<< #24:インドネシア・バリ... #22:インドネシア・バリ... >>
#23:インドネシア・バリ島東部 2011
■23日目 '11/11/16(水) パタンバイ→ ウブドへ Go! その前に…


e0168736_16403146.jpg
am06:00 起床!
am07:30 朝食!
レストラン係りのレディースたちに
サマ(同じ)?」と、云われるのも これが最後!
ムクムクと、悪戯心が芽生えるも
ウンウンと、大きく頷く K◎姉妹!
結局 同じモノを食べるのだよネ!
( ̄∇ ̄*)( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
e0168736_1648227.jpge0168736_16483256.jpg
食後 チナトコ(中華系雑貨店)のイブ・スンダリに 写真を渡して 最後のご挨拶!
残念ながら娘っ子らは 学校で不在! 今にも泣き出しそうなイブと 宥める姉を パチリ!
しっかり カメラ目線! さすがは パタンバイ Boss
そして また 最後に たくさんのお菓子をいただいてしまった!
本当に 感謝デス! 人(--*)人(--*)多謝! またお逢いしましょう! 




その足で まだ挨拶をしていない方々に 写真を届けながら ご挨拶!
エンド 滞在中 逢うことが出来なかった子供達(前回写真を撮らせてくれた)は
パンタイ・ビアス・トゥガルに通じる道沿いのトコ(雑貨店)の子だということが分かり
訪ねるも これまた残念にも不在で 子供達に直接手渡すことは叶わなかったが
1年前の我が子の姿に 「小さかったのね… 」と、懐かしそうに見入るイブの姿が印象的であった
あ、イブの写真… と、気付くも 後の祭り! いかにもらしいミスである! (>o<)アチャー!

e0168736_16461712.jpg
"マルコ・イン"(Mr.マルコの店の裏のロスメン)のバーに寝ていた にゃんこ!

ようやく Mr.マルコの小さなアートショップが開くも 肝心のMr.マルコは まだ戻っていない…
なんでも 早朝連絡があり am11:00頃になるそうだ! w(゚ロ゚;)(゚ロ゚;)w
am11:00には チェックアウト… くれぐれも ヨロシク~と、伝言を頼み 後にした! (T-T)(T-T)ノ~

e0168736_16195020.jpge0168736_16193993.jpg
桟橋前の広場(駐車場)で スシ(宿の番犬兼Mr.マデの飼い犬)と ばったり!!
最後に逢えてよかったヨ! 車に気をつけるんだよ! また来るからネ! 達者でネ! (><*)ノ~~

e0168736_17335313.jpg
プール係りのBoss
e0168736_1734068.jpg
荷物の運搬と挨拶に来てくれた担当スタッフ!
左から マネージャーのMr.クトゥ、部屋係2号のジャワくんMr.バロン、部屋係1号のMr.ニョマン
お世話になりました! <(_ _*)(_ _*)>トゥリマカシ!


急いで宿に戻り 軽くシャワーを浴びてから 迎えが到着する30分前に レセプションへ!
まだ 写真を渡していなかったスタッフに写真を渡し 個々に挨拶を交わしても まだ時間が…
ダメもとで Mr.マルコの店へ ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)(*--)ノ
と、絶妙なタイミングで Mr.マルコが戻ってきたヨ! ((*≧∇)乂(∇≦*))
今回は 里帰りが重なり 余り話すことが出来なかったけど 最後に挨拶が出来てよかったヨ!
ちなみに 今回、姉がオーダーした印鑑(じゃなかったけど… )は 彼の最後の作品になるそうだ
もう歳で 細かい作業が出来なくなり 今後は 仕入れた作品で商売するのだと云っていた
ありがとう 大切にするからネ! 印鑑(じゃなかったけど… )! (^^;)ゞ

e0168736_2281250.jpge0168736_228192.jpg
宿に戻ると 我らのSopir Bagus teman(素晴しいドライバーの友人)! ヤンクンが待っていた!
イストゥリ(妻)とアナ(息子)も一緒だ! \(>▽<)(>▽<)/ヤッホー!

バタバタと、お世話になったPuri Raiに 別れを告げ (T∇T)ノ(T∇T)ノ~~
向うは 次の宿泊先のウブド… ではなく P.P.Pへ!
どーしても 漁師達に写真を渡したく 寄り道というか 方向的には 逆戻り!
ヤンクンたちも 行ったことがないので イイ機会だと、快く引き受けてくれた! <(_ _*)> トゥリマカシ!

e0168736_22481643.jpge0168736_22482564.jpg
車で行くのは はじめて! 途中 お猿さんが居るプラ(寺院)もあり アナも大喜び!
されど ヤンクンも 送迎の仕事で 通ることはあっても はじめてなので 看板を見過ごし Uターン!
でもって 入口に関所あり! 写真を渡すだけだと云っても しっかり通行料を徴収された! <(`^´)>

でで、ココからが 大変! かなり大変! 相当大変!!
道路は舗装されておらず ビーチまでは 轍と岩だらけの急坂を下らなくてはならないようだ
しかも 車一台がやっとの道幅で 対向車が来たら 完全にアウトである!
が、譲り合いの精神なんて 何処吹く風! 来ちゃうんデスよ! 対向車!(゚ロ゚屮)屮 ゲゲッ!

ヌォオォォーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w 絶叫アドベンチャー!

が、Sopir Bagus ヤンクン! 巧みなハンドル捌きで なんらなく クリアー!
いやー もうー 手に汗冷握るどころか 冷や汗で パンツまで びっしょりっすヨ! ε=(´□`;)ハゥ
がが、、ゴールで待ち受けていたのは 潮風と波音と にっこり微笑む パーキング代の徴収人!
ががが、「ファミリーの嫁さんさ!」と、ヤンクンの機転で 最小限(ローカル料金)で済んだ! (>▽<)b
ちなみに 観光客は 5.000~10.000Rp(45~90円)は 要覚悟!

e0168736_2353305.jpg
3人も P.P.Pが気に入ったようで
すっかり テンション あげあげ!
自他共に認める
Memancing gila(釣りバカ)のヤンクン
早々と、釣り道具(常に用意)を片手に
ウキウキと、白い砂浜に消えた!
予定外の寄り道に ちょっと心配だったけど
思い切って よかったヨ! ε-(´・`)ホッ!
e0168736_0102579.jpge0168736_010359.jpg
こんなキレイな所は はじめて! 夢みたい!」と、悦ぶイストゥリ
そして さり気なく お土産にプレゼントしたブラウスを着てきてくるあたりが さすが!
彼女は とっても気さくであるも 謙虚で遠慮深く 気遣いのある女性である
似たもの夫婦と、いう言葉があるが ふたりを見ていると ホントだなぁ~と、つくづく納得!

e0168736_057349.jpge0168736_0571338.jpg
ふたりに似て ハンサムボーイのアナ! キメポーズは… ドヤ顔!( ̄w ̄)ププッ!
ちなみに アナは インドネシア語で子供! バリの人たちは 名前ではなく そのままアナと呼ぶ!
イストゥリ(ネシア語/妻)だって まんまイストゥリ(妻)だもんネ!
ちなみに2 アナの本名は 第一子なので ワヤン(カーストと生まれた順番で名前が決まっている)!
ヤンクンの名前も ワヤン! 親子で ワヤン Wワヤン! 紛らわしいゾ!

e0168736_0593249.jpge0168736_10096.jpg
砂遊びに夢中! が、やっぱり キメポーズは… ドヤ顔! (*≧m≦*)ププッ!

e0168736_163770.jpge0168736_164544.jpg
釣り立て ピチピチのイカン(魚)! ヤンクンの戦利品ではなく… 漁師さんが釣った魚!
Memancing gila(釣りバカ)のくせに 下手なんですヮ! 釣り! (´艸`)ムププ

e0168736_13594312.jpge0168736_13595078.jpg
上機嫌のアナ! すっかり 仲良しになったよ!(タブン… )
名残惜しいけど そろそろ 次の目的地に向いませう!
漁師たちや Warung Sea Breeze(シーブリーズ)、パンタイ・イブにも 写真を渡せたしネ! !
が、また あの絶叫アドベンチャーを味わうのかと思うと… ァセァセ・・(;´-∀-`)ゞ

e0168736_14363743.jpge0168736_14364824.jpg
チャンディダサ 通過! パタンバイ 通過!
あ、ボス・ワヤンガイド・ワヤンにも渡せたじゃん!  どーせ通るんだから!
Warung Sea Breeze(シーブリーズ)に預けてきちゃったんだよネ… 写真! (^^;)ゞ

e0168736_1457664.jpge0168736_14571318.jpg
で、お待ちかねのマカン・シアン(昼飯)は 皆大スキ "Warung Lesehan Sari Baruna"053.gif
クサンバ(パタンバイ近くの海村)にある サテ・リリッ(ツナのつくね)定食1本勝負のワルンで
ヤンクンに紹介されて以来 大ファンである!
レモングラスの串が薫って これが また旨いんだよネ!o(>▽<)o
白飯、カッチャン(豆)、カンクン(野菜)、サンバル・マタ(生サンバル)・魚ボール入スープ付で
1人前/12.000Rp(108円)と、お値段も リズナボ~である!
Warung Sea Breeze(シーブリーズ)でも食事は出来たが 我慢した甲斐があったよネ!( ̄ー ̄)v

e0168736_16373951.jpge0168736_16375078.jpg
Pakai Tangan! 手で上手く食べれるようになったら 一人前のバリの男! (´▽`)=b

e0168736_16381178.jpge0168736_16382267.jpg
食後 TVに釘付けになる アナ! 後姿も かわいいやネ!
ヤンクンも TVに釘付け! 放送されていたのは ゴレンジャーもどきの連隊モノ! (´艸`) ププッ!


■一応 ウブド!

e0168736_1792435.jpge0168736_1710896.jpg
さてさて 向うは バリ島中部に位置する ギャニャール県西部の郡 ウブド
古くから 芸能と芸術の村として 観光が盛んなエリアであるも 正直 余りスキにはなれない…
それでも この旅の最終滞在地としたのは ヤンクンたちが居るからだ
ちなみに 彼らの家は 村の中心部から東へ 車で約20分程先に位置する ギャニャールである!

e0168736_16343893.jpg
で、お宿は "Kunang-Kunang Guesthouse(クナンクナン)"
ゴチャゴチャするも どこに行くにも便利なJl.ハノマンに位置し
経済旅行派の日本人にも人気のロスメン(安宿)である!

← 目印は コレ
小川沿いに 4軒のロスメンが並び 選びたい放題!
通りから少し奥まった位置にあるので 
意外にも 静かで プチ・田んぼビューを望むことも出来る
但し、雨の日は注意!
小川が溢れ 宿までの小道は びしゃびしゃ!
又、小川はゴミの運搬に使われており
朝晩は ゴミ袋が どんぶらこ! w(゚o゚*)(゚o゚*)w
すっかり 遅くなってしまった チェックイン!
事前にメールで あれやこれやと、応じてくれた オーナーのMr.KUNとは 入れ違い!
お待ちしていたんですよ!」と、代わりに対応してくれたのは やや日本語を解する若きスタッフ!
ロスメンは 全体的に若いスタッフが多く ココのスタッフも 20代前後のスタッフばかりである
すんません! 寄り道しちゃったもんで… ( ̄∇ ̄*)ゞエヘ

ちなみに ヤンクンたち 色々ご馳走になったからと、送迎代を受け取ってくれなかった
いつも そーなんだよね… ホントに欲がなくて イイ人たちである!
が、そんなことだろうと思って アナに隠して渡しておいたのさ! (^^)(^^)v

 e0168736_17345192.jpge0168736_1735250.jpge0168736_17351058.jpg
我々の部屋は スタンダート・AC(エアコン)ルームの8号室(旧館の2階)! キーホルダーーは BMW!

e0168736_184192.jpge0168736_1842726.jpge0168736_1843537.jpg
リクエスト通り この宿ご自慢の田園ビューというか… プチ・田んぼビュー
が、日当りも良く テラスの広さも マズマズ! 洗濯物が良く乾くので ありがたい! d(^^)(^^)b

e0168736_17445345.jpge0168736_1745483.jpge0168736_17451292.jpg
部屋の広さは 8畳強といったところか? うれし恥かしダブルベットが バーン!
建物は古いが 清潔! 白な壁と新しい家具と、バリらしからぬ ゴッホひまわりチクな絵画が 印象的!

e0168736_1751086.jpge0168736_1751635.jpge0168736_17511282.jpg
室内に洗面台もありし! が、管が腐食して 水が ピターン ピターンと、漏れる!
水周りは古いも 明るくて広く シャワーは稼動&固定式! 水圧・温度・排水ともに 無問題!
が、強引に穴を開けただけの排水溝… ゴキが Helo~しそうで 恐ろしい!w(TдT)w
アメニティー類は トイレットペーパーと、タオルのみ!
掃除は 中国系インドネシア人の経営だけあってか? 1日数回(室内は1回)してくれるが 
寝具やタオル、トイレットペーパーなどは 催促しないと、交換も補充もしてくれないようだ!

料金は スタンダート(AC・トイレ・温シャワー・朝食・ティーサービス付)で 280.000Rp(2.520円)! 
但し、要交渉! やたらと、レスポンスの良い オーナーのMr.KUNが 即答してくれるハズ!

e0168736_18385412.jpg

荷を解き 落ち着いたところで 敷地内を確認!
レセプション兼従業員部屋と
プチ・田んぼビュー棟の脇を抜けると
中庭ではなく… ホテル並の看板?
e0168736_18483284.jpge0168736_18493061.jpge0168736_18481891.jpg
看板の先には 中庭を潰して この年(2011年)に完成したばかりのお池のようなプール!
狭い空間を生かすべく設計された美しい扇型のプールであるも 覚悟していた以上に 狭いやネ… (^^;)
トイレとシャワー室も完備! 女神像もシャワーになっている
但し、従業員(住込数名)のmandiルーム(風呂)にも使われているようだ

e0168736_1915023.jpge0168736_192097.jpge0168736_1922463.jpg
建物は プールを囲んで コの字に並んでおり 新館と思しき建物1階が レストランになっている
客室数12室に対し テーブル数5席と、盛期は 取り合いか? (^^;)ゞ

e0168736_20222345.jpge0168736_2022309.jpge0168736_20223891.jpg
3階建ての客室! 眺望&日当りを重視するならば 3階か手前の棟をリクエストするとイイだろう
但し、田園は あくまでも プチ・田んぼビューなので お忘れなく!
ちなみに 正面右端(別階段の1~3階)は オーナー一家の住居となっている
セキュリティーは良さげであるも 隣のとも繋がっているので 出入りは自由?(・・*)ゞ
まぁ 初日ってことで 相互評価は 後ってことで! 色々ありヨ!

e0168736_2043429.jpg

陽も傾き 涼しくなったところで
両替! 買物! 飯屋へ (((=・o・)ノ ゴーゴー
e0168736_20472893.jpge0168736_204836.jpg
残念ながら 目指す両替所は休み!(><) 取り合えず この日は手持ちのRpで お買物!
王宮&パサールがあるJl.ラヤ・ウブドを東に進み Jl.アンドンの交差点にある巨大像を左折し
100m弱進んだアンドンの警察署の前が ワクワク デルタ・デワタ(大型スーパー)である!
王宮から 徒歩で15分位かな?

e0168736_20482589.jpg
デルタ・デワタの正面ではなく…
手前から 看板を写す 小心者のアタクシ!
撮影禁止なもんで…  (^^;)ゞ
e0168736_20581556.jpg
買い食いしているうちに 腹が膨れ
この日は 晩飯抜きで宿に戻ることにした
頂いたクエ(菓子)も 消化しないとネ!

← 宿のサービス・ティー!

バリの宿では 大抵のところで ティーサービスがあり テラスや室内に お湯の入ったポットと
バリコピ(バリコーヒー)や紅茶のセットが用意されていて 気の利いた宿は 朝、昼、晩と、交換してくれる
この宿では 紅茶のみで 大量の砂糖と並んで すでに 抽出済みの紅茶がポットの中に入っていた

Pm22:00頃 テラスで 茶を飲みながら まどろんでいると 階段に人の気配が…
慌てて 部屋に隠れる 小心者のK◎姉妹!(バレてるって!)
どうやら ポットの交換らしい! オオー 気が利くじゃん!(((~´∀`)~ と、テラスに戻るも
肝心のポットはなく 新しいカップが伏せてあるだけである
まだ 飲みかけだったのに… まだ ポットの中に残っていたのに… \(>0<)/ 半分も!
しゃーないので 秘密兵器(トルコト製の怪しい携帯湯沸かし器)で湯を沸かし
持参したコピを飲みましたとかさ!( ̄ー ̄)v


【この日の出費/2人分】

・荷物チップ等(プリライ) - 40.000Rp(360円)
・通行料&駐車場代(P.P.P) - 3.000Rp×2=6.000Rp(54円)
・飲み物代(ワルン・シーブリーズ) - 40.000Rp(360円)
・昼食代(クサンバ) - サテリリ定食&エス・テ 5人分/50.000Rp(675円)
・送迎代(ガソリン代込) - パタンバイ→P.P.P→ウブド 300.000Rp(2.700円)
・買物&買い食い(デワタ)  - 25.750Rp(2.318円)


[PR]
by 2121katcat | 2012-08-17 16:08 | 2011-バリ島 | Comments(0)
< << #24:インドネシア・バリ... #22:インドネシア・バリ... >>