<< #22:インドネシア・バリ... #20:インドネシア・バリ... >>
#21:インドネシア・バリ島東部 2010
■21日目 '10/12/06日(土) インドネシア・バリ島/ウブド3日目の朝!


e0168736_11592920.jpge0168736_11594690.jpg
am06:00! あー よく寝た~! \( ´O`)ゞファーァ お腹空いたよ~!と、姉様 起床!
12時間近くも 爆睡したお陰で 体調もよろしいようだ! ヨガッタ! ヨガッタ!
ならば パサール(市場)にも 繰り出そうではないかと、宿を出た!
空は やや雲が厚く アスファルトには 明朝の雨が残るも 朝の空気は 清々しくて 気持ちがイイ!



e0168736_12114041.jpge0168736_12115673.jpg
日中は 車とバイクと観光客で溢れる Jl. Monkey Forestも 朝は 静かなものだ!
ウィンドショッピングだって 自由自在!

e0168736_1212284.jpge0168736_12125579.jpg
両替所の"ガネーシャ"像! ウブド内では まずまずの交換率!
バリ舞踊が行われるUBUDO KELDO! チケット売りの兄ちゃんも さすがに 朝は居ない!

e0168736_12133444.jpg
否が応にも 眼に留まる "サッカー場"という名のだだっ広い広場!
突っ切れば ショートカット!
但し、雨上がりは キケン! 滑るし 濡れるし、ウンコ踏むよ! (ノ゚⊿゚)ノ クサッ!


e0168736_12142135.jpge0168736_12143778.jpg
このガンの先にも 手頃なロスメンが集まっている
が、スコラー(学校)があるので 登下校時は かなり賑やかである

e0168736_121556.jpge0168736_12152388.jpg
看板がかわいいクリニック! アーティスティックなランプシェードが イイ感じ!(^^)

e0168736_12155526.jpge0168736_12162815.jpg
パサール・ウブド(ウブド市場)につづく道(裏門)は 工事中につき 足を踏み外せば 泥に埋まる!
漬物石の如しスラロームは ナニ? 嫌がらせかい? (-_-メ)
アイツ… 踏み外すぜぇ! 賭けるかい?と、ワンコが 笑う!(妄想)

e0168736_12164553.jpge0168736_1217533.jpg
昼は 観光客向けの土産げ品が並ぶ観光市場として どこか足りない空気が流れるも
朝は ローカルの方が 生鮮食品や日用品を買い求める生活市場として 大層な賑わいだ
画像では伝わないが 活気溢れる場内(中庭)! 押し合い 圧し合い マジ スゲー人なんだ!
以下 コソコソと、ヘ(・・ヘ)  隠し撮りから 辛うじてまともな画を選抜投稿!(^^;)

e0168736_12172222.jpge0168736_12181931.jpg
観光客慣れしたココの売り手は つわもの揃い!
1個/1.000Rp(10円)の菓子でも 買い手によって 値段が変わる(ココだけじゃないけど)
隣で観ていた欧米系のマダムが 満足そうに 10個/30.000Rp(300円)で お買上げ!
値段は オノレの価値観で決まる イヤなら買うな! 払える人が 払うだけだ

e0168736_1219180.jpge0168736_12191826.jpg
散々迷った末に ジャジョー・チャンプル(Jaja Campur)を買うことにした
ジャジョーとは バリ語でお菓子の意(インドネシア語/ジャジャン)! チャンプルは ミックスの意で
色々なお菓子の盛り合わせのことである
2.000Rp(20円)分を盛り合わせ ココナッツフレークとグラ・メラ(椰子砂糖のシロップ)を
ラギラギ(もっと)と、たっぷ~り かけてもらった!( ̄ー ̄)v

e0168736_12203298.jpge0168736_12212112.jpg
バビグリン(babi guling/豚の丸焼き)のナシ・ブンクス(バリ風弁当)屋さんを発見!
昼飯用に 2人分包んでもらうことにした
1つ 10.000Rp(100円)ネ!
チチチッ! (¬д¬。)  知ってるのだよ 値段!
あら そーなの! じゃー 2つで 10.000Rp(100円)ネ!」 と、あっさり!( ̄ー ̄)v

e0168736_12214280.jpg
場内は 上へ 下へと、まだまだ広い
が、腹が減ってきたんで そろそろ 宿に戻りませう!
ちなみに バティック(Batik/ろうけつ染め布)やイカット( ikat/絣布)などは
デンバサールのパサールかスーパーの方が安いかもネ!(タブン)

e0168736_1222639.jpge0168736_12224637.jpg
場内にブースを設けられない者は 通り側の店先に間借りしている
安くするから… 」と、云われたが 薬草なのか 野菜なのか 何に使えばよいもか解らない…
ごめんよ… 売れると イイね! ブルウサハ!└|∵|┘

e0168736_12251465.jpge0168736_12252744.jpg
e0168736_12243672.jpg
バリでは カエルをモチーフにした商品が多い
なんでも カエルは 幸せを齎すのだとか!
カエル好きとしては こりゃたまらん!
欲しいけど 今回は 我慢のコ!(。-_-。)
e0168736_12262580.jpge0168736_1226458.jpg
e0168736_12271513.jpge0168736_12273694.jpg
e0168736_12281336.jpg

この旅2回目の絵葉書投函!
真実の口に挑むは 姉様!
ガゥ! Σ(゚д゚;)  ウソだよ~ん!
e0168736_12285612.jpge0168736_12291186.jpg
e0168736_12301321.jpge0168736_12294621.jpg
e0168736_12303528.jpge0168736_12304944.jpg
e0168736_12313331.jpge0168736_123193.jpg
この通りには ロスメン(安宿)が いっぱい!
1階は 店舗! 2階は ハウステンプル! さぞかし 賑やかなことだろう! ご先祖様も神様も!

e0168736_1231546.jpge0168736_12335569.jpg
e0168736_12341011.jpge0168736_12343945.jpg
e0168736_12283632.jpg



ゆっくりと、1時間以上かけてのジャラン・パギ!
撮ってるようで 意外に少ないものだ
せっかくのチャンスなのに… (><)

e0168736_123454100.jpg
宿に戻ると どこぞに行っていたのだと、
スタッフが 雁首揃えて お出迎え!
4人も居たのね… スタッフ!
部屋がもぬけの殻なんで 驚いた?( ̄ー ̄)

朝食は コピ・スス(ミルク入りコーヒー)に
トマトチーズジャッフルと フルーツサラダ!
e0168736_12351216.jpge0168736_12352747.jpg
バリ島のコーヒー(コピ/Kopi)は 超細かく挽いたパウダー状のコーヒーで 
そのままカップに入れ お湯と砂糖を加え 粉が底に沈んだら 上澄みをすする
フィルター要らずなので 楽チンだ! そして 砂糖は 必ず入れるべし! 大量に!
砂糖なしのコピは コピじゃねーーー!と、バリ人が豪語するだけのことはあり
香ばしいバリ・コピには 砂糖が合うのである!
ちなみに バリ・コピには 通常ミルクは入れないので 必要ならば 自己申告を!

■プールで タンタイ!

e0168736_1530083.jpge0168736_23373759.jpg
少し荷を整理し 帰国のフライトをチェックしてから 午後は プール三昧!
東部屋のゲストは 昨夜のフライトで帰国し 新しくスイートにインした外人さんも アウトしたので
この宿のゲストは 我々だけとなり すこぶる快適である! 後ろ姿で ごめんなさいよ! アハッ!

e0168736_15382275.jpge0168736_15383666.jpg
左画のハウステンプル(中央) 覚えておいてネ!(解りづらいケド!)

e0168736_1541477.jpge0168736_154227.jpg
Jl. Monkey Forestも喧騒も ココには届かず 時折 猫サンや牛サンが やって来る
んーでもって 田んぼなんで 人もやって来る!
威風堂々と、用を足す老婆の立ち姿! 余裕をかまし 手を降るあたりも 堂に入ってる!
(さすがに これは 投稿できないので 割愛!)
ウーン 我々は まだまだ 未熟者じゃ! <(。-_-。)>

e0168736_15531280.jpge0168736_15532482.jpg
マカン・シアンは 朝パサールで調達したジャジョー・チャンプルナシ・ブンクス(バビ・グリン)を食す!
ごめんネ! プールサイドで! でも 汚してないからネ!
ジャジョー・チャンプルは モチモチ シャキシャ 甘さの加減もよく なかなか洗練されたお味!
ナシ・ブンクスも 肉も厚く スパイシーで これまた 旨い!
1つ/5.000Rp(50円)は お買い得だったかも!(´▽`)=b

e0168736_1554125.jpge0168736_15294496.jpg
で、この日 はじめて 宿の奥様@美枝さんに お逢いすることが出来た
声だけは 聞こえていたんですが… (^^;)
互いに 当たり障りのない会話を交わし 遅くなったご挨拶終了!
芯のは強い人だが ふんわかとした方でした!

e0168736_15543964.jpge0168736_1643892.jpg
で、徐々に着飾ってゆくハウステンプル(宿の母屋の燐宅のモノと、思われる)!
来るガルンガン&クニンガン(儀礼)に備え 飾り付けが終わったようだ(タブン)!
何重にも布が巻かれ 美しい~!
が、布が落ちないように ガンガン 釘で打ち付けているではありませんか!
手先が器用なわりには 意外に 大雑把なのねん! (・・*)ゞ

■ペンジョールが揺れるウブドの夜!

ウブドに着てからは スコールが多く 山間であることを痛感する
スコールは バタバタと、1時間程つづき 宿を出る頃には pm19:00になろうとしていた

e0168736_14343358.jpge0168736_14341753.jpg
完成したばかりの宿(母屋)のペンジョール(penjor)! 解りずらいが なかなか立派!
左:部屋のテラスから! 右:宿の入口&母屋の入口前のガン(小道)から!

e0168736_151216.jpg

才ォォ-!!w(゚o゚*)w これは 豪華!
担ぐ姿も誇らしげである
ガルンガン(Garungan)&クニンガン(Kuningan)と呼ばれる祭礼期間に バリ島を訪れると
そこらかしこで ペンジョール(penjor)なる 竹飾りを見ることが出来る 
ガルンガンとは ウク歴(バリ暦)の210日に一度巡ってくる祭礼で 日本でいうお盆である!
2010年のガルガンは 12月8日で 10日後が送り盆にあたるクニンガン
で、この祭礼に欠かせないのが ペンジョールで プナンパハン(ガルンガン前日)までに
必ず家々の門口(ヒンドゥー教徒)に立てられる
これには 大切な意味があり 神々やご先祖様が迷わない為の目印となるそうだ
又、通常は1本のようだが 2本立っている家は 結婚の儀礼があり 家族が増えたよ~んと、
神々やご先祖様に知らせているのだという 予め知らせておけば 誰だ? なんて、ことにならんしネ!

e0168736_15131337.jpge0168736_15133094.jpg
サッカー場の角で ペンジョールを作っていたので 覗かせてもらった
バリ島では 男女の役割分担が ハッキリしているが ペンジョール作りは 男衆の仕事だそうだ
竹の長さや装飾は 地域や家によって異なり 長さ5m程のシンプルなモノで 10万Rp(1.000円前後)!
大きくて 立派なモノになると、100万Rp(10.000円)以上にもなるそうだ!
バリの平均月収は約2万円… いわば 財とセンスが問われるわけで 腕の見せ所というところか?
もっとも 最近は 市販のモノを購入する家も少なくはなく 「手作りが基本!」と、胸を張る(左画の方)!

で、ペンジョールは 天と地をつなぐ龍と アグン山(聖なる山)を表しているという
弓の如くしなる その様を見れば ウ~ン 納得!
竹竿の下の部分は アグン山の裾野を表し そこには 山や田畑で採れた収穫物の一部を供え
豊作への祈りと感謝の気持ちを込めるのだそうだ! 日本の七夕飾りにも共通しているよネ!
それにしても ナイフ1本で 器用に作るもんだ! 
彼は 自分のは ビアサ(普通)と、云っていたが イエイエ ご謙遜を! 立派です!
作業中に 邪魔して ごめんなさいネ! 色々と、お話しを トゥリマカシ!<(_ _*)>

e0168736_1512055.jpge0168736_151404.jpg
そのお隣さんと そのまたお隣さんのペンジョールも なかなか立派!
一見似ているようだが 微妙に 色や細工が異なっている
互いに 意識しつつ(¬д¬。) ジーーーッ   切磋琢磨しながら 腕を磨いてゆくのかしらん?

e0168736_15101591.jpge0168736_15103882.jpg
ペンジョールは プナンパハン(ガルンガン前日)までに 完成させねばならない
明日が そのプナンパハンである! 男衆は 大変そうだ!

e0168736_13311416.jpge0168736_13314368.jpg
立派な装飾のペンジョール! 完成間近?
竹竿の先には ニワトリさん! ひょっとして 作ったのは… んーなわけないか!
おそらく 装飾の稲を狙っているのかも… (¬д¬。) ネネ! そーでしょう?

e0168736_13372567.jpge0168736_13374142.jpg
ひとつとして同じものはない! こちらも なかなか凝っている
天に向って しなる様は さぞ立派なことだろう!

e0168736_13472960.jpge0168736_1347452.jpge0168736_13475924.jpg
e0168736_13513667.jpg
濃紺の空が のしかかる
ノンフラッシュでは これが限界…
お腹も空いてきたし そろそろ 今夜の飯処を探しませう!
が、ちょっと スーパーで 涼んこーよ!(;´д`)ゞ

で、Jl.Raya UbudとJl.Raya Andonの交差点近くに
スポーツ・ジム?があるのだが
ヨガやら エアロビやら マシーンやら これが大層な賑わい!
客層は どーみても ローカルな感じ… 今、ブームなん?
ちゅーか 山あり 谷あり 歩けばイイじゃん!
こちの人って ホント 歩かないよねぇ… ┐(-д-)┌ャレャレ
e0168736_164888.jpge0168736_1648323.jpg
タミ・ゴレンこと イー・フー・ミー(伊府麺/あんあけかた焼そば)が食べたくなり
Jl.Raya Ubudにある オヤジの店@中華系ワルンに向った
""が付くのは すっかり 変わっちゃっているんっすよー!
移転? 閉店? 代替わり? 唯一の面影は 壁の色だけだった
オヤジ どこぞに 行ったん? イー・フー・ミーが食べたかったのにー!\(>0<)/

が、これから 晩飯求めて彷徨うのも 面倒だしー メニュー見たら リズナボーなんで
何事もなったよーに チャプチャイ(インドネシア風野菜炒め)と ナシ・プティ(白飯)を食す
ホウホウ 薄味で なかなか旨いじゃないかい!(〃∇〃)
飲み物は エス・テ(冷紅茶)と 一番安かったテ・グラス!(1.000Rp/10円)!
テ・グラス(Teh Gelas)って なによーと、思ったら 緑茶ドリンクのことで
商品説明には 「高品質の茶葉を 100%本物の砂糖で混ぜたもの」と、書かれていた
本物でも 偽物でもイイけど 緑茶というよりは 激甘の砂糖水!(^^;)
で、値段は 忘れたけど 兎に角安かった!
が、会計が1.000Rp(10円)高く やんわりと、文句云ったら (〃∇〃)ゝエヘヘと、引いてくれた!
たかが10円! されど10円あなどるなかれ! もう1本飲めるゾ! テ・グラス!(・o・)ノ

e0168736_2330169.jpge0168736_23301596.jpg
宿に戻り スーパーで買った温いビンタンと ミニバーのビンタンを入れ替え テラスで まったり!
こんな風に過ごせるのも あと僅か! 足りなくなったら コンビニに走ればイイさ!
チッ! ノンベはイヤだねーと、トッケイ(Tokay/ヤモリ)が 笑う! ヘ(゚◇゚)ノウケケケ! 


[PR]
by 2121katcat | 2011-08-02 11:56 | 2010-バリ島 | Comments(0)
< << #22:インドネシア・バリ... #20:インドネシア・バリ... >>