<< #27-28(34):バリ島... #25:バリ島&マレーシア・... >>
#26:バリ島&マレーシア・W東 2012
■26日目 '12/07/02(月) マレーシア Day-7 / コタバル2日目  灯台下暗しな茶餐室難民!


e0168736_8242054.jpge0168736_8243873.jpg
am.08:00 いつもより 遅めの起床! 旅も終盤… 疲れが出てきたようだ ( ´O`)ゞファーァ
am.09:00 朝食をとるべく 宿を出る! 自分の知る限り マレーシアの安宿に 朝食は含まれていない(タブン)
が、目指す お気に入りの中華食堂が… щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!! お休み? 閉店? 移転か? 
オヤジさんの雲呑麺が 食べたかったのにーーーーーっ! (TдT)(TдT) 

仕方がなしに 別の店を探す
↑は コタバル市内中央に位置する 近・長距離バス・ステーション!
前日の到着時は さして気にも留めなかったが(膀胱がパンパンで… )
長いこと 視界を遮っていたバリケードが外され 工事が完了した模様… 
立派なビルぢんぐが完成し 道路もキレイになり 信号までついていた!
が、ステーション自体は 変わっていないようだけど… (^^;)ゞ



e0168736_8533536.jpg
新たな朝食会場を探すべく
ステーション周辺を探索!
ビルの隙間にも パサール(市場)が
あったりもする
大好きなパサールに 己とテンションが上がり
ついつい 寄り道なんぞ!
フワフワ~((((~´∀`)~ユラユラ~
e0168736_8534135.jpge0168736_93388.jpg
ことマレーシアは 写真が撮りにくい… 2周もして 撮れたのは たったの2枚… アハッ!

e0168736_9677.jpge0168736_961087.jpg
マレーシアの特徴のひとつに 中国文化が融合した軒廊(カキルマ)がある
大きく張り出した屋根が通路となっており 厳しい日差しを避ける 先人の知恵だ

e0168736_9214958.jpge0168736_9215251.jpg
華人が営む 小さな商店が連なっている

e0168736_9234795.jpg
その一角に 一際賑わう
クダイ・コピ(kedai kipi)を発見!
クダイコピとは コーヒー・ショップの意で
大抵は華人が営む 食堂兼喫茶である
最大の特徴は 持込みが可能なこと!
大きめの店舗では 数軒の屋台が同居し
好きな料理を注文することが出来る
そこは 屋台が同居するような大きな店でないが 先客が 新聞を広げながら 粥をすすっていた
もう ココで決まりっしょ!と、席が空くの待ち 勇気を振り絞って 突入!
イヤナニ! 小心者なもんでして… (^^;)(^^;)ゞ
が、残念なことに 粥は客人が持ち込んだ物で 朝は 飲物だけの提供なんだそうだ! (TдT)
がが、親切な店員サンと その独特な雰囲気が気に入り 折角なので コピ(コーヒー)をいただいた
1杯/0.7RM(19.6円)と、お値段も良心的!
さすがに 空腹のコピは胃に沁みたが 線香の香りが漂う店内で過ごす時間は良いものだった

e0168736_9552441.jpge0168736_9552752.jpg

(左):セントラル・マーケット!
(右):各出店ブースは
清潔度に応じて
ランク付されている
「A」は 優良店!
アバウトなようで
しっかりしているようだ
e0168736_1014954.jpge0168736_1015393.jpg
再び 朝食会場探し! セントラル・マーケットの2階には 幾つかの食堂が営業している
麺物、飯物、こと海鮮物が安くて旨い!
が、どーも しっくりこない! 我々の胃袋は 完全に中華モードになってしまったようだ

e0168736_108392.jpgセントラル・マーケット裏に
またまたイイ感じのクダイコピを発見!
これまた実にイイ感じに
ややくたびれたオヤジ様衆が
新聞を広げている
が、残念ながら ココも朝は茶だけ… (TдT)
写真を撮る勇気が無いので
斜めから … 分からンね… アセアセ

e0168736_10475284.jpg

この周辺には 屋台が連なっているも
朝から営業している店は少なく
辛うじて開いていた屋台は
マレーシア料理ばかりだった (;-_-) =3 フゥ

まだ営業前の屋台で 猫サン発見!
乳をせがむ 仔猫!
かわいいやネ! (´艸`)(´艸`) ウフッ!

e0168736_10583733.jpge0168736_1058461.jpg
(左):コタバルの観光案内所!
(右):PCB(Pantai Cahaya Bulan/パンタイ・チャハヤ・ブラン)行の公共バス!
PCBは 「月の光の海岸」なるロマンチックな名を持つビーチの略称である
遊泳には不向きであるも 周辺には幾つかの宿泊施設もあるので バディック工房を見学したり
マレー蛸を眺めながら のんびりするには イイと思います 時間があれば 是非!

e0168736_11243365.jpg
前回は まだ建設中だった
新・パサール(市場)?も完成したようだ
が、開店前? お休み? 移転前?
数軒の衣料品店が開いているだけで
建物内は暗く がら~ん! (^^;)(^^;)ゞ
e0168736_11334397.jpge0168736_1134718.jpg
周辺には 幾つかの屋台があるも やはりマレーシア料理ばかり… まぁ 当然なんだけど!
以前は 駐車場を埋め尽くしていた市も がら~ん…
さすがに 腹が空きすぎて…  イライラ! (;-"-)(-"-;) ヒクヒク!

e0168736_11422322.jpge0168736_11423321.jpg
もう ここまできたら 意地でも 探してやる! └|ーー;|┐└|ーー;|┐ ズンズン!

e0168736_1145342.jpge0168736_11451067.jpg
結局 ぐる~と、周り 宿のあるJl.クブン・スルタンの端まで来てしまった
が、ビビビっと、呼ばれちゃいましたヨ! "HW・Vegetarian House" 
いわゆる 精進料理を扱う 中華系の素菜餐館(食堂)! ヘイヘイ ヘ( ̄∇ ̄ ) カモォーン

e0168736_1158427.jpge0168736_11581226.jpg
食堂といても 客席は 軒下! が、ちゃんと 天井ファンも完備(稼動してないケド)!
ガンガン 直射日光を浴びてきた身には 日陰だというだけでも 十分に涼しく感じる
で、オーダーしたのは 小姐お薦めのなんちゃら素菜麺!
勿論 精進料理なので 主な材料は 野菜や豆、豆腐!
ドリンクは テ・チナ(中国茶)! アイスでも 0.5RM(14円)と、かなり良心的!
一機飲みして 早くもお替りしてしまった!
でで、肝心な麺のお味だが 見た眼以上に ボリュームもあり あっさりとしていて 実に旨い!
朝飯が昼飯になってしまったけど… 彷徨った甲斐があったってもんヨ! ( ̄ー ̄)v

e0168736_1218749.jpge0168736_121814100.jpg
e0168736_12183442.jpge0168736_12184130.jpg
更に うれしいことに 足元には 猫サン~♪ \(≧▽≦)(≧▽≦)/
「猫サン~♪」と、呼ぶと 顔を上げてくれる
姉サマのゴットハンドに お腹を出して ご満悦!
ココでは 猫サンに ゴハンのお裾分けをしても 長々と、遊んでいても 怒鳴られるようなことはなく
猫好きとしては パライダスである 日本も そうならイイのにネ!

e0168736_12232942.jpg
ピンク色のミケトラ猫サン… おそらく ご懐妊中かと思われる
無事に赤子を出産し 元気に育ちますよーに! またいつか 逢えるとイイやネ! p(・∩・)q ガンバ!

e0168736_12334980.jpg

← 「哥本蘇凡華人小飯中心」!
いわゆる大型のクダイ・コピ

e0168736_1244449.jpge0168736_1247851.jpg
宿のあるJl.クブン・スルタン(セントラル・マーケットの東側)は 中華系食堂や屋台が集まるエリアである
軒を連ねているのは 殆どが茶餐室&餐館!
イエナニ いつもは 手前で曲がってしまうもんで… 灯台下暗しとは まさにこのこと! ┐(-。ー;)┌

e0168736_134244.jpg

後ろ髪が引かれれるものの…
後で訪れるとして 向うは スーパー!
お土産ヨ!(((=・o・)ノ ゴーゴー
e0168736_1312694.jpg


観光スポットや名所巡りもイイが
フツーの裏路地の方が スキだったりする

e0168736_13122160.jpge0168736_13123082.jpg
必ずしも最新鋭のモノが イイとは限らない! 単純な構造こそ 長く使えるものだ

e0168736_13123853.jpg

一旦、宿に戻り ひと休憩!
さすがに 汗だく… 
ヘ( ̄  ̄;ヘ))) シャワー浴びたいぞ~!


■華人小飯な2日目の後半!

e0168736_13451243.jpge0168736_1345207.jpg
Pm.15:30 シャワーを浴びて すっきり ウキウキ! 遅めの昼食兼オヤツを求めて
MEDAN SELERA KEBUN SULTAN:哥本蘇凡華人小飯中心」へ (((=・o・)ノ ゴーゴー!
早い話が 大型のクダイコピ=中華系のフードコート!
つまり 複数の屋台がスペースを共有し、料理を提供する屋内型広場である
客は好きな屋台で 好きな物を注文し 後は適当な座っていれば 99%の確率で料理が運ばれてくる
特に番号札なんぞがあるわけでもないのだが 相手も商売 顔は忘れないようだ
ドリンクは 家主サイドの担当で 座っていれば プラプラと、「なに飲む?」と、やってくる
料理もドリンクの支払いも 運ばれてきた時に払えばイイので イージーである

e0168736_14215058.jpg
我々がオーダーしたのは
朝食べ損ねた ワンタンミン・ドライ
(※汁なし雲呑麺)
大抵 大・小とサイズがあるが
何も云わなければ 小になる
e0168736_14252234.jpge0168736_14253058.jpg
餐館のオヤジさんのそれとは 異なるものの なかなか旨かった!(´▽`)=b
ドリンクは 一番安価なテ・チナ(中国茶)! アイスでも 0.5RM(14円)と、ココも良心的!
激甘ドリンクに飽きたときは テ・チナに限る(コンビニでウーロン茶買うと高いのヨ)! 思わず お替り!
ちなみに クアンタンの"李茶餐室"のテ・チナ・アイスは 絶品!
今でも健在なのだろうか? どなたか行かれる方がいらしたら 情報プリーズね! <(_ _*)>

e0168736_14424488.jpge0168736_1442547.jpg
入口には カットフルーツや甜品屋台なんぞもあったりするわけで 手軽にフルコースがいただけてしまう
勿論 好物の蘿蔔糕(大根餅)と蛋撻(エッグタルト)をブンクス(持ち帰り)!
蛋撻は ベーカリー系のクッキー生地よりも パイ生地の方が好みなのだが…
ココのは クッキー生地だった! まぁ デカイん(拳サイズ)で 許すけどネ!

e0168736_1456276.jpge0168736_14561274.jpg
充分にエネルギーをチャージしたところで 再びセントラル・マーケットに突入! (((=・o・)ノ ゴーゴー
勿論 お土産ヨ! イエナニ! 友人からのリクエストで ホリー・バジルを探しているんですゎ!
ヒンドゥー語ではトゥルシー! タイでは バイカパオ! 日本では カミメボウキと呼ばれるシソ科の植物で
原産地インドでは 神聖な植物とされ 史上最強のハーブとも云われているそうだヨ!
バリ島でも探したんだけど 見つからず タイ料理では頻繁に使われているので
タイ国境に近いコタバルなら手に入るだろうと、狙いを定めていた次第!
ハイハイ ありましたヨ! 乾物屋に!
出来れば生で欲しいところだが 植物の持ち込みはNGなので 乾燥したブツを探していたのだが…
見つかったのは ノミのフンの如し小さな種! (^^;)ゞ
念の為に 下から上と 訊ね回ってみたが どこも同じであった
正確な値段は忘れたが 確か… 100g/2RM(56円)だったと思う

ちなみに 縫物をはじめた 母の土産に マレーシア産のバティツク(ろうけつ染めの布)を予定していたが
近年 綿花の高騰により マレーシアにおいても ナイロンやレーヨン混じりのモノが多くなった
綿100%のモノは 安くても20RM前後で (((((ノ゚⊿゚)ノ アゥって、感じ!

e0168736_1533916.jpg

ココに来たからには
この光景は 外せない!
絵葉書に使われる 絶景ポイントである
撮影するなら 午前中がベスト!
e0168736_1536135.jpge0168736_15362786.jpg
e0168736_1539459.jpg
e0168736_15395766.jpg

こーかしら? それとも こーかしら? オノレの腕とセンスでは 限界が… (;-_-) =3 フゥ
ホントは もっと上階からの方が良いのだが なぜかウン◎が多いので 要注意!

e0168736_15424375.jpg

そして 足下には 猫サン~♪ (´艸`) ウフッ!
熟睡です
ウギャウギャ 写真を撮っていても 動じません!
邪魔しちゃ可哀想なんで… ソロリソロリ 静かに 退散!

e0168736_12143360.jpg
e0168736_12144491.jpg
ココにも アソコにも 猫サンが お昼… イエ 夕寝中! かわいいやネ! (´艸`)(´艸`) ウフッ!

e0168736_1222213.jpge0168736_12224329.jpg
宿に戻る前に 一休み! 茶だけでも イヤな顔をされないのが 茶餐室(クダイ・コピ)のイイところ!
呼んで字の如し 喫茶&食堂! 漢字の国に生まれて 少しは助かるってもんヨ! 読めンけど… ブハッ!
「KEDAI KOPI KONG JUNG CAWAN」
テ・タリ(泡立てミルク紅茶)・アイス/1.70RM(47.6円) テ・アイス(ミルク紅茶)/1.40RM(39.2円)!

e0168736_12483748.jpg
Pm.19:30 晩飯会場へと向う!
コタバル最後の晩餐は… パサール・マラム(夜市)も捨てがたいが 迷った末に 茶餐室(クダイ・コピ)にした
「RESTORAN KAMPAN 金□茶餐室」 入口に点心屋台が決め手となった

e0168736_1301282.jpge0168736_1302114.jpg
店内は 外から見たより 広くて開放的!
テ・チナ・アイス(中国茶)は ココでも 0.5RM(14円)と、良心的だ!
点心は 香港のソレと比べれると 味は落ちるが 1皿/1RM(28円)~2.5RM(70円)と、安い!

e0168736_13163322.jpge0168736_13164064.jpg
メインデッシュは 白身魚のお粥 1人前/6.5RM(182円)! ガンガンに熱した土鍋で提供してくれる
必然的に 揚げ物が多い東南アジアの料理の中で シンプルな粥は 胃袋にやさしく溶け込んでいく
しかも デカイ! 2~3人分はあろうかという量である! 食欲大魔王としては うれしいやネ~♪
デザートは (パオ)! コチラもデカイ! 赤子の顔ぐらいはあるだろう
マニス(甘いヨ)!」と、いうので あんまんかと思いきや 甜麺醤(テンメンジャン)かしらん?
甘辛いミソで炒めた豚肉や竹の子などのあんが ぎっしりと、詰まっていた
どーりで オヤジがビール片手に 喰らいついているはずだよネ! (^^;)ゞ
ちなみに 禁酒マレーシアであっても 華人経営の店なら ビールが呑めるよ~ん♪

e0168736_13362062.jpg
宿の傍に出ていた屋台で
夜食用に サテ(焼鳥)をGet!
人気店のようで 結構な人だかりであった
5RM(140円)分で 10本!
高いのか? 安いのか? 簿妙…
が、ピーナッツソースは省いて 正解!
ビールが呑みたいカモ… ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

e0168736_13483299.jpge0168736_13484524.jpg
昼間買った 大好物の蘿蔔糕(大根餅)! (・・*) クンクンクン… まだ セーフのようだ
が、香港のソレとは 別物! タレは 醤油系ではなく チリソース!
中華ハム、干しエビ、大蒜、ネギなどの具材は ふりかけタイプで 味は… 弾力のある豆腐…?
どーするヨ! 2つも買っちゃったンですけど…  そーっと、片付け 天に許しを請う m(_ _)m(_ _)m

e0168736_1435229.jpge0168736_14411.jpg
明日は チェックアウト! とうとう 帰国へのカウントダウンが はじまるぅーーーーーーーーーーーーっ!
その前に お土産詰めないとネ!
腹いっぱいで メンドクサ~イ! (((_Δ_))) ゴロン! ゴルァァアーー!! K◎!ヽ(゚Д゚)ノ by 姉サマ
そーやって 毎度のことながら ダラダラ バタバタと、夜が更けてゆくのあった!


【この日の出費/2人分】

・朝茶(茶餐室) - コピ 0.7RM×2人=1.4RM(39.2円)
・朝飯(素菜餐館) - テ・チナ・アイス/0.5RM×4杯+素菜麺/7.5RM×2人分=17RM(476円)
・土産(スーパー) - 石鹸、歯磨き粉、インフェラー、洋裁ピン、香油、その他 85RM(2.380円)
・昼飯(フードコート) - 雲呑麺(小)/3.5RM+テ・チナ・アイス/0.5RM×2人分=8RM(224円)
・軽食(フードコート) - エッグタルト/1.5RM+大根餅/1.7RM×2個=4.9RM(137.2円)
・土産(S・マーケット) - ホーリー・バジル、香辛料、バティック、その他 48RM(1.344円)
・夕茶(茶餐室) - て・タリ・アイス/1.7RM+テ・アイス/1.5RM=3.2MR(89.6円)
・晩飯(茶餐室) - 点心6品、白身魚粥/6.5RM+テ・チナ/0.5RM×2人分=22.5MR(630円)
・夜食(ヤタイ) - サテ(10本) 5RM(140円)


[PR]
by 2121katcat | 2013-03-23 18:53 | 2012-バリ島・マレーシア | Comments(0)
< << #27-28(34):バリ島... #25:バリ島&マレーシア・... >>