<< #06:インドネシア・バリ... #04:インドネシア・バリ... >>
#05:インドネシア・バリ島東部 2011
■5日目 '11/10/29(土) チャンディダサ-4nd


e0168736_0562398.jpge0168736_0563190.jpg
am07:00 起床! am08:00 朝食!
コピ・スス(バリコーヒー with ミルク)、フルーツMixジュース、パンケーキ、スクランブルエッグ・サンド!
お味の方は… シ───(。-ω-。)───ン! 云うまでもない!
で、この日 感じの良かったフランス人の老夫婦と 犬連れカップルさんは チェックアウトし
入れ違いに やって来たのは お坊ちゃま風なフランス人男性(1人)!
またしても デラックスルーム… なんでそんなに 稼働率が良いのだ?
以前 欧米人は 高い部屋から選ぶと、聞いたことがあるが まんざら噂ではないようだ!
ちなみに 我々日本人は 安い部屋から選ぶ傾向にあるらしい… (^^;)(^^;)ゞ



■イブ・マデのチャナン!

e0168736_124533.jpge0168736_12451774.jpg
サロン(腰布)とスレンダン(腰帯)で ぷち正装した レストラン・スタッフのイブ・マデ
「よかったら いらっしゃいよ!」と、チャナン(供え物)作りを見せてくれた! w(☆o☆)w

e0168736_15365168.jpge0168736_1537118.jpg
バリ島では 毎日欠かさず チャナン(canang)と呼ばれる供物を供え 香を焚き 祈りの言葉を捧げる
しかも 朝昼晩と、1日数回! 回数に決まりはなく 多いに越したことはないそうだ

チャナン作りは 主に女性の仕事で 作り手によって その姿は様々である
椰子の葉を組合わせた 花形のグア(guak)や 四角いフレームのチュペール(Ceper)!
バナナの葉の小片に ご飯(一番炊き)を載せたシンプルなモノは サイバン(Saiban)というらしく
彼女は バナナの葉を竹ひごで留めた三角おにぎりスタイルだ!

使用する草花は 大抵が庭で摘まれたもので 摘み立てフレッシュが 原則!
地面に落ちたものは 例え誤って落とした物だとしても 使ってはいけないそうである
ポロサン(神のシンボルの葉)、ジュプン(フランジパニ/プルメリア)、チュンパカ、ブーゲンビリヤ、紫陽花、
マリーゴールド、パンダン・ハルム(細い草)、米粒、時には 菓子や果物などなど
使われる色にも 基本方位に基づいた意味があるそうだ

で、出来上がったチャナンは サンガと呼ばれる家寺やプラキラン(神棚)をはじめ
家中の火元や水周り、庭や玄関、車や商売道具、さらには 道端にもと、至る所に供えられる
勿論 家だけではなく 宿や店、オフィスやワルンにも 必ず神棚があり 同様に供えられる
この宿だけでも その数40個を越えるそうだ! w(◎◎)w
もっとも 最近は 様々理由から トゥカン・バンタン(Tukang bantang)と呼ばれる
供物屋サンから買う人も少なくはないというが… 兎に角 バリ島の女性は大変だ! (;´д`)=3

でで、供えたチャナンは すぐさま 鳥がついばみ 猫犬が喰らう
踏まれて 蹴散らされても そんなことは お構いなしで 供えることに意味があるいう
が、大量のゴミになるじゃん! いかにも! 下水溝には 大量のチャナンが 流れを阻んでいる
がが、全て天然素材! やがては土に還るわけで その散り際までもが 美しいさえと思う
ががが、最近は 竹ひごの代わりに ホッチキスを使ったモノを眼にする
やがて 造花に変わる日が訪れるのだろうか… それだけは やめてくれろと、願う! (・人・)

e0168736_1352187.jpge0168736_13522489.jpg
プールサイドに 散乱… ではなく 意図的に集められた ジュプン(バリ語/神の花)!
日本では プルメリアフランジパニの名で知られている
香りが高く 抽出した精油は 香水や芳香剤としてだけではなく 殺菌、抗アレルギー、健胃、鎮痛、
抗炎症効果にも優れ 人気が高い! さすがは 神の花である!

んーでもって 彼女が 作ったばかりのチャナンをプレゼントしてくれた!
祈り込めて作ったのよ! バリでの滞在が素晴しいものになりますように!
むちゃくちゃ うれしかった!
Matur suksema!(バリ語:アリガトウ) <(_ _*)> それ以上の言葉は見つからない!

e0168736_133509.jpg
この日は 学校がお休みで 遊びに来ていた息子さん! イブと そっくり!
只今 日本語猛勉強中! 色々質問してきては 懸命に メモメモ… ((φ(・ェ・*)
が、近年は 日本語より 中国語、韓国語、ロシア語の方が需要があるのだそうだ! (^^;)(^^;)ゞ


■鼻息の荒い午後のプールサイド!

e0168736_12112051.jpge0168736_1211836.jpg
宿に響くは スタッフの声ばかり 皆キャッキャッと、うれしそう
他のゲスト(フランス人ツンツン老夫婦&Newゲストのお坊チャマ)は 外出したようだ
と、いうことは… 貸切万歳!
ちゅーことで マッサージの時間まで 我がモノと化したプールを ご堪能!!ヘ( -∀-)ノ ヒャッホー!

午後になって ドイツ人のご夫人(40代位?)2人組が チェックイン!
互いに それとな~く 挨拶を交わし 横に並んだ!
ひとりは クールフェースのダイナマイトばでぇー!
もうひとりは ぽっちゃりサンで こちらを気にしてか モジモジと、水着になれないでいる
姉が ポンポンと、自慢の肌太鼓を叩くと、(´艸`)ププッ!と、うれしそうに 自分の腹太鼓を叩く
イイ人そうね… 互いに そんな空気が流れ 一気に場が和んだ気がした

で、昼飯用の菓子を取りに部屋に戻ると テラスの物干しに下げていた洗濯バサミ(紐付)が

キレイさっぱり 消えていた! w(OдO)w

2階だし スタッフにも云ってあるし ゲストも居ないし… と、気を抜いたのが うかつであった!
が、└(゚ロ゚;)┘ゲゲッ! 隣のテラスに… 哀れ洗濯バサミ
ブラやショーツが ぶら~ん ぶら~ん!

察するに 先の2人組… 隣にゲスト(我々)が居るとは気付かず inしたと、思われる
洗濯バサミは 宿の物で 誰も使っていないなら 借りちゃいましょう~と、拝借したに違いない!
がが、勝手に 奪い返すのも 後々気まずくなりそうだし…
と、ココロは ワナワナしつつも スマート且つ、速やかに返還を求めるべき ε=ε=┌(;゚ェ゚)┘ダッシュ!

で、お尋ねしたところ お隣の9号室(我々は8号室)は 自分達ではないと、おっしゃるんです
部屋番号は 確認してきたんで 間違いございません
でで、洗濯バサミ英語が分からず ランドリー・ピンチと、説明したのだが これまた 通じず…
シラ―――(¬ε¬ )―――ッと、する クールフェースのダイナマイトばでぇー!
が、アタフタヽ(´゚д゚`;≡;´゚д゚`)ノアタフタと、する ぽっちゃりサン…
そして 数秒後 ふたりは 言い合いとなり ( #`Д´)(*`ロ´メ)ノ 
sorry! After! Back!」と、背を向ける クールフェースのダイナマイトばでぇー!
べ、べつに よござんすが なんだかなぁ… ( ゚ρ゚ )( ゚ρ゚ )ポカーン!

pm15:00 約束通り イブ・ナガ(ボス・ワヤンの妻)とイブ・ニョマンがやって来た!
が、彼女らの話題は もっぱら マッサージ・ワヤンのことである!
どうやら 彼女が訪ねて来たことが バレているらしく 縄張り荒しとして 怒りを買ったようだ
しかも 憤慨したイブ・ナガは 彼女との一件を イブ・ニョマンに バラしてしまった!
ボス・ワヤン家とマッサージ・ワヤン家は とにかく仲が悪い!
が、その一件は 我々との中で オフレコにしたはず! (ノロ≦*)アチャ!

確かに あの事件は 彼女が悪い!
それに 客を盗った 盗られた! なんてことは 別段珍しいことではないのかもしれない
が、それでも 彼女が気の毒でならなかった
悪口に燃える彼女らのマッサージは なんとも手ぬるく それでいて チャンスを狙っては
次の約束を取り付けようとする必死さに 辟易した
悪口はキライだ! 彼女は写真を取りに来ただけだ!」 そういって 約束はしなかった

家に戻ったイブ・ナガは ボス・ワヤンに 間違いなく話すだろう
そして 彼は 我々に 真相を確かめるだろう
明日 スノーケリングの予約が入っている… 嗚呼 面倒臭い! (>д<) ウキーッ!


■Warung M.M!

部屋に戻ると 洗濯バサミが戻されていた
テラスで ひとりまどろむ ぼっちゃりサン!
姉は喫煙者(禁煙訓練中)なので お礼を兼ねて詫びると
えっ! あっ! 大丈夫! 私達も喫煙者なのよ!」と、(〃▽〃) とても うれしそうだった
なに? なに? 慌てて顔を覗かせる クールフェースのダイナマイトばでぇー!
つかさず 姉が 「ダンケ! ビス バルト(アリガトウ マタ ノチホドネ!」 (*゚д゚*)エッ!
実は 我が姉は 元医学部志望なのよ! ( ̄ー ̄)ニヤリ

e0168736_17583139.jpge0168736_17585410.jpg
煩わしい1日… なんとなく りぶみーあろ~んな気分の時は 静かに食事がしたい!
って、ことで 昨夜訪れたWarung M.Mへ Go! テヶテヶε=ε=ε=ヘ( -∀-)ノ
ちなみに 右画が ブンクス(テークアウト)・コーナー!

e0168736_18481628.jpge0168736_18482391.jpg
オーダーしたのは ナシ・チャンプル(お好み盛り合せ飯)と テ・アイス!
オカズのバリエーションは 昨夜とやや異なるよーで なんだか分からんが 旨かった!
それに ココは 食べ終えたら チャチャと、席を譲るようなタイプの店ではないので
テ・アイスをお替りして 次のお客さんが来るまで まどろませていただいた!

で、やって来たお客さんは 欧米人女性のお一人様!
おそらく フランス人! 炭酸水とスープをオーダーし セルフフォトを撮って
ノートパソコンを開き 手馴れた感じで 画像を取り込みアップしている ブログかしらん?
(¬ε¬)フーンと、横目で覗きつつ 羨ましいと、思っちゃったりする
その都度 アップ出来れば 忘れないで済むもんね!(^^;)ゞ

e0168736_19102776.jpg

土産物屋の店先に 供えられていたチャナン
はじめて見る その置き方に 強く惹かれた
なにか特別な意味があると思われる
その意味は わからないけど
とても ステキ!
何か失礼があってはいけないので
店員サンに声を掛けて 撮らせてもらった

チャナン! チャナン! チャナン
なんだか 明日は イイ日になりそうな予感!(^^)v
【この日の出費/2人分】
・宿のレストラン - バリ・コピ(ポット)/18.000Rp(162円)21%TAX込
・マッサージ(1時間) - 5.000Rp×2=10.000Rp(900円)
・晩飯(Warung M.M) - ナシ・チャンプル、テ・アイス(4杯)/48.000Rp(432円)21%TAX込


[PR]
by 2121katcat | 2012-04-17 14:17 | 2011-バリ島 | Comments(0)
< << #06:インドネシア・バリ... #04:インドネシア・バリ... >>