<< #05-06:バリ島&マレー... #02:バリ島&マレーシア・... >>
#03-04:バリ島&マレーシア・W東 2012
■03日目 '12/06/09(土) パタンバイ Day-2 / サンタ~イなんだけど 気忙しい1日!


e0168736_209735.jpge0168736_209983.jpg
am.08:00 パサール(市場)へは行かず ゆっくりめに 起床!
am.09:00 宿のレストランで 朝食!
ニコニコと、出迎える Wマネージャー&レストラン係りのレディース! 「サマ?(同じ)」
ウンウンと、頷けば お気に入りのフルコース(サンドイッチ・コピ・スス・フルーツMIXジュース・ヨグールト)が並ぶ!
覚えていてくれたのネ! ヾ(≧▽≦)(≧▽≦)ノ 感激ー!



■やさしい雨と 人事異動!

e0168736_20404653.jpge0168736_20404154.jpg
強引に増築した
ACルームも完成!
プールに面した
100号と200号室!
よさげではあるも
ココは 元トイレ… (^^;)ゞ
e0168736_20474465.jpge0168736_20474792.jpge0168736_20474978.jpg
この時期は オーストラリアの休暇が重なるも まだ稼働率は3分の1程にも満たないようだ
なんとも静かで 清々しいじゃないかい!
ファミリールーム棟や デラックスルーム棟にも ゲストは愚か やはり Mr.バロンの姿はなかった
わかっちゃいるけど ひょっとしたら 聞き違えかもしれぬと… キョロ(・_・= ・_・)キョロキョロ

e0168736_2052173.jpge0168736_20515857.jpg



:巨大バロン像!
:プール脇のサンガ
(※サンガ:ネシア語/家寺)

何か出来ることはないかと、考えてはみたが 所詮、我々に出来ることは 手を合せることぐらいである
宿の敷地内にある サンガ(家寺)で Mr.バロンこと Mr.ニョマンの冥福を祈った
すると 青い空から 突然のスコール! でも 不思議と やさしい雨だった
もしや 「気持ちだけで十分さ!」と、彼が云ってくれたのかしらん? (T-T)(T-T)

e0168736_21203786.jpg


部屋に戻ると 花が飾られていた
いつも 相棒たちにも 
飾ってくれるんだよネ!
単なるついでかもしれないが
それでも うれしいデス!053.gif

Mr.バロンが抜けたことで? 人事異動があったようだ
これまで学生で 主に雑用だったアナ(宿のマッサージ師の息子)たちが 夜警や客室係となり
中堅格だった 通称:ザビ(これまた宿のマッサージ師の息子)がプール係になったようだ
プール係のAくんこと 通称:ウンチくん(ウンチを踏んだから)は まんまプール係ではあるも
これまでになく張り切っていることから ボスに昇格か? w(@0@)(@0@)w
で、これまで担当であった Mr.ニョマンジャワくんは まんま客室係であるも
プール係のボスだった Bossが 客室係に… しーかも 我々の担当!
彼には "ぬぼー"なる別名もあり これが実に 似合わないのだよネ… (ノ_-;)アチャーッ!

■ボス・ワヤンとイブ・ニョマン!

e0168736_2383420.jpg


スノーケリングの予約をすべく
遅れ馳せながら ボス・ワヤンにSMS!
彼は 初訪の時から世話になっている
チャンディダサ(隣村)の漁師である!
本来ならば 宿(ダイバーズ店併設)や地元の漁師らに 頼むの方が好ましいとは思うのだが
この人~と、一度決めると 余程の事がない限り&可能な限り 同じ人にお願いしている

程なくして 「今、宿前のパンタイ(ビーチ)に居る!」と、ボス・ワヤンから 返信! ∑(=゚ω゚;) マジ!?
なぜ チャンティダサには滞在しないのか?と、気になって バイクをぶっ飛ばして来たそう
どーやら 前回の件が 相当こたえているらしい… (^^;)(^^;)ゞ
が、今回は マレーシアが メイン(一応)! バリ島での滞在日数が少なく 極力移動を避けるべき
我々的には 比較的コスパの良いパタンバイを中心にと、考えた次第!
すまんネ! でも スノーケリングは ちゃんと予約するからネ! と、3日後の12日&15日に予約!
モヤモヤも晴れ ご機嫌で後にする ボス・ワヤンであった! (´o`)=3 フゥ

e0168736_13365647.jpg
偶然にも ムラムラ・イブ(ビーチの物売り)に ばったり!
キャアー!!,,,(((*≧∇)(*≧∇)乂(∇≦*)),,,オヒサー♪
後でお茶をしませう!と、お約束!
それまでは 貸切状態のプールで さんた~い(ノンビリ)♪

で、プール係のボスに昇格した? ウンチくんだが
ゲストを見掛けると すぐさま声を掛けて セールス開始!
はて こんなに饒舌だったかいな?
他のスタッフとも ちょっと距離が出来ているようにも見える
なにがあったんだ ウンチくん!
まぁ 余計なことは 見ざる、聞かざる、言わざる
三猿の法則ってことで!

e0168736_14415036.jpg
pm.14:00 パンタイ(ビーチ)で
海を眺めながら 至福のティータイム!
← ムラムラ・イブと姉サマ!

失礼なが 今回はじめてお名前ヲ!
ニョマンさんと、おっしゃるそうで
以後 イブ・ニョマンと明記するネ!
e0168736_13553327.jpge0168736_13554173.jpg
彼女は パタンバイ・ビーチ(宿前のビーチ)沿いの一角に設けた質素な出店を基に
午前中は 村の西に位置するパンタイ・ビアス・トゥガルや桟橋、フェリーターミナル…
午後は ブルーラグーン(東のビーチ)に出向き サロンなどの土産物を売っている
商売の谷間となる午後2時頃は休憩時間でもあり それらを見越して…?
小さなバイクに大量の商品を積んだ アンチュン(バリ語/行商人)がやって来る
売り手たちは その日の売上に応じて アンチュンから 少しずつ商品を仕入れているようだ
右のアンチュン(後姿の男性)は 1時間かけてウブドから来ているとのこと
価格は量に応じての交渉で 殆ど在庫を抱えない彼女らの売値が高いのも頷ける
で、筒抜けなんですけど… 仕入れ価格…
大丈夫! アナタたちから 儲ける気はないわヨ!」と、イブ・ニョマン
じゃーお言葉に甘えて 新柄なるサロン(ろうけつ染めの布)を6枚程 便乗購入! ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

e0168736_14572839.jpge0168736_14573524.jpg
どこで 茶を調達と、思いきや ワザワザ一度家に戻り アツアツの湯をポットに入れてきたそうな!
カップに コピバリ(バリのコーヒー)の粉と湯を注ぎ クルクルと、混ぜて 粉が沈めば出来上がり!
海を眺めながらいただくコピは マジで最高である! (´▽`)b ドーモドーモ ご馳走さまでした!

ちなみに 彼女からも Mr.バロンの話を聞いた
彼の子供は まだ小さく 今後のことを思うと 気の毒だと、云っていた (。-_-。)(。-_-。) 

宿に戻ると 宿の専属マッサージ師 Wayan GEJOR@Mr.ゴットハンドが ご出勤!
早速 姉サマが マッサージ!(((_Δ_))) ゴロン
昨日は バタバタとして 挨拶もソコソコであったが この日はゆっくりと、話すことが出来た
彼の息子は 2人とも同じ宿(プリ・ライ)に勤めており なんでも 影の薄い兄のザビくんが この度結婚!
それで プール係に昇格? しかも 奥方は妊娠3ヶ月とな!
もっとも バリの女性は子供を生んでなんぼ!と、云われているらしく 離婚が認められないバリでは
もしも子供が生まれないと 後妻をもらい 2人の妻を養わねばならず 妊娠チェックは必須で
いわゆる出来ちゃった婚は 当たり前だとか! ともあれ  \(>▽<)(>▽<)/オメオメ~♪

で、明日の19時頃に食事を… と、ご自宅に招待された!
Mr.バロンのことがあるのに どうかとも思ったが 以前から招待されながらも 断っていたので
今回は おめでたということもあり お招きに預かることにした!
普段は余り感情を表さない ザビくんも うれしそう… ちゅーか いつの間に? w(゚ロ゚;)w

e0168736_1613118.jpg

晩御飯は Warung JAW(ムスリム食堂)へ!
この日は バパイブ息子サンも ご出勤!
アッサラム・アライクム~(*≧∇)乂(∇≦*)
ヤンヤヤンヤと、挨拶を交わし
バパが特製チャプチャイを作ってくれた!
(※バリ風八宝菜の意:ジャワスタイルはトマトベース)
ウマウマっす! ( ̄ー ̄)v
食後 チナトコ(イブ・スンダリの雑貨店)で ビンタン(ビール)と コピ(イブ・ニョマンへのお礼)を買った
と、バタバタとやって来た 小姐2人(店主イブ・スンダリの娘)!
明日の夜 ウチに来て 晩御飯食べよう~!053.gif
が、残念ながら 明日は Mr.ゴットハンド家に行くので 後日また…
じゃーこれ~ お揃いなんだヨ!」と、ネックレスとブレスレットのプレゼント!
才ォォ-!!w(゚o゚*)(゚o゚*)w それは プラスチック製の玩具じゃなく オニキス(漆黒石)!
イイのでしょうか? このような高価なものを… 「イイのーイイのー気持ちさ!」と、イブ・スンダリ
その上 ビールのツマミにしろ!と、クエ(菓子)まで いただいてしまった! <(_ _*)(_ _*)>謝々!

で、その足で Mr.マルコのところへ ちゅーか 通り道なので 不可抗力の寄り道!
が、何度も電話したのに出ない!と、老人駄々っ子! (-ε-) チッ!
実は アタクシの携帯は日本とイギリスの会社のブツなんで 通話料が高く
現地での連絡には 料金の負担のないSMSを使っている
ゆえに 極力番号は教えないでいるのだが 友達なのに 番号も知らない… と、いじけるもんで
絶対に掛けちゃダメ!と、念を押して教えたのだが… 掛けちゃったのネ… (-_-メ)
しかも こんな事は はじめて! 
基 彼は タンパクシリン(ウブド郊外)の出身で 妻に先立たれ 息子らを郷に残し
単身 パタンバイで商いをしているわけで 余程寂しかったようだ
その気持ちは分からんでもないが 毎日電話で話したいという 彼の希望に応えることは出来ない!
それでも 駄々を捏ね続ける Mr.マルコ
ゴルァァアーー!!ヽ(゚Д゚)ノ 我がままいうと 顔出さないぞーーっ!と、一喝して 宿に戻った
勿論 本気じゃないけど モテる女は? ツライやネ! ε-(ーдー)ハァ
ともあれ 泣いたり 笑ったり 怒ったり 妙に気忙しい1日だったよ! (;-_-) =3 フゥ


【この日の出費/2人分】

・サロン(イブ・ニョマン) - 6枚 計150.000Rp(1.350円)
・マッサージ(ゴットハンド) - 1h/100.000Rp(900円)
・夜食代(JAW) - チャプチャイ、ナシプティ、エス・テ 29.000Rp(261円)
・買物(チナトコ)  - 21.000Rp(189円)


■■04日目 '12/06/10(日) パタンバイ Day-3 / なんだか拍子抜けの1日!


e0168736_17252470.jpg
am.07:30 起床!
am.08:00 朝食!
サマ?」 ウンウン! いつものフルコース!
サブマネージャーのMr.マデ
コピ・スス(ミルクコーヒー)のお替りをくれた!
今回は やけにサービスが良くて 気持が悪い…
ってか、そんなイイ方は いかんよネ!(^^;)ゞ

← "スシ"とも やっとご対面!
宿の番犬で 飼い主はMr.マデ)
ココに滞在している間の昼飯は いつもパサール・パギ(朝市)で仕入れたフルーツ
キヨスク(桟橋付近の売店)のナシブンクス(弁当)が恒例となっているも やや動きが鈍い…
どーするよ?と、迷っているところへ イブ・ニョマン(ビーチの物売り)から お手製弁当の差し入れ!
なんでなんで? どーしてどーして? アタフタ (゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ
なんでも 今朝 近所の人からたくさん貰ったから 新鮮なうちに お裾分けだとか!
今回は しょっぱなから 色々な人に 貰いっぱなし! ただただ感謝!<(_ _*)><(_ _*)>トゥリマカシ!

e0168736_17402837.jpge0168736_17403729.jpg
と、いうことで 昼飯は イブ・ニョマンのお手製弁当!
メインディシュは スナッパー(和名:フエダイ)の素揚げ!
大きいモノは レストランで出されるも 小さなモノは雑魚として値段が付かないというが
しっかりと、身も付いており 骨まで カリカリ サクサク!
好物のサンバル・マタ(生サンバル)もたっぷりで 大変おいしゅうございました!(´▽`)=b

e0168736_18242259.jpg
pm.14:00 イブ・ニョマンと ティータイム!063.gif
昨夜 チナトコで買ったコピ(粉)を持参すると
な、泣かれてしまった!

外国人の友達が出来て うれしいのだという
お茶も弁当も ホントは家に招いて振舞いたいが
人様を呼べるような家ではなく
でも 何かお礼がしたかったのだと
恥ずかしそうに顔を覆って 涙を拭っていた
(o・_・)(o・_・)ノ”(ノ_<。)

e0168736_18493588.jpge0168736_18494351.jpg
お茶菓子は ジャジョー(バリ語:餅菓子全般/ネシア語:ジャジャン)!
クエ・マンコックなるカラフルなカップケーキで バリ島の伝統菓子のひとつである!
見た目は 身体に悪そうな色だけど これが素朴な甘さで コピに合うんだよネ!

ちなみに 彼女は 我々のお気に入りのビーチ! P.P.P(パンタイ・パシール・プティ)がある
アンナプラのご出身で こーやって海を眺めていると 郷を思い出すのだそうだ
彼女の申し出もあり 滞在中は 毎日ココで お茶を共にすることにした!( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)v

■おいとまします…

夕方まで プールで泳いだ
やる気満々のウンチくんとは対照的に プール係になっても 陰の薄い(失礼)ザビくん
(※マッサージ師:ゴットハンドの息子で本日の主役)
妻の写真を眺めながら ココロは何処? ┐(´-д-`)┌ャレャレ

pm.17:00 「後でネ~!」と、Mr.ゴットハンドが 一足先に帰宅!
さて 我々も仕度だ! 何を着て行く? 手土産は? 作法は? 
Mr.ゴットハンド曰く 自分と妻と息子夫婦だけなので 気を遣わなくて良いとのことであるが
やっぱご祝儀は必要だよネ?ってことで 100.000Rp(900円)を包んで準備した
平均的なホテルのスタッフで 月収3万円前後という話なので 妥当かと…  (・・*)ゞ

pm.18:55 約束の5分前に Wayan GEJOR@Mr.ゴットハンド邸に到着!
地図を描いてくれたが 旧市場通り沿いなので 迷うことはなかった
おじゃましま~すと、門口を入れば 敷地の中に 幾つかの家があり 奥の1つが 彼らの家らしい
おじゃましま~すと、中に入れば 約6畳程のリビングに ずら~り!Σ(゚д゚;)(゚д゚;) ヌオォーー!?
自分と妻と息子夫婦だけじゃないんかい? 10人以上は居たよネ… (((((^^;)(^^;)

一番驚いたのは 通称:ニコニコおじさんが居たことだ!
彼は 同じく宿(プリ・ライ)のスタッフで いつも ニコニコと、笑っているので そーう呼んでいた!
まさか親族だったとは… 縁故関係で〆るバリの職場… まだ居るのか? 恐るべしGEJOR一族

e0168736_22281879.jpg
GEJOR一族の… 一部!
左から Mr.ゴットハンド、ザビくん、嫁、ゴットハンド夫人、孫×2、姉!

e0168736_22355763.jpge0168736_2236546.jpg



:ご機嫌斜めな孫!
:うれしそうな男衆2人!
が、いかんせん 勝手が分からず なんとも居心地が悪い!
日本人が来るぞ~と、集まってみれば フーン (¬д¬。) こいつらか…  的な感がなきにしもあらず
何せ狭い村ですから… どっかですれ違っているヨ! きっと!
で、一応 手土産にと、日本から持参した"かきピー"を用意するも 予想外の人数に全く足りず
ケチくさい日本人と、思ったに違いないだろう
ご祝儀も チラッと、見ただけで リアクションがないのだよネ… 多いのか? 少ないのか?
ただでさえ 人見知りで びびりーなアタクシ! 熱気と緊張と恐怖で パンツまで汗だくヨ!

でで、ザビくんが 結婚式の写真を見せてくれまして 一瞬は盛り上がったものの… シーン!
ででで、写真なんぞ撮って 一瞬は盛り上がったものの… シーン!(後で確認したら ブレブレ… )
食事が出てくる気配も 全然無! また出てきても 喉が通りそうにもないので
Mr.ゴットハンドとザビくんには面目ないが おいとまさせていただくことにした
上手く云えなんだが 兎に角 拍子抜け!
疲れが ドドドーっと、一気に押し寄せ この日は何処にも寄らず 晩飯さえも喰わず
ビンタン(ビール)を一気呑みして ベットに ダイブしたのだった! ε≡(ノ_ _)(ノ_ _)ノ ドテッ!


【この日の出費/2人分】

・ご祝儀(ザビくん夫婦) - 100.000Rp(900円)


[PR]
by 2121katcat | 2012-10-12 20:44 | 2012-バリ島・マレーシア | Comments(0)
< << #05-06:バリ島&マレー... #02:バリ島&マレーシア・... >>