<< #20-21:インドネシア・... #17:インドネシア・バリ... >>
#18-19:インドネシア・バリ島東部 2011
■18日目 '11/11/11(金) パタンバイ 11nd - プルナモ(満月)の儀礼日2日目!


e0168736_1332292.jpg

am07:00 起床! 珍しく寝坊!
am09:00 いつもより 遅めの朝食!
メニューは いつもと同く "サマ"!
食後 その足で 両替!
1万円→ 115.0000Rp
相変らず率は悪いが 村一番の良率である
e0168736_13340100.jpge0168736_1326453.jpg
昼飯用のナシブンクスと 眼に留まったサロンを3枚程買って宿に戻る
pm15:30まで 敷地の一番奥にある 通称:ウマプールで (((_⊿_)プカプカ ゴロン!
と、不意に コウモリくんが 落ちてきた! 夜行性なのに 大丈夫なん? w(゚д゚;)(゚д゚;)w
が、自力で 木のくぼみに避難! 凄いぞ! コウモリくん!




e0168736_133717.jpge0168736_13371023.jpg
マカン・シアン(昼飯)は 朝 キヨスクで買った ナシブンクス
この日は サテリリ(魚のつくね)入りと バビ(豚肉)入りの2種類!
が、やっぱり サテリリ(左)の方が スキかも! (・・。)ゞ

e0168736_13523422.jpge0168736_13465293.jpge0168736_1347021.jpg
午後のオヤツは 昨日食べ切れなかった ジャジョー(バリ語:餅菓子全般/ネシア語:ジャジャン)と
パンタイの物売り ムラムラ・イブにいただいたクエ(菓子)!
昔ながらのそれらは 化学調味料バリバリのスナック菓子とは違い 身体に優しく 素朴な甘さで 旨い!
いつまでも 残して欲しいバリの味である


■雨のレゴンダンス!

この日は プルナモ(満月)の儀礼日2日目(最終日)で 夜から レゴンダンスが行われるという
レゴンダンスは 女性陣で構成された舞踊で 元々は レゴン・クラトン(宮廷舞踊)として発展し
煌びやかな民族衣装を纏った女性陣の舞いは バリで最も美しい舞踊と云われている
しかも ココで行われる舞踊は 観光向けではないだけに 是非とも鑑賞しないとネ!

e0168736_13584728.jpg


おっと、その前に腹ごしらえだ!
と、いうことで…
Warung JAW(ムスリ経営の食堂)で
ミーゴレン・スペシャル(バリ風炒麺)を食す!
麺は イマイチだが エビやイカなど
シーフード入りで 旨かった!(^^)b

pm20:45! すでに 会場となるプラ(寺院)の境内には たくさんの村人が集まっていた
ところが 開演直前になって 雷を伴う猛烈なスコール!
が、神々への奉納する本格的な舞踊なだけに 中止や延期することはないようだ
念の為に 傘を用意してきて これ幸い!(小さな折畳み傘ダケド) v(^^)(^^)v

e0168736_141245.jpge0168736_14121779.jpg
がが、小さなバレ(東屋)の舞台は 惜しくら饅頭… 観えましぇ~ん!(><)
ならば 負けずと、突進し 舞台の袖をキープ(爪先立ちで)!
演奏するは 女性で構成された ガムラン・ワニタ(女性楽団)!

e0168736_1522454.jpge0168736_1524782.jpg
どんどん 人が増えて 親指が… 耐えられましぇ~ん! ((((;゚;Д;゚;)))) オネガイ 押さないで~~!

e0168736_15306.jpg

持ち堪えるのが必死で
写真どころか 鑑賞もままならず
約1時間程の舞踊は あっさりと 終了!
どこで はじまり
どこで 終わるのらや
観光向けじゃないって
そんなもんらしい… ( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)
e0168736_15374522.jpg

第二部があるようだが 雨脚は強まるばかり
すでに ずぶ濡れ…
親指も 小さな折り畳み傘も 限界なので
ずごすごと、退散! !≡≡≡ヘ(*--)ノヘ(*--)ノ

深夜を過ぎても 空を割る雷!
歓迎の光なのか? 怒りなのか?
それでも ガムランの音が鳴り響いていた

【この日の出費/2人分】

・昼飯(キヨスク) - ナシブンクス 5.000Rp×2=10.000Rp(90円)
・バデック(桟橋・イブ) - 3枚/110.000Rp(990円)
・晩飯(ジャワ) - ミーゴレン・スペシャル、 テ・アイス×2=24.000Rp(360円)



■■19日目 '11/11/12(土) パタンバイ 12nd - Mr.マデのお宅拝見!


e0168736_15515825.jpge0168736_1552524.jpg
am06:00 起床! パサール(市場)に行きがてら 朝の散歩!

e0168736_160350.jpge0168736_160118.jpg
朝陽が照らす 宿の看板! 昨夜の雨が嘘のようだ!

e0168736_1604221.jpge0168736_1605143.jpg
この時間 観光客エリアのパンタイ(海岸)通りに 人影はなし!

e0168736_1611843.jpge0168736_1613033.jpg
ダイバーズショップを併設するトコ(雑貨店)!
明朗会計! アクア(水)を買うなら この店がイイ! 主夫妻も すこぶるイイ感じである!

e0168736_1684728.jpge0168736_169777.jpge0168736_1691578.jpg
パサールの戦利品! 四角い形がお気に入りのピサン(バナナ)!
そして バリの伝統的な餅菓子である ジャジョー(バリ語:餅菓子全般/ネシア語:ジャジャン)!
やはり 作り立ては 格別! 朝食前ではあるが… o(´▽`)o アァーーーン♪

e0168736_16155753.jpge0168736_161645.jpg
am08:00 朝食! メニューは いつもと同く "サマ"!
足元で 寛いでいるのは スシ(宿のワンコ)のスアミ(夫)で その名も まんま"スアミ"である!

e0168736_16225013.jpge0168736_16225942.jpg
食後 急に思い立って Foto屋へ Go!
いつもなら 次回のお土産にするのだが この時は 何故か「すぐに写真を渡したい!」と、思ったからだ
それが後に 不思議な力の導きであることを この時は まだ知る由もなかった
まぁ その話しは 次回の旅録で ゆるとりと、ネ!

e0168736_1628476.jpge0168736_16313097.jpg
e0168736_16302921.jpge0168736_16303953.jpg
e0168736_16321961.jpge0168736_16323068.jpg
写真を撮ったり 値踏みをしたり お祈りしたり… ホテホテと、寄り道なんぞしながら Foto屋に向う
プール係のAくんが教えてくれたFoto屋は Warung JAW(ムスリム食堂)の真ッ隣!
小さいながらも 撮影スタジオまである店なのだが これまで 全く気付かなんだよ!( ̄▽ ̄;)ゞ

早速 プリントする写真を選ぶと 軽く100枚は軽く越えていた
しかも プリントは DPS(デンパサール/バリの州都)で行う為 仕上がりは 3日後の15日!
それでは 14日のP.P.P行には間に合わず 漁師達の分は渡す事ができないが
プリント代は バリの物価からすれば高額であるも ハイクオリティで 1枚(ハガキサイズ)/5円弱と、お得!
その上 代金は後払い&仕上がりに不満があれば 代金は不要とのことで お願いすることにした

e0168736_14184158.jpg


ナシブンクス 買ったっけ?
と、昼飯を買い忘れたことに気付き
慌てて キヨスクに向い ギリギリ Get!
折角なので パンタイ(ビーチ)で
少しは早めのランチライム!
いつもと同じでも 一味も 二味も違うやネ!
d(≧∇≦)(≧∇≦)b
e0168736_14302867.jpg


2時間程 プールで泳いた後
サブマネージャーのMr.マデのお宅訪問!
来てー!来てー!」と、お誘い賜り
前回は やんわりかわしたものの
あんまり 邪険にするのもね… ┐(´-`)┌
って、ことで この日 伺うことにした次第!
e0168736_14404816.jpge0168736_14405772.jpge0168736_1441753.jpg
日当り良し! 風通し良し! 広いテラスと真新しい家具が ご自慢! ウンウン ((・_・。)(・_・。) イイッすネ!

e0168736_14563996.jpge0168736_14564613.jpge0168736_145744.jpg
約8畳程のリンビング! TV台の上に鎮座するは なぜか冷蔵庫!
エアコンはないも 各部屋に ファンと扇風機付!
炊飯器、トースター、コーヒーメーカー、給水器、クーラーボックスなど 家電が充実したキッチン!

e0168736_14574970.jpge0168736_14575662.jpge0168736_1458913.jpg
約6畳程の寝室が2室! ベットも寝具も新品!
サイドテーブル、ドレッサー、箪笥、液晶TV、音楽プレイヤーなども 揃っている

e0168736_14595293.jpge0168736_150028.jpge0168736_150723.jpg
明るく 広くて清潔な水周り! 水量、排水も問題なく シャワーも可動式で お湯もバッチリ!

e0168736_1502191.jpge0168736_1502855.jpge0168736_1503785.jpg
村の中心部に位置しているので 生活音は否めないが 何処に出るにも便利で かなりの好立地である
が、実のところ ココは 自宅の2階を改装した "ホームステイ(貸部屋)"である!
なんでも 最近 この手の副業が流行りで 周辺の家々でも こっそり改装が行われているとか!

がが、彼のホームステイの特徴は 一見サン お断りである!
つまり 自ら勤める宿のリピーターの中から 客を厳選&誘致し(ちゃっかり) 安全で手堅く商っているのだ
気難しくも いかにも やり手の彼らしいやり方である
ががが、我々は その彼のお眼鏡に適ったカモネギさんなわけで… 心ウチは 微妙ー!(^^;)(^^;)ゞ

ちなみに料金は 1部屋(2LDK)/最低1週間からの週単位で 1泊当り/250.000Rp(2.250円)!
エキストラベットを使えば 6人まで可能なので かなり割安である
しかも 朝食、アメニティー付! 掃除もしてくれる上に 宿のプールも 無料で使わせてくれるそうだ!
職権乱用ともいえるが 正直 かな~り 魅力的っす! (☆☆)(☆☆)

e0168736_19485929.jpge0168736_1949686.jpg
エンド ワンコも居るよ~ん! スシ(宿のワンコと勘違い… 実はMr.マデが飼い主!)も居たよ~ん♪

e0168736_200347.jpge0168736_2004566.jpg
少々… イヤ! かな~り苦手だった Mr.マデ
が、膝を突き合わせてみると シャイで なかなか面白い男である
すっかり話しこんで 宿に戻った時には 日没を迎えようとしていた
あ、そうそう フレッシュ・マンゴージュース 美味しかったデス(マジ)! ご馳走様でした! <(_ _*)>

でもって 晩飯は やっぱり 勿論 Warung JAW(ムスリ経営の食堂)で
ナシゴレン・スペシャル(バリ風炒飯)を食す!
ポイントは サンバルトマト(トマトベースの辛い自家製ソース)! これが絶品! ウヒャ!

e0168736_20184838.jpge0168736_20185778.jpg
そして 食後は ちょい欠けじー(月)を眺めながら ビールを流し込む!
う~ん 最高だぁ~ネ! ( ̄▽ ̄)V


【この日の出費/2人分】

・ジャジョー(パサール) - 2種/5.000Rp(45円)
・昼飯(キヨスク) - ナシブンクス 5.000Rp×2=10.000Rp(90円)
・晩飯(ジャワ) - ナシゴレン テ・アイス×2=24.000Rp(360円)
・アクア(別トコ) - 1.5ℓ/3.000Rp×2=6.000Rp(54円)
・チナトコ - ビンタン(ビール/大瓶) 20.000Rp(180円)
・タオルチップ - 3.000Rp(27円)


[PR]
by 2121katcat | 2012-08-17 16:06 | 2011-バリ島 | Comments(0)
< << #20-21:インドネシア・... #17:インドネシア・バリ... >>