<< #07-08:バリ島&マレー... #03-04:バリ島&マレー... >>
#05-06:バリ島&マレーシア・W東 2012
■05日目 '12/06/11(月) パタンバイ Day-4 / チャンディダサに プチ・トリップ!


e0168736_1255176.jpg

am.07:00 起床!
この日も パサール(市場)は NG(寝坊)!
am.08:00 朝食(いつものフルコース)!
お替りのコピを貰い まどろんでいると
Bossが 鍵を届けにやって来た
(※元プール係のボスで 今期から客室担当)
それは ベットメイク完了の合図でもあり
担当であることを意味している
以前の彼を知るだけに 妙な感じである
で、この日の朝は 日本人ゲストの姿があった! 数組のグループで 在住者かと思われる
席も近く 眼が合ったので 軽く会釈するも ぶっちぎりのシカト!
「日本人は礼儀正しいというが なぜ日本人同士は挨拶しないのだ?」と、サブマネージャのMr.マデ
①日本人礼儀説の崩壊 ②個人主義化 ③我々が透明人間だった ④単に毛嫌い ⑤差別?
ちゅーか 本人にお訊きなさいヨ!と、いいたかったが 言葉乏しく
最近は 日本人同士でも言葉が通じないのだと、云ってしまった!
Mr.マデ!首を傾げる (゚_。) ヘェ? が、ある意味嘘じゃないよネ? ネネネ?




■チャンディダサで 初クバヤ!

この日は 特に予定もなし 写真を届けに チャンディダサまで出掛けることにした
am.09:30 宿を出発! 途中 Mr.マルコに挨拶をして ベモ(乗り合いバス)コーナーに向うと
ダーリン初訪時から世話になっているパサールの青果屋台の美人サンの旦那)に ばったり!
ついでがあるから 乗せてあげるよ~ん!
が、申し訳ないし まだ美人サンに挨拶してないし 何か問題があっても困るし…
で、パサールに走り 美人サンに挨拶&許可を得た!
どーせ 遊んでいるだけだから コキ使って~!」と、美人サン! では遠慮なく!( ̄0 ̄)/

e0168736_15134591.jpg

チャンディダサまでは 車で約20分!
ACもなく 小型で古い車両であるも ノンストップで快適!
しかも タダだというのだから ありがたい!<(_ _*)> 

ちなみに 一般的な料金は(パタンバイ-チャンディダサ/1人)…
ベモ(乗り合いバス)→ 5.000~10.000Rp(45~90円)
オジェ(バイクタクシー)→ 15.000~20.000Rp(135~180円)
プラマ(ツーリスト)・バス→ 25.000Rp(225円)
TAX→ $10前後(800円~)!
で、チャンディダについての詳細は 省略するが…
ココは はじめてスノーケリングの楽しさを覚えた記念すべき場所であり
ジュクン(トラディショナルボート)の船頭:ボス・ワヤンガイド・ワヤンの住処でもある
今回は滞在を見合わせたが 比較的簡単に行き来出来るので 気分転換には ちょうどイイ!

まずは お気に入りのアスリ(ローカルスーパー)へ! 掘り出し物があるのだよネ! (((=・o・)ノ ゴーゴー
が、その前に “ヘ( ̄ー ̄ )オイデオイデ!と、手招きされて 吸い込まれるように 仕立て屋サンへ!
前々から欲しかったんだよネ! クバヤ

クバヤとは バリ島の民族衣装で 女性の正装用の上着!
既製品もあるが 殆どの女性が お気に入りの生地を持ち込み オーダーメイドで作るそうだ
勿論 店内にある生地でもOK!
生地やデザインにもよるが 料金は 1着/200.000~400.000Rp(1.800~3.600円)!
しかも 今の時期は暇なので 3時間もあればOKとのことである!
早速 店内にある在庫(種類が少ないケド)から 最近の主流だというボルディランと、呼ばれる
コットンの布帛を選び 店主のお勧めのデザインで採寸!
腰のラインを強調した ピチピチが良しとされるも "ボンレスハム"になるのは避けたいので
少しルーズに仕上げてもらうことにした! 後は 数時間後のお楽しみ!(´艸`)(´艸`)ウフフ!

で、ガイド・ワヤンに ばったり! ウキャアー!!,,,(((*≧∇)(*≧∇)乂(∇≦*)),,,オヒサー♪
明日だよネ(スノーケリング)? どうしたの? どこ行くの? ココには滞在しないのか?と、
普段は寡黙な彼が 珍しく機関銃!
こんなチャンスは 滅多にないので(ボス・ワヤンに遠慮しているもんで…) 携帯番号を交換!
ついでに 次回の参考に お宿見学なんぞ!
" Iguana Bungalow (イグアナ・バンガロー)" $15~30 プールもあり 立地も(´▽`)=b
前にも何度か問合せてみたが返信がなく 偶然にも彼が知り合いだというので 見学!
が、残念なことに イイなぁ~と、思う部屋は 年間を通じて長期滞在の欧米人で 予約済み…
がが、彼を通じて予約出来ることが分かったので マイリストにインプット! ( ̄ー ̄)v

ガイド・ワヤンと別れ(仕事中だったらしい… ) 写真屋のオヤジさん、両替所のおねぇーチャン
前回渡せなかったドライバーのMr.DeDeに写真を渡し アスリでお買物!
スタッフのイブイブ(ご婦人方)も変わりなく みんな元気そうで なによりであった!

e0168736_14202438.jpge0168736_14202934.jpg
あらかたの目的を済まし "Warung Puspa"(警察署前広場のフードコート)で 遅めの昼食!
覚えているかしらん… 覚えていてくれましたヨ! (≧▽≦) ウヒャ!
残念ながら ハイテクな奥方は不在であったが 息子くん(兄)がお手伝い!

e0168736_14203369.jpge0168736_14203747.jpg
海を望む 縁台に席を取り オーダーしたのは エス・テとミーゴレン(炒麺)! 甘辛のソースが美味!
デザートは 息子くんが作ってくれた エス・ブア(カットフルーツ入りかき氷)!
パパイヤ、マンゴ、スイカ、メロン、バナナ、チャンドル(ゼリー)、タピオカ… と、具沢山!
ココナッツミルクとグラメラ(椰子砂糖のシロップ)がマッチして ウマウマっ! (´▽`)=b

e0168736_1513468.jpge0168736_1513869.jpg


店主のMr.クトゥ
息子(兄)くん!
写真のお礼に 今夜 イカン(魚)料理をご馳走をご馳走するヨ!と、Mr.クトゥ
が、そろそろ帰らなくちゃ! お気持ちだけいただいておくネ! <(_ _*)>トゥリマカシ!

e0168736_15221850.jpge0168736_15222211.jpg

笑顔が素敵な
仕立て屋さん
ご夫妻!
← のクバヤ
最新モデル!
スケスケ…(汗)
あっとい間の3時間! イヤ 4時間か… ?
で、待望のクバヤは 仕上がっていましたヨ! サイズも 希望通りのルーズ仕様! ( ̄ー ̄)v
特急仕上げ+姉サマ用と2着で 600.000Rp540.000Rp! 1着/270.000Rp(2.430円)!
ケーキとお茶も ご馳走さま! 次は レース生地で仕立てもらおうかしらん! (〃∇〃)ゝエヘヘ

e0168736_15452223.jpge0168736_15563778.jpg
時刻は pm.14:00! 少し前まで ブンブン 走っていたベモの姿が ばったり…
(※ベモ:ミニバンを改良した乗り合いバス)
ぼぉーと、してても仕方がないので 進行方向に じゃらん! └|∵|┐└|∵|┐
歩いて帰れるかも~ などと、無理は禁物! 灼熱地獄のアスファルト 20分程歩いて ギブ!
と、そこに ブゥーンと、ようやく現れた オレンジ色のニクイヤツ! ハイハイ \(>0<)/ 乗せてーっ!
貸切なんで 1名/10.000Rp(90円)! えーっ! こんなに歩いたのにー! (-ε-) チッ!
が、やっぱ楽ちんだネ!と、よろこぶ 姉サマ! ウンウン 運転手が救世主に見える! (☆人☆)

e0168736_16182647.jpge0168736_1618302.jpg
すっかり 約束のお茶の時間(pm.14:00)に 遅刻!
宿には寄らず その脚で イブ・ニョマン(ビーチの物売り)の処へ向った
今日は 少し忙しかったから ちょうどよかったゎ!」と、変わらぬ笑顔で
熱々のコピジャジョー(バリ語:餅菓子全般)を出してくれた! <(_ _*)(_ _*)>トゥリマカシ!

e0168736_16352830.jpg


夕方 ひと泳ぎし 少し早めに 晩飯!
向うは Warung JAW(ムスリム食堂)!
この日は アヤムゴレン・ララパン
(※鶏の唐揚げの生野菜添え)
で、写真を撮ろうとした その瞬間に停電…
まぁ よくある事であるも これも記念?
暗がりで食す晩飯も おつなもんデス!
e0168736_16443158.jpg


食後は ゴーストレートに 宿に戻った
明日のスノーケリングに備えて 体力温存さ!

ちなみに ← が はじめて作った K◎クバヤ
姉サマは 白地に紅色の刺繍を施し
スタンドカラーと大きめのボタンが特徴…
って、写真撮り忘れてるしーっ! (ノ_-;) アチャーッ!
まぁ 滞在中に出番があれば その時にネ!
ってことで 就寝! (_ _) ..zz


【この日の出費/2人分】

・買物(アスリ) - 314.000Rp(2.826円)
・アクア(ワルン) - 3.000Rp(27円)
・昼食代(プスパ) - エス・テ、ミーゴレン、エス・ブア 30.000Rp(270円)
・クワヤ - 2着(布・仕立て代込)/540.000Rp(4.860円)
・ベモ(乗り合いバス) - チャンディダサ→ パタンバイ 10.000Rp×2人=20.000Rp(180円)
・晩飯(JWA)  - エス・テ、アヤムゴレン・ララパン36.000Rp(324円)


■■06日目 '12/06/12(火) パタンバイ Day-5 / P.P.P(パンタイ・パシール・プティ)で シューケリング!


e0168736_20373335.jpg

am.08:00 清々しく 起床… 
ゲッ!? ゲゲーーッ! щ(゚ロ゚щ)щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!
目覚ましが鳴らず 大慌て!
約束は am10:00! 念の為 「30分遅れる~ 」と、
W・ワヤン(ボス・ワヤン&ガイド・ワヤン)にSMSを送り
速攻且つ、しっかりと フルコースを平らげ
ベモ(乗り合いバス)コーナーへ ダッシュ! ε=┌(;・ェ・)(;・ェ・)┘
が、こんな時に限って ベモの姿もなければ
ちょっと期待していた 美人サンのダーリンも居ない…
と、ひょこり現れたエニちゃんが ベモを探して確保!
チナトコの店主イブ・スンダリの次女)
さすがは パタンバイBossの娘!p(・∩・)q

e0168736_2123489.jpg

am10:15 チャンディダサに到着!
彼女のお陰で 15分の遅刻で済んだ!
<(_ _*)(_ _*)>トゥリマカシ!

W・ワヤンとの挨拶は
個々に済んでいるので 省略ネ!
早速 ジュクンに乗り込み (((=・o・)ノ ゴーゴー
空は あいにくであるも
水温もマズマズで 波も穏やかである

で、最初に向うは ギリ・ミンパン島
アムック湾の沖合い2kmに浮かぶ3つの小島で 大物遭遇率が高い!

ウオォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w ウオォォーーー!!

毎度のことながら 画像がないので その感動をお伝えすることが出来ないも
想像して 妄想して とにもかくも ブラボー!
しかも 張り切るガイド・ワヤン! ポイトを変えて2本! 計1時間半の海遊!
お陰で カメさんや大きなハコフグに出逢えて ウキャキャキャーーッ! v(≧▽≦)(≧▽≦)v

e0168736_2219750.jpg


そして White sand berchこと
通称:P.P.P(パンタイ・パーシル・プティ)に到着!
白砂と呼ばれるビーチは 他にあるで
個人的には アンナプラP.P.Pと、呼んでいる
正確には チャンディダサアンナプラの中間で
白砂というよりは ゼブラだけどネ!
まぁ 毎回同じ場所なんで 詳細は省略するヨ!

e0168736_1714766.jpge0168736_1715721.jpg
:いつもお世話になっている Warung Sea Breeze(シーブリーズ)! 日本でいう海的家!
経済派としては 出来れば利用を避けたいも トイレ、シャワー、荷物番を兼ねているので 良しとする
が、残念ながら 店主のマダム・アユ夫妻は不在… あ、でも 兄さんには逢えました!\(>▽<)/
:通称:カメ・イブ(ビーチの物売り)! 毎回訪れた初日に "貝細工のカメ"を買っている
べらぼうに安いってわけではないが 値段より気持ち! この旅で4つ目となった!
カメが好きだった じー(チチ)の仏壇に 仲良く並んでいる! ( ̄ー ̄)v

e0168736_188582.jpge0168736_189647.jpg
昼飯は 釣り立て 焼き立て 新鮮アツアツなイカン・バカール(焼魚)!
サンバル(チリソース)とサンバル・マタ(生サンバル)は イブ・ナガ(ボス・ワヤンの奥方)特製!
こと サンバル・マタ(左画下)は 焼魚に欠かせない薬味で 絶品ヨ! d(´▽`)b
デザート(右)は Warung Sea Breeze(シーブリーズ)からのサービス!
商売上手ともいえるが 悪い気はしないし やっぱり うれしいやネ! <(_ _*)>トゥリマカシ!

e0168736_148022.jpge0168736_14888.jpg
1時間程休憩し ビーチエントリーでスノーケリング!
P.P.Pは カメさん遭遇率が高く 普段は外洋を遊泳するマンタも 沿岸域で見れちゃったりする
が、見た目以上に 海流が複雑! 場所や時間帯、日によっては 遊泳には不向きであるも
この海域を知り尽くす ガイド・ワヤン! 上手く流れを読んでくれるので 安心だ!
お陰で この時も 中型のカメさん2匹と小型のマンタを見ることが出来たヨ!\(≧▽≦)(≧▽≦)/

e0168736_14303783.jpg
e0168736_14305196.jpg
e0168736_14305988.jpg
pm.15:30 そろそろ お戻りの時間!
いつも出迎え&送り出してくれる 陽気で、お茶目なP.P.Pの漁師さんたち!
ありがとう! また来るね~♪ \(≧▽≦)(≧▽≦)/

e0168736_16153920.jpge0168736_1615488.jpg
左:ジュクンの船頭/ボス・ワヤン
右:我らの秘密兵器こと 寡黙なスノーケリング・ガイドのガイド・ワヤン

e0168736_16183811.jpge0168736_16185236.jpg
左:行きは雲で隠れていた アグン山
バリ島最高峰(3142m)のアグン山は バリ人々にとって最も神聖な山として崇められている
右:帰りは パタンバイまで送ってくれた! 勿論 追加料金はナシである! <(_ _*)>トゥリマカシ!

■お祭り騒ぎの深夜!

e0168736_16293154.jpg
ウダン(Udeng/頭に巻く布)を巻き、正装するMr.マルコ
Jl.セガラ(海岸通り)沿いにある 小さなアートショップの店主で 初訪時から世話になっている)

Pm.19:00 晩飯に向うべく 宿を出る
途中 Mr.マルコの店に寄ると、郷のタンパクシリンでウパチャラ(行事)があり 2日程留守にするとのこと!
丁度 アナ(息子サン)が迎えに来たので 挨拶もそこそこに 店の片付けを手伝い見送った!

e0168736_16462325.jpge0168736_16463515.jpg
晩飯は いつものWarung JAW(ムスリム食堂)!
オーダーしたのは 昨夜と同じ 左:アヤムゴレン・ララパン(※鶏の唐揚げの生野菜添え)!
特に鶏肉ファンではないが 日本のそれに比べると アジアのそれは自由歩きなので
身が引き締まっており 弾力があって旨いと思う しかも 捌き立てなので新鮮! ( ̄ー ̄)v

食後は チナトコに寄り エニちゃん(店主イブ・スンダリの次女)に あらためて 今朝のお礼なんぞ!
それに 見た目に反して(スマン)心配性なイブ・スンダリ
何も買わずとも 顔を出さないと、何かあったのではと、心配するもんで!
が、結局 シャンプー買ったけど!
がが、夜食に喰えと、右:またクエ(菓子)をサービスしてくれた! <(_ _*)(_ _*)>

pm.23:00頃 たっぷり 泳いだ日は 心地良い疲れと共に 睡魔がやって来る! ( ´O`)ゞファーァ
どちらかともなく ベットに潜り込み 早めの就寝!
ところが いかんせん 騒がしくて眼が覚めてしまった!
バリの発着便は夜中に集中している為、当然ながら深夜にチャックインするゲストも多い!
しかも オーストラリアの長期休暇が本格的に始まり 次々とゲストが到着してるようだ
しかも しかも 圧倒的に ファミリーさん! (;-_-) =3 フゥ 
しかも しかも しかも 同じ便に乗り合わせ 偶然にも宿が同じネーーっと、話しが弾む!
瞬く間に20人を越えると思われる人影が 薄暗いプールを囲んで大宴会!
キーキーッと、奇声を上げながら あらぶれる 元気ハツラツなおこちゃまたち!
当然ながら 寝込みを襲われたゲストたちは 咳払いなどで ささやかなる抗議を試みるも
いわゆるオーストラリア版のヤンママ軍団! 多勢に無勢… 効果なし!
基、夜勤のスタッフ(マラームボーイ、アナ、サブマネのマデ)は 全くもって役に立たないわけで
開放的になるのはイイが 深夜の02:30だぜぇ! 2時間も続いたンだぜぇ! アングリーだぜぇ!
嗚呼 勘弁してくれろーーっ!と、グダグダな夜でございました! ε-(ーдー)(ーдー)ハァ


【この日の出費/2人分】

・ベモ(貸切) - 30.000Rp(270円)
・飲み物代(ワルン・シーブリーズ) - 5.000Rp×2=10.000Rp(90円)
・ビーチベット(ワルン・シーブリーズ) - 50.000Rp×2=10.000Rp(900円)
・スノーケルトリップ(ガイド・昼食・送迎込) - 2人/500.000RP(4.500円)
・貝細工のカメ(パンタイ・イブ) - 2個/50.000Rp(450円)
・晩飯(JAW) - アヤムゴレン・ララパン、エス・テ 2人/36.000Rp(324円)
・買物(チナトコ) - 歯磨き粉 9.000Rp(81円)


[PR]
by 2121katcat | 2012-10-12 20:45 | 2012-バリ島・マレーシア | Comments(0)
< << #07-08:バリ島&マレー... #03-04:バリ島&マレー... >>