<< #10:インドネシア・バリ... #08:インドネシア・バリ... >>
#09:インドネシア・バリ島東部 2011
■9日目 '11/11/02(水) パタンバイ 2nd


e0168736_2375046.jpge0168736_238087.jpg
am06:30起床! 空は明け方まで 泣き続けたようだ
雨季の入りとはいえ 日本の梅雨ように 一日中降り続くことはないというが
やっぱ 異常気象だよね…  タイは 洪水に見舞われているしね… (滞在時) (;-_-) =3 フゥ

am08:00  部屋係のMr.ニョマン氏とジャワくんに鍵を預け レストランに向うも ほぼ満席!
閑散としていたチャンディダサとは エライ違いだ!
Mr.クトゥ(マネージャー)とMr.マデ(サブマネ)のWエスコートで 着に付く! ウフッ!
で、朝食は コンチネンタルのみではあるも インクルードとしては イイ方だと思う
コピ・スス(バリコーヒー&ミルク)、フルーツジュース、サンドイッチ、ヨーグルトを チョイス!
が、エッグサンドのみになっていたのが ショック! L(・o・)」 オーマイガ!



■パタンバイのオダラン

e0168736_1425299.jpge0168736_14251467.jpg
食後 再訪の挨拶がてら 市場へ買出し!
パタンバイは とても小さな村で 桟橋を挟み東の海岸沿いが 宿が集中するツリーストエリアで
桟橋前のバンヤンツリー(菩提樹)を右折し 字型に歩を進めれば 市場通りへと続き
町の中心部を抜け、フェリー乗り場からレストラン、カフェが並ぶ西の海岸沿いを通って一周できる

スンバヤン(お祈り)を終えた少女! 正装もステキだが なによりも 姿勢がイイやね!

e0168736_14343417.jpge0168736_14344557.jpg
颯爽と、歩く少女! すれ違った親子も ハヤっ! ε=ε=┌(;・_・)┘

e0168736_14404592.jpg
道なりに左折すると… 
バウワウワウゥーーっ!と、猛烈ワンコ!
おっ やる気か?  щ(・д・щ)カモーン
と、思いきや 遊んで 遊んで
ベロ~ん ベロ~ん! (〃∇〃) ゞ
e0168736_15103262.jpge0168736_15105212.jpg
海岸通りと平行する 市場通りには ローカル向けのトコ(雑貨店)や社交場(ビリヤード場)、
ダイビングショップ(日本人女性在)、ロスメン、ネット屋、携帯電話屋などが並んでいる
毎回 クエ(菓子)をサービスしてくれる 通称:パパイヤ・イブや 青果屋台の美人サン
この通りで商いをしているのだが 残念ながら再会ならず… 
なんでも 近年 大型バスの乗り入れで渋滞となる為 市場も露店も移動したらしいデス!(T▽T)

e0168736_15295744.jpg

旧市場前のプラ(Pura/寺院)! 通称:バロンハウス(聖獣が祀られている)!
去年までは 通り沿いに祀られていたが 姿はなく 建物も撤去されていた
聖獣と云えど 観光優先 車優先! いかにもバリらしいやネ!
で、なにやら にわかに活気づいてきたので ナニナニ~と、見ていると…

ウオォォーー!!w(゚o゚*)(゚o゚*)w バロン様 降臨!

バロン(Barong)とは 獅子の姿の聖獣(森の王)で 我々の最も好きな神様! ラッキー!053.gif
が、残念ながら 降臨中の画像は ナシ! だって 余りにも 突然なんだもん!(>△<)

e0168736_1535386.jpge0168736_15364070.jpg
で、何事かと、訪ねてみると 「オダラン」とのお答え!
オダラン(Odalan)とは ウク暦(バリ暦)に従い 210日毎に巡る寺院建立記念日の儀式のことで
後で調べてみたところ どの村にも カヤンガン・ティゴ(Kahyangan Tiga)と呼ばれる
基本3寺院(デサ・プセ・ダラム)が存在するそうな! つまり 少なくとも3回は行われるわけで
プラス 結婚式の祭礼に 満月(プルナモ)の儀礼にと、ここ数日は てんやわんやの大騒ぎだそうだ!

e0168736_18232063.jpge0168736_174748.jpg
でで、瞬く間に長蛇の列! w(◎0◎)w 一体何処に身を潜めていたん?
動き出す前に ズーム!
神様より 高い位置からは NGとのことなので 許可を得てから 膝を折って撮影デス!

e0168736_1833788.jpge0168736_1834635.jpg
バロン様御一行が動き出した! 何処に行きなする?と、伺い立てるも 
sana(アッチ)! Situ(ソコ)!」と、なんとも アバウト!(^^;)ゞ

e0168736_18263326.jpge0168736_18264090.jpg
なぜか男衆ばかり… どーも気になって 撮影に集中出来ぬK◎姉妹! オロ(゚-゚;))((;゚-゚)オロ

e0168736_11364582.jpge0168736_11365722.jpg
交通整理をしていた赤レンジャー部隊! 真っ赤な正装スタイルも ステキ!
たぶん おまわりサン? カモーン!(。-ω-)ノ オイデオイデと、招いてくれた!

e0168736_114333100.jpge0168736_1143402.jpg
結局 最後尾から コソコソと、付いてゆく K◎姉妹!ヘ( ̄  ̄;ヘ)( ̄  ̄;ヘ)))
フェリー乗り場へと続くこの通りが いわゆる村のメインストリート!
警察やATM、プラマ社(ツリーストバス)、チナトコやお気に入りのワルン・ジャワも この通り沿いだ


e0168736_1251726.jpge0168736_1252462.jpg
フェリー乗り場を正面に ローカルエリアのカジャ(山側)へ右折!
まだ舗装されていないこの通りは モスクや郵便局、ヨガ教室やロスメンなどもあり
パタンバイのP.P.P(パンタイ・パシール・プティ)こと パンタイ・ビアス・トゥガル
黒砂(黒ジャリ)のビーチ パンタイ・ヒタムにも通じている
バロン様御一行に合せ? アンチュン(バリ語/Anchun)と呼ばれる行商バイクも到着!
ショーケスの中身は 見るからに激甘そうな原色万歳の装飾パン!
マウ(欲シイカイ)?」 ブン(>_< )( >_<)ブン 太りそうだし… (汗)

e0168736_12291285.jpge0168736_12292056.jpg
移動したパサール(市場)を確認しつつ 出店を横目に バロン様御一行を追って プラ(寺院)に向う

e0168736_12442886.jpge0168736_12443592.jpg
おそらく この村のメイン寺院だと思われる
グイグイ 吸い込まれてゆく 男衆! 赤レンジャー部隊は 通りで待機!
観光客でも見学可能とのことであったが サロン(腰布)を巻いていなかったので 出直すことに!
数日間続くそうだしネ!(^^)v

e0168736_12574932.jpge0168736_12575623.jpg
で、ココまで着たついでに 「PHOTO COPY」をチェック! ずーと、気になってたんだよネ!
でで、コチラ(右画)が フォト屋サン! 当日プリントOKだって!v(^^)v

e0168736_136733.jpge0168736_136182.jpg
周りは とっても静か! 海岸に向けて 道が伸びているので 行ってみると…

ウオオォォ--!!w(゚o゚*)(゚o゚*)w バビグリン!

昨夜のモノよりも やや小ぶり… キョロo(・_・= ・_・)oキョロ 誰も居らんが… 大丈夫?
勘違いされると困るんで… ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)(*--)ノ

e0168736_13191110.jpge0168736_13192141.jpg
あ、漁師サンが いらっしゃいました! 見張り役?(違うと思う)
小魚を獲っているようですが… 近くには ボートの修理場(フォト屋前)が… (^^;)ゞ

e0168736_1351596.jpg


先端に 小さなプラありし!
クロッド(海側)に位置する寺院は
ダルム(死者の寺院)と呼ばれているそうだ… (・'・;)ゞ
e0168736_2118128.jpge0168736_13521139.jpg
湧き水が出ているらしいので 聖なる泉水の寺院ってことで!

e0168736_1412768.jpge0168736_1422568.jpg
奥に スンバヤン中の親子が いらっしゃいました!
中には入れないので(サンロ必須) 入口から 隠し撮りズーム!(スイマセン)

e0168736_1453061.jpge0168736_1453967.jpg
探検終了! そろそろ戻りませう!
裏から見えるモスクのタマネギ屋根! 右画は 入り口! 奥の少女2人は ムスリム?
バリ島では 島民の90%以上が 土着の信仰とインド仏教やヒンドゥー教が習合した
バリ・ヒンドゥー教を信仰しているが インドネシアは 世界最大のイスラム教徒(ムスリム)人口を
抱える国であることを思い起こす
異なる宗教の共存って 素晴らしいことだよネ!

e0168736_14385357.jpge0168736_14392493.jpg
e0168736_14405277.jpge0168736_1441359.jpg
e0168736_14412416.jpge0168736_14413464.jpg
e0168736_14441621.jpge0168736_14443365.jpg
ファリー乗り場の正面門!

e0168736_14481648.jpge0168736_14483212.jpg
市場通りと海岸通りの間にある 小さなプラ(寺院)!
e0168736_14534971.jpg
笑い声に誘われ 覗いてみると… リハーサル中の少女たち!
儀礼・祭礼には バリアン舞踊が行われる 幼いながら なんとも艶やか!(〃∇〃)

e0168736_14524754.jpg
バリス(戦士の踊り)を舞う若き男衆! いっちょ前の表情っすネ!( ̄ー ̄)ニヤッ!

e0168736_15161759.jpge0168736_15162772.jpg
e0168736_15172152.jpge0168736_15173540.jpg
e0168736_151913.jpg

小学校前のアンチュン(行商)のおじさん!
いつも クエを求める子供達で賑わっている
バリの学校は 午前組と午後組の2部制で
制服はあるけど 給食がなのだそうで
親御さんは 毎日の小遣いが 大変だ!
e0168736_15332792.jpge0168736_1533643.jpg
ロンボク島行のボートが発着する桟橋!
発着時間になると 観光客と物売りで ごった返すも 時間が過ぎれば 静かなものだ

e0168736_1538423.jpge0168736_15381579.jpg
e0168736_15403716.jpge0168736_15404885.jpg
e0168736_15413573.jpge0168736_15414980.jpg
以前出逢った日本人男性の方が うん十年前は ココから飛び込める程 キレイだったと云っていた
十分に キレイだと思ってしまう まだまだ世間知らずのK◎姉妹!
ナマコちゃんも 肉眼で見えるし(隠れナマコファンのK◎)! アハッ!

e0168736_15431995.jpge0168736_15433149.jpg
左が フェリー乗り場に通じる西側の海岸通り!
右は 宿の集まる東側の海岸通り! 丘を越えれば Blue Lagoon
丘に面して2軒のワルンもあり 隠れ家的ビーチと云われているが こじんまりと、ギュウギュ詰めで
苦手なマッサージ・イブが居るので 今回は パスすることにした


■プールで サンタイ~♪

e0168736_16135765.jpg


相変わらず立派な宿の門!
そして 去年までは無かった 手動式ゲート!
つまり 駐車するなら 申告してネ!


e0168736_16145080.jpge0168736_1615362.jpg
なんとも微妙な高さ! カリプソに合わせて ギリギリ リンボーダンスも出来る!
リンボーダンス=ビンボーダンスと、勘違いしていたのは 自分だけ? (6 ̄  ̄)ポリポリ

e0168736_1627305.jpge0168736_16274289.jpg
そして 駐車場には 超巨大なガルーダ像! 何度も云うが この宿の像は 無駄にデカイ!

e0168736_1640746.jpg
部屋に戻ると…  w(◎0◎)w
トイレットペーパーが まるまる 1パック!
担当は この旅3度目となる
Mr.ニョマンと ジャワくんである
サービスなのか 不精なのか?
どちらにせよ ありがたい!( ̄▽ ̄)v
e0168736_17223870.jpge0168736_16511826.jpg
あらためて プール係の通称:ボスにご挨拶し のんびり甲羅干しなんぞ!
右画は 移築した東小屋! ツアーデスクを兼ねてはいるが 余り意味を成していない!
痒いところに手が届かない! それが この宿の最大の魅力だと 我思ふ! ガハッ!

e0168736_17111248.jpge0168736_17112438.jpg
長期滞在のゲストが数組居るとのことだが 増築工事の関係か? プールサイドに 人影は無!

e0168736_17165864.jpge0168736_1717870.jpg
そーいうことなら ウロウロo( ̄ー ̄=  ̄ー ̄)oキョロキョロ おのぼりサン!

e0168736_17225334.jpge0168736_1723497.jpg



ハウステンプルを守る
バロン像だって
当然 デカっ!
e0168736_17264475.jpge0168736_1727378.jpg
ファミリールーム棟前のプール!
ブランコは 夕方ともなると スタッフの憩いの場に変身!
一度 乗ってみたかったのだよ!ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

e0168736_17353111.jpge0168736_1735414.jpg
ファミリー棟横の東小屋の奥が デラックスバンガロー(2棟)!
右に チラリ、見えるのが これまた巨大な馬軍団の像!
老夫婦と新婚さん(共にフランス人)が お泊りのようで 甲羅干し中だったので ソロリ ソロリと、退散!


■遅めのマカン・シアン!

e0168736_1750561.jpg
小腹が減った…
が、突然のバロン様御一行(オダラン)で
買出しも 挨拶周りも忘れたいた我々に
空腹を満たすモノはなく
Mr.マルコに借りた三角帽子を
返すついでに 遅めのマカン・シアン!
e0168736_17501673.jpge0168736_18112653.jpg
で、向ったのは Mr.マルコのお薦めのワルン!
なんでも ソト・アヤム(スパイスと鶏肉を煮込んだスープ)が 安くて旨いとのことだが
いつも混んでいて なかなか機会に恵まれなかった

e0168736_1811358.jpge0168736_18121663.jpg
オーダーしたのは 勿論 ソト・アヤム
余りパンチはないも 鶏肉がやわらかく やさしい味であった!(^^)b
が、テ・ボトル、ナシプティ、ソト・アヤムで 1人/19.000Rp(171円)は ややコスパ悪し?
後で Mr.マルコに話したら(イツモ値段を訊く) 高い!と、怒っていた!\(`皿´)ヾ(^^;)
ちなみに デザートは イブ・スンダリから貰ったマンゴ
果肉は白いが 不思議と甘かった! ホホー∈( ̄o ̄)∋

■夜のオダランとWarung JAWA SODIA! そして スンダリ一族!

e0168736_19425683.jpg
すっかり 陽も傾き ホテホテと、ワルン・ジャワ(お気に入りのムスリム食堂)に向うも
クバヤサロンで 美しく正装した女性達が気になり プラ(寺院)通りに フラフラ~((((~´∀`)~

e0168736_1953266.jpge0168736_19533962.jpg
e0168736_20375376.jpge0168736_203853.jpg
e0168736_20404838.jpg
e0168736_204472.jpge0168736_20453814.jpg
e0168736_2056891.jpge0168736_20562050.jpg
が、またしても サロン(腰布)を巻いていない我々は プラの中には入れませしぇん!(><)
オダランは 土地の宗教行事ゆえに 有名寺院を除き 観光客にスケジュールが公表される事はなく
又、寺は バンジャール(banjar)毎(日本でいう町内会?)に 奉仕で管理されいるので
スケジュールを訊いても ヒトによって マチマチなのが 難しいところ!(^^;)ゞ

e0168736_2102522.jpge0168736_2103411.jpg
e0168736_2105511.jpg

昨夜 ゴレンガン(揚げ菓子)を買った出店!
ルンピアゴレン(揚げ春巻)を2本買い
記念に写真を撮らせてもらった!

e0168736_211122.jpge0168736_2112770.jpg
家族でやっているとのこと! バパもイブも うれしそう!

e0168736_21262760.jpge0168736_21264026.jpg
で、ようやく辿り着いた Warung JAWA SODIA
以前の位置から 2軒程移動し(前は土産物屋だったと思う) 広くなって メニューなんぞも!
なにげに 儲かっているん? でも 個人的には 以前の方が スキかも… (^^;)

アッサラーム・アレイクム!」  イスラム式に 頬を合わせて ご挨拶! 
イブもバパも 息子サンも 覚えていてくれました! 感激!v(≧∇≦)v

e0168736_2137104.jpge0168736_21372233.jpg
で、オーダーしたのは ナシチャンプル(ぶっかけ飯)!
好きなオカズをチョイスすることも出来るが イブに お任せ!
調理スペースも広くなり 作業もしやすそう! (紅茶)を頼むと クルクルクルと、魔法をかけてくれる
残念ながら テニスボール級の肉団子が入ったバクソ(Bakso)は 手間が掛かる割りには
儲けが少ないと、今は フツーのバクソしかないのだそうだ!(T0T)

e0168736_2151111.jpge0168736_21511244.jpg
いつも お洒落なイブ(後ろが息子サン)と 「今日は(オダランで) 暇だ~!」と、ダレる バパ
しばらく お世話になります! だから 休まないでネ!(休みが多いのヨ!)<(_ _*)>

e0168736_14595993.jpg
帰りは チナ・トコに寄って お買物!
イブ・スンダリと 益々チャンティクになったムスメさんたち!
e0168736_150848.jpg
オダランの儀礼に 集まった親族の方たち!
もっと キレイに撮ってあげたかったのだが 足元に… 天敵(ゴキ)がっ! ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ 

e0168736_15112549.jpge0168736_15113484.jpg
Mr.マルコと少しおしゃべりしてから 宿に戻る
夜食は 出店で買ったルンピアゴレン(揚げ春巻)と ビンタン(ビール)!
で、今回 大活躍したのが 500円で購入した怪しいモロッコ製(タブン)の携帯湯沸かし器
感電が怖いンで 一応ゴム手袋着用! コップなら ものの数秒で 地獄釜級の熱湯に 大変身!

で、この日だけで 早くも3人の日本人と遭遇!w(*゚o゚*)w
村の人たちは 皆親切というか お節介好きというか 日本人だと分かれば すぐに声を掛ける
そんな時 相手は 得てして反応に困る
エッ! 日本人? どーせ男漁りだろ? そんな表情が読みとれる
姉妹と分かれば やや表情は解けるも 女2人って なんか損だよね… (-_-;)

【この日の出費/2人分】
・昼飯(ワルン) - ソト・アヤム、ナシブティ、テ・ボトル×2=38.000Rp(342円)
・晩飯(ワルン・ジャワ) - ナシチャンプル、テ・アイス×2=25.000Rp(225円)
・ルンピアゴレン(出店/春巻タレ付) - 1個/1.000Rp(9円)×2=2.000Rp(18円)
・買物(トコ・スンダリ) - 蚊取り線香、ビンタン(缶)×2=200.000Rp(180円)


[PR]
by 2121katcat | 2012-05-08 19:12 | 2011-バリ島 | Comments(0)
< << #10:インドネシア・バリ... #08:インドネシア・バリ... >>