<< #23:インドネシア・バリ... #21:インドネシア・バリ... >>
#22:インドネシア・バリ島東部 2010
■22日目 '10/12/07日(日) インドネシア・バリ島/ウブド滞在ラストの朝!


e0168736_1353570.jpg

トントンと、小気味のよい音で 眼が覚めた
この日は プナンパハン
いわゆる 明日に迫ったガルンガン(バリのお盆)
に向けての追い込み日?
ポットンバビ(ブタを〆る)をはじめとする
料理やお供え物作りなど バリの人たちは
普段に増して 早朝から大忙しである!

そして 旅もいよいよ終盤!
我々にとっても 慌しい一日となるだろう
と、云っても 特に予定もないのだが… アハッ!
朝食には まだ早すぎるので パサール・ウブド(ウブド市場)まで 散歩することにした!(((=・o・)ノ ゴーゴー
宿を出たガン(小道)で 飼い犬サンと、思しきワンコとすれ違う!
ややメタボ! ポテポテと、歩く様が ソーキュート!
ヨッ! 朝帰りなん? ケゲッ! (゚д゚;) バレタ? マジで そんな困り顔をしていた
案ずるな 誰にも云わんって! ( ̄ー ̄)ニヤリ




■じゃらん・パギ(朝の散歩)!

e0168736_1784591.jpge0168736_1785995.jpg
まだ 観光客の姿もなく 静かなJl.Monkey Forest(南方面に向けて)!
が、凝らして見れば 所々で 作業の真っ最中! 解るかしらん?!(^^;)ゞ

e0168736_146359.jpge0168736_1418484.jpg
e0168736_1246343.jpge0168736_1254869.jpg
通りを飾るペンジョール! それぞれが思考を凝らした力作だ!
我が家はココだぞー!と、これを目印に 神々とご先祖様が 天から降りてくる

e0168736_12464971.jpge0168736_12542458.jpg
ペンジョールは ガルンガンの前日(プナンパハン)までに立てるのが お約束!
ほとんどの家では 当日の2日前に立てるそうだが ギリギリセーフの家もあるようだ!(〃´o`)=3 フゥ

e0168736_1254561.jpge0168736_1255853.jpge0168736_12551928.jpg
ゆるやかなカーブを描くペンジョールは 美しく バリの好きな光景のひとつである
ウ~ン! やっぱり ペンジョールは 青空に映える!( ̄ー ̄)v

e0168736_137496.jpge0168736_1381150.jpg
祭礼準備のピークを迎えるこの日のパサールは さすがに 閑散としていた
なんでも 3日間は 観光向けのレストラン以外 行商人もワルン(食堂)も休みだそうだ
昨日買ったナシブンクス屋のイブも ジャジョー(生菓子)屋のイブも居らず
ルンピア(Lumpia/青唐辛子付のバリ風春巻):3本/1.000Rp(10円)と
ブブール・カチャン(Bubur Kacang/豆入りのお粥):2人分/5.000Rp(50円)をGetした!

e0168736_1327127.jpg


パサール・ウブド(ウブド市場)から
Jl.Gootama(ゴータマ)、Jl.Dewi Sita(デヒィシータ)を抜け
気持ち分だけ 遠回りして宿に戻ることにした
e0168736_14132650.jpge0168736_14133935.jpgウーーン!
上手く撮れん!
e0168736_14141886.jpge0168736_14143082.jpg


ウウーーン!
やっぱり 撮れん!
e0168736_14164785.jpge0168736_1417349.jpg
e0168736_14182482.jpge0168736_14183690.jpge0168736_1419721.jpg
前回 母の土産に購入した ヨガニャンコ(セールだったのよ!)!
バリの高級食器で知られるジェンガラ(Jenggala Keramik Bali)… 欲しいけど 覗くだけ!(><*)

e0168736_14331246.jpge0168736_14332599.jpg
e0168736_14351870.jpge0168736_14354766.jpg
サッカー場沿いのガン(小道)にある 一見、ミニマートにも見えるが ワルン(食堂)である
奥のショウケースに 旨そうなゴレンガン(Gorengan/揚げ物)が並んでいたので ツマミ食い!
3個/1.000Rp(10円)と、値段も良心的で 旨かった! 

e0168736_1450710.jpg

昨日 話を聞かせてくれた
バパッ(Mr)のペンジョールも完成したようだ
青空の下で ブンブンと、豪快に しなる
「神様、ご先祖様 我々は ココに居ります… 
そんな声が聴こえてくるようだ!

ちなみに このペンジョール
ガルンガンから35日後に 外されるそうだ
なんだか 勿体無いなぁ… (´o`)
e0168736_1572610.jpge0168736_1581352.jpg
宿は目前だが 角のワルン(食堂)で 一休憩! イヤ その… つい… (〃∇〃)ゝエヘヘ
眼の前は サッカー場とジャックフルーツ! なかなかの特等席だ! 

テ・ボトル・ディンギン(冷やした瓶入りの激甘紅茶)が 1本/3.000Rp(30円)と、良心的!
ごはんも 食べれるんだよ!」と、イヴ(お母さん)!
この手のワルンには メニューなど存在しない! あったとしても 値段が書かれていないことが多い
つまり 客は近所の常連さんで メニューも値段も承知の上であるからにして 必要がないのである
ゆえに 稀に訪れる物好きやローカルマニアは 主の良心、気分で 値段が決まる
無論 値段表示のあるワルンやカキルマ(移動式屋台)もあるが
それらは 大概にして 観光客をも意識したジャワ系(ジャワ島出身)の経営であることが多く
バリの人は 彼らのことを 商売上!と、皮肉ることがある よそ者がーーって! 感じなのだろう
ある日本人在住者が 観光客が利用しやすいように 清潔、お洒落、値段表示と、推奨していたが
観光客向けのワルンやレストランは 腐るほどあるわけで これはこれで イイのではないかと思う
まぁ そんなことは どーでもイイとして そろそろ 宿に戻って朝食だ! イブ ごめんネ!m(_ _)m

■ワンコの不条理!

通りに出ると 後ろ脚のないワンコに逢った
鼻ッらギリギリに 車がかすめても 微動だにせず 思わず 内なる悲鳴を上げ 眼を背けてしまった
滞在中 こうした光景を 何度も見掛けた! こと 往来の激しい通りで 横たわる犬には 驚かされる
轢かれて死んでいるわけでも 怪我をして動けないないわけでも 恐怖で身動き出来ぬわけでもなく
時折 あくびをしたり 思い出したかのように 脚を上げて 毛繕いをしたりする
来世を願う苦行… 或いは 人間に抗議する為の自傷行為にも 写るには 自分だけなのだろうか?

e0168736_17121753.jpg
後ろ脚のないワンコ…
バリでは このコのようなワンコを度々眼にする… (。-_-。)


自分ごときが あーだ こーだと、云えることではないが 少々ワンコのお話しなんぞ!
良し悪しは別として 犬に対する島の人々の価値観は 欧米や日本とは 根本的に違うようだ
基本的には 放し飼い! 或いは、夜になって ぶっ放す!(嘗ての日本も同じ… )
首輪をしているワンコも居るが 飼い犬か? 野良犬なのか? 区別すらつかず
徒党を組んで 闊歩する様は さすがに Σ(゚д゚;) ギョッと、することがある

が、彼らは 自由気侭に暮している訳ではなく その瞳は暗く かなり蔑まれた扱いを受けている
エサを与える習慣がないので 彼らは お供え物や残飯をあさって 空腹を紛らわせている
予防注射や虚勢・避妊手術も 皆無であるから 弥が上にも繁殖し 病気にもなる
人口の増加に伴い 増え続ける車やバイクの犠牲となり 怪我を負うコも少なくはないが
大概にして 彼らの生死に 人が手を差し伸べることはなく
怪我した仲間を救わんとする犬をも 邪魔だとばかりに 蹴り上げられることさえある

エエエーーー!! щ(゚ロ゚щ) ヒドイーーーー!!!

神々を崇め 自然と共に生き 助け合いの精神を育んできた島の人々がーっ!と、思うのだが
その背景にあるのは 宗教的世界観からくるものだと、考えている
インドネシアは 世界最多イスラム教徒を抱える国であるが
インドの影響を受けたバリ島は 島民の9割が 土着の信仰と習合したバリ・ヒンドゥー教を信仰している
つまり イスラム教不浄説(犬・豚は不浄の生き物とみなされている)!
ヒンドゥー教カースト! 土着の信仰自然説が 複雑に絡み合って根付いている
そこに 犬は 家畜化された狼であり 人間が創り出した生き物であるという傲慢さプラスされ
ペットとしての観念もなければ 犬たる存在意義もなく 人に牙を向けなければ 軒だけは貸してやる
その代わり 生きるも死ぬも勝手! って、ことなんだと思う
日本でも 古くから悪しき例えに 犬を使って表すが おそらく 周りまわって 伝わったのだろう

ちなみに バリ島には バリ犬なる 短毛の中型犬と キンタマーニ犬なる 毛長の中型犬が存在する
ことキンタマーニ犬は その毛並みと希少価値から 重宝されている
いわば バリの高級ブランド犬で それらを所有することは ステータスとされているようだ
又、在住外国人が増えるにつれて 輸入規制が緩和され 持ち込まれる犬の数も増えた
客寄せに 犬を置くショップも増え 犬問題は 益々大きな課題となることだろう


■まったりな午後!

e0168736_142010.jpge0168736_1421287.jpg
宿に戻って マカン・パギ! ツマミ食いと朝食は 別腹である!( ̄ー ̄)
メニューは同じ! あらかじめ 宿を出る前に告げていたので 絶妙なタイミングで セッティング!
今日は スタッフにも プナンパハン(ガルンガン前日祭)のご馳走が振舞われるとのことで
ウキウキと、とても うれしそうだった!\(>▽<)/バビバビ

e0168736_1414768.jpge0168736_14142784.jpg
こちらの方が 宿のご主人!(後ろ姿で失礼!)
ハウステンプルの飾り付けも 終わったようです!(^^)

e0168736_141773.jpge0168736_14172555.jpg
エアーの再確認も バッチリ! 封鎖された仁川(ソウル)国際空港も再開し 南北問題は 何処吹く風!
荷物のパッキンも終わり  特に やることもなし!
ゲストは 我々だけ! 当然 ブールも貸切! 泳ぎますか! \(>▽<)/ヒャッホー!

e0168736_14363668.jpge0168736_14364719.jpg
ウ~ン! サンタイ・ブルナン エナ(キモチイイ)~~♪

e0168736_14402424.jpge0168736_14404334.jpg
遅めのマカン・シアンは パサール(市場)でGetした ブブール・カチャン(豆入りのお粥)と
ルンピア(青唐辛子付のバリ風春巻)を部屋で食す!
ブブール・カチャンは さすがに ふやけていたが ボリュームが増して なかなか!
ルンピアも 一口サイズにカットしてもらったのはイイが タレを別にしなかったので
せっかくのバリバリ感がーーーっ!(><) でも 旨かったけどネ!

e0168736_1441073.jpg

で、こちらのお宿!
レイトチェックアウトにも関わらず
掃除も然り プール用タオルまで交換済み!
朝食時に飲み切った ポットのお湯も
サービスの茶具も 新たにセットされていた
まぁ 半日分の料金は発生しているのだが
なかなか出来ることではないわけで
リピーターが多いのも 頷けマス!(^^)


■バスタブをひっくり返すが如し!

e0168736_1511155.jpge0168736_15112845.jpg
pm15:00を回った頃 スコールが大地を打ち付ける
楽しい水遊びも これで おしまい!
が、我々のフライトは 日付を跨ぎ 真夜中のam01:25!
空港までの移動時間をプラスし 余裕を持って出発しても pm10;00までは 自由である
ウーーン 暇だ! 幸いにして pm16:30頃に 雲が切れた
行く? 行っちゃいますか?と、宿を出た!!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノウヒャヒャ!

e0168736_15245862.jpge0168736_15251486.jpg
Jl.Monkey Forestを "Monkey Forest"(野生猿の自然保護区)に向けて南下する途中で
一際大きなペンジョール(製作中)を発見! しばし 足を止めて 見学!
とうちゃん 注目されてるわよ!」 チラチラと、視線が泳ぎ 気合いが入る!(´艸`)

e0168736_15435392.jpge0168736_15455687.jpg
が、再び スコール!(××)
一応 折り畳み傘はあるものの こんな時は 軒を借りて やり過ごすに限る

e0168736_154479.jpg

がが、これが なかなかしぶとく
さすがに 彼らも作業の手を止め
ノンクロン(その場にしゃがんで雑談)!
ヤバイよ とうちゃん! 間に合うんか?
うろたえるな息子よ アイツらが見てる!
なんちって!(´艸`)ププッ!
e0168736_169941.jpg

小ぶりになったので 移動するも
"Monkey Forest"を過ぎた辺りで 大泣き!
バケツを ひっくり返したような雨と云うが
バスタブの方が ぴったりだ!
軒を借りるも パンツまで びっしょり!(TдT)
e0168736_1624773.jpg
さすがに 人影まばらなJl.Hanoman!


ウブドは 坂が多い! 濁流と化した通りを ジャバジャと、掻き分け
やっとこさ Jl.Hanoman(Jl.Monkey Forestの1本東に平行する通り)に脱出!
で、何しに来たんだっけ?(゚_。)?
そーだった 残ったRp(ルピイ)で 母へのお土産(追加)だ!
実は この通り沿いに バディック製のオリジナルバックを売っている小さなショップがあり
デザインも縫製もよろしく 前回、購入して好評だったので 今回も~と、考えた次第!
が、ずぶ濡れなんで お店に入るのは… と、躊躇していたら ドンゾ ドンゾと、足拭きを貸してくれた
で、もって 母、姉、自分用にと、3個お買い上げ! 小で 500円弱だったかな?
どんなに粘っても 1割引きが限界だが かなり凝っていて 品が良いので 満足である!( ̄ー ̄)v

e0168736_17221918.jpge0168736_17223759.jpg
e0168736_1723490.jpge0168736_17232059.jpg
e0168736_17235316.jpge0168736_17241194.jpg
e0168736_17243053.jpg


雨は やむどころか 様を変えて 落ちてくる
おそらく たぶん きっと
神々とご先祖様が こぞって 降りてきているのかもネ!
が、飛行機は 大丈夫かしらん?
揺れる? 揺れちゃう?(((((ノ゚⊿゚)ノ アゥ
外に出たついでだしー 最後だしー 1度ぐらいは レストランで 夕食なんぞ!
ウーーン 性に合わん! パンツまで びしょ濡れだしネ!(〃∇〃)ゝエヘヘ

e0168736_17362534.jpg

って、ことで 今朝 ツマミ食いしたワルンで
ナシチャンプルブンクス(テークアウト)した!
魚をメインに 5種のおかずを選んで
1人前/10.000Rp(100円)!
「今日 2度目だから サービスするわ~!」と、
どんぶり飯ほどのナシ・プティ(白飯)を包んでくれた!
1日早いけど スラマッ ガルンガン!\(>▽<)/
宿に戻り マンディ(シャワー)して ナシチャンプルを食す!
まだ ナシ・プティ(白飯)が温かく ピリ辛のおかずも 口に合う!
実にもって 我々らしい晩餐! 楽しい時間は ホントに あっという間だ!(o・_・)ノ”(ノ_<。)

※容量の問題で つづきは… #23へ!
ちゅーか 投稿制限あるの はじめて気付いたカモ!(^^;)


[PR]
by 2121katcat | 2011-08-09 23:56 | 2010-バリ島 | Comments(0)
< << #23:インドネシア・バリ... #21:インドネシア・バリ... >>