<< #13:インドネシア・バリ... #11:インドネシア・バリ... >>
#12:インドネシア・バリ島東部 2010
■12日目 '10/11/27日(土) インドネシア・バリ島/バタンバイ5日目の朝!


e0168736_17484977.jpg

am07:30 起床!
昨日につづき 寝坊してしまった
そそくさと、朝食を済まし
両替店に向かうも まだ 開店前のようだ
パタンバイでの両替率は すこぶる悪く
穴場店は 時間が不規則なので 厄介だ
時間つぶしに パサールまで じゃらん!
美人さんの屋台で フルーツを買ったり
パパイヤ・イブの店で クエを買ったり
散歩というよりは 買物! ( ̄∇ ̄*)ゞエヘ




e0168736_18474955.jpge0168736_18481331.jpg
e0168736_1849172.jpg
e0168736_18495149.jpge0168736_1850111.jpg
e0168736_1850156.jpge0168736_18502785.jpg



両替店に…
動きナシ!
が、両替せずとも
あるじゃん!
(パンツの中の金隠し)
と、思い出し
ならば 行ってみっか!
e0168736_19285075.jpge0168736_1929985.jpg



開いてましたョ!
居りましたョ!
Mr.マルコ!
アパ カパール?(´▽`)ノ
お金払いに来たゾ~!
ガサゴソゴソ…
e0168736_202550.jpge0168736_2021873.jpg
土間作りの小さな店には 所狭しと、作品が並ぶ!
バリ島の伝統芸能である影絵芝居用のワヤン・クリット(操り人形)も あったりする!

e0168736_2073571.jpge0168736_2074494.jpg
一芝居演じてしんぜよう!と、即席舞台が出来上がる

e0168736_2094163.jpge0168736_2095210.jpg
ワヤン・クリットは 牛の皮で構成されており 部分的に細かな穴が開いている
これによって 単なる陰ではなく 身体の各部分の輪郭を表すことが出来るのだそうだ
影になってないけどー!(・・。)ゞ

e0168736_20113988.jpge0168736_20115615.jpg
昨夜 取り置きした ガネーシャ像の代金を払う やや湿っぽい札で スンマソ(〃∇〃)ゝエヘヘ
「キミらに 買ってもらえて うれしいよ! コレは お礼だ!」と、木彫りの髪留めをくださった!
それじゃ 商売にならんじゃないかえ?
感激に 涙… 汗を拭う 姉さま! ウヒャ(≧∇≦)トゥリマカシ!

e0168736_20121882.jpg
お人よしのおふたりさん! お似合いじゃござーせんこと? アハッ!

ちなみに 店先のちょっとしたスペースで 煙草や飲料水も売っている
いわゆる間貸しらしく 控えめな初老の男性が Mr.マルコの留守をも預かっているようだ
お近づきの挨拶に 3種あるミネラルのうち 見知ったメーカーのモノを買うことにした
1.5Lのベットボル2本で 10.000円(100円)! 中華トコの半分である
イブには すまなんだが 今後、ミネラルは ココで買うことにしたよ!( ̄ー ̄)v

■帰り道

e0168736_14172031.jpg
水あげホヤホヤの巨大魚! 真っ赤か!
魚を運んでいた兄さんが 大きさの比較に ホレと、ペットボトルを置いてくれた!
鯛の仲間なんか? 刺身にしたら 何人前なん?

e0168736_14173086.jpge0168736_14183463.jpg
ペニタ島行の桟橋! 出航したばかりなので 人影まばら 数人の村人が カードを興じていた

e0168736_14185247.jpge0168736_1419745.jpg
ビーチ沿い(宿前)のJl.シラユッティ! いわゆる コノ村の観光客エリア!
右は 宿のダイバーズショップ(正面)! 若干日本語を操るスタッフは居るも 英語ベース!
が、機材やボートは Good!と、オージー訛りが激しい 金髪スキンヘッド(スタッフ)が云っていた

■まったりな午後!

e0168736_14494314.jpge0168736_14495894.jpg
Mr.マルコから いただいたアクセサリー! <(_ _*)>
右は 壊れないようにと、大事に クルクルしてくれた ガネーシャ像! トイレットペーパーで!
うれしくって 勿体無くって 帰国するまで このままにしておくことにした! 全貌は 後程ネ!

e0168736_14502772.jpge0168736_1450384.jpg
プルーツとクエ(菓子)で 小腹を満たした後は プールへ Go!
午後のプールサイドは 相変わらずの面子だ
下階のドイツ人の老夫婦と 隣部屋を含む ホモさんカップル2組に ドイツ人の新婚さん!
交流深めたイタリア人のピノキオカップルと アバンチュールを求む飢えた勘違い野郎は…
タオルを持ってくるのが遅い!」と、プール係りのA君を怒鳴りつけていた
こと アバンチュール野郎は 何かにつけて A君を怒鳴る! 見ている限り 八つ当たりだ!(-"-メ) 
本当に イヤな野郎だ! 面々も同じらしく ┐(-。ー;)┌ ヤレヤレと、肩をすくめていた

e0168736_20502513.jpge0168736_20503773.jpge0168736_20504936.jpg
e0168736_1213980.jpge0168736_1215664.jpge0168736_122621.jpg
写真を撮りつつ 奥のプールに移動! アバンチュール野郎が ムカツクんで! (-゛-メ)
そーいえば 今回は まだ 行ってなかったけ!(注:敷地は さして広大ではありません)

e0168736_0462048.jpg


敷地内にあるハウステンプルを守る
大きなトッペン(スタッフ曰く)!
バロンに 見えるんだけど… (゚_。)?
e0168736_1291633.jpge0168736_1292730.jpg
一番奥に位置する 3つ目のプール! その先の門をくぐれば この宿一番のデラックス・バンガロー!
(注:基、デラックス・バンガローは左右に各1部屋だが 盛期は 強引に仕切り計4部屋に変身!)

e0168736_265174.jpg
デラックス・バンガローのデラックスな特典は
強烈な存在感を放つ 巨大な馬軍団!w( ̄Д ̄;)w


e0168736_275159.jpge0168736_281399.jpg
結構 リアルな造りなんで  (;一一) ジィー! 一部(左) 修整いたしましたゎ! ホホホッ!
しかも 色気づいている! 儲かっているんかい? 白い方が 迫力あったと思うが! (-ε-) チッ! 

e0168736_2373355.jpg



誰も居ないんで
ひたすら 泳ぐ 泳ぎまくる!
ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!


■ティダ・バグース(よくない)!

e0168736_13142653.jpg


薄暮れたプールで 大騒ぎするバカ者が居た
声で 日本人の男女であると、すぐに解った
プールの利用時間は 07:00-18:00までだ
看板が見えぬのか?
スタッフが 腰に手を当て 仁王立ちするも
全く 気に留めていないようだった
ヤベッ! あれ 日本人じゃねぇ?」
中から 外は見えぬが 逆からは よく見えるものだ! スポットライトがあたる舞台のように!
いかにも 日本人だが なにか 不都合でも?
無論 ココロの声ではあるが 彼らは バタバタと、逃げるように 戻っていた
ヤレヤレ ┐(-。ー;)┌  が、なんでだ?(゚_。)?

つまらんことで 出遅れてしまったが メシだ! メシ!
「アッサラーム・アライクム(コンバンハ! アナタに平安を)~!」
ワルン・ジャワ(イスラム教徒が経営する食堂)で ナシチャンプルと バクソッを食す
ナシチャンプルとは 白いご飯に 数種類のおかずを盛り合わせ ワンプーレトにしたもので
特に コレコレと、指定しなければ テケトーに盛り合わせてくれる
で、なんといっても ココの売りは 巨大肉団子が入ったバクソッ(肉団子スープ)!
が、仕込みが間に合わなかったのか 嗜好を変えたのか 出てきたのは フツー… (T_T)
まぁ それでも 味は イケテルわけで テ・ボトルを入れても 2人で 30.000Rp(300円)!(^^)v

帰りに 中華トコのイブと 世間話なんぞし ビンタン(ビール)を買って
Mr.マルコの小さなアートショップに向かう 大瓶2本/23.000Rp(230円)!
相変わらず 値段は テケトーだが 今回は 安いんでないかい?(゚_。)?

パンタイに 長椅子を運んで Mr.マルコと おしゃべりをする! 彼は とても うれしそうだ! 
互いに あくびが出るまで ヽ( ´O`)ゞ  夜は ゆったりと、更けてゆく
じー(父)とは 最後まで 向き合うことはなかく もう 顔も 声すらも 忘れてしまったけど
もしも 生きていれば こんな風に 話すことが出来たのだろか…
僅かな思い出を繋ぎ合わせる自分に ちょっぴり 熱いものが 込み上げてしまった  (。-_-。)


[PR]
by 2121katcat | 2011-06-12 21:59 | 2010-バリ島 | Comments(0)
< << #13:インドネシア・バリ... #11:インドネシア・バリ... >>