立て屋サン)からで
姉サマがオーダーしたクバヤが仕上がったので 明日の午後に届けるとのことだ
きっと 遅くまでミシンを踏み 完成したコトを早く知らせたかったのだろう
2通目は サブマネージャーのMr.マデからだった
恐らく デンバサールの病院から送信したのだろう 明日には宿に顔を出すと、記されていた
誰もが様々な想いを抱え 寝付けないでいるのかもしれない… 
斯く云う我々も さすがに寝苦しく 珍しくTVなんぞ観ちゃいました!
チープなインドネシアのドラマ(意外と面白いのヨ!)に 眼がギンギン! (◎◎)(◎◎)


【この日の出費/2人分】

・ジャジョー(パパイアヤ・イブ) - クエ・ラプス・ククス 2片/10.000Rp(84円)
・豆菓子(パパイアヤ・イブ) -  カッチャン 3ヶ/10.000Rp(84円)×2種=20.000Rp (168円)
・昼飯(ガン) - サテリリ、イカンペペス、ククス(約2~3人分) 25.000Rp(210円)
・マッサージ(ゴッ・ハンド) - 1h/100.000Rp(840円)
・晩飯(ワルン・ジャワ) - チャプチャイ、ナシ・プティ、エス・テ 20.000Rp(168円)
・買物(トコ・スンダリ) - 粉末コピ、クリマー、ゴキ除けチューク2ヶ 20.000Rp(168円)


[PR]
by 2121katcat | 2013-05-02 11:08 | 2012-バリ島#2nd | Comments(0)
< << #10:バリ島 霜月-師走 ... #08:バリ島 霜月-師走 ... >>