<< #04:インドネシア・バリ... #01:インドネシア・バリ... >>
#03:インドネシア・バリ島東部 2011
■3日目 '11/10/27(木) チャンディダサ-2nd お初宿の朝!


e0168736_20422328.jpg

am07:30起床!
明け方 雨が降ったらしいが 全く気付かなんだ!
快適だったのか…
快適じゃなかったのか… 
適度な疲れもあってか
1度も起きなかったことだけは 確かである
さて どうしたものか…
はじめての宿は 勝手がわからん!(^^;)
テラスで ( ̄。 ̄)ボ~っと、していると 朝食はいかが?と、スタッフが手招きをする
イソイソと、階段を下り 割れ門も抜けて レストランへと向った

e0168736_2155636.jpge0168736_216544.jpge0168736_2161336.jpg
プールサイドに設けられたレストランは 客室24に対して 5テーブルと、やや手狭であるも
海が見渡せ 南国らしい開放感ある造りである
レストランの担当スタッフは イブ・マデと イブ・カデ!
営業時間は am07:30~pm15:00頃までとのこと!
他の2ゲストは まだご就寝中なのか? 姿は見えず オンリー我々!




e0168736_21233927.jpge0168736_21234911.jpg
朝食メニューは 至ってシンプルである!
コーヒーor紅茶、トーストorパンケーキ、フルーツサラダorフルーツジュースからのチョイス!
勿論 有料ならば ハムやベーコン タマゴ料理、アルコール類も可能だ!
まぁ 1泊/1.800円なのだから 贅沢は云えまい!( ̄  ̄)

■プールで まったり!

部屋に戻ると ベットメイクが終わっていた ハヤッ!
いちいち鍵を預けなくとも 掃除はしてくれるようだ!
シーツとタオルは交換されていたが 相変らずコップは 1個のまま... (^^;)ゞ

e0168736_21405830.jpge0168736_2141735.jpg
早速 水着に着替えて プールに Go!
プールは 比較的新しく 掃除も行き届いているようだ
さして広くもないが 水深1.6Mと、ふたりで 水浴びする程度なら無問題である
チェアーは 6台! 盛期なら イス取り合戦は避けられんだろうな!
ちなみに  左画の2棟4室は プール&シビューのデラックスルーム(公式レート$85)!
右棟1階に フランス人の老夫婦がお泊りなようで! これまた感じがよろしく (´▽`) ホッ!
もう一組のゲストは 我々の向かい棟の1階で 同じくフランス人の老夫婦であったが
こちらは 奥方様が ツンツン… (- -;*)ゞ

e0168736_2252799.jpge0168736_2253477.jpge0168736_2254292.jpg
プールサイドには 2つの東小屋があり ココで食事も可能とのこと!
レストラン脇の階段を下りれば 海に出ることも出来る

e0168736_22371679.jpg


が、この日は 海を眺めながら
プールで まったり~♪
満潮なので ゴロゴロ海も 青々~♪
e0168736_22142512.jpge0168736_22145894.jpg
左手に見える島は 3つの小島からなるギリ・ミンパン島と テコペン島!
この付近は ダイビング&シュノーケリングポインでもあり 大物遭遇率が高い!
明日は シュノーケリングの予定だ! 今回は どんな大物に出逢えるかしらん!o(^^)oワクワク

■Two brothers とマッサージ!

e0168736_2244859.jpge0168736_22442251.jpg
プールサイドで ちょっぴり贅沢に コーヒー(バリコピ)なんぞ!
ポット(約4杯分)で 180.00Rp(税21%込/162円)!
が、昼飯… 持参したお菓子で 我慢するあたりが ケチくせーっ! (ー。ー)フゥ

あ、そーだ ボス・ワヤン(お世話になっているジュクンの船頭)に 連絡せねばと、SMSを打つ!
事前に ハガキを出しておいたが なにせ郵便事情の悪いバリゆえ 怪しいところ…
と、速攻返信ありて 次なる返信を打つ間に 本人が宿に現れた! ワオーッ!(゚ロ゚屮)

で、長くなるので 挨拶話は割愛するとして…
なんでも 出稼ぎから戻った弟と共同で 念願のビックボート(新しい船)を購入したとのこと!
ダブルエンジン搭載の大型船で 団体客は勿論のこと ロンボック島などへ長距離も可!
これまでのように 漁の傍らに チマチマ商売しなくてもいいのだと、それはそれは 嬉しそうだった

明日のスノーケリングは ビックボートにするかい?
幾ら? 彼は 少し考え 「少し高い… 」と、云っただけで はっきり値段を云わなかった
我々は 小さな漁船のジュクン(バリのトラディショナルボート)が好きだ!
ジュクンにする! ガイド・ワヤン(別名:秘密兵器)も一緒だよ! 値段は前回と同じ? 
ノープロブレムだ! 勿論 値段も同じだ!」と、云いながらも ちょっと残念そうだった

エンド 我々が滞在している宿は 偶然にも イブ・ナガ(彼の妻でマッサージ師)の仕事場だという
と、いっても 専属ではなく 週数回のラウンド制で これまた偶然にも この日が持ち回り日だとか!
これまでお逢いする機会がなかったので 15時に マッサージをお願いすることにした

e0168736_23505717.jpg

"Two brothers"(ビックボート)のチラシ!
片言だった英語も 素晴しく上達していた
が、なぜか 彼の成功を素直に
よろこべない自分がそこに存在していた
嫉妬なのだろうか…
自分でも よくわからなかった (;-_-) =з
e0168736_14555699.jpg


Pm15:00 イブ・ナガと初対面!
何度か電話で話した事はあったが
想像よりも 若くて チャキチャキで w(◎◎)w
挨拶もソコソコに マッサージ開始!
自分は 同じく この日持ち回りの仲間だというイブ・ニョマンにしていただいた
1H/50.000Rp(450円)!
ややガサツだが 陽気なオバちゃんで なかなかのテクニシャンである!
これもなにかの縁なんで 明後日(次の持ち回り日)に またお願いすることにした
ちなみに 姉を担当したイブ・ナガの腕前は 値段なりだとか… (^^;)ゞ

■Warung Puspaで イカン・バカール定食!

e0168736_18513360.jpge0168736_18514174.jpg
Pm19:00 "Warung Puspa"(警察署前広場のフードコート)へ Go!
晩飯時ということもあり どこのワルンも ローカルで賑わっていた
ゆっくりで イイよ~んと、店主に 合図を投げ 待つこと15分余り
何も云わずとも 昨夜約束したイカン・バカール(焼魚)定食が テーブルに並べられた
が、バカール(焼魚)といても 炭火焼ではなく フライパンで油焼したものである
がが、やや小ぶりのそれは 骨までパリパリで ウマっ!
焼魚には欠かせない辛味調味料のサンバル・マタ(チリの生ソース)も スープも (^▽^)=b
それでいて 一人前/10.000Rp(90円)というのだから リズナボー!
お腹もお財布も大満足のマカン・マラーム(晩飯)でした! <(_ _*)> ゴッツァンデス!
尾っぽは ねこさんに プレゼントにゃ~♪
e0168736_19161412.jpg
"Warung Puspa"の陽気な夫婦!
ちなみに 奥様はハイテクです! Facebook やってるよ~ん♪


e0168736_19371945.jpg

んーでもって ← こちらが
K◎姉妹御用達の"アスリ"(ローカルスーパー)!
べらぼうに安いってわけではないが
掘り出し物があったりもする
が、Nonエアコンなんで 店内はサウナ状態!
買物するなら 夜よ! 夜!
電灯に集まる虫の如く
あぁ~ 吸い寄せられるぅ~ (((( *≧∇)ノノノ

e0168736_19535384.jpge0168736_1954485.jpg
んーでもって 宿の看板と 見た目立派な入口!
入口を入って すぐ左手にフロントデスクがあり 夜間は 男性スタッフが常駐しているも
ゲストが戻って来ても 気付きません… 居眠りしているんだなぁ… 大丈夫なん?(^^;)

e0168736_19543036.jpg


明日は GoGo! シュノーケリング!
青い海が 待ってるぜぇ! (≧∇≦)/ウヒャ!
ゆえに ビンタン・セロ(Nonアルコール)で
ぐぐぐいっと、我慢のコ!
ちゅーことで とっとと、準備して
早めに ご就寝よー!
ミンピ マニス~♪ ヽ( ´ー`)ノ

[PR]
by 2121katcat | 2012-03-21 22:11 | 2011-バリ島 | Comments(0)
< << #04:インドネシア・バリ... #01:インドネシア・バリ... >>