<< #09:バリ島&マレーシア・... #05-06:バリ島&マレー... >>
#07-08:バリ島&マレーシア・W東 2012
■07日目 '12/06/13(水) パタンバイ Day-6 / Mr.コマン!


e0168736_20384225.jpg

am.07:20 起床!
さすがに 眠い! (_ _) ..zz 
が、頑張ってパサール(市場)に 買出し!
でもって 先日世話になったスアミ
妻の美人サンに あらためてご挨拶し
サラ(ヘビの鱗のような果実)を2Kg Get!
残念ながら この時期は好物のマンゴー
品薄なのよネ… (TдT)


am.08:30 朝食(いつものフルコース)! 
この日から 宿の稼働率は いきなりUpの9割! どのゲスト(ファミリー)も 長期滞在とのこと!
レストランは すでに2回転したのだと、レストラン係のレディースたちが ぼやいていた
深夜の到着で 食事にありつけないまま朝を迎え レストランに雪崩れ込んだのだろう
これで 静かなPuri Raiとも おさらば! 絶えられるのか? 我々… (;-_-)(;-_-) =3 フゥ




■嵐の前の静けさか?

e0168736_1630326.jpge0168736_22513385.jpg
:意外というか 不気味な程静かなプール…
オージー・ファミリー軍団は 腹が膨れて寝たらしい…
明け方近くまで騒いでいたのだから 当然か? ちゅーことで 今のうちに プールを堪能!

昼飯は 朝、パサールで仕入れた サラワジ(右画)!
ワジは 子供の頭程の塊から 一口大に切り その場で 削りおろしたココナッツを塗し
黒砂糖に似た グラメラ(椰子砂糖のシロップ)の蜜を どっぷりと、かけた餅菓子である
うげーっ 甘そう… と、思うだろう? が、意外にも やさしく素朴な甘みで クセになる!
しかも 餅は切り置きではなく 注文してから わざわざ切ってくれたので モッチモッチ!( ̄ー ̄)v

e0168736_16353248.jpge0168736_1635569.jpg
Pm.14:00 イブ・ニョマン(ビーチの物売り)と Minum kopi di pantai(ビーチで珈琲ブレイク)!
お茶菓子(右:中央)は バリ版ベビースター・ラーメンのクエ・ミー・ゴレンンとタピオカ・チップス!
で、このクエ・ミー・ゴレンン! ウアン(現金)のクジ付!
才ォォ-!!w(゚o゚*)(゚o゚*)(゚o゚*)w 当っちゃったヨ! 5.000Rp(45円)!
日本円にして 僅か45円であるも 現地の物価にすると 飯代1食分!
が、こーやって 運を使い果たしてゆくのかと思うと なんだか複雑… (・・;)ゞ

で、この日は 商品が潤っていたこともあり 姉が真鍮のカメとバティックをお買上げ!
いつも ご馳走になってばかりいては 心苦しいしネ!
すると 「これは お母さんに!」と、麻で編んだバックを わざわざサインしてプレゼントしてくれた!

e0168736_173193.jpg

Pm.15:30頃 Mr.コマンが 宿に訪ねてきた
彼は 到着時に世話になった(ヤンクン一家とボートトリップ
ジュクン(バリのトラディショナル・ボート)の船頭で 人柄も良く
また 偶然にも 併設するダイビング・ショップとも
繋がりがあり 何かと好都合である
もしも 金額が折り合えば… と、探していたところ
見掛けたら 伝えておくよん!」と、
レストランの男性スタッフが呼んでくれたのだ

← 中庭から見た宿の入口!
右側が レセプション兼ゲストの朝食会場で
左側が 同経営のイタリアン・レストラン!
早速 交渉開始! まず 我々には決まった船頭ガイド(W・ワヤン)が居ることを話した
毎回世話になっているチャンディダサの漁師で 2人ともワヤンなので 略してW・ワヤン!)
すると 通常なら 当バタンバイ・エリアのブルーラグーンタンジュン・ジュプンの2ポイントで
2.5時間(移動時間は含まず 機材・ガイド込)/2名/25万Rp(2.250円)!
が、2度目なんで→ 20万Rp(1.800円)! がが、トゥマン(友達)割引で→ 15万Rp(1.350円)!
ががが、更に スペシャルだと 10万Rp(900円)! エェッ!? ∑(゚ロ゚;)(゚ロ゚;) エェーーッ!?
フツーに安いのに 半額以下とは 太っ腹じゃねーか! 実際には 小ぶりのMr.コマン

正直 ココロが グラン グランと、揺れた!
W・ワヤンなら 時間に制限はなく ランチ付ではあるも 同ポイント/40万Rp(3.600円)!
隣町を拠点とする彼らの場合 なによりも その移動時間がネックになる訳で…
水着のまま チャチャと、行けて戻れるのが ありがたい! しかも 安いし… (-ε-)(-ε-) 

と、いうことで 彼らには悪いが P.P.Pチャンディダサ滞在時は W・ワヤン
パタンバイの滞在時 同エリアは Mr.コマンにと、使い分けることにした

で、この旨を伝えるべく 彼らに連絡すると 寡黙なガイド・ワヤンは 「当然だよ!」と、
すぐに納得してくれたのだが 船頭のボス・ワヤンは 「なぜ なぜ どーして?」と、ヘ(゚◇゚)ノ
SMS攻撃を受けるハメに…
気持ちは分かるが 予算ってもんがある訳で 近くて安ければ 仕方がいよネ? ネ?

e0168736_22482100.jpge0168736_2248653.jpg
晩飯は いつもと同じ Warung JAW(ムスリム食堂)!
オーストラリの長期休暇がはじまり 普段はローカル一色のJAWも オージーで染まる
欧米人はワルンや屋台を苦手とすると、聞くも さすがは バリ島訪問客数No.1国である!
ちなみに 現在の2位は 上位にランクしていた日本人を抜かして 中国人らしいっすヨ!

と、いうわけで チャチャッと、チャップチャイ(バリ風八宝菜)・ライスを食し 後続者に席を譲ると
イブが気を遣ってか ドリンク代をサービスしてくれた!

食後は いつもようにチナトコに寄り 虫除けクリームとコピ(バリコーヒー)を買うと
イブ・スンダリが またまたクエ・クリスピーをサービスしてくれた!
最近 妙に気前がイイのだよネ! そろそろ「ぼったくりばあーさん」は返上かしらん?

Mr.マルコ(アートショップの店主)は帰省中なので ダイビングショップ(水が安い)で
アクアと絵葉書を買ってから宿に戻った
さすがに寝不足なので 生あくびが… ( ´O`)ゞファーァ 今夜は静かだとイイのだけど…


【この日の出費/2人分】

・パサール - サラ 2kg/20.000Rp(180円)
・パサール - ワジ(ジャジョー)/1.000Rp(9円)
・土産物(イブ・ニョマン) - バディック、真鍮のカメの置物/2ケ 65.000Rp(585円)
・晩飯代(JAW) - チャプチャイ、ナシプティ、エス・テ 21.000Rp(189円)
・買物(チナトコ) - 虫除けクリーム、バリコーヒー 20.000Rp(180円)
・買物(ダイビングショップ)  - アクア/1.5ℓ、絵葉書3枚 5.000Rp(45円)



■■08日目 '12/06/14(木) パタンバイ Day-7 / イブ・ニョマンのお宅訪問とRespect it each other!


e0168736_22102788.jpge0168736_22102930.jpg
am.07:00 起床! やや出遅れたも パサール(市場)へ ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)(*--)ノ
パサール通り立つ肉屋サンの前で おこぼれを待つ ワンコ!
車が来ようが バイクがかすめようが 気にするそぶりもなく ただひたすら店主の手元を凝視!
一体如何程ご相伴に預かれるのか分からんが 帰りも まだくれくれビームを送っていたヨ! (^^;)ゞ

e0168736_22183335.jpge0168736_22185010.jpge0168736_22202868.jpg
e0168736_22203739.jpg

いつもと同じく 美人サンのブースへ向う
この日は 2人の子供たちも一緒! 才ォォ-!!w(゚o゚*)w
暫く見ぬ間に 大きくなったこと!
が、まだまだ お母さんに甘えたいお年頃!

マタクチン/1Kgと バリ産のみかん/半Kg お買上げ!

e0168736_2227384.jpge0168736_22274774.jpg
普段は 甘い物や餅菓子を苦手とする姉サマも ジャジョー(バリ語で餅菓子)は別腹らしい!
昨日と同じイブから 3種類のジャジョーを それそれ1.000Rp(90円)分注文!
切り立てがイイのよネ… (¬д¬。) ジーーーッ 熱い視線を送ると 仕方がないわネ…と、(実際は無言)
バケツ(中に隠してある)から 子供の頭程ある餅の塊を取り出し 切ってくれた! ( ̄ー ̄)v

e0168736_22395834.jpge0168736_2239427.jpge0168736_22395051.jpg
宿に戻り 待ち切れんと、ばかりに かぶりつく! 生菓子ゆえに 早い方がイイしネ! 朝食前だけど… (^^;)ゞ
ジャジョーは 個々に竹の葉で包まれ 細い竹串でとめられている
バナナや竹などの植物の葉には 葉の移り香を楽しめることや 殺菌・抗菌作用があり
最近はプラスチックに ホッチキスを使うことが多くなったそうだが やはり昔ながらのスタイルがイイやネ!

e0168736_22403939.jpge0168736_22404963.jpge0168736_22405621.jpg
宿に戻り 待ち切れんと、ばかりに かぶりつく! 生菓子ゆえに 早い方がイイしネ! 朝食前だけど… (^^;)ゞ
ジャジョーは 個々に竹の葉で包まれ 細い竹串でとめられている
バナナや竹などの植物の葉には 葉の移り香を楽しめることや 殺菌・抗菌作用があり
最近はプラスチックに ホッチキスを使うことが多くなったそうだが やはり昔ながらのスタイルがイイやネ!
まずは から 正式名は不明であるが クリーム状の物体で 正直見た目は悪いが 妙にクセになる!
中央:これまた正式名は不明であるも 形・食感は 餡入りの潰れた白玉!
:姉サマお気に入りのワジ! 他にも種類があるが 黒餅に軍配があがる!
どれも グラ・メラ(椰子砂糖のシロップ)とココナッツ・フレークが たっぷりで旨かったっす!(´▽`)=b

am.08:45 朝食(いつものフルコース)!
稼働率が9割になり 席取り合戦になるかと思いきや 朝の遅いオージー・ファミリー軍団!
レストランに来ていたのは祖父母だけで 後は仲良くなったホモさん'sと 数組の若いカップルだけだった
食後は まだ軍団が来ないうちに プールでピチピチ! ぶるなん さんた~い(ノンビリ泳ぐ)♪

e0168736_14151617.jpge0168736_14152357.jpg
午後を回ると ゾロゾロと、軍団がプールに集合!
一組一組は悪くはないのだが 集団ともなると あらぶる傍若無人ぶりに 空いた口が塞がらない!
3つあるプールの1つは お子様! 2つ目は祖父母軍団、3つめは若夫婦軍団に占領され
こと 若夫婦軍団は どの方も体格宜しく 特に泳ぐわけでもなし ビール片手に 夕方まで温泉状態!
ふやけるだろーに 風邪ひくだろーに… と、思うのだが 全然平気なようで 
滞在中は ずーっと、こんな調子で 他のゲストは ヤレヤレと、引き上げる有様であった! ┐(-。ー;)┌

Pm.14:00 イブ・ニョマン(ビーチの物売り)と Minum kopi di pantai(ビーチで珈琲ブレイク)!
お茶菓子は 朝パサールで買った マタクチンとクエ・ミー・ゴレンン(バリ版ヘベビースターラーメン)!
この日も 見事5.000Rp当りグジが! ∑(=゚ω゚=;) マジ!? なんて引きが強いンだ!>オノレ
が、イブ・ニョマン(買った本人)に権利があるわけで はじめてなのヨ!と、大喜び!ヾ(≧▽≦)ノ

e0168736_14594995.jpg

その後は パンタイで のんびり! 眉間に皺を寄せながら (-"-;)ヒクヒク プールで泳ぐよりもイイしネ!

e0168736_1532732.jpge0168736_1541863.jpg
:我々が宿泊している宿の並びにある "パダンバイ・ビーチ・イン"のスタッフ カデちゃん
イブ・ニョマンと同郷で 家計を助ける為に単身住込とのことで 色々気に掛けているそうだ
:同業者であり おしゃべり仲間のイブ・マデ! とても控えめな方で 流暢な英語を話す
彼女の家は内陸部のウブドにあり わざわざベモ(乗り合いバス)を3回も乗り継ぎ 
数時間掛けて行商に来ているのだそうだ
観光客の多いウブドの方が よっぽど稼げそうだが 小洒落たSHOPが多いウブドでは
自分らのような古いスタイルの行商では 全く相手にもされないのだと云っていた
この村には 様々な事情を抱えて働きに来ている人たちも多く 知れば知るほど 複雑な思いが募る

e0168736_16235198.jpg

pm.17:55 馳せ参ずるは イブ・ニョマン宅!
約束の5分前だというのに 通りで待ち構えていた
親しくなると 良く招かれるが これまた正直複雑…
当然ながら 誰の家にも ホイホイという訳にはいかず
良い関係を保つには 何事も過ぎない方がイイからだ

で、彼女の家は パサール(市場)やプラ(寺院)がある
通り沿いの丘の中腹にあった
左に行けば パンタイ・ビアス・トゥガル(白砂のビーチ)!
直進すれば パナタイ・ヒタム(黒ジャリのビーチ)に通じている
彼女曰く 自分の家は貧しいと云っていたが
我々的には 高台の一等地である!

e0168736_16275456.jpge0168736_16283142.jpg
普段着&手土産不要とのことであるが 突然の訪問に加え 舅、姑、義兄弟夫婦同居の大所帯!
嫁としての彼女の立場を考え 日本から持って来たた煎餅を持参した
まずは サンガ(バリの家に必ずある家寺)に手を合し ご家族と挨拶を交わしてから
彼女ご自慢のウサギと九官鳥?を見せてもらった! おしゃべりも達者で よく躾けられていた
こと鳥を飼うことには特別な意味があるのだそうだ その鳴き声を楽しむだけではなく
鳥は権力(富)の象徴とされ 家財を売り払ってまで飼う人が居るのだそうだ
それじゃ意味ないと思うケド… (^^;)(^^;)ゞ

で、夕食を用意するとの事であったが ご主や義理姉夫妻は まだ仕事中で戻っておらず
また お姑さんは数年前に目が不自由となり 今は殆ど寝たきり状態なのだという
それでは さすがに気が引けるので 最後に写真を撮り お暇させていただいた
e0168736_16562073.jpg
左から お舅さん、義弟夫婦、義妹夫婦と孫!
ちなみに Vサインの義姉サンとは ちょっとした顔見知り! まさかご家族だったは… ホント びっくり!

帰り際 チャナン(バリ・ヒンドゥー教の神々へ捧げる小さな花カゴの供物)をいただいた!
駆け付けてくれた義姉サンとも ギリギリセーフでご挨拶! 恐らく 彼女と同じ嫁入り組と思われる
殆ど話は出来なかったけど 兎に角腰が低くて イイ方だった! <(_ _*)(_ _*)>
お宅訪問は とっても緊張するけど その国、その土地の人たちの生活を垣間見ることが出来る訳で
貴重な経験であるも 緊張しっぱなしで カメラを向ける余裕もなかったけど
まぁ それだけが目的じゃないしネ! 彼女への義理も果たせたし それなりに楽しかったデス! ハイ!

■Respect it each other

すっかり陽も暮れ その足で Warung JAW(ムスリム食堂)に向った!
幸いにも店内には 4人程のローカル客が皿を摘んでいるだけだった
笑顔で迎える店主夫妻と息子サン+店員2名!
ホレっと、鶏の腿肉を掲げ 「揚げ立てはウマイぞ!」と、いわんばかりのジェスチャー… では2人分ヲ!
フムフムと、満足気に 油の張った鍋へと放り込むと、バチバチバチ パンパン ジュジュジューーーッ!!!
まるで爆竹が踊るが如く 油が跳ねあがり スパイスの香りが広がった
後は店内で待つばかり! イブに飲物を告げ 中に入ろうとすると…
ん? それはナニ? 見てイイ?」と、イブ包み(ハンカチでチャナンを包んでいた)に興味を示した
あ、コレ? チャナン! 知り合いからお土産にいただいた… Σ(゚д゚;) アッ… 
すぐさま後悔するも 時既に遅し イブの顔から一瞬にして笑顔が消え去り… ヒイィィィ!!!ヾ(゚Д゚)ノ
当然だよネ 幾ら異教徒に寛容でも チャナンを持ち込むのは 失礼だよね… (ノ_-;)ナンテコッタイ…
チャナンに込められたポロサンと呼ばれる葉は 神のシンボルとされ 神々と繋がると信じられている)

が、問題はココから! イブは何を勘違いしたのか 店員A子(バリ・ヒンドゥー教徒)に命じて
チャナンを店内にあるプランキラン(神棚)に供えてしまったのだ! エェッ!? ∑(゚ロ゚;)(゚ロ゚;) エェーーーッ!?
マジ! 神隠し的な一瞬芸で!
しかも プランキランは 元土産物屋の置き土産(JAWは一年前に現店舗に移転)で
当然ながら ムスリム(イスラム教徒)であるイブたちが使うはずもなく ホコリに塗れて ボロボロ…
見せて!っていうから 見せただけなのに… あげるなんて 一言も云ってないのに… (TдT) 

e0168736_13482765.jpg



← 揚げ立てアツアツのアヤムゴレン(鶏の唐揚げ)!
(※放心状態のアタクシに代わり姉サマ撮影!)
熱かったハズ… 
旨かったハズ…
が、チャナンが気になって 喰った気がしなかった
それでも喰っているあたりは いかにも自分的であるが
さて どうやって誤解を解くべきか?
どうするヨ? 自分! ヘ(°д°)ノ アゥアゥアゥ…

「サラ… ミンタ マアフ… 」
結局 上手く説明出来ぬまま 誤った
誰も気にしていないようであったが チャナンをくれた イブ・ニョマンの好意に対して…
例え勘違いでも バカな観光客に応え 供えてくれたイブたちの好意に対して
何か云わずにはいられなかったからだ
Respect it each other… すべては そこにあるのだと思う

さすがに 精神的ダメージーが強く 疲労困憊… この日は どこにも寄らずに宿に戻ることにした
途中 カキリマ(移動式屋台)のマス(店主)と ばったり!
約1週間目にして やっと合えたヨ! キャアー!!,,,(*≧∇)乂(∇≦*)),,,オヒサー♪

ココには 2台のカキルマ(知る限り)が村を巡っていて 彼の方が値段は高いが
個人的には彼の方が気に入っている! 2度目からはオマケしてくれるようになったしネ!
折角なので 一碗所望したところであるも 晩飯を済ましたばかりだし まだ胸がいっぱいで…
が、どーせ 後で小腹減るだろーしと、ブンクス(持ち帰り)した!

e0168736_1349285.jpg


←ブンクスした バッソ(肉団子入りスープ)!
持ち帰りは ビニール袋がお約束!
肉団子、揚げワンタン、春雨、キャベツと、具沢山!
味も好みの辛さに調節してくる 勿論 激辛!

が、うっかり 揚げワンタンを別盛りにしてもらうのを忘れ ふやける前に 即食!
やっぱ 揚げワンタンは カリカリじゃないとネ!
胃袋が燃えるようなパンチのきいたスープに 元気が湧いてきたヨ!
旅の恥は掻き捨て 世は情け?  ウシャー また明日から仕切りなおしだ! p(・∩・)qフンフン


【この日の出費/2人分】

・パサール - マタクチン/1kg、みかん/ハーフkg 20.000Rp(180円)
・パサール - ワジ(ジャジョー)3種/3.000Rp(27円)
・晩飯代(JAW) - アヤムゴレン・ララパン、ナシプティ、エス・テ 29.000Rp(261円)
・夜食(カキルマ) - バッソ/1人目 5.000Rp(45円)


[PR]
by 2121katcat | 2012-10-12 20:47 | 2012-バリ島・マレーシア | Comments(0)
< << #09:バリ島&マレーシア・... #05-06:バリ島&マレー... >>