<< #05:インドネシア・バリ... #03:インドネシア・バリ... >>
#04:インドネシア・バリ島東部 2011
■4日目 '11/10/28(金) チャンディダサ-3nd / 羨ましい朝!


am07:00 起床! 椰子の木に絡みつく 巨大ポトスの葉に 大粒の滴が揺れている 明け方 雨が降ったようだ
この日は WHITE SAND BERCHこと 通称:PPP(パンタイ・パーシル・プティ)で スノーケリング
やや雲は残るも 日差しが覗く イイ天気になりそうだ!

e0168736_16385330.jpg


am07:30 一番乗りで 朝食!
コピバリ(バリコーヒー)、フルーツMixジュースに
哀しい程にシンプルなスクランブルエッグサンド!
アレルギー持ちではあるも
不思議と、異国の玉子は モーマンタイ!
葉物がないので 色気もボリュームもないが
おたまパワーで エンジン始動! p(・∀・)q
で、この日のレストランは 地味~に 賑わった! 最初で最後! ゲストが勢揃いしたからだ
勢揃いといっても 仏人夫婦×2組に 昨夜、インした犬連れのカップルさんと 我々の4組だけで
地味~と、いうのは それぞれの間に 意識的な距離があるからだ
犬連れカップルさんの彼女は 流暢な英語を操るインテリセレブ風のインドネシアの方で 
在住の方かと思いきや 彼氏(米人)&愛犬と一緒に アメリカから来たといっていた
デラックスルームを2つ借り 朝からテーブルいっぱいに アルコールやらアラカルトが並ぶ
別に 羨ましいとは思わないが 愛犬と一緒に旅が出来るなんて イイナァ~ イイナァ~ (・ε・`)




■マッサージ・ワヤン&スノーケリング Go!

am09:45 宿を出て 待ち合わせの船着場に向う
途中 マッサージ・ワヤンと、w(゚o゚)w バッタリ! いやなに 想定内! チャンディダサは 狭い!
彼女は 2年連続で宿泊した宿(F.C.B)の契約マッサージ師で イブ(母)と共に世話になった
なんでも 今は 隣のゲストハウスで細々と、やっているそうだ
早い話が 宿の改装に伴い サロンが併設され 親子して お払い箱… (^^;)
気の毒ではあるが 気の強い彼女の性格では 宿のマダムと反りが合わないだろう

時間がないので 後で写真を届けると云ったが 自分が出向くから 宿泊先を教えて欲しいという
正直 悩んだ! 去年の一件(娘のカモネギ事件)が シコリになっていたからだ
が、ウソをついたところで すぐにバレるだろう ひつこいようだが チャンディダサは 兎に角狭いのだ!
んーなことより 遅刻だ 遅刻! ε=ε=┌(;・_・)┘

e0168736_12173365.jpg

am10:10 やや遅れて 船着場に到着! 
元気だったかい?
固い握手と抱擁で迎えるは
我らが秘密兵器 ガイド・ワヤン
スダ ラマ~♪ ヽ(´▽`)ノ053.gif
まぁ 長くなるんで 挨拶話は割愛するが
兎に角 元気そうで なにより!
こうして再び ふたりと共に
スノーケリングに行けることを うれしく思う
が、残念ながら ジュクン(バリのトラディショナルボート)の絵柄は バロン(聖獣)ではなく クラクラ(カメ)…
去年 ボス・ワヤンに デザインを決めてくれと頼まれ ちょっと期待していたのだが
まぁ 色々と あら~なってことで、彼が言い出すまで 気付かぬフリをすることにした

e0168736_18313896.jpg

で、向うは PPP(パンタイ・パーシル・プティ)!
チャンディダサの東に位置する
お気に入りのビーチである
海流にもよるが ジュクンで 30分程の船旅だ!
が、その前に ギリ・ミンパン島周辺で
ひと泳ぎしませうと、ガイド・ワヤン
普段は寡黙な彼が 珍しい… 張り切ってるん?
海水は冷たく やや波もあるが 視界は良好!
では お言葉に甘えて ドボーーン!
久しぶりのスノーケリングに緊張するも ガイド・ワヤンが居るので 安心だ!
ちゅーか 彼が居なくては 我々は およげましぇ~ん! だって ココ 中級者向けなのよ!
彼を秘密兵器と呼ぶ理由は そこにあり! (〃∇〃)ゝ エヘッ!

おかげで… オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

大物Seeげーーーちゅっ! 巨大なナポレオンフィッシュよ! しかも ツガイ!w(◎Д◎)w
証拠写真が無いのが もどかしが 優に1mは超える大物で 悠々とした その姿に
開いた口が塞がらずに 海水を飲み込むほどに圧倒される
兎に角 身体もデカイが 顔もデカく 感動のファニーフェーーーース! v(≧∇≦)v

でもって、見渡せば 別にジュクンに ワンコの姿!w(゚o゚*)w 同宿の犬連れカップルさんだ!
虹子('10年に亡くなったワンコ)と あんな風に乗りたかったな… 」と、姉が ポツリ…
あちらさんも 我々に気付き 笑顔でシャッターを切る! 立派な望遠レンズが付いた一眼デジだ!
が、海面に漂う我々の顔は 鼻水垂れ蔵… ざぞ おぞましいモノに違いない! (><) ウッ!

e0168736_18484399.jpge0168736_18483432.jpg
ナポレオンフィッシュを見るなんて キミたちは ラッキーだ!」  by 船頭:ボス・ワヤン!(左)
秘密兵器のガイド・ワヤン(右)は ウンウンと、頷くだけ… ハラ出タネ… キミ!(-_-;) 
基、彼は普段から寡黙で 余計なことは 一切発しない そこが彼のイイところである
が、彼の機材は ボロボロで 子豚2匹連れて 1時間も泳げば 話したくもないよね…?(^^;)ゞ


■PPPとWarung Sea Breeze!

e0168736_21381382.jpge0168736_21392888.jpg
更に ジュクンを走らせること 15分! コオモリ洞窟を横目に 溶岩岬を曲がれば
そこは WHITE SAND BERCHこと 通称:PPP(パンタイ・パーシル・プティ)!
さして 大きなビーチではないが 青い海に 白い砂 ずらーと、並ぶジュクンの群れは
何度見ても 感動ものだ! ヒャッホー! \(≧▽≦)/ バグース(ブラボーの意)!

e0168736_21534473.jpge0168736_2154510.jpg
どーよ この色! 丘を背に 右側が 海神様が祭られた小さなテンプルと ワルンエリア!
ココには 数軒のワルンがあり 更衣室や簡易シャワー、トイレ(手動式)も揃っている
もっとも 観光客向けなので 食事は やや割高ではあるが その辺は ツリーストの定めである
が、絶対チープというならば 少し奥に入ったところに ローカル向けのワルンがある
但し、お値段は 交渉次第ちゅーことで!

e0168736_1623194.jpg
e0168736_16233611.jpg
e0168736_16235089.jpg
ジュクンが到着するなり どこからともなく ワラワラと、集うは 漁師の面々!
ゴトンロヨン(相互扶助)… 誰の船とかではなく ジュクンの浜上げを無償で手伝うのである
PHOT! PHOT!」  誰ともなく 声があがる すっかり憶えられてしまったようだ!
ちゃんと プリントしてきたよん! ウキャウキャと、皆子供のように嬉しそうだった!(^^)

e0168736_1728623.jpg
Warung Sea Breeze(シーブリーズ)も 健在!
我々の姿を見るや 走ってお出迎え!
これでは 行かぬわけにはいくまい!
まぁ 写真は渡すつもりだったけど…
ちゅーか 1年ぶりなのに よく憶えていこと! (^^;)ゞ

ちなみに ビーチチェアは 50.000Rp(450円)!
コピ(コーヒー)は 5.000Rp(45円)と
値上げはしていないようだ
e0168736_17502847.jpg
で、こちらのご婦人が 店を切り盛りする マダム・アユ
クネクネ あ~ん♪ と、しなをつくり ( ̄w ̄)プッ! 噴出すほどに強烈な個性を放ってはいるが
商売は心得ているようで 程よい距離感を保ってくれるし 焼魚定食が人気!
もしも このブログに辿り着いた方で 訪れる機会があれば 「カッチャンのブログ見たぜ!
と、云えば 特別なサービスは あるかも? ないかもであるが ボラれることはないと思います!
但し、保障の限りではなく あくまでも自己責任と節度ある態度で プリーズね!<(_ _*)>

【アクセス】:Warung Sea Breeze in PPP@WHITE SAND BERCH
・チャンディダサから車でもOK! 所要時間約30分/$10~25(要交渉)+駐車場代(5.000~10.000Rp)
・山道なので オジェ(バイクタクシー)は お薦めしない! 又、危険ゾーンあり!(詳細は後でネ!)
・店の場所は 陸を背に 一番右側! 小さなテンプルの隣です

e0168736_18293456.jpg
マダム・アユの兄、マダム・アユ、そして 物売りのイブ(毎回土産調達)! 皆元気で なにより! v(^^)v
e0168736_18294559.jpg
逆光なんで フラッシュを使ったら イブが… (-.-)Zzz…
e0168736_1830119.jpg
この日は 珍しく 娘さんたちが一緒! 中学生らしいよ w(*゚o゚*)w かわえぇ~♪♪
e0168736_1830144.jpg
息子さんも かわいいじゃないかい! テレながらも はい ポーズ! 
e0168736_18303280.jpg
せっかくの家族写真なのに 暗っ! 上手く撮れなくて すまなんだ… m(_ _)m

e0168736_18502589.jpge0168736_18505280.jpg
マカン・シアン(昼飯)の用意が出来たと、お声が掛かる
青い空に 青い海! ジュクン(船)のテーブルに バナナリーフの皿!
ロケーションも セッティングも 完璧!
メインデッシュは 釣り立て 焼き立て アツアツのイカン・バカール(焼魚)!
そして 焼魚に欠かせないのが イブ・ナガ(ボス・ワヤンの奥方)特製のサンバル・チリ
これが 絶品! たっぷり付けて喰らう!
旨い! あれよあれよという間に 胃袋に収まってしまった!(^^)b

e0168736_19933.jpge0168736_1991755.jpg
でもって こちらが 弟と共同購入したビックボード! Two Brothers号
6~7人の団体さんが利用! 商売繁盛! 何気に 儲かっているん? ゛(6 ̄  ̄)ポリポリ

e0168736_1920102.jpg

少し休憩してから スノーケリング!
2本目は ビーチエントリーで Go!
見た眼には 穏やかなるも 潮の流れが速く
エントリーするにも コツがいる
が、亀サンとの遭遇率が高く
この時も 1m近い亀サンを 2匹も Seeげーちゅっ!
もぅ たまらんって! \(≧▽≦)/

で、いつも不思議に思うことがある
ガイド・ワヤンとスノーケリングをすると たっぷり1時間は海遊する
時計もないのに その正確さには いつも感心するほどだ
ボス・ワヤンが時間を計っているのかと思ったが 彼の時計は壊れているわけで
どうやって 時間を計っているのかは未だに謎である (;・・)ゞ
ともあれ トゥリマカシ! <(_ _*)> 彼は 本当に 我が秘密兵器である!

e0168736_20135590.jpge0168736_2014819.jpg
Warung Sea Breezeに戻ると マダム・アユが 再訪のお礼にと
コピとフレッシュオレンジジュースをご馳走してくれた
が、なぜゆえ 熱冷両方? お腹グルグル 一度に飲んだら ヤバいって! 飲んだケド! (´▽`;)

e0168736_2048319.jpge0168736_2048883.jpg
物売りのイブから 今年も貝で作った小亀の置物を2つほど買った 1つ/25.000Rp(225円)!
じー(父)の仏壇に 3つ目の小亀が並ぶ! 4つ目は… 並ぶかしらん?

e0168736_20551243.jpge0168736_20552513.jpge0168736_20554389.jpg
ココは 静かで 本当に イイ所である
出来れば 近くに宿を取りたいところだが なかなか情報がなくて困っている
絶対にあるはずだよね? 今度行ったら マダム・アユに訊いてみよう

e0168736_20591378.jpg

これまでには無かった 立て看板…
漁師達の仕事は 年々減る一方だという
漁をするよりは 観光客相手の方が稼ぎがデカい!
物価も上がるし 学費も掛る
オレら 英語も話せねーし ホントは イヤなんだけどさ…
と、漁師達は 苦笑していた

Pm15:30を周り そろそろ帰りませう!と、思ったら なにやら話があると ドヤ顔のボス・ワヤン
なんでも 今年から ボートのパーキング代/25.000Rp(225円)を徴収するようになったとのこと!
その上 これまでツアー代に含まれていた ランチのミネラルも有料!
しかも 500mlボトルで 30.000Rp(270円)と、レストラン価格!

えぇーーっ!w(゚ロ゚)w そんな話し 聞いてないしーぃ!

嘘か誠か パーキング代は 在り得る話し! ミネラル有料化も 事情があってのことだとは思う
が、昨日、料金確認したよね? フツーは 事前に話すよね? ┐(-。ー;)┌
なによりも  こーいうやり方が 一番キライだって 知ってるはずだったよね?
甘え? 本性? 舐められたん? 彼に限って… と、思っていたのは 買いかぶりなん? (・д・;)

e0168736_16144036.jpg
オォーーイ! 何してるだよ~~ん! ( ̄0 ̄)Ψと、漁師の面々! ハイハイ └|∵|┐└|∵|┐ オマタセ オマタセ!

e0168736_16293127.jpge0168736_16295119.jpg
大丈夫か?と、珍しく 寡黙なガイド・ワヤンが口を開く
大丈夫だよね? 楽しかったよね~♪と、姉が 懸命に場を盛り上げる
一度機嫌を損ねると どーにも山本リンダなオノレであるが ココは ぐぐっと、堪えて 眉間に皺を作る
が、どーにもリンダは止まらないわけで 素晴しく上達した彼(ボス・ワヤン)の英語さえも 鼻に付く!
もっとも それが嫉妬であることは認めるが 4人とも英語がダメで これまでは ネシア語だっただけに
淡白と聴こえるそれが かえって ビジネスライクに感じてして 妙に腹立たしかった! (-゛-メ)


■面倒臭いんですけどー!

e0168736_177348.jpge0168736_1772264.jpg
船着と宿は 5分と離れていないが ボス・ワヤンは 断ったにも関わらず 宿前まで送ってくれた
とっても ありがたいのだが 案の定 近くに居た船頭から 「何しに来んだ?」と、声が飛ぶ!
チャンディダサは狭い上に 縄張りが細かく分かれている えんど モロモロ…
ローカルルールが見えてくると なんだか面倒くさいものである! ε=(ー。ー)フゥー!

そして 問題の清算! 当然のことながら 毎回最後に行う
クルクルと、小さく丸め 別れ際の握手と共に さり気なく渡す 周囲に金額を悟られない為だ
彼らも 我々を信用してか その場で金額を確かめるようなことは これまで一度もなかった
この時も いつものように別れ(清算)の握手を交わす
が、パーキング代ミネラル代は わざと分かるように手渡した いわゆる賭けである!

すると 「それはなんだ?」と、寡黙なガイド・ワヤンが 口を挟んだ! 言葉を失う ボス・ワヤン
ビンゴォー! 頭の中で 鐘が鳴ると同時に ガッツーンと、打ちのめされた!(××)

彼は 変わってしまったのだろうか? それとも オノレに見る眼がなかったのか?
そもそも 信頼関係なんて 存在していなかったのかもしれないわけで…
なんにせよ 敗北、挫折、喪失、卑小感に襲われることには違いなかった (((((ノ゚⊿゚)ノ アゥ!

e0168736_18385691.jpge0168736_18391662.jpg
突堤の内側(宿前のビーチ)は 遠浅で 波も穏やか! 「かっちゃん 泳ごうよ!」と、姉!
ウンダ ウンダ! クサクサする時は 身体を動かすに限る!
水草があって やや視界が悪いも 僅かに珊瑚も残っており 小魚が泳いでいた!(^^)b

部屋に戻ると ジャストなタイミングで マッサージ・ワヤンが訪ねてきた
ココは 持ち回りの宿ではないので 自宅か 自分が契約している宿に行こうという
3女まで引き連れ マッサージをする気満々!
が、約束してないしーーーっ!<(`^´)>

それに すでに イブ・ナガ(ボス・ワヤンの妻)たちと 約束を取り付けている
が、彼女は それが不服で 自分の方が付き合いが長いのに ランダップ(ボス・ワヤン)ばかりで
ずるいと、怒りを露にする

ゴトンロヨン(相互扶助)が根付くバリには バンジャール(Banjar)と呼ばれる
バリ島特有の最小単位の村組織があり 彼女とボス・ワヤンは 同じ組織に属しているが
なぜか両家は すこぶる仲が悪い!
が、そんなことは 関係のないことで 舌打ちを繰り返す彼女と間に すでに ゴトンロヨンは成立しない!
写真を渡して 帰ってもらった!
旅をなぞるって イイこともあれば 嗚呼… 面倒臭い!┐(-。ー;)┌


■Warung M.M!

e0168736_19372533.jpg

いささか疲れたので…
晩飯は ナシチャンプルを テークアウト!
ナシチャンプル(nasi campur)とは
白飯に 好みのオカズを盛り付けてもらうもので
通り沿いに 以前から気になるワルンがあり
お任せで 10.000Rp(90円)分を包んでもらった
鶏肉や腸詰など… 見た目は ・・・だが
客は次々と、やって来るので 期待出来そうだ!
が、「中でも 食べれるわよ!」と、売り子さん!
見れば… w( ̄o ̄)w オオー! 奥に 中庭を配したオープンテラスのレストランスペースが!
これは 気付かなんだ! てっきり 屋台だけかと… (・・。)ゞ 折角なんで お邪魔しちゃいましょうかネ!

e0168736_19594653.jpge0168736_2005188.jpg
良く云えば ムーディー! 悪く云わなくとも 薄暗いが…
通りに面していながらも レストランスペースは奥まっているので とっても静か!

e0168736_20512741.jpge0168736_20514559.jpg
折角なんで 追加しちゃいましょうかネ!
スープ・ラクサ(ココナッツミルクと魚介ダシのピリ辛スープ)、トムヤムクン、ルンピアゴレン(バリ風春巻)!
残念ながら スープはインスタントであるが その分値段が リズナボ~♪
が、観光客は しっかりと TAX付! しかも 観光客専用レジありし! (^^;)
がが、お釣りがないからと 端数をオマケして下さった!
正確な値段は 忘れたけど 飲み物を入れて 50.000Rp(450円)位だったと思う!d(^^)b

e0168736_2191463.jpge0168736_2165728.jpge0168736_2173063.jpg
すっかり 機嫌を直したアタクシ! 大好きなアスリ(ローカルスーパー)に寄って お買物!
パチモン激安香水に 洗濯石鹸&ロープ、ビンタンゼロに… 今回のヒットは ビーチサンダル
28.000Rp(252円)と、やや高いが コイル状になぅているので 通気性が良く フカフカ~♪
やっぱ ストレス発散には 買物よ! ウヒャヒャ!
ちなみに 亀サンは PPPのイブから買ったもの! かわいいだろう?
で、結局 この日も なんだかんだと 午前様よ! ( ̄▽ ̄) アハッ!


[PR]
by 2121katcat | 2012-03-21 22:15 | 2011-バリ島 | Comments(0)
< << #05:インドネシア・バリ... #03:インドネシア・バリ... >>