<< #07:バリ島 霜月-師走 ... #05:バリ島 霜月-師走 ... >>
#06:バリ島 霜月-師走 2012
【6日目】:'12/11/06(火) チャンディダサ Day-5 / シュノーケリング3nd @ アメッド!


e0168736_1672993.jpg


いきなりで ご免なさいヨ!
← 小雨交じりのアメッドです!

イヤナニ! この日は Diveliteサンの
シュノーケリングツアー参加すべく 早起きサン!
撮る余裕が なかったというよりは
昨夜のゴキショックで 気力が…
まだ 残ってるンっすヨ 感触っ!
ウゲゲッ ヘ(゚◇゚)ノ アゥアゥアゥ

am.06:00 起床!(正確には 昨夜の騒動で寝れなかった)
am.07:00 宿のレストランに雪崩れ込んで 朝食!
イヤナニ! 朝食用のパンを買っておいたのだが タイミングよく レストランが開店したンで! ハイ!
食したのは ちょっと変えて チーズ・トーストに コピ・スス(ミルクコーヒー)と パパイヤ・ジュース!
何が起きようとも 胃袋だけは別モン! ちゅーか 腹が減っていた!
お楽しみの夜食(マルタバ&クエ・ブラン)… 食べ損ねたンすヨ! 気絶&ゴキスプレー塗れで! (-ε-) チッ




■アメッド プルタマカリと やっぱり敷居が高かったDiveliteサン! 

am.08:10 Diveliteサン(日本人経営のダイブ・ショップで日本から予約)に 集合!
アメッドは はじめての場所! 姉サマが慎重を期して ライフジャケットを貸して~と、お願いしたが
子供でも 全然泳げちゃうトコロらしく 不要とのコト!
それに ダイビィング専門なので はじめから ライフジャケットは用意していないそうだ! (゚⊿゚)(゚⊿゚)ヘェ?
事前に云っていただけたら 秘密兵器(簡易ブイ)持参したのに… 超初心者って、お伝えしたよネ?

また この日は 日本からいらしたご婦人ダイバーさん(おひとりサマ)が ご一緒に参加とのことだった
同行していただけるのは 高橋サン(オーナー)ではなく 同じく同胞の女性スタッフ!
簡単な説明を受けた後 特に準備のない我々は 手持ち無沙汰のウェイティング!
はじめてのツアー参加だけに 勝手が分からず 戸惑うコトばかりであった! (^^;)(^^;)ゞ

ちなみに ご婦人ダイバーのSサンは Diveliteのご常連サン!
上品で方で 60歳からダイビングをはじめられたとのこと! 才ォォ-!!w(゚o゚*)(゚o゚*)w
女性スタッフのNサンも 明るく サバサバした性格で イイ意味で男らしく 高感度!
でもホントは 繊細で女性らしい方なのではないかと思う 海外で働くって、容易なコトじゃないもんネ!
ドライバーは 現地スタッフの… 忘れちゃいました お名前! (^^;)ゞ

で、チャンディダサから アメッドまでは 車で約1時間!
北東部に位置する小さな漁村で バリ島有数のダイビング・スポットである
大粒の黒砂や石で覆われたビーチは 決して美しいとはいえないまでも
良質の自然海塩が作られるコトでも知られており 車中から望んだ塩田風景に 興味深々!
が、あいにくの雨! 変だなぁ… 我々は 晴れ女のハズなんだけど! (・・*)(・・*)ゞ

でで、おふたりのお陰で 緊張も解れ あっという間に ベース基地(ビーチ沿いのレストラン)に 到着!
上手いコト 空も泣き止み 雲の切れ間に 太陽が覗いていた
晴れていたら もっとイイのに~と、懸命に弁解するNサン!
ウンウン! そりゃ勿論だけど はじめの場所ってコトだけで 感動ヨ! \(>▽<)(>▽<)/

が、ずーっと、気になっていたのが ダイバー1名、シュノーケラー2名に対して 同行スタッフは 1名様!
小柄で細身のNサン! 大丈夫なン? 
がが、ダイバー組のNサンンとSサンは ジュクン(バリのトラディショナルボート)で 5~6分程先のポイントへ!
我々チャプチャプ組は そのまま眼の前のビーチから エントリー!
ハイハイ! 納得… (゚⊿゚)(゚⊿゚)ヘェ? ちゅーことは オンリー我々! マイセルフ?
あのぉ~ 初場所なンっすけど… 超初心者なンっすけど… 色々教わりたかったンっすけど…
慌てるNサン! それでも時間の許す限り 色々と説明してくれた
まぁ それ以上は Sサンをお待たせするワケにもいかず お見送り… ( ̄  ̄;)( ̄  ̄;)ノ~~

e0168736_12473866.jpg
早速 我々も 恐る恐る ヘ( ̄  ̄;ヘ)( ̄  ̄;ヘ))) チョバ(試す)! 
が、驚いたのは その透明度!(実際は コノ数倍キレイ!)
浅瀬から群生する珊瑚も立派で 魚影も豊か! 才ォォ-!!w(゚o゚*)(゚o゚*)w
レンズの歪み、防水パック、下手クソの三重苦につき 画像のヒドさは ご愛嬌ってコトで あしからず!)
e0168736_12295276.jpg
e0168736_12342649.jpg

e0168736_1235141.jpg


← ご機嫌な姉サマ!

高橋サンがおっしゃっていた通り
流れも穏やかで 子供でも 全然泳げちゃう!
が、余りにも浅瀬に珊瑚が群生しているので
傷つけないように泳がないとネ! (((;・ェ・)(;・ェ・)
e0168736_12442643.jpg
e0168736_12495567.jpg
足が届かないと、怖いのだが 珊瑚が近すぎるのも 別の意味で 怖い!
「出てるからさ… すりそうで お腹!」と、真顔の姉サマ! ( ̄w ̄)
イエイエ! それはアタクシも同じ! 少し沖よりに移動なンぞ! 持参して正解だったヨ! 洗濯ロープ! ( ̄ー ̄)v
e0168736_12443769.jpg
e0168736_12444362.jpg
e0168736_12445158.jpg
e0168736_12445889.jpg
e0168736_1311789.jpg
ウオォォォッーー!? ∑(゚ロ゚;)(゚ロ゚;) 海底遺跡発見か… !?
で、はなく 意図的に沈められたモノのようだ
別の方向にも 仏像が! おそらく お魚住宅&ダイバーを楽しませるアトラクションかと!
e0168736_13284950.jpg
その先は ドロップオフ(リーフや岩が垂直に落ちている)になっているようだ! つまり 深いってことよネ?
e0168736_1328556.jpg
ウオォォォッーー!? ∑(゚ロ゚;)(゚ロ゚;) 大物発見… !?
画像では爪の先にも満たないが 体長1m以上はあるかと思われる大物である
ナポレオンフィッシ? 珊瑚を砕き散らしているところを見ると… カンムリブダイ?
が、このコ ご機嫌斜めサンのご様子で あらぶっているンですゎ!
で、頭、ブンブン振って 近づいてくるンですヨ!
神経質で 近づくコトもままならないンじゃなかったっけ? 八つ当たりか? (((^^;)ヘ(*--)ノ K◎逃げるゾ!

1時間程 海遊びを楽しみ レストランで 昼飯(インクルード)!
レストランの名は Divers Cafeサンだったと思う
Sサンと自分は ミー・クワッ(汁麺)! 姉サマは ナシゴレン(炒飯)! Nサンは 自前のナシチャンプル(ぶっかけ飯)!
なかなか旨かったが Nサンの弁当が一番旨そうだった! (¬д¬。)(¬д¬。) ジーーーッ! 

e0168736_1415726.jpg


1時間程休憩して また海へ!
勿論 ダイフバー組とは 別行動であるが
少しは慣れてきたので 無問題!
レストランを基準に 反対側を泳いでみた
珊瑚の群生度が高く
お魚サンも フレンドリー!
フィンに 絡む絡む! ヾ(≧▽≦)ノ 

e0168736_14371322.jpg
e0168736_14372384.jpg
e0168736_1437327.jpg
e0168736_14374148.jpg
e0168736_14375332.jpg
e0168736_1439468.jpg
e0168736_14394056.jpg
e0168736_14402189.jpg
e0168736_1440338.jpg
e0168736_14404595.jpg
e0168736_14405526.jpg
e0168736_1441821.jpg
e0168736_14412059.jpg
e0168736_14413115.jpg
e0168736_1441432.jpg
e0168736_14415333.jpg
e0168736_1442778.jpg
e0168736_14421940.jpg
e0168736_14422946.jpg
e0168736_1442387.jpg
e0168736_14424887.jpg
イヤイヤ! よかったっすヨ! アメッド! Nサンも Sサンも ホント気さくで イイ方たちだったしネ!
ツアー料金も 1名(昼食付)/$35+税:20.000Rp(前払い)と、個人手配を考えれば 妥当かと思う
が、初心者のチャプチャプ派に やっぱり Diveliteサンは 敷居が高かったようだ!
正直 自力で行けないコトもなく 放置プレーなら ワザワザ ツアーに参加しなくとも… と、思ってしまった
がが、このツアーに参加したからこそ 得たモノもあるワケで 60歳でダイビングをはじめられたSサンのように
その時が来たら 是非、ご指導の程ヨロシクと、お願いしたいと思う
但し、気力と体力と経済力が伴ったらの話! なにせ 将来絶望的なンで! (^^;)(^^;)ゞ


■イブ・クバヤとMr.クトゥ!

e0168736_15192096.jpg
Puri Pandan(宿)に戻ったのは
Pm.15:30頃だったかと思う
喉が渇いていたので たまには イイよネ?と、
宿自慢のレストランで ドリンク in!
マンゴー生ジュース 1杯/15.000Rp(126円)
高いケド… 果実を3つも使用!
ジュサー加減も宜しく しっかり果肉の食感も
楽しめる贅沢な1品だ!
思わず お替り! ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
あ、ヤバッ! 時間が! 即効でシャワーを浴び 急いで 通称:クバヤ・イブの店に向かった
クバヤは正装用の上着で その仕立て屋のイブ(母サン)ってコトで クバヤ・イブと呼んでいる)
ホントは もっと早くに訪れたかったが 連日のシュノーケリングで 営業時間に伺うことが出来なかったからだ
ハイハイ! 間に合いましたヨ! キャアー!!,,,(((*≧∇)(*≧∇)乂(∇≦*)),,,オヒサー♪

で、クバヤ… オーダーしちゃいました!
イアナニ! 写真を届けるだけのつもりが 見ているウチに 欲しくなってしまった次第!
大して切る機会もないのにネ! (^^;)ゞ
でで、前回は ボルディラン(綿や絹などの布帛)だったので 今回は 王道レース地のブロカッド
色は 普段は絶対に着るコトのない 可憐で清楚な白っすヨ! (〃∇〃)ゝエヘヘ
基本は ピチピチに作るのだが 身体のラインが出るのは抵抗があるンで 全体的に緩めにしてもらった
料金は 生地+仕立て代で 225.000Rp(1.890円)!

ででで、姉サマは クバヤではなく パンツ
しかも それは アタクシへのX'masプレゼントで ワザワザ 生地持参! ウレシスギテ (TдT) ダアァァァー!
料金は 生地持込なので 仕立て代のみで 80.000Rp(672円)!
仕上がりは 2日後! 楽しみ~♪ あ、でも 明日には移動… まぁ イイやネ! また来れば!

e0168736_16431935.jpge0168736_16432954.jpg
晩飯は ワンパターンで センゴール(屋台)!
Warung Puspa(ワルン プスパ)ではなく そのお隣のサテ屋サン(バリ風焼き鳥)!
今日は どーしたのぉ~ と、プスパ夫妻
エェ アタクシ! 昨夜のつり銭事件! 根に持っちゃっているンっすヨ!
ただでさ 外国人、ジャポネーゼ、ローカルだけど観光客、完全地元民プライスが 存在しているワケで
そんなコトやってると 客が寄り付かなくなるぞーと、ささやかなる抵抗である! ( ̄‥ ̄)=3 フン

で、当然の如く お隣サンにも 観光客プライスが存在するワケで 欧米系の先客サンは サテのみ/10.000Rp!
我々は ナシ・プティ(白飯)付で 7.000Rpだった! ( ̄w ̄) ウヒャ!
ソト・アヤム(チキンスープ)も 豪華ゆで卵入り! スープもあっさり味で サテのタレが濃いので イイ感じ!
テ・ボトル(瓶入り激甘紅茶)も 常温で3.000Rpと、良心的である!
不幸中の幸い! こんなコトなら もっと早くに試してみるべきだったヨ! 終わり宜しく 何よりである!

食後は アスリ(お気に入りのローカルスーパー)で お買物(安いウチに消耗品の補充)!
と、偶然にも Mr.クトゥ(次の次に移動する宿のマネージャー)と、ばったり!
お連れの女性は はじめお逢いする 奥方のイブ・コマン
キャアー!! ハジメマシテ~♪,,,((*≧∇)(*≧∇)乂(∇≦*)(∇≦*)),,,オヒサシネ!! ハジメマシテ~♪
と、熱き抱擁を交わし あーネ! こーネ!と、店内で 散々大騒ぎした後、彼らは 爽やかに去っていた!
明日は パタンバイに移動だ! 早く宿に戻って 荷物に詰めなきゃネ! ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)(*--)ノ

が、またしても… ゴキ野郎!!! ヒイィィィ!!!ヾ(゚Д゚)ノ
この日は 隣部屋の屋根の葺き替えが行われたようで 移動してきたよーだ! ゾロゾロ… とッ!

ゴキにはじまり ゴキに終わる!
嗚呼 哀しきかな我が人生! なンってこったい! 2度目クチョア クパラ!(頭にポトッ!)
イイとは 心底思えないンで 心底突き抜けるくらい 悪いのだろう

絶対に 忘れないからネ! だって トラウマだもん!
Puri Pandan No.25!! щ(゚ロ゚щ)


【この日の出費/2人分】

・生ジュース(宿レストラン) - マンゴージュース/15.000Rp×4杯=60.000Rp(504円)
・オーダー(クバヤ・イブ) - クバヤ:生地+仕立て代=225.000Rp(1.890円)
・オーダー(クバヤ・イブ) - パンツ:仕立て代=80.000Rp(672円)
・晩飯(センゴール) - サテSet、テ・ボトル、ソト・アヤム×2人=36.000Rp(303円)
・買物(アスリ) - ギキスプレー補充! その他… 248.400Rp(2.087円)


[PR]
by 2121katcat | 2013-04-11 21:43 | 2012-バリ島#2nd | Comments(0)
< << #07:バリ島 霜月-師走 ... #05:バリ島 霜月-師走 ... >>