<< #08:インドネシア・バリ... #05:インドネシア・バリ... >>
#07:インドネシア・バリ島東部 2011
■7日目 '11/10/31(月) チャンディダサ-6nd


e0168736_1633889.jpge0168736_16345359.jpg
e0168736_16332271.jpge0168736_16353243.jpg
夜から振り出したスコールは 明け方まで 大地を叩き付けていた
大地のカーぺットを絞ったら 一体何杯分のプールの水が溜まるのだろうか?
それでも 草花は 何事もなかったかのように 美しい花を咲かせている
とても 静かな朝だ! 湿っぽいけどネ… ( ̄  ̄;)



e0168736_16454856.jpge0168736_1646247.jpg
am07:30 宿のレストランで朝食! 旅先では 規則正しいK◎姉妹!
他のゲスト(先客のツンツン奥様のフランス人ご夫婦とおタクくん)の姿は まだ寝ているようだ
着席すると 必ず添えてくれる(少なくとも滞在中は!) ハイビスカス!
南国を象徴する亜熱帯気候特有の花である
インドネシア語では ブンガ・スパッツ! バリ語では プチュック
本で読んだのよ!」と、王子(チャン・グンソク)に似ている(痩せれば)姉が教えてくれた!
で、どーせなら 花瓶代わりのグラス… 洗った方が よくねぇ?( ̄  ̄;)

e0168736_16461343.jpge0168736_1646268.jpg
コピ・スス(バリコーヒー&ミルク)、フルーツMiXジュース、ハニートーストをオーダーすると
このジャム とても美味しいのよ! 子供の好物なのよ!」と、レストラン担当のイブ・マデ
いちごジャムトースト(+1枚)をサービスしてくれた!
小さなことだが 素直にうれしいものだ! <(_ _*)> トゥリマカシ バニャ!


■タンジュンジュプンで 変身!

am09:40 宿を出発!
途中 ワルン・アスリ(前日の晩飯店)で ミネラル(大)を購入!
当然 スーパーの方が安いが 1本/6.000Rp(54円)と、ワルン価格にしては 良心的だ!
が、つり銭が足りないので 後払いでOKとのこと! なんて親切なんだ アスリさん!(T▽T)

e0168736_1726453.jpg

で、ふと、上を見上げれば 
たわわに実るマンゴちゃん!
食べ頃になったら くれるって! ウヒャヒャ!
って、滞在中に 間に合うんかい?(^^;)
e0168736_1737631.jpge0168736_17254982.jpg
am10:00 船着場を出発! 時間に正確な WワヤンとK◎姉妹!
太陽も覗き 海は穏やかなるも 一晩降り続いた雨のせいで水嵩が増し 海面が膨らんで見える
そして ラグーンから溢れ出した水草やゴミが あちらこちに だらしな気に漂っている
エンジンに絡まないように 慎重にジュクンを操りながら進む

で、この日向う タンジュンジュプン(Tanjung Jepun)は この辺りで最も人気のあるポイントで
潜水艦のサブマリン・オデッセイの発着場及び、回遊コースとしても知られている
我々の遅咲きスノーケリング でびゅー会場も ココだ!
が、周辺には どー見たって ミスマッチな石油タンク基地がありーの!
ガスや石油を運ぶ大型タンカーや調査船などが停泊する 不思議な場所でもあるのだよネ!

でで、肝心なスノーケリングだが 正直 NGだった!
大量の水草やプラスチック類に 視界を阻まれ にわか清掃隊に 変身!ヘ(・_・ヘ)(ノ・o・)ノ⌒
いや~ マジで すごいゴミ!
我々が捨てているゴミも こーして海に流れているのかもしれないよね… (><)

e0168736_1835257.jpge0168736_18353553.jpg
湾の中は うねりもなく 海流も穏やか! ゴミさえなければ マジで 最高の場所である
雨の日の後は 要注意ちゅーことで!"φ(..。)メモメモ
ちなみに 沖に浮かんでいるのが 潜水艦乗り場!(左画)

e0168736_18525293.jpge0168736_1853192.jpg
浜にあがって マカン・シアン(昼飯)の準備!
火を起こすのは ガイド・ワヤン! 燃料は ココナッツの殻! これが よく燃える!
ココナッツって ホントに凄い!
中の液体は 喉を潤し コプラ(果肉)は 生食するほか お菓子の材料や調味料となり
殻は 食器や工芸品、燃料と、余すところが無く 自然がくれた 最高の贈り物だ!

e0168736_1954229.jpge0168736_1954972.jpg
で、メインディシュは 獲れ立てのイカン(魚)!
焼き網なんぞは 不要! 石を並べ 岩塩を振って バナナの葉の茎の上に乗せれば OK!
エコだよね! (^^)b
e0168736_19121026.jpg
ボス・ワヤンが ちょいと 席を外した隙に? ガイド・ワヤンと記念撮影!
実は 一緒に撮りたかったんだそうだ! そーいわれてみれば 3度目の訪問にして お初! (^^;)ゞ
e0168736_19121845.jpg
オレ 裸だよ!」と、慌てて Tシャツを着込んで K◎と!
こーやって見ると クールで寡黙なガイド・ワヤンも ただのスケベオヤジ! ガハッ!

e0168736_19231928.jpge0168736_19263186.jpg
e0168736_19264051.jpg
エコ焼 イカン・バカール(焼魚)の完成!
旨そう~! 旨いよ! 旨かったよ!
Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

勿論 神様へのお供えもネ!
今日も1日 ( ̄人 ̄) トゥリマカシ!
e0168736_19325425.jpg
頭や尾っぽは ワンコに プレゼント! (* ̄o ̄)ゝオーイ!! キミも 一緒に食べようよ!

で、食後 またしても 一悶着!
ウパチャラ(祭/儀礼)があるので 13:30には ココを出発したい!」と、ボス・ワヤン
年中 ウパチャラだらけのバリ島! 参加必須は ワヤン(長男)の掟!
どーぞ どーぞ!と、云いたいところであるが 事前に 相談もないわけで…
だからさ そーいう事は 先に云えちゅーの! ゴル━━ヾ(゚Д゚)ノ゛━━ァァア!!
と、我々よりも先に ガイド・ワヤンが ぶち切れた! w(◎д◎)(◎д◎)w
バリの人々は 怒り悲しみ嘆くよりも 神に祈ることを選ぶと、云われているが
超怒ってましたよ! 寡黙な彼が! (゚m゚;)(゚ロ゚;)

e0168736_23511231.jpge0168736_23512964.jpg
結局 メインまでに間に合えばイイってことで ビーチエントリーで 再トライ!
別に どーでもよかったのだが ガイド・ワヤンが 張り切るもんで!\( ̄^ ̄)゙ Go!
帰路は コクリコクリ ( ̄  ̄) Zzzz… 居眠りサン!
おそらく ウパチャラの準備で 早朝から 忙しかったのだろう
だから 余計に うれしかった! 彼が居なければ きっと 今日まで続かなかっただろう
本当に ありがとうネ! <(_ _*)> トゥリマカシ!

e0168736_13425557.jpge0168736_134334.jpg
pm14:30過ぎ 船着場に戻るなり ふたり(W・ワヤン)は 猛ダッシュ! ≡≡≡ヘ(*--)ヘ(*--)ノ
バンジャール(バリの町内会)単位の小さなウパチャラなので 無問題とは云っていたが
無理しなくてもいいのネ… と、云ったところで 無理だろーけどネ! ┐( ̄ヘ ̄)┌
まぁ お陰で 余計な話しをせずに済んだので 良かったのかもしれない
なぜならば 明日 パタンダイに移動するからだ!
ボス・ワヤンは 薄々気付いているようだが 先の予約もなく これで一区切りになるので
少々味気ないも 後でSMSで 挨拶をすることにした
e0168736_14293244.jpg
この時間は 引き潮なので 僅かにも砂地が覗く 折角なので 海岸を歩いて 宿に戻ることに!

e0168736_15295813.jpge0168736_153075.jpg
pm15:00を回っても まだまだ 陽は高く この日は チャンディダサ滞在中一番の暑さ!
宿前のビーチで ピチピチ! プールで バチャバチャ!
エンド コピの注文がてら イブ・カディ(一番愛想の良いスタッフ)に 明日の送迎を頼んだ
わざわざ ウブドからヤンクン(我々の友人)を 呼び寄せる距離でもなし
彼女の友人(ドライバー)の方が 宿の送迎車($10)よりも $2も安かったからだ!

夕方 ドイツ人中年男性2組が チェックイン!
少々喧しげな2組だったので 明日の移動は 正解だったかもネ! ( ̄ー ̄)=b

■ワルン・アスリで マカン・マラーム!

e0168736_16493164.jpg
ツケにしてもらった ミネラルの支払い方々
今夜は 飯物OK!と、いうことで
チャンディダサ最後の夜は
ワルン・アスリで キマリ!
オーダーしたのは ナシゴレン(炒飯)と
ミーゴレン(炒麺)!
正しくは 選択肢がないというべきカモ!(^^;)ゞ
e0168736_22583325.jpge0168736_22573597.jpg
左:ナシゴレン(炒飯)!
右:前日のインスタントラーメンとは 明らかに別物のミーゴレン(炒麺)!

e0168736_2322449.jpg
そして 「これも食べてね~ん!053.gif
と、サービスされたのは
ナシ・プティ(白飯)! エェーーッ! (゚◇゚ノ)ノ
さすがに 驚きはしたが
炒飯と炒麺を オカズにして
ありがたく いただきました!
e0168736_2338532.jpg
丁度 アスリさんの旦那様が戻ってきたので 記念撮影なんぞ!
カメラを前に緊張する カチン カチンの旦那様! ハイハイ 笑って~! (*>∀<*) ニーン!

e0168736_08130.jpge0168736_081024.jpg
明日に備え 両替屋に行くも いつものお姉ちゃんは居らず またしてもレートが悪く 断念!
手持ちのRp(ルピー)が心持たないも アスリ(ローカルスーパー)で 少々買物してから 宿に戻ると
夜勤のスタッフが チャナン(供え物)の籠を編んでいた
朝から晩まで バリの女性は大変だ! よかっよ! 我々日本人で! (*-∀-)ゞ

夜食は ボス・ワヤンに貰ったクエ(菓子)と ビンタン(ビール)!
明日は パタンバイに移動だ! うれしいけど ちょっぴり 不安!
変わっていないとイイのだけど… (ーヘー;)

【この日の出費/2人分】
・スノーケリングトリップ(T・Jepun) - 400.000Rp(3.600円)
・宿のレストラン - コピ(ポット) 18.000Rp(162円)
・晩飯(ワルン・アスリ) - テ・ボトル×2、ナシゴレン、ミーゴレン、ミネラル(大)=27.000Rp(243円)
・買物(スーパー・アスリ) - インフェラー、ビンタン等 121.500Rp(1.094円)


[PR]
by 2121katcat | 2012-04-17 14:18 | 2011-バリ島 | Comments(0)
< << #08:インドネシア・バリ... #05:インドネシア・バリ... >>